chisa cafe(北参道)

昨日は国立能楽堂で、狂言を楽しんできました。

IMG_20180716_113341

<釣針>という演目がめっちゃ面白かったの。
子供たちの笑い声も目立ちました。

昔の人は、狂言見て、アハハと笑って、うさばらしをしていたはず!
現代で例えると、お笑い芸人さん、と言っては冒涜でしょうか?
でも、日本古来の芸術です!と肩ひじはってみるものではないと思うんです。

太郎冠者を見ながら、田中圭(おっさんずラブでブレークした俳優さん)にぴったりの役だなあ、と思った私は変でしょうか・・(;´∀`)

決して広いとは言えない舞台を使って、1つの世界を作り出した狂言役者たちの知恵はすごいと思います。

Pちゃんに誘っていただいたのは、よいきっかけになりました。
しばらくというか、これからはファミリー狂言はかかさず行きたいと思います。
昨日も帰りがけに10月の公演申し込んできましたb

開演が早く、仕事に影響しないのもありがたいです。
長く通いたいです。

さて。

本来は別記事にすべきかと思いましたが、行ってしまいます。
昨日立ち寄ったカフェのご紹介です。

国立能楽堂から100mと、とても近い、素敵なカフェです。
席はあまり多くないので、予約なさるのもいいかもしれません。
住宅街の、私道を入っていった一番奥にひっそりとある優雅な空間。
並んで待ったりするのは、ご近所の方にご迷惑かと思います。
老婆心ながら書き添えます。

◆chisa cafe
公式
食べログ

お店の入り口(表通りからは見えませんので注意!)
おしゃれすぎて開け方が難しいw
IMG_20180716_123350

入るとすぐ目に入る素晴らしいシャンデリアと飾り棚
IMG_20180716_123644

店内には、ムラノガラスとベネチアンガラスのアクセサリや工芸品を展示してあります。いずれもオーナーの小瀧千佐子さんが集めたコレクションだそうです。
雑誌やTVにも出ている方なので、ご存知の方もいらっしゃるかもね?
※ちなみにHippoは、カフェをググっていて初めて知りました。

IMG_20180716_123807

IMG_20180716_123818

美しいベネチアンガラスのネックレス
IMG_20180716_124841

圧倒的な存在感のネックレス
28万円・・
IMG_20180716_124824


100万超えるものもさらっと飾ってあります。
IMG_20180716_123831

生きているみたいな魚。
私は飾りたいとは思いませんが、欧米の人は好きそう・・
IMG_20180716_123848

これは素敵。
だれでも飾っていいものではなく、置かれる家を選ぶ工芸品だよね
IMG_20180716_124324

シャンデリアは、ものすごいもの(もう一般人が持つとかいう範疇でない美術品)がいくつもありました。

IMG_20180716_123959

IMG_20180716_124014

IMG_20180716_131412

IMG_20180716_124004

私がよほど興味深そうに見てると思われたのか、お店のスタッフの方が商品について説明してくださって勉強になりました。

トイレの鏡も素敵でしたよ!

IMG_20180716_124302

鏡面に、優雅に寝そべっている女性が2人、彫られています(と思う)
ボッティチェリの絵にでてくるような・・
正面からUPで撮れないかなと思ったのですが・・

IMG_20180716_124122

私が映りこんで悪目立ちしただけでした・・
鏡の下のほうに2人いるのが見えますでしょうか・・
ここまで手が込んでいると、鏡という実用品ではなくて、絵画のようです。
眼福なり。

さて、最後になりましたが・・
私がオーダーしたのはカプチーノと英国風スコーンです。

本来は紅茶で頂くべきだったかな・・
スコーンは英国のお菓子だからね。

フォションをはじめ、おいしそうな紅茶缶がカウンターにならんでました。
紅茶の場合、ポットサービスしてくれるかどうかは不明。
私は紅茶をポットサービスしないお店は嫌いですw
ポーションミルクを出してくるカフェも嫌いです。
それだけでもうリピはなくなっちゃう・・

