もう1つの世界へ

姉が今日の午後、もう1つの世界へ旅立ちました。
今は、空の上で、心安らかにしているといいな。

子供のころに感じた、死に対する恐怖心が、最近変わってきました。
死は<無>にかえることだと思うのです。
天国も地獄もない。


もし死者の国があるとしたら、そこには私の両親も友達もいるので・・そこへ行くのは怖くはないです。
痛いのと、苦しいのと、家族に迷惑かけるのが嫌なだけです。

お姉さん、どうぞ安らかにお眠りください。


さて。
重苦しい話はここまでです。

自分の人生、悔いのないように(そんなに気張っているわけではありませんが)生きるのみです。











死へ向かうということ

朝、兄から電話が入った。
「(義姉が)苦しそうな息をしていて、今までと違う」と言う。
「わかった、すぐそっちに行くから」と返事をして、支度をしました。

姉は、今までと比べて、息が少し苦しそうです。
痰が絡むせいですが、その痰が血痰になっていました。

お昼に、訪問診療があり、お医者様が来ました。
その時に質問したのですが、血痰になるのは、肺の腫瘍(がん)が出血しているからだそうです。
吸痰するときりがない(こういう露骨な表現ではありませんでしたが)ので、しないほうがよい、と言われました。

「本人は苦しい、痛い、眠れない、と訴えます。それを解消することはできないのですか」と一歩踏み込んだ質問をしました。

「7倍に増やした痛み止めを、24時間(機械を使って)体に送るようにしました。これで痛みは少し収まるはずですし、眠気も出るので眠れるはずです」との説明を受けました。

姉の命を支える管は、点滴と、鼻カニュレと、痛み止め、の3つになりました。

管をつけられずに天国に行くことは、今の時代は難しい。

こんなに医療が発達していなかった時代は、食べられなくなったらもうダメだったと思う。
今は点滴のおかげで・・・
おかげというか、点滴のせいで天国への道のりが、遠くなったとも言える。

こんなことを考えるのは、不謹慎すぎる?

私は人でなしか・・
血がつながっていないから、一生懸命、命をつないでいる姉を見て、こんなことを考えてしまうのか・・

姉は切れ切れの声で、「苦しい。なんとかして」と言っていました。

私は、命を長らえるためではなく(もちろんこれも大事なことだけど)、おだやかな死を迎えられる医療を受けたい。

痛いのは嫌だ。
苦しいのも嫌だ。
眠るように死にたい。

自分で死を選べる時代が来るといい。





ゲームの世界

仕事を辞めて、ちょっとした気まぐれで始めたゲーム・・・

最初は1日30分もやらなかったのに、もともとゲーマー気質があるので、今はもっともっと時間かけてるなあ・・・

一人でのんびり遊んでいるのがつまらなくなって、他のプレイヤー(どこかでこのゲームをやっている実在の人間)とのマルチプレイに手を出し始めたのがよくなかったと思う・・・

普通は、スタミナ(いわゆる体力みたいなもの)を使い切ると、嫌でもやめて、スタミナがたまるのを待たなければならない(=待機時間ができる)わけです。

でもマルチは、だれかが誘ってくれれば、自分のHPがなくてもできちゃう
(少なくとも私がやっているゲームは)

貴重アイテムも落ちるし、レベ上げも一人でやるよりかなり早くあげられるので、ゲームが好きな人はマルチにどっぷりになると思う。

俺つえええええええ、ができるのも(私はできるほど上級者じゃないけど)マルチならでは。

昨日の夜遅くのマルチは、私以外の3人は全員、レべカンしているプレイヤー(;´∀`)
レべカン=レベルが上限値に達していてこれ以上強くならない

超上級者たちのスキルは、見ているだけで楽しかった(#^.^#)b

今日の私の狩りウエアはこちら。
ぶりぶりぶりっこ(死語)

キャプチャ

カラーコーディネート最優先www
これは見た目装備なので、実際に装備している武器や装備は違うよっ

初心者でもキックしないで連れて行くよ~b
※ただし初心者用イベントに限るww

明日は男の子キャラにして狩ろう(そういう楽しみ方もできます)
あほな話題で失礼いたしました。

たまにはいいやな。




クローズアップ現代 死にざま指南

昨夜、NHKのクローズアップ現代を見ました。

放送紹介はこちらから

胸をつかれました。
ご覧になった方はいらっしゃるでしょうか?
見逃された方、↑のリンクからテキストで読めますので、ぜひ一度お読みになってください。

この番組では、病気で死の直前にいる方が、どう亡くなっていくかを具体的に示します。
知らないことがたくさんあり、知ってよかったと思いました。

私は人が死ぬ瞬間に立ち会ったことがありません。
父も母も、義理の父も、病院で亡くなりました。
死は身近なものではありません。

私が胸をつかれたのは・・・
番組で提示される死にゆく経緯が・・姉と・・
今、がんで余命を告げられて自宅で介護されている義姉と重なったからです。

死にゆく人にどうよりそうか、指南してくださった玉置さん
取材に応じてくださった方、家族の方
この番組を企画、実現してくれた人たちへ、感謝したいと思います。

義姉を自宅に連れて帰って、死に至るまで付き添う覚悟をした兄の大変さがわかりました。


先週は、カサブランカを差し入れしました。
いい香りがする、と喜んでくれた姉。
人生の整理を始めている姉に、姉の気持ちにどう寄り添えばいいのか、未熟な私なりに、考えてみたいと思います。

