ビジネスで勝つために!

ちょっとした思考を変えることでものすごく業績が伸びたり、
ちょっと知らないことがあって業績が悪くなったり、、
事業の進め方は難しいものです。

小さな会社のブランディング
もし、あなたが

・もっと粗利が欲しい。薄利なビジネスから卒業したい。
・値引きやセールに頼らずに安定した売上を上げたい。
・繰り返し買ってくれるファンのようなお客を作りたい。
・クチコミで商品が売れていくような会社になりたい。

といったことを考えたことがあるなら、

この本
「利益を生み出す熱狂ブランドの作り方」
は非常に価値のある一冊になるかもしれません。


利益を生み出す熱狂ブランドの作り方


そもそもブランドとは何でしょうか?

ウィキペディアによると

「ある財・サービスを、他の同カテゴリーの
財やサービスと区別するためのあらゆる概念。」

とあります。


ブランドとはその分野において
顧客から「区別」される
特別な存在というわけです。


大量にある類似商品の中から
区別している、ということは、

その会社やその商品の
ファンになっているということです。


そして、ファンというのは
普段は固い財布の紐を緩めて
ブランドの商品を買ってくれます。


さらに、ファンはファンを呼ぶので
ブランドはますます儲かるのです。


とすれば、もし、ビジネスを
成長させたいならブランドについて
学ばない理由はありません。


ところが、大抵の中小企業は
ブランディングというのは大企業が
取り組むものだと思い込んでいて
真剣に考えようとはしません。


しかし、この本の著者によると
小さな会社のブランドでも
「ニッチプランド」と言う
ブランディングの方法があります。

中小企業でもブランドを作ることは
不可能ではないのです。


そこで、ブランドの作り方を
学ぶためにオススメなのがこの本
「利益を生み出す熱狂ブランドの作り方」です。


非常に面白い本なので
自分のビジネスをブランディングしたいなら
是非、チェックしてみてください。


利益を生み出す熱狂ブランドの作り方




ビジネスに関する名言・格言




人生は学期ごとに分けられていない。

夏休みは無いし、

ほとんどの雇用主は君が自分を見出すことに興味を持たない。

それは自分の時間にやれ。


ビル・ゲイツ


起業家が働く時間を減らして、収入を上げるためには

世界で100万人以上が読んだ
起業家が働く時間を減らして、
収入を上げるための”バイブル”が
新しくなりました。

定価2,980円のところ、
今だけ無料(送料550円のみ)でどうぞ!

インターネットビジネスマニフェスト



ビジネスに関する名言・格言




完璧だと思っても、

もう一押しすれば、

おまけが手に入る。


トーマス・エジソン


社員を動かす社長のカリスマ仕事術
序文より 優れたリーダーになるために不可欠な2つの特質

マイケル・マスターソンが知っている最も優秀で最も成功したビジネスリーダーの1人は常に、
自分の会社を優れたアイデアが集まる国際的な“ハチの巣箱”のように捉えている。
彼がそう定義しているわけではない。

しかし、彼が、どんな新製品がビジネスにとって“意味があるか”とか、
なぜケープタウンに新しいオフィスを開設することが“良いアイデアなのか”について話すとき、
従業員は、印象に過ぎないにしても、彼が持つ会社のイメージを理解するのだ。

彼はビジョンの概要を書いたレポートを回したりしない。
その代わり、ある製品やサービスがなぜ他のものより価値があるかについて、思慮深い文章を書く。

彼は財務目標について話すのを嫌い、社員の士気についての会話を避ける。
個々の不満には取り合わない。
重役たちが問題を提起すると、彼は肩をすくめて言う。
「うーん、どうしたらいいかわからないな」。

彼は組織図に興味がなく、財務諸表をほとんど見ず、
“人的資本”、“チーム作り”、“コラボレーション”などといった言葉に健全な嫌悪感を持っている。
人を採用するときには、経験や資格や適性をまったく考慮しない。
彼が問題にするのは2つ、知性と人格だけである。

彼は対立を好まず、たとえ損失が出るとしてもあらゆる論争を避け、
交渉の際にはたいがい相手に押し切られると思われている。
彼は最も優秀な人材でも昇給させることを好まないが、
最高の報酬を求める才能には喜んでそれを支払う。

彼は能力の低い人間を解雇するのは正しいと考えているが、自分でそうしたことはない。
有能な人間を好んで採用するが、仕事に必要なことや、実際のやり方などについては何も言わない。

つまり彼は、良いリーダーシップのためのルールのほとんどを破っているのだが、
魅力的なビジョンと強い説得力を持っているのだ。
この2つの特質が、巨大で、人を引き付け、高収益を上げ、繁栄する企業を生み出し、
世界中の何百万もの人々に優れたアイデアを販売しているのである。

だから、もし、あなたがリーダーシップに関する本を他に読んでいないのなら、
次のことだけを理解すればいい。
説得する技術を身につけ、魅力的なビジョンに目標を定めることができれば、
優れたリーダーになるために実際に必要なもの全てを手中にできる。

そうは言っても、優れたリーダーシップにはこれら2つ以外の要素もたくさんある。
本書では、私が優れたリーダーシップに必須であると考えるものと、あれば望ましいものを見分けていく。

例えば、本書には私自身が守れない多くのアドバイスも書かれている。
だが、机上の空論は1つもない。
ここに書かれているアイデアは全て私の経験から生まれたものだ。
そのうちいくつかでも皆さんの役に立てばうれしく思う。

社員を動かす社長のカリスマ仕事術




ビジネスに関する名言・格言




成功を祝うのはいいが、

もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。

失敗にどう対処するかで会社が社員の良い発想や才能をどれだけ引き出し、

変化に対応していけるかがわかる。

どんな会社にも、

ミスをして、

それを最大限活かしたことのある人が必要だ。


ビル・ゲイツ


↑このページのトップヘ