このカフェは嫌いになりたくなかったので、冒険(紅茶を頼んだり、普通の珈琲を頼むことw)はやめておいた次第。

器もめっちゃ凝っています。
カプチーノは、ジノリのビンテージカップででてきました。

IMG_20180716_125338

スコーン。800円
クロテッドクリーム、いちごジャム、ブルーベリージャムが添えられて、ボリューム満点です。

IMG_20180716_125405

スコーンは英国の田舎のカフェで出されるのに近い味と形。
ちょっと甘い(甘すぎる)けど、私の好きなスコーンです。
おばちゃんには1つでもいいかな。
大きなスコーンで2つ食べきるのはちょっと苦労しましたw
大好きなクロテッドを残してしまったのが心残りですうううう!

次回は別のデザートを紅茶でいただいてみたいです。

余談ですが・・MENUについて。
MENUは手書きのイラスト。とてもチャーミング♪
IMG_20180716_124950


MENUにアイスカフェラテはありますが、温かいカフェラテはありません。
私は能楽堂のエアコンがかなり寒く感じて、体が冷えていたので・・冷たい飲み物はいやでした。

温かいカフェラテをください、と言ったら、「カプチーノになりますが」と言われました。
ふーん・・
カプチーノは、泡立てた牛乳を使うので・・カフェラテとはもって非なるものです。
冷たいカフェラテやっているなら、温かいカフェラテも作れるんじゃないのかなと思うんだけど・・なぜだろう(・・?

まあそれはさておき。
カフェとしては私のお気に入りとなりました。

実はこのあたりは、夫の勤務先があるところでww
「こういうカフェに入ったんだけど知ってる?」と夜、話したの。

「能楽堂の近くの店はたぶん全部知ってるけど、その店は知らないなあ。」との返事。
「地図ちゃんと見せて」とノッてくるので、GoogleMap見せたら・・
「ああ、ここは何年か前に火事になったところだ。私道の一番奥が火事になったことがあった。建て直ししてお店になったのか」と言ってました。

これは夫婦の会話であって、事実ではないかもしれません。
ご承知おきください。

北参道の駅まで、思いっきり裏道を通ってみましたが、おいしいそうなお店が他にも数軒あり。

狂言のたびにランチも食べられるかと思うと、楽しみが2倍です!
ルンルンルン(#^.^#)


いつもと違う格好

朝日新聞のイベントに参加して・・スタイリストさんのアドバイスを聞いたでしょ?

50歳過ぎたら、どういう風におしゃれを楽しむのか、いろいろなコツを教わったので、取り入れてみようかなと思って買った服。

トップス3000円(さらに30%引き)
パンツ5000円(さらに半額)
シューズ5000円(定価販売)

上から下までで約1万円!
私にとっては、頑張って買った服。
いつも1000円くらいのプチプラの人なので( 汗)

B612_20180716_084509_710

眠そうな顔・・ま、そりゃそーだ。
起きて、まっさきにシャワーあびて、まだ5分しかたってない。
別にいいやw

今日、この格好で出かけようと思います。
せっかく買ったんだし、使おう。

白いシューズも新しく買ったものです。
昨日試し履きしてみてどこも痛くならなかったから大丈夫なはず。
一応バンドエイドは持ったけどw

私は基本、白い靴は履かないです。
がに股歩きのせいか、くつのかかと部分をこすって汚すことがあるので。

でも大人のオシャレに、白い靴はマストアイテムなんだそうですよ!
まあね。おしゃれだと思うけどね。
たぶんこれも汚すのでワンシーズンで終わりになっちゃうでしょう。

自撮りしてみて思ったけど、やっぱりぺたんこシューズはスタイルがよく見えないよ。

スタイリストさんは、パンツとパンプスは組み合わせとしては古い感じがするし、50歳超えるとパンプスは足が疲れるから、スニーカー(ただしおしゃれなやつ)がいいです、とおっしゃっていました。

