電子遊戯日記

PCゲームなどのプレイ日記。不定期更新。

カテゴリ: DEMO

Operation Flashpoint: Dragon RisingのDEMOで遊んでみた。
DEMOはこちらから落とせる→4GAMERSteamはコッチ

Operation Flashpointといえば、所謂陸軍シミュレータだけど、このOperation Flashpoint: Dragon Risingは本家と比べればかなりカジュアルに作られている。といっても、CODシリーズなどのアクションシュータに比べればリアル寄り、ハードに造られている。出てくる敵は少ないしマップは広いし、なんつったって一発で致命傷を受ける。
このタイトルの対抗馬としてはARMA2が挙げられるけど、ARMA2は正直重いしすぐ死ぬ。心が折れる。
というわけで、今回遊んでみたわけです。


Operation Flashpoint: Dragon RisingのDEMOを遊んでみての感想は、良い意味で「カジュアル」。ARMAシリーズは管理人のようなこらえ性のないライトゲーマ(ゲームにどっぷりですが)には少々敷居が高すぎる。だけど最近のFPSは似た様なものばかりで(´ ・ω・`)って人には丁度いい難易度かもしれない。

この手のゲーム(といっても少ないけど)の第一の特長は「索敵」にあるとおもう。そして、「先に見つけた優位性」を生かして回り込んだりする側面攻撃へのPLAN DO SEEのプロセス。また、細かな点ではどうしても覚えゲーとしての側面はぬぐえないけど、「索敵」するのは毎度の状況が変わるわけで、他と比べて「覚えゲー」の側面が少ない。
「戦場の雰囲気」を楽しみたいのなら、Operation Flashpoint: Dragon Rising位で十分な気がする。ARMAはやっぱりガチすぎる(´ ・ω・`)。

DEMOを遊んでみてOperation Flashpoint: Dragon RisingはARMAとくらべて索敵が甘めで済む印象を受けた。ARMAだと索敵を行って森や草むらで100mクラスの至近距離での遭遇戦をしちゃった日には帰ってこれないこと請け合いだけど、Operation Flashpoint: Dragon Risingではまだマシ。その分、ランボーとまでは行かなくてもそこまで神経を使わずプレイできるのはうれしい。

Operation Flashpoint: Dragon RisingはARMAと比べて射撃が個人的にはやりにくいように感じた。簡単に言うと的が小さい。ARMAではガンサイトを除いた後、ほんの少しだけZOOMをかけることが出来る。これが本当にありがたい。200、300〜500mをディスプレイで表現しようとするとどうしても敵が数ドットになる。これを二段ZOOMでARMAは遊びやすかったのだけど、Operation Flashpoint: Dragon Risingにはこれがない(´ ・ω・`)。
マークスマンライフル(倍率の良いスコープつきの突撃銃)じゃないと300m(標準の交戦距離)で戦闘できなかった。AIMが下手なだけといえばそれだけなんだけど。

さっき、Operation Flashpoint: Dragon Risingは索敵が楽と書いたけど、通常画面でのFOVが少し小さい気がする。視点が正面に行きやすく、脇にそれにくい。これは何も考えなければ正面の的が大きくなって遊びやすいと言えばそうなんだけど、索敵の観点から言うと少し遊びにくい。この点、ARMAは索敵しやすいつくりになっている。照準を前に置いて視点だけ移動できる。
ZOOM、索敵に対するシステム面でのサポートはARMAの方が俄然「痒いところに手が届く」造りになっている。
が、遊びやすさの観点、「カジュアルさ」で言えば、Operation Flashpoint: Dragon Risingに軍配が上がる。


リアル系といわれるFPSで、あと一つエッセンスを求めるなら、それは何か。
その求めるもので選択肢は変わるだろう。
Operation Flashpoint: Dragon RisingなのかARMAなのか。
正直に遊びやすさをとるのなら、Operation Flashpoint: Dragon Risingで十分。



Operation Flashpointといえば、その豊富なユーザミッション、MODが挙げれらるけど、Operation Flashpoint: Dragon Risingにもユーザミッションはあるようです。数はARMAの方が多いみたいだけど、「沢山なきゃヤダ」というカジュアルさを求めない人はおとなしくARMAやってる…でしょう。

OFPHQ←Operation Flashpoint: Dragon Risingのユーザミッション
このサイトのMODのタグにはMODもいくつかアップされているようです。AI強化するMODもありますね。


