ヨーグルト農法、軒先栽培試験が再開された。
昨年から始めた軒先農業は順調に進み トマト、ナス、キュウリ、レタス、イチゴなどの試験栽培を行い、収穫も良好 成功した。

ただ、イチゴ栽培は収穫が冬樹に入り、暖房がうまくいかなかった 暖房機を回したら家のヒユーズがとび 栽培を断念した。

軒先栽培はそんな経過を経て、今年は2年目、さらに 生育状況の収集を行っていく予定。
岩手の春は遅く・・・でも やっと栽培試験が行える時期が来た。
 
イメージ 1
  軒先を利用して(最も安い農業) 二種類のレタス栽培試験再開

イメージ 2
             一般的 レタス栽培

イメージ 3
              サニーレタス栽培

昨年の栽培実績から、今年はレタスといちご栽培を行うことにした。
昨年のレタス収穫時、夕食に食べるだけを収穫、直後に食卓に 新鮮でおいしく使い勝手が最高・・・・
女房がレタス栽培を・・・・実益を選択した。

   ・・・ヨーグルト農法軒先栽培、軒先からすぐ食卓に・・・

ヨーグルト農法は全くの無農薬栽培、さらに、味覚も最高・・・(+_+)効果