私は観劇やランチくらいなら、パンプスで行っても大丈夫(わりと履きなれている)ので・・こういう格好でランチはいやかも。。

このトップスは、ブルーの縦ストライプ生地でゆったりタイプ。
後ろと前の長さが違っていて、うしろはお尻が隠れるようにひねりがはいってます
(今年の流行らしい)
後ろのデザインは、うまく写せないので自撮りは断念。

前は短めでふんわりするようゴムが入ってる。
パンツインしようと思ったけど、似合わないのでやめましたww
※スタイリストさんはパンツインをおススメしてましたけど、自分でやると入れ方がむじゅい

スタイリストの石田さんいわく。
オシャレはバランスです。
全体のバランスで、おしゃれかどうかが決まる。

だからいつも鏡を見てください。
自分のコーディネイトのバランスは、全身を鏡に映してみないとわかりません。

甘い∔甘いはダメ
かわいい∔かわいいもダメ
上を甘くしたら、ボトムをクールにする
そういう着こなしをしましょう

ということです。
たしかに理にかなってる。

今日の私の格好は・・
自分で講評してみるに・・中途半端に人の言うことを受け入れて選んだので、私らしくないイメージになりやした。
いさぎよくないねw

夏らしいけど、決め手がなくて平凡!
そこらへんに、お使いにいきますよって格好になってしまった。

好きなもの着てますがなにか?
と開き直って爆走しているのが、ザ私、だと思う。

自分のコーディネートは、自撮りしてみると、鏡で見るより、もっといろいろわかります。
オシャレな大人目指すなら、ぜひ!
自撮りしたからオシャレになれるというわけではありませんが、やったほうがベターなのは確かです。

着替えるのも面倒なので、このままでかけます。
連休最後の1日ですね。
猛暑の予報なので、みなさま気を付けて。

明日は国立能楽堂

ずっと先、と思っていましたが、狂言を見る日がいよいよ明日になりました。
楽しみ~~♪

今回は60歳以上は半額、という特典を使いました。
良席(前から4列目の正面席)が1500円、です。
イエーイ!

kyougen


子供でも鑑賞できるよう、解説がつく会で、早めに終わります。
狂言を見てから、仕事に十分間に合うのがうれしいです。

ブロ友のPちゃんもお友達と観劇するそうなので、お顔拝見できそう♪
※席は、Pちゃんとは別々です。Pちゃんまだ60歳になってないからなw

早めに家を出て、おしゃれな北参道のカフェでモーニングセットでも食べられないかな、とぐぐっていたら、おいしそうなカフェ発見。

chisa cafe

日本でも有数のベネチアンビーズ、ムラーノガラスのコレクター、小瀧千佐子さんのギャラリーに併設されたカフェです。
月曜は定休日ですが、祝日の場合は営業するようです。

イギリスのスコーンが日本でも食べられるように、と思って自家製のスコーンを提供されている記事を見たら、食べたくなってきました、断然!!

イギリスのスコーン大好き!
でも日本で出されるスコーンって、本場の味とだいぶ違うんだよね。
たとえ、一流ホテルのアフタヌーンティでも、これじゃない感を味わっている私。
この記事は見逃せません。

開演前はまだお店がOPENしていないので、立ち寄るとしたら、終演後ですね。
席があまりないようなので、ちょうど混みあう時間帯に突然伺ってもダメかもしれないです。

自分の悪運?を信じて、帰りがけに立ち寄ってみようと思います。





クルーズ行こっかな~

以前ちょっと書いた記憶がありますが・・

やっぱりクルーズ、行くことにしました。


え?
はい?

