August 2012

砂紋

久し振りに潮風に吹かれてきた。

山と違って海はめっちゃ暑い。

山と違って海はめっちゃ水がぬるい。

山と違って海はめっちゃ近い。(笑)


どうも沖には藻場があるようで・・・

ちょうど藻場が切れる100mラインから当たりだす。

サーフ

藻場から出た直後に良型が当たるパターンが多く。

着水点を藻場の手前にすると型が落ちる。

魚の着き方は山も海も同じって訳ね。




サーフ2

地元のサーフではこのサイズでも簡単に出なくなった。

昔は釣れたんやけどね~。




サーフ3

岬の方まで廻ってみたら、なかなか景観が良い場所に出た。

潮風が気持ち良かった~。
 
結局、昼過ぎに納竿で最大サイズは納得の9寸超。

たまには塩分補給も良いですな。






Set up

明日は向こうは雨やろね。

無難にキス釣りでも行くか?

とりあえずセットアップは済んだけど・・・

ケース

右の100均のケース、結構便利。

5cmのミノーなら1ブロックに2個入る。

しかも、真ん中の小さいブロックにスピナーが1個づつ入る。

万が一、ひっくり返っても全部は飛び出さんやろ~的な。


左のケースはダイビング系ミノー用。

ウェーディング中の交換にはホント気を使う。

ひっくり返したら大変な事に!(汗)


う~ん、海か川か・・・0時過ぎても未だに決断できぬ!(笑)





いやいや、小さい川でも越えれん気持ちは分かるよ。

増水したら流れきついもん(笑)



Main force ?

先日の釣行の際、移動中に車内のロッドホルダーからロッドが落下。

危うくロッドを折ってしまう所だった(汗)

そんな時に限ってサブロッドも積んでない。

遠征しての釣りがそこで終ってしまうハプニングには遇いたくないが・・・

サブロッドの重要性を再考、そして入手へ大爆走!


現サブロッド、今となってはあまりにイメージと異なるため構想外。

さらに、タックルをロッドに合わせるのは面倒だし。

今のロッドのイメージに近い、手頃な値段、機能性・・・

条件を絞って求めると・・・


ロッド

辿り着いたのは・・・コレ。

イメージより少し張りがあるけど想定内。

より機動力を高めた4’11を選択。

今のロッドが52なので、3インチ、約7.5cm短い。

アンダーハンドキャストを多用する小渓ではきっと武器になるはず。

実際に大場所以外はキャストの9割はアンダーかサイド。

精度が出る、余分なスラッグが出にくい、着水後、立ち上がりが速い・・・あら?

サブの予定が、めちゃめちゃメインの構想に・・・(笑)


入渓場所によって使い分けたらいいやん・・・

そしたら、ハイギアのリールがもう1個欲しいやんね・・・

いやいや、そうならんごと同じような竿を選んだんやろ・・・

そうか、だったらリール付け替える・・・

そうしとき。


まぁ、要するに・・・楽しみが増えたかなと(爆)



遠征中の楽しみも・・・♪♪




ちょっと

この夏は例年になく釣りをしており・・・

夏休みとは言え、子供達と遊ぶ機会が激減しているのも理由のひとつ。

勉強、部活、友達・・・どんどん大人になっている。

反面、オヤジは・・・どんどん子供へ!(爆)

・・・ってことで、毎週通っている始末。


先週、最後まで行けなかったエリアに入渓。

間違いなく、前日に3人組が入ってる・・・よ(笑)

増水が落ち着いて水も澄んできている感じ。

251

先週のような活性ではないけど、ボチボチ出る。



252

8寸のべっぴん、美しい。



253


魚は少しづつ、秋色に・・・。



今日はのんびり遡行し過ぎて別エリアに再入渓するには微妙な時間となった。

ちょっと足の筋肉と膝に疲労がきてる感じだし・・・

山を下って行きながら、大場所だけ覗いてみた。

水がいい感じなので、ちょっと投げてみた。

1投目、シャロー側。

2投目、流芯。

3投目、ボサ側。

3投目に来た・・・ちょっといいのが。


254

最近、夕方になるとちょっと良い事が起こる。



255

ちょっと足りなかった・・・あと8ミリ。



256

・・・という感じで、良い締めとなった。



257

さて、ボチボチ帰ろう。





体力消耗

山を越え、ナビで確認しつつ、新規開拓を試みた。

1d


暫し、様子を・・・


1d2

入渓と脱渓ポイントを探しながら、ここは行き止まり(笑)



1d4

何処もそこそこ良い感じ・・・



1d3

この奥も、怪しい・・・



1d6

この渓相ならボコボコ出そうなのに・・・



1d7

各支流を渡り歩いた結果、この魚が最大で、あとはウグイとミニヤマメだけだった。

時期的なのか、腕が悪いのか・・・

とりあえずマップ拡張できたのに満足して帰る。

やれやれ、翌日は雨の予報だったが・・・

晴れではないか!


2d

ストレス解消を求めてしまった(笑)

でも、遡行ギリギリ。


2d1

しかし、ココは応えてくれる。



2d2

出る出る。



2d3

そして、この先の最終エリア、滝壺の上の様子を見ると・・・

脱渓ポイントまで辿り着けそうにない(汗)

少し手前に戻り、脱渓ポイントの新規開拓を試みる。

結果的にいろいろあったけど、なんとか抜けれた。

しかも、車までの距離、大幅に短縮。

森の中はちょっとヘンゼルとグレーテルになるかと思ったけど(笑)


そして午後から、少し下流に降りて再入渓。

午後からの入り直しはバラシの連発パターンが多い。

魚の活性は高そうなのに、やはりバレまくる。

言い訳できないように、フロントとテールフックを新品に交換。

1本いい奴がフックに触れていった。

もうダメかと思われたが・・・


そこにはもう1本いた・・・

2d4

雄のカッコいいのが。



2d5

泣き尺で泣きじゃくりましたの巻で終了です(爆)







Recent Comments
Access counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