2009年03月23日

ブログ 移転いたしました。

この度、『てんこもり』という 地元密着型のブログサイトに

移行する運びとなりました。

『お気に入り』に登録されている方には、

お手数ですが、

自然素材住宅のススメ に再登録いただければ、幸いです。

これからも、ますますブログを充実させていこうと

思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。  

Posted by hiokikensetu at 14:36Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月18日

無垢の木、元気の家

「兵庫・桜見の家」としてヨドプレのモデルハウスが完成して、

「無垢の木、元気の家」の完成事業説明会に参加。

090318-1












1階LDKの内観です。


乾燥無垢の木(高知の杉)を使い、専用ロケット金物接合した構造体に、

無垢板パネルを落とし込んだ木造モノコック構造を採用。

超長期住宅適合商品として開発。

省エネ対策等級=4、耐震等級=2、高齢者配慮対策等=3、劣化等級=3、維持管理等級=3を実現。


間取り等の制約はあるものの、使用木材の規格標準化と工期短縮化により、

坪単価55万円の高品質低価格を実現した商品だそうです。

090317-2












外観、バルコニーにも無垢の木を使用して上記の価格。

090317-3













2階はほぼスケルトンで、屋根表し仕上げです。

詳しくは、無垢の木、元気の家をホーページをご覧下さい。


こちらのブログサイトがまもなく引越しします。

「お気に入り」に入れていただいた方には申し訳がございませんが、

「てんこもり」の自然素材住宅のススメへ移行お願いします。

  

2009年03月17日

漫画「失敗しない家づくり」ー第4話ー

新築住宅検討中の方は、おもしろく、ためになる漫画の第4話で、

「モデルハウスの見方!」という話ですので読んで見て下さい。

090317-1














第4話 小島家の後悔

「モデルハウスの見方!」

休日に赴いたモデルハウス見学で、すっかり住宅を購入する気になってしまった小島夫妻。

しかし、いざ希望の条件を絞り込もうとすると、何が必要な条件なのか分からなくなってしまうのでした。

その結果、小島夫妻は家づくり計画の入口から疲れてしまった。

意外と陥りやすい後悔ですが、時間はかかっていますが、ほぼ費用はかかっていません。


是非、新築住宅を検討中の方は、順序だてて整理をして、

いろいろ建築のプロに気軽に相談してみて下さい。


こちらのブログサイトがまもなく引越しします。

「お気に入り」に入れていただいた方には申し訳がございませんが、

「てんこもり」の自然素材住宅のススメへ移行お願いします。

  

2009年03月16日

外張り断熱工事中

「HKハウス太寺の家」の断熱工法は、アキレス外張り工法です。

アキレス外張り工法は、省エネ・健康・快適・長命を追求した次世代型住宅工法です。

090816-1













アキレス外張り断熱工事中。


断熱材工事は隙間が無いように、大工さんが取合い部を特に気をつけて作業中。

目地部や取合い部を気密処理することで、優れた断熱・気密性能が確保できます。

090816-2













アキレス外張り断熱工事と通気胴縁取付け完了。


施工は、まずアキレス断熱材を仮止めし、ジョイントに防水テープを張り、

縦に18个慮みの胴縁をパネリードという専用ビスで固定してしていきます。

外壁の使用材料により、固定するビスのピッチも違います。

090816-3













アキレス外張り断熱工事完了。


この後、サッシの取付けを行い、気密処理をしっかりとして、

来週3/24に気密測定をおこなう予定です。

こちらのブログサイトがまもなく引越しします。


「お気に入り」に入れていただいた方には申し訳がございませんが、

「てんこもり」の自然素材住宅のススメへ移行お願いします。
  
Posted by hiokikensetu at 16:55Comments(1)TrackBack(0)HKハウス太寺の家 

2009年03月15日

建築のプロの回答!

「マイベストプロ神戸」のホームページに一般の方から質問があり、

下記のように、建築のプロとして私なりに回答させていただきました。


Q:いまどきは家一軒を立てるのにどれくらいかかるのでしょうか?

A:家を建てるのに、構造、階数、性能、建築面積、建物形状、内外装の仕様、設備機器の仕様等により違います。
参考までに、木造2階建て、延べ床面積35坪、仕様は普及品程度の建築本体価格は、1600万円ぐらいです。

但し、建築本体価格だけでは家は建ちません。
それ以外の別途費用についても業者により違います。
通常、別途工事として、設計費、外構工事、照明、カーテン、敷地外引込み工事等々あります。
また、その他の諸経費として、税金、印紙代、火災保険、引越し費用、家電等購入費、雑費等々があります。
そのあたりも考慮して、諸経費として250万円ぐらい(約15%)必要です。

すなわち、家一軒建てるのに、消費税も含めて1950万円ぐらいかかります。

ちなみに、弊社は、
超高性能の自然素材の健康住宅に特化した工務店で、
木造2階建て、延べ床面積35坪、外張り断熱の断熱性能、耐震性能を考慮した自然素材住宅で、建築本体価格、1750万円から提案可能です。

詳しくは、弊社ホームページをご覧下さい。



Q:不況の影響で家は買いやすくなってるんでしょうか?