姉とクルーズ行きたいねぇと話したのが(LINEで)数日前。
その時には、とりあえず旅行会社に行ってきいてみるね、と私が答えて、話は終わりました。
この段階では、まだまだ非現実的な話w

今日、時間に余裕があったので、船室のことや、空きがあるかどうか確認するだけのつもりで、すぐ近くの旅行会社へ出向いたんですが・・・

話を聞いたら、心が動きwwww
悩むより先に、とりあえず、押さえとくか、と衝動的に予約いれてしまいました。

だってさ。
取る前に悩んだってしかたないじゃん?
まずは予約をしてから、悩めばいいのよ(違っ)
姉は、よろしくね~って言っていたんだしさ!

私が決めなきゃ、絶対実現しないよね、クルーズはさ。
(どんどん自分のいいほうに考えをまげていくHippo)

申し込んでおいて、姉がやっぱりやめよう、って言ったらキャンセルすればいいのよ。
キャンセル料かからないんだし。

話を聞いて、クルーズ決めるまで、ものの5分。
おぃ。
せめて1日くらいは、悩んだらどーだ。

旅行会社の方に、
「今日はいくつか質問だけして帰るつもりだったんだけど、いいや。今日、予約入れます。二名でよろしく。」と私が言ったら、担当の方が笑ってました。

おさえたのは、2020年の9日間クルーズ。
横浜から出て、名古屋、神戸、沖縄、台湾に寄港し、また横浜に戻ってくるコースです。





豪雨

豪雨被害の放送を見るたび、気持ちが落ち込む。

私は毎日、好きなことをして、のんきに暮らしているのに・・
ひどい運命を受け入れるしかない人々がいる。

今日見た、ある1つのニュースは・・私にも息子がいるせいか・・たまらなかった。
息子さんの声を聞いた直後、その携帯がつながらなくなったお母さま・・・

辛いね。
辛すぎるよね。

ああもう。


50代からのキレイ撮影会

昨日、朝日新聞主催のイベントに参加してきました。

今回のイベントは、朝日新聞に掲載されます。
REライフの見出しをみつけたらぜひお読みくださいね!
掲載は8月末、ごろかな?(未定)

今回で5回目になるこのキレイ企画、過去の様子は、こちら。
プロのスタイリストさんにかかると、別人!になれるのがよ~くわかります。
50代から輝く100人のキレイ


新聞でたまたま記事を見かけ、面白そうだと思い、私も参加した経緯はブログにすでに書きました。
楽しそうなイベント

担当YさんからブログUPのお許しいただけましたので、当日のレポをお送ります♪

Yさんの話では、今回は募集8人に対して、150人の応募があり、とっても狭き門だったんですよ(#^^#)

抽選には外れたけど、キャンセルによる繰り上げ参加できたHippoも、幸運の持ち主ですよね。ラッキー♪

参加費は9500円です。
なかなかの参加費と思います。

ただし。
プロのスタイリスト、プロのメイク、プロのカメラマンに対応してもらえ、かつ、ファッションに関する非常に役に立つお話を伺えるので、<代金>としては、妥当と思います。

ニキズキッチンもそうなんですけれど・・・
会に参加しなければ言葉をかわすことは一生ないであろう<だれか>と、一期一会を楽しむ、ということが私は好きなんですよね。

この会でも、50年以上生きてきた、いわば<同志>と、お茶とお菓子をいただきながら、ファッションについてお話しできました。とても新鮮でした。
仲良くしている友達とは、ファッションについてなんかおしゃべりしないもの・・今更、という感じで。
そういうのってありません?