この番組は、夫と二人で見ました。
二人で見てよかったです。

さとや/アンティークカフェ(鶴瀬)

今日は楽しかったよ~
ってまだ1日済んでおりませんけれど・・

午前中は、能楽堂まで狂言を見に行ってきました。
「口真似」というのが特に面白かったわ。

狂言は、昔の人たちにとって大笑いして楽しむ<コント>だったのだ、というのがよくわかる演目でした。

もう1つは、<蝸牛>ですが、こちらはテンポがさすがにのんびり室町時代でしたが(意味不明)、楽しめました。

能楽堂では、席は別々でしたが、ブログ友のPちゃんともお会いしました。
ショートヘア、よくお似合いでしたよ!
(#^.^#)

午後は、富士見市のコミュニティセンターでのコンサート(発表会というほうが適切なような?)に立ち寄りました。

みなさん、晴れ舞台めざして一生懸命練習したんだろうな。
熱意を感じました。

私も近いうちに、友達とあの舞台に立ってみたいでーす(ぇ)
もっと練習しなくちゃな~~~(;^ω^)

鶴瀬駅はあまり降りないのですが・・今回、鶴瀬駅からコミュニティホールまで歩いて、ユニークなお店をみつけました。

◆さとや

34320


公式
食べログ


店内にたくさん並べられた昭和のアンティーク(といえばよいのかな)に圧倒されます。
マスターもいい感じ。

34321

私の好きなフレンチプレスでいれる珈琲もオーダー可能。

カウンターにボダムのフレンチプレスポットが並んでましたb
うちにもこれがあり、毎日数杯の珈琲を飲んでいる私です。

34322

写真のブレンドは、フレンチプレスでなく、ドリップで入れてもらいました。
500円なり。

一緒にオーダーした、チーズ+エッグトースト。
450円なり。

厚切りトーストの上にあるのは、チーズと卵の黄身(だと思います)です。
黒コショウで引き締めて、ボリュームがありました。

34324

おいしいです。

マスターには申し訳ないのですが、このレシピはマネして・・・自宅で作っちゃお!

店内のアンティーク(昭和のかおり!!!)は、お好きな方は必見です。
店内の雰囲気は非常に落ち着けるもので・・・長居するのも楽しいのではないでしょうか。

トイレにあった懐かしい看板!
昭和生まれのあなた!
どこかできっと目にしたはず(#^.^#)

IMG_20190414_134905

アンティークガレージカフェ さとやカフェ / 鶴瀬駅
昼総合点★★★★ 4.0


日本が誇るべき女性

平成から令和になり・・・今月末には、現天皇陛下のご退位が決まっています。

退位関連の特集を見るたびに、私が思うのは・・・皇后、美智子様のすばらしさです。
美しく、賢く、人間的に優れていて・・非の打ちどころがないとはまさにこの方のこと。

稀有の女性です。
プロポーズした(当時は)皇太子の、人を見る力はすごかったなあ・・・
出会いを作った神様も粋なことをなさるものです。

美智子様のご実家(五反田・池田山)には、中学生くらいのときだったかな?
わざわざ行ったことがあります。
※私の実家はお隣の区で、山手線で簡単に行けました(#^.^#)

ご実家は、素敵な洋館。
深窓のご令嬢はこういうところで育つのね、とあこがれ、かつ、感動しました。
今は、公園になっているんだそうです。

私の内で・・・日本が誇るべき女性、のトップと思うのが、美智子様です。

なんだかこんなことをブログに書くのって、自分でもへんな感じ。
こんなことを口に出したのは初めてだと思います。

美智子様のピアノ、大好きです。
以前から、演奏会でピアノ伴奏をなさっていて、本当にお上手だなあと思っていました。

こちらはホルンと<白鳥>を演奏なさったときの様子。



きっちり伴奏を仕上げてらっしゃる。
すごいなあ

むしろ、若手ホルン演奏家のほうがお上手でない(;´∀`)