A:今は、買手市場のため、家は買いやすくなっています。

ちなみに、新建ハウジングという業界新聞の記事から、今後、3年以内に新築戸建住宅を購入予定者に対して「今年は住宅の買い時か?」というアンケートをした結果、半数以上の方が否定的だったそうです。

100年に一度と言われている不況なのか、経済状況の不透明さやなかなか「底」が見えない状況なので、もう少し様子を見ようと待たれる方が多いようです。

ただし、高予算層の方は比較的肯定的な方が多いようです。
過去最大の住宅ローン減税、大きな補助金制度、低金利、地下の下落と高条件が揃っているからだそうです。


Q:ローンを組むことになると思うので、とりあえず頭金がどれくらい必要なのか、知りたいです?

A:頭金はなくてもローンは組めます。

ローンを組む際、できる限り余裕を持って組んで下さい。
先ほど書いたように、諸経費でも費用が相当かかるため、手持ち資金は必要となります。(ローンによっては諸経費も出るものもありますが・・・)
この夏子供さんが生まれるということで、子供さんの成長に伴い、子供さんにかかる費用はかなり必要ですので、そのあたりも考慮して、10年後、20年後と長いスパンで返済等費用の将来設計も必要です。

ちなみに、私は住宅ローンアドバイザーの資格を持っているため、何なりとご相談下さい。


Q:通勤などを考えると阪急沿線で探したいと思っています?

A:弊社で不動産業務をしているため、土地のご案内も出来ます。

土地を探すには、積極的に近くの不動産屋さんに情報収集するのもいいが、やはり一番の有効な手段は地元のチラシや物件に掲げられている看板が有効なのです。
これぞ!思うような物件がありましたら、まずは聞いてみることです。 
お急ぎでない限り、じっくりと時間をかけることをお勧めしています。

皆さんから頂く相談の中で一番多い問題はその物件の善し悪しを判断できない事と総額(土地代+建物代+諸経費)の目安が予測できない為、購入に踏み切れないという事が非常に多いようです。
話が進みそうでしたら、私が現地調査をして、問題があるかないか、その金額が妥当かの助言をいたします。
お気軽にお声掛け下さい。


こちらのブログサイトがまもなく引越しします。


「お気に入り」に入れていただいた方には申し訳がございませんが、

「てんこもり」の自然素材住宅のススメへ移行お願いします。

  

2009年03月14日

「アクトビラ」ご存知ですか?

「アクトビラ」とは、テレビの新しいネット・サービスです。

アクトビラ対応機をブロードバンド回線に接続するだけで、生活に役立つ情報や、

様々な映像コンテンツ(最新ビデオ等も)をお楽しみいただけます。

090314-1













詳しくは、「アクトビラ」のHPをご覧下さい。


家電屋さんでTVを買ってもあまりこの「アクトビラ」については詳しく説明しません。

なぜなら、TV接続時にブロードバンド接続が必要となるので手間がかかるからです。

通常、パソコン設置位置のみインターネット接続が出来る程度なので、

リビングや各部屋にLAN配線をしていません。

そのため、無線やPLCタップを使うケースが増えています。


しかし、

無線LANは、家の外でも受信される恐れがあるので、

クレジットの暗証番号打ち込み時には注意して下さい。

PLCタップは電源コンセントに差込み、LAN配線出来るがノイズの影響があります。

090314-2













パソコン周りではインターネット接続に伴い、

コンセント、モデム、ルータ、配線等でぐじゃぐじゃになりやすい。


そのために、今後は新築住宅購入時には、各部屋へのLAN配線が必要です。

090314-3













そこで、「まとめてネット」という各部屋へハブでLAN配線が出来るものがあります。

さらに、ネットとTV、コンセントも一緒にした「マルチメディアポート」という

情報制御盤もあり、これですっきりとしたシンプル配線が可能です。

(どちらもPanasonic製品です。)

こういった提案も今後は弊社でもさせていただきます。


こちらのブログサイトがまもなく引越しします。


「お気に入り」に入れていただいた方には申し訳がございませんが、

「てんこもり」の自然素材住宅のススメへ移行お願いします。

  