そうそう、コレ書いておきたい!!!
スタイリストの石田純子さん、めっちゃ魅力的。
写真や出版物(買ってないけど・・ごめんなさい)で見るより、目の前にいらっしゃるご本人のほうが、もっと素敵でした。

後ろ姿なので、載せてもいいですよね?
(誰に問いかけているのか不明な質問・・)

カリスマスタイリスト 石田さん♡
60

会場になったブティック DUE deux は石田さんのお店です。
大人の女性向けで、商品のお値段はブティック値段としては、抑え気味。

61

店内には、つけた瞬間、おしゃれな大人になれるであろうアクセがずらり。

63

さすがスタイリストが厳選したものだけを置いてあるブティック。
どの商品も、石田流<モード>を発信しています。

64

さて。
イベントの話に戻ります。

指定時間に会場に着くためには、ラッシュアワーの超満員地下鉄に乗らなければなりません。この企画で残念だったのは、唯一この点(集合時間)。

覚悟はしていましたが、ラッシュの電車は疲れる~。
1時間以上立ちっぱなし、すし詰め状態を、スマホに入れた音楽聴きながら耐えました。

あと30分でもいいから開始を遅らせてもらえると、電車の混みようが違うと思いますが、終了時間がお昼をまたぐことになるので、早めの集合にならざるを得ないんだろうなあ・・・・

地下鉄の駅から会場のブティックまでは、徒歩10分くらい。
GoogleMapがついているので、迷ったりはしませんが、日傘持たないで行った私(あほですね。でも普段車移動が多いので日傘持つ習慣ないんだもん・・)は、会場についた時は、汗びっしょり状態でした。

休む暇なく、「いらした方から、BEFORE写真を撮らせていただきま~す」と指示が・・担当Yさん、鬼~ww
(うそうそ、かわいらしく、テキパキした方で、進行役もお見事でした)

撮影?え?もう?って思いましたが、緊張する暇もなく撮影されちゃうので、かえって参加者には心優しい配慮だったかも?
正しい作戦w
シロートさんはポーズなど取れないので(少なくとも私は取れません)、あっという間に撮影完了するほうが楽、きっと。ハハハ!

BEFORE写真のあとは、参加者、スタイリストの石田さん、Yさんが大きなテーブルに座り、自己紹介をしていきました。
洋服を選んでいただくので、服と靴のサイズも申告します。

そのあとは、石田さんが一人一人順番に洋服を選んで下さって、試着、メイク、撮影へ、と流れていきます。

一人、また一人、石田流の着こなしで別人のようになって、試着室から登場してきます。出てきた瞬間、「素敵~」「若く見える!」とみんなに言ってもらえるので、照れ気味だった変身完了者さんの表情が、柔らかい笑顔になります。
あの雰囲気、いいですね、とっても!

「ほめてもらえてうれしい」とおっしゃる気持ち、よくわかります。
この年になると、自分の服をほめてもらえることなんてないですもん。

服で変身したあとは、メイクさんにちょい足しメイクをしてもらいます。
私はアイラインとつけまつげをしたいです!とリクエストしました。
不器用な私には絶対できないことなので、ずっとあこがれていたんです♪

似合うかどうかはおいて、鏡に映る、アイラインとつけまつげをした自分の顔に、おおっとなりました(なぜだ・・見慣れないからかなw)

アイラインの正しい引き方、もメイクさんに教えてもらいました。
ありがとー(*^-^*)

アイラインを引いたほうが目力出るのはわかりましたが・・一人でできるかなあ・・自信なし。


そして、最後に、プロカメラマンによる撮影です。

アシスタントさんもついてくださって、ポーズの取り方や、服も直しながら、モデル気分が味わえます。

私は途中でつけまつげが取れる、というあるあるなハプニングが起こりましたが、メイクさんが飛んできて直してくださいました。

BEFORE写真の時と違い、ポージングのアドバイスをしていただきながら何枚も撮ってもらいました。

とはいえ、シロートのかなしさ。
歯を見せて笑いましょー!との指示に、努力はしたのですが、たぶんゴリラが歯をむき出してむりやり笑った顔になっていたと予想・・

私はともかく、他の方々はとても素敵に変身なさってました。
紙面でこの企画の記事をみつけたら、ぜひぜひご覧いただきたいです!!