退位なさった後は・・どうぞご自分の人生をゆったり過ごされますことを。

追記
上記を投稿してから、TVでこんなニュースを見ました。

Yahooニュースへ

今日、お二人で旧正田邸(ご実家)に行かれたことは知らずに、たまたまこの投稿を書いたのですが・・
美智子様がお嫁入した時、私は4歳だったのですね。
うーむむむ



伊那市高遠/カフェぽえむ

高遠城址公園のそばにある、カフェをご紹介します。

◆カフェPOEM(ぽえむ)

食べログ

珈琲専門店(デザートもありますが)です。
ダンディなマスターがいて、お店の雰囲気が独特です。

私はこういうインテリアのお店は好み!
珈琲はさすがのおいしさ。
夫もブレンドが気に入ったようです。


お願いしたのは、カフェオレ(私・下の写真)、ブレンド、レアチーズケーキです。

IMG_20190406_180857

こちらは自家製レアチーズケーキ。
たっぷりついたブルーベリージャムがこれまた美味。

IMG_20190406_181113

個性豊かな食器類は、同じ店内(隣というべき?)で奥様が開いている輸入雑貨ショップで扱っているものだそうです。

珈琲は100種類。
自家製デザートもいろいろあります。
私たちが入店したのは、閉店ギリギリで、レアチーズしか残っていませんでした。
チョコレートケーキも食べてみたかったな~。


店内の一部。
本がたくさんおいてあり、地元の方は珈琲を飲みながらゆっくりできるのではないかしら。

IMG_20190406_180609

ジャムや豆も販売しています。
ジャム、おいしいな・・(買いませんでしたが・・)

観光客めあての珈琲店とは、一味も二味も違います。
お値段は少し高めですが、高遠まで旅行にいらしたらぜひこのお店で一休みなさってみてください。

帰宅しました

3日間の桜一本釣りツアー(私による命名w)から、昨夜帰宅しました。

名所と呼ばれるところ(高遠城址公園とか、日本で最樹齢といわれる神代桜とか)も行きましたが、主に、一本だけすっくとそこにある桜たちに会いにいくツアーとなりました。

高遠城址公園はまだかたーい蕾で、一週間早かったです。
市の公園なのに、入場料は取るわ(私たちが行った時は花が咲いていないので無料でしたが、咲き始めると有料になる)、駐車料金は高いわ(700円)、あまりよい印象がありません。

そこで入った街中のカフェがよくて、マスターとのお話も弾んだので、持ち直しましたがw

一番気に行ったのは、西丸尾の枝垂れ桜、という桜さんです。
個人宅にある、大きな大きな枝垂れ桜。
樹齢400年とも言われています。

残念ながらまだ蕾でしたが・・・・圧倒されました。

小池さん、という方のお宅にあります。
まだ蕾ということもあり、見ているのは私たちだけで・・・じっくり拝見いたしました。
こんな桜の木が自宅の庭にあるなんて・・・素晴らしいの一言です。

33872

写真左がわに、個人宅がちらっと映っています。
ご自宅とさくらの木を比べていただくと、枝ぶりがどれだけ雄大かおわかりいただけると思います。

下の写真は、伊那谷の公式観光サイトに載っているものです。
プロが撮った、満開時の西丸尾の枝垂れ桜です。

sidare


私見ですが・・・私はこういう一本桜を見に行くのが好きです。
自分以外に人がいないので、桜のパワーをとても感じることができます。


舞台桜(飯田市)も素晴らしかったのです。
ベテランの、歌舞伎女形が踊っているかのような、妖艶な姿です。
いかんせん、人、人、人、人、露店、というにぎわいが、私は苦手で・・・写真は諦めました。

今回は、花粉症がひどく、目を空けているのが苦痛。
かなりつらい旅行になりました・・・

この10年は処方してもらう薬(点鼻、点眼、飲み薬)でわりと楽に過ごしてきたので、目をあけていられなくなるほどひどい症状は記憶にないです。

運転すると危ないので・・・今回の運転手は夫がすべて担当しました。
私は助手席で目を押さえている、頭がぼーっとしている、みたいなありさまで申し訳なかったわ。

※食べている時だけ元気だったorz

食べれぽはまた別の機会に。

自分三昧!へようこそ
(^^)♪

プロフィール

hippo2017

プロフィール写真は本人ですが
写真加工アプリで遊びまくって
<だれおま>状態。
お許しあれ!(^^)
ギャラリー
  • ゲームの世界
  • さとや/アンティークカフェ(鶴瀬)
  • さとや/アンティークカフェ(鶴瀬)
  • さとや/アンティークカフェ(鶴瀬)
  • さとや/アンティークカフェ(鶴瀬)
  • さとや/アンティークカフェ(鶴瀬)
  • 日本が誇るべき女性
  • 伊那市高遠/カフェぽえむ
  • 伊那市高遠/カフェぽえむ
最新コメント