2009年03月13日

デザイン店舗工事に着手

神戸市学園都市駅南に「Cafe Andante」というおしゃれな喫茶店が出来ます。

その工事に今日から着手して10日ほどで完成し、3月25日にプレオープン予定。

090313-1
















完成予想イメージパース

イメージは「オールドイングリッシュ」ですが、パースでは表現しにくいです。

そして、コストの関係で少し変更になった部分もありますがいい雰囲気になりそうです。

090313-2











平面詳細レイアウト図

8坪ほどの喫茶店で、カウンター7席とテーブル4席で落ち着いた雰囲気のカフェです。


場所は、神戸学園都市ビルという新しいビルの3階フロアーですが、

そこには、病院5店舗と薬局、介護付き老人ホームが出来るため、

200人ほどの方が常時出入りするので集客も見込めそうですし、

近くに落ち着いてコーヒーを飲める店がないのでそのあたりも見込まれています。


店舗工事の提案、見積り、請負う際には、店が流行っていただき、

長く商売が出来るよういろいろとお客様と一緒に考えてさせていただきます。


こちらのブログサイトがまもなく引越しします。


「お気に入り」に入れていただいた方には申し訳がございませんが、

「てんこもり」の自然素材住宅のススメへ移行お願いします。

  
Posted by hiokikensetu at 10:28Comments(0)TrackBack(0)工事の施工例 

2009年03月12日

土壁の家を解体中!

「HKWハウス五色山の家」の新築工事に伴い、既存の家を解体中です。

既存の家は、土壁で一部残すため人力切断が必要なため、壊すのに手間がかかります。

090312











足場と防音シート養生をして解体中。

090312-2












ちなみに解体前の建物です。


全面道路いっぱいに建物が建っているため、しっかりと足場と養生をして、

右側の車庫から解体し、車が入れるようになってから本体の建物を解体します。

090312-4











建物は、木造土壁づくりのため、内部は天井と土壁を人力で撤去します。

090312-5












屋根が撤去され、空が見えています。

屋根瓦を人力で撤去処分し、天井、屋根下地を撤去をします。

その撤去した木や屋根土を内部に人力で落とします。


建物にはいろいろな種類が使われていて、解体は、分別が必要なため、

瓦、木、土、鉄、ガラス、アルミ、プラスチック、ボード、紙、コンクリート等々、

に分けてリサイクル工場へ運んだり、廃棄処分したりします。


こちらのブログサイトがまもなく引越しします。


「お気に入り」に入れていただいた方には申し訳がございませんが、

「てんこもり」の自然素材住宅のススメへ移行お願いします。
  

2009年03月11日

安全な住環境に関する研究会

第5回目の医学と建設環境工学の勉強会に参加。

弊社が所属している「安全な住環境に関する研究会」が主催。

「安全な住環境に関する研究会」とは、

シックハウス症候群やヒートショック等、住宅に関係する健康被害を対象に、

空気質や温熱環境に関する調査・分析を行い、

「住宅が健康に与える影響等に関する知見」を蓄積し、

活用することにより、「安全・安心で快適な住宅」の供給に向けた仕組みを構築することを目的としています。

詳しくは、「安全な住環境に関する研究会」のホームページをご覧下さい。


今日の建築環境工学についての勉強会は、

090311












近畿大学 理工学部 建築学科 准教授 岩前 篤 氏による

『平成20年度省エネ法ならびに品確法省エネ等級改正について』です。

4月より断熱等に関する「省エネルギー基準」が改正されるので

その経緯や概要、留意点等について勉強しました。



次に医学についての勉強会では、

090311-1











大阪大学大学院大学 医学系研究科 予防環境医学専攻

社会環境医学講座 環境医学 医学部講師・医学博士

日本産業衛生学会 指導医  中山 邦夫 氏による

『疫学調査から見たシックハウス症候群のリスク』です。

シックハウス症候群とは、から始まり、その状況調査結果の報告や、

シックハウスのリスクを上げない対策、対応等について勉強しました。


こちらのブログサイトがまもなく引越しします。


「お気に入り」に入れていただいた方には申し訳がございませんが、

「てんこもり」の自然素材住宅のススメへ移行お願いします。

  

引越しのお知らせ

この度、『てんこもり』という 地元密着型のブログサイトに

移行する運びとなりました。

『お気に入り』に登録されている方には、

お手数ですが、

自然素材住宅のススメ に再登録いただければ、幸いです。

しばらく、更新は致しますが、

「てんこもり」サイトは、地元の記事が多く

なかなか楽しいサイトです。

よかったら、覗いて見てください。

  
Posted by hiokikensetu at 10:21Comments(0)TrackBack(0)