さて。
私自身の変身については、ブログで少々ネタバレを。

石田さんが、私に見立ててくださったのは、2種類。

1つはマダムっぽい、シックなモノトーン調の柄ワンピース(チュニックかもしれない)
※写真撮っておけばよかった~。でもテンパってた~↓↓
もう1つは、白いトップス+ストライプのワイドパンツ(派手め)

私は当日着て行ったのが黒の上下(*)だったので、派手めを選びましたw

(撮影:自宅)
私以外のなにものでもない、まさにザ・私、の格好。
1234

AFTERはこちら。
テーブルで隠し撮りするかのように、急いで自撮りw
こらこら、下から撮るから見事に二重顎披露。不覚(涙)
でも手持ちのAFTER写真、これしかないので、小さい写真にしてUPしとくb
2

ベレー帽はまさか?の後出し!
服だけ着て完了!と思っていたので・・・正直、うろたえましたw

「えっ?はい?ベレー帽、ですか?うそぉ。ほんとにかぶるんですか?」
(プロにむかって失礼すぎる私・・)
アシスタントさんが帽子をもって近づいてきた瞬間、腹くくったHippoです(ぇ)

わが人生、最初で最後のベレー帽。
悔いなし!

なんちゃってね!
腹をくくったのは事実(少々尾ひれつき)ですが、実は、このコーディネイトは気に入っているんですよ!
誤解なさいませんように。

この組み合わせ、私より、ブロ友のPちゃんが似合いそうですb

率直なわが感想は・・

こりゃ自分じゃ絶対選ばない服だ~
うむむ。
プロってすごいな~(ほめてます)

この企画に参加しなければ、こういう服、着ないで人生終わってたもの!
63歳の私に、このコーディネートをしてくださった石田さんに感謝です。

プロが撮ってくださった全身写真は、まだ私も見ていません。
紙面で見られるわけですが、怖いもの知らずの私が、これはかなり怖いよお~w
(嘘)

どうか可愛くw
撮っていただけていますように。

これからもこの企画はあると思います。
興味のある方は、新聞はもちろん、ウエブも時々チェックしてみてください。

トップページ

ページ上部にあるMENUから、<イベント、企画>をクリックしていただくと、楽しそうなことがたくさん並んでますよ!
GO !

ユリア先生 ブリニのケーキ(ニキズキッチン)

昨日、ユリア(ロシア料理)のクラスに参加しました。

高校の同級生たちを誘ってグループレッスンをお願いしたクラスです。
気持ちがツーカー(死語?)なので、調理がかなりスムースでした。

同級生ではない参加者さんたちも写真には写っています。
ニキズキャリアが長い方々で、仕事はテキパキ。
ユリアの指示の的確さもあり、非常に効率よく進みました。

これからいよいよ試食会!
着席した時のみんなの笑顔に注目です。
B612_20180707_133617_473

こちらは調理中のショット。
IMG_20180707_121549
調理台は広いので、みんなで作業できます。

ユリアは、コルドンブルー(フランス)で学んだ実力派の講師。
作る料理も、教え方も五つ星!

さて、当日作ったMENUをご紹介します。

◆フォルシュマーク(ニシンのパテ)
IMG_20180707_133425

フードプロセッサーであっという間に完成。
缶詰のパテより、当たり前ですがおいしい。
手作りならではの、ふんわり感となめらかさです。

ユリアのおすすめのニシンはこちら。オランダ産。
nisin
ピンボケになってしまった。ごめんなさい。

完成したパテは、スプーンふたつでちょちょいとクネル型にまとめて、パンの上に乗せます。
ディルとレモンは飾りではなく、大事な味のポイントですので、一緒にいただきます。


◆ビーツとほうれん草のペルメニ(ロシアのミニ餃子)
皮から作ります、もちろん。
こちらは生のビーツから色をつけたペルメ二の皮。
perume

包む作業、とっても楽しかったわ♪
写真撮り忘れたので、ニキズキッチンの公式から拝借。
下の写真左は包んだもの。
写真右は、伸ばす前に丸めて休ませていた生地です。
peri