最後にDEMOで収録されているミッションの動画がニコニコに落ちてたので貼り付けときます。
ネタバレになっちゃうけどね///









Steamにて無料ダウンロードできます。
ソースも公開されているので、ユーザによるカスタムマップに期待☆

お手軽Coop(4人)オススメ

Steamのページ
どうやら色々なデータが記録されるみたいです→リンク

DEMOっていうか、無料製品版のレースゲーム、DrivingSpeed2を紹介するよ。

発売は2008年4月。
パッケージ代もプレイ代も無料でシングルもマルチプレイも出いちゃうこのゲーム。
なんとうか、太っ腹ですね。

プレイ感は、アーケードライク。
壁にぶつかっても、敵車にぶつかってもお咎めなし。
ゴリゴリ強引に走るもよし、ちゃんとブレーキンぐしてスマートに走るもよしといった感じ。

使用可能車両は全部で4種。
ちょっと少なめと感じるかもしれないけど、無料だって事を忘れてはいけない。
どの車両もハイパワーなアメ車なのでどんどん攻められるのも言い感じ。
なかには低排気量の車でブレーキングするかどうかのストイックな走りをしたい人もいるだろうけど。

コースは2種類。
どちらも市街地を封鎖したようなブラインドコーナーが続く…。
片方はグランツーリスモでやったことがあるようなローマ市街地っぽいコース。
もう一つは、ラグナセカを思わせる立体カーブがあるハイスピードコース。

この動画で1分13秒くらいの場所があの有名なコーク・スクリュー。


ゲーム画面をちょちょっと紹介。
DrivingSpeed 2010-02-22 14-57-52-12
DrivingSpeed 2010-02-22 14-58-52-12
やっぱりコースを覚えるまでは難しいレースゲーム。

DrivingSpeed 2010-02-22 14-58-37-12
スペースキーでハンドブレーキも出来る。
ドリフトできるようになると世界が変わるよね!

DrivingSpeed 2010-02-22 14-54-15-98
コーススクリューの毒牙にかかったかわいそうなEasy車両。
どうしてこうなった。(AA略)


グラフィックはPS2かそれくらいといったところかな?
2008年だと少し見劣りするかもしれないけど、なんつったって無料。文句を言っちゃいけない。
その分、ロード時間が短くFPSも高いのでプレイしやすいっちゃしやすいからヨシとしましょうよ。

お手軽にダウンロードして、お手軽にロードして、お手軽にレースできるそんなゲーム。
いっしょにマルチプレイしてみないかい?


↓ダウンロードやらゲームの詳細はコチラから。↓
4gamer.net記事

トロピコ、いいね。たのしいね。反乱軍ドンと来い(`・ω・´)

Tropico3 Demo 2010-01-26 10-24-07-54
プレイのコツがわかってきた。

デモのシングルミッションその2(鉄を5000輸出しろ)で
輸出そっちのけ内政プレイしてみたよ。

共産主義バンザイ。
気が付けば共産主義派閥の人と軍国主義の方々の支持が100%になってた。
こうやって支持を集めながら生産と拡張をおこなっていくゲームなんだねぇ。

軍隊を配備したかったら、軍人の賃金をあげて雇用を安定させるといいみたい。
この賃金が他の職業より優遇されていると、雇用が安定する。
それに、その派からの支持がアップする。
軍隊さえあれば反乱軍も怖くないぜ(`・ω・´)

医者として働ける人材は大卒なので雇用が大変。
診療所あえて立てないでいたらパンデミック発生した\(^o^)/
この影響で人口が激減
(移民の受け入れができなくなり、国民がばたばた死んだ)

入国管理事務所も結構大事みたい。
移民を受け入れて失業率をキープしないと無教育労働施設の労働賃金がインフレした/(^o^)\
高卒より高いとかどんだけ(゚∀゚)アヒャヒャ

序盤の開発期では、建設事務所の賃金を上げると良いみたいね。
労働意欲があがって、バリバリ働いてくれます。

工業の輸出力がエグイ。
木こりをやとって丸太売るより、木材加工所つくって板売ったほうが
当然商品価値が高いので◎

今のところ、輸出に頼る経済モデルしかわからないけど(丸太、木材、ウシetc...)
内需拡大して鎖国経済モデル(civ4でいうとこの重商主義?)にも挑戦してみたいな。
…観光都市?デモじゃできないんだよね(´・ω・`)