ペルメ二の具は、合い挽き肉と玉ねぎです。
スープにしたとき、いいおだしがでていましたb
色はゆでる前のほうが鮮やかですけど・・
手作りの皮がもちもちしておいしかった。
B612_20180707_134548_055


◆豚肉のズラズィ(じゃがいもと豚挽き肉のハンバーグ)
B612_20180707_135133_409
サワークリームを添えていただきます。

中身はこんな感じです
私は撮り忘れたので、公式からお借りしました。
zura

じゃがいも(男爵)はすり下ろして使います。
ひき肉を真ん中において成形し、フライパンで焼き色をつけます。
poteto

さらにオーブンで20分くらい焼き上げ、外側がカリっと、中はもちもちに仕上げます。

案外手間がかかっています。
ロシアの人は大好きだそうです。
日本人だって、これは絶対に好きになりますよ(#^.^#)


◆ブリニのケーキ
ブリニは、ロシア語のクレープのことです。

チョコレートクレープと、サワークリームのムース、チェリーを合わせて作るデザートです。

クレープの上手な作り方、習いました。
昔、なにかのレシピ見てチャレンジしたことがあるのですが・・おいしいのが作れなかったので断念したことがあります。
コツを教えてもらい、本当においしいクレープを焼くことができたので、再トライしてみようかしら。

このケーキは作ってみたいです。
甘ずっぱくて、さわやか。

断面がアートのように美しいのですが・・そのレシピは・・ここでは教えてあげません(笑)

作ってみたいな、食べてみたいなと思ったら、ユリアのクラスにぜひ参加してくださいね!

ブリニのケーキの仕上げをしているユリア。
板チョコレートを削って上にかけています。
B612_20180707_135620_011

出来上がり
B612_20180707_140336_784

プロのコツをたくさん教えていただきました。
勉強になります!

作ったものは全部試食できます。
試食というより、素敵なお食事会♪

大きなテーブルにみなで座り、食事とともにおしゃべりも楽しみます。
話題が豊富な方が多く、このおしゃべりタイムもニキズの魅力の1つです。

レッスン代と食事代合わせて5900円は、お得な感じ。
ニキズキッチンにはいつも感謝です。

難点は予約をいれるのが大変なこと。
すぐいっぱいになっちゃう!

ユリアは4名以上そろうと、グループレッスンとして調整してくれる講師です。
確実に受けたい場合は、自力で人数集めて、日程交渉するほうがいいかもしれないです。

ニキズキッチン


今日はニキズでプチ同窓会してきました

今日は高校の同級生5人が集まって、ニキズキッチンを楽しんできました。

ただレストランに集まっておしゃべりするだけでなく、なにかを一緒に学ぶ、というスタイルもいいのではないかと思って提案したら、すんなり実現しました。

いつも楽しいのですが、今日は格別の楽しさがありました。
講師は、TVなどにも多数出演なさっているロシアのお料理研究家のユリア先生です。

今日はレポを書く気力がないので、明日以降UPしますね。

こちらは楽しいおいしい半日を過ごして帰宅しましたが・・

大雨の影響が予想以上の被害を出していたのですね。
いつもおなじことを書いてしまうのですが、被害にあわれた方々にかける言葉がみつかりません。

自然は時として、無慈悲なことをする・・
これ以上被害が広がりませんように。







自分三昧!へようこそ
(^^)♪

プロフィール

hippo2017

プロフィール写真は本人ですが
写真加工アプリで遊びまくって
<だれおま>状態。
お許しあれ!(^^)
ギャラリー
  • chisa cafe(北参道)
  • chisa cafe(北参道)
  • chisa cafe(北参道)
  • chisa cafe(北参道)
  • chisa cafe(北参道)
  • chisa cafe(北参道)
  • chisa cafe(北参道)
  • chisa cafe(北参道)
  • chisa cafe(北参道)
最新コメント