体験版だと、1950年から1970年までの20年間しかプレイできないけど、
製品版だとどうなるんだろう?
一応「冷戦期」の発展途上国が東西どちらについて支援を受けながら発展するか
ってモデルのゲームだから、1989年以降のプレイはおかしいわけで…
(製品版でも49年がプレイ限界?)
そう考えれば、40%も開放してくれているこの体験版。
ちょいと太っ腹すぎはしないか?(´∀`*)

それにしても発展途上国の指導者ってツライね。
いま、中国がグーグルともめてるけど、しょうがない気がするよ。

トロピコ3のデモをやってみた。
トロピコ3はトロピコシリーズの最新作。
シリーズといっても私は1、2を知らないので、今回初トロピコです。

デモはここから落とせます。→リンク(4亀)
スチムーからでもできるみたい。

日本語化も行われているようです。(非公式)
この日本語化はデモ版でも使用可能です。
日本語化についてはこちらを参照のこと。→リンク

デモ版ではチュートリアルとシングルミッションを2つプレイできる。
チュートリアルは、カメラの動かし方や建設の仕方、
プレシデンテの操作の仕方なんかがあったと思う。

シングルミッションは、輸出額を○○○に到達させろというもので、
難易度的にはぼんやりプレイしてもクリアできるレベルのようです。
難易度設定とか…あるのかな。

Tropico3 Demo 2010-01-26 00-09-10-42
プレイ中、いろんなイベントが発生。
ゲーム初期で食料供給が十分でないと、国連の方々のキャンプを誘致できたりする。

Tropico3 Demo 2010-01-26 00-09-40-39
実績も配備。
プレイの方針が決められないときには重宝しそう。
工業利益が○○以上とか偏った発展が必要なものもあるようです。


うわさによるとトロピコ3は今までと比べてかなり難易度が落ちたらしい。
インターフェイス関連は洗練されてるんだろうけどねぇ。
遊びやすさと遊び応えでどのバージョンが面白いと思うかは分かれるかも…

どっちにせよ、ちょいとばかし遊んでみた感想としては、結構良ゲーだとおもう。
オヌヌメ。

適当にニコニコはっときます。


Tropico 3 (輸入版)Tropico 3 (輸入版)
販売元:Kalypso Media
クチコミを見る

WingsofPrey
なんと、IL-2シリーズの最新作、Wings of Preyの体験版がリリースされていたようです。
ダウンロードはいろんなところでできるけど、とりあえず4亀のリンクを張っておきます。

Wings of PreyはXbox版IL-2、Birds of Preyの移植版。
PCシリーズのIL-2と比べて、かなりライトになっている模様。
ピュピュピュピュードガーン。

4亀の記事によると、機銃掃射ミッションでこれに時間をかけすぎると失敗になるらしい。
実際は生きて帰ったら「成功」なんだけどね。
「機銃掃射を受ける可能性がある」ということがどれだけ敵作戦を束縛するのか。
そのプレッシャーで作戦の8割は終わっている。。。。

Xbox移植のWW橋戦モノとしてはBlazing Angels2(4亀)があったけど、これは重かった。。。
そして、ラダーを操作したときのロールが強すぎて操作しにくかったのを覚えてる。
90度バンクをとって、ラダーで上昇・・・とかが超やりにくくて何度投げたことか…
「Xboxコントローラでやってください(`・ω・´)」
って操作感がね…ヽ(#`Д´)ノ

ところで、IL-2本体のほうは4.10パッチの製作が進行しているらしい。→リンク
詳しいことは自分で調べてつかぁさい。

ArmA2DEMO、草が出なくて涙目だったんですが、ようやく草を出すことができました。

ArmA2-3
(写真は全てクリックで大きくなります)
MissonEditorでの一コマ。
アメリカ軍のAmmoトラックを爆破→運転手非難、の図です。
この後、運転手が振り返りM16で打ち返してきましたが、ベレッタで返り討ちにしてやりました。
緑色の四角は後で付け足したものです。


草を生やしてもあんまりフレームレートは下がりませんでした。
うん、これなら行けるかもしれない。
項目はTerrain detailをlow以上です。
Nomal以上はよく分からないです。草の描写距離があがるのかもしれません。
草関連では、さらにObjects detailをNomal以上にすることで草の描写が細かくなります。
low以下で簡易草表示、
Nomal以上で詳細草表示のようです。
この境は変化が明確だったのですが、
この他、NomalとHighの間などでは変化をあまり感じませんでした。
ArmA2-Objects detail
左上:草の表示がなくなる。
右上:黄色枠内の草の表示が一部になる。
左下:黄色枠内の草の表示が補完される。
右下:紫枠内など、草のモデルが細かいものと置き換わる。
(写真はクリックで大きくなります)



一番上の写真はAnisotropic filtering をlowにして、機能させてみたものです。
ShadowはDisableになっています。

ArmA2の影ですが、Shadowをlowに入れるだけでは、
木や植え込みの影は多面体の物が使われてしまいます。
植え込みの形で地面に影が落ちるのはNomal以上。
しかし、ShadowをNomalにすると、全体の負荷がHigh評価になってしまいました。
これでは、ね。カクカクだよ。
低設定で影の効果を出すのは難しいようです。

ArmA2Shadow
(真ん中の影の描写はひどすぎる。これならなくてもいい。)


自然光に対する影はlowではダメダメみたいなのですが、
夜間の炎に対する影は上の写真のせっていでもダイジョブな気がします。
…Shadow設定は優先順位は最下位の次になりました。



スポーツ系のFPSではないので、とっさにAIMするってことは少ないので
フレームレートが低くても何とかなるでしょう…ということで、現在、期待値が上昇中です。

ダッシュ時の画面のブレが
フレームレートの低さをごまかしている一つの要因になっているかも。
スポーツ系ではデメリットでしかないこの機能は
リヤル系の本作との相性がばっちりですよ。

「走ったら当然視野は揺れるだろ」
「走りながら敵の判別なんて無理」
「走ってる時の索敵なんて殆ど期待できない」
等々、勝手に理由付けてしまえます。
雰囲気ゲーだからね。

便利ですね。


wikiが立ったようです。
http://www15.atwiki.jp/arma2

ArmA2のdemoがリリースされました。
http://games.on.net/file/27690/ArmA_II_Demo よりダウンロードできます。

orbitというダウンロード支援ソフトを使ったところ、
結構な速度で落とせました。

arma2 demo

まぁ、動く。
トレーニングをしてみたけど、FPSが落ちすぎてプレーできないというレベルではない。
STALKERのパッチ無しやCRYSISのほうが重かった気がする。

環境
windows XP sp3
core2duo E6300
2G RAM
nvidia geforce 8600gt 512MB (箱には256MBとあるんだが^^;)
P5B
c-media



さて、このデモ、何とミッションエディターがついてる!
ナンテコッタ。
BIS太っ腹すぎwww

モーションブラーとbloom効果って最近の流行だけど、
見にくいね。もっそい見にくい。
armaholicにこれらを切るMODがあるようだけど、
残念ながらデモには使えないようです。ホント残念。

YouTubeの動画を見れば分かるけど、今回は走っているときの画面のブレが半端無い。
酔う。さすがに酔うよこれは。

そして、若干のフレームレートか、モーションブラーで
歩きor走り時の索敵がままならない。
慣れるまで苦労しそうです。



製品版の購入ですが、日本語マニュアル版か何かが出てからでいいか、
なんて思っています。
まだまだパッチは出るだろうし、AddOnはまだそれほど充実していないだろうから、
もう少し人柱が立つまで様子見することにします。

人はArmA2に流れていくんだろうなぁ。
どれほどの人がArmAに残るんだろうか。


追記:
トレーニングが終わると、シングルプレイヤーにベンチマークが追加されました。
FPSが平均30をキープするように調整したところ、
ArmA1のグラフィックにまったく追いついていない状況に。
ネクストジェネレーションです。

素のままのベンチマークのスコアは平均13でした(爆)
まったくスペック足りてません。

ArmA2の基地設営の機能は気になる…
すげー楽しいミッションとかできるんでね?
どっかの外人さんがArmA1に移植するAddOnを作ってくれねーかな。

arma2 setting
この設定でベンチマークスコア、30出ました。

あ、PortalのDemoあるじゃん。

nVidiaのユーザーオンリーっぽいけど?
Steamの導入が必要。

Free for all NVIDIA Gamers

メニュー画面。ちゃんと起動しました。
Portal Demo





生成できるポータルホールはブルーのみ。オレンジは生成できなかった。段階的なステージ構成による仕様かもしれないが。
Portal Demo





なんとステージ10まで体験できた。
Portal Demo





慣れてきたら終わる。はまる前に終わる。といった感じ。体験版だしね。



こちらは以前紹介した無料フラッシュバージョン(2D)
40ステージまである

このページのトップヘ