2007年06月

2007年06月25日

プロジェクト

このところ、他の会計士と一緒に仕事をする機会が多くなりました。

監査法人時代の先輩会計士と一緒にコンサルティングをしたり、一緒に試験勉強をした友人会計士とプロジェクトを組んだり。

当事務所は原則として「個人〜ベンチャー企業」を対象にコンサルティング業務を実施していますが、上記のようなプロジェクトではかなり大きな企業を相手にすることも。

普段は一人家に引きこもっていることも多い私ですが(笑)、素晴らしい仲間と素晴らしいクライアントの方々に囲まれて過ごす時間は、本当に楽しく幸せだとあらためて感じる今日この頃です。

ひょんなことから再会した先輩会計士。

「こんな日がくるとは思わなかったね」と言いながら10年ぶりに同じ課題に取り組むことになった友人会計士。

人とのご縁が人生における最大の財産だと思います。

こんな再会に感謝せずにはいられません。

本当にありがとう!

hirabayashicpa at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つれづれ 

2007年06月24日

JUMP

この週末は、この舞台を見てきました。

面白くってすごい!
『8時だよ、全員集合!』を思い出させるようなコントと、鍛え上げられた人間の肉体から繰り広げられるアクロバティックでパワフルなワザの数々。
笑ったし、感動したし、衝撃も受けたし、パワーももらって、本当にあっという間の1時間半でした。

種類は違うけれど、ビジネスセミナーなども、こういったエンターテインメントの要素を取り入れた、楽しいものにできないかな、などということも考えさせられました。

パワーをくれた役者のみなさんに感謝!

hirabayashicpa at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つれづれ 

2007年06月15日

勉強、勉強、また勉強〜♪

税金に関する規定って本当に毎年いろいろ変わるのですよね。

勉強、勉強、また勉強。
そして最後は「教えて税理士さーん」という感じです(笑)

さて、今さらかもしれませんが、2007年4月以降、減価償却制度について大きく変わることになりました。
自分のためにも、ちょっとメモしておきます。

・2007年4月1日以後取得する減価償却資産については、残存価額(これまでは取得原価の10%とされていた)廃止。備忘価額1円まで償却可能(これまでは残存価額までしか償却できなかった)

・過去に取得した減価償却資産は、とりあえずこれまでの残存価額まで償却しその後5年間かけて備忘価額1円まで均等償却可能

適用年度の規定がありますので、経営者の方は顧問の税理士さんにご相談くださいね。
また、これを機会に、固定資産の棚卸をして、不要な資産はないか、帳簿にはあるのに現物は廃棄済といった資産はないか、を確かめてみることをおすすめいたしますよ。

……というわけで、毎年のことではありますが、当事務所も会計ソフトをアップデート。
ちなみに当事務所では、
日々の帳簿作成から決算・申告までを効率化する会計ソフト「弥生会計」
を使用しています。
(ちなみに、我が家の家計簿も弥生会計を使用しています)


梅雨の合間の青空に感謝。

hirabayashicpa at 11:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0)つれづれ 

2007年06月14日

経営者の志と利益のバランス

コムスンの不正請求がきっかけで「介護ビジネス」の問題が浮上していますね。

正直なところ、病院や介護施設というのはそんなに儲かるビジネスではないと感じます。
介護や診療には保険制度の壁がありますし、保険外のサービスを提供しようとすれば、お金の多寡で提供できるサービスの質が変わってしまうという壁にぶつかるからです。

そもそも医療・介護ビジネスは利益を追求するような性質のものではない、という意見もわかります。
一方で医療や介護の世界も日進月歩。よいサービスを提供しようとすれば、それだけの設備を整える必要もあって、人材も確保する必要もあって、勉強もしなくてはいけなくて、そのためにはお金が必要。志だけでは経営を続けていけないのも事実なのです。

そのような状況の中で、私が接している院長先生達は、高い志と利益とのバランスに悩まされながらも、現場で働く方々とサービスを受ける方々を本当に大切にしながら経営を続けています。

私にはいったい何ができるのだろうと、自問自答の日々が続いていますが、少しでも経営者の方々の肩の荷が軽くなるよう、お手伝いすることができたらと思っています。


いつも優しく接してくださるお医者様達に感謝!

hirabayashicpa at 17:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)つれづれ 

2007年06月13日

夏は着物の季節!?

ここ数日、暑い日が続いていますね。
もう夏なのですね。

さて、夏、といえば、数年前から私にとって「着物の季節」。
なぜ、夏に限って着物?
といわれることもありますが、今の季節なら裏地の無い「単衣」、もう少し暑くなってきたら透ける「絽」など、夏の着物って軽やかで着やすくて、意外ととっつきやすいんですよね。
便利な小道具を使ったりしていますが、一応、自分で着られるようになりました。
今年も着物を着て出かけようと思います。

……などということを考えていたら、今日はたまたま、こんな方とお会いする機会がありました。

その方とは、創業80余年「たちばなや」の店主、橘川さん
笑顔が素敵で、ウェブサイトのお写真以上にカッコイイ、さわやかな方でした♪


さまざまな出会いのある人生に感謝。

hirabayashicpa at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つれづれ 

2007年06月11日

「会計について〜」の書籍の感想を下さった方へ

先日、拙著
会計についてやさしく語ってみました。―今よりずっと数字に強くなれる本
の感想をウェブサイト経由でいただいたのですが、その方に返信メールを差し上げたところ、エラーが出てしまいました〜。
メールを下さった方、お返事届いていなかったらすいません。


ところで、先月末から、今年の会計士試験がスタートしました。
受験生のみなさん、直前の大変な時期だと思いますが、頑張ってくださいね。
何事も「基本1000回」といわれます。
さまざまな情報が飛び交う時期でもありますが、周囲の状況に惑わされず、

・今さら……と思うようなこと
・わかっているつもりのこと

をしっかり見直してくださいね。

監査論についていえば

・監査の目的
・二重責任の原則
・独立性

といった、監査の根幹の部分をしっかりと見直してくださいね!!


何事もなく過ごせた今日に感謝。

hirabayashicpa at 17:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0)つれづれ 

2007年06月10日

女性士業2連続

昨日は、久しぶりに、いとことディナー。
近くに住んでいるのに、会うのは数年ぶり。
それでも、そんな時間のギャップなど感じることもなく、とても楽しい時間を過ごすことができました。
姉妹のいない私にとって、彼女は本当に素敵なお姉さん。
しかも不動産鑑定士というプロフェッショナルなお仕事をしていて、人生の先輩としてもとても頼れる存在。
女性同士の会話としては若干色気に欠けたのですが(笑)、ビジネスがらみのお話で盛り上がり、本当に楽しく幸せなひと時でした。

そして本日は、女性士業プロジェクトソフィアネットの定例勉強会。
現在は、事業承継セミナーに向けて準備中。
セミナーの詳細については、決定し次第、掲載してまいります!
各自、事前に課題文書を読んできて、内容について楽しく討論。
少しずつ活動の場を広げ、世の中の役に立てるようになれたらいいな。


人生を支えてくれている資格に感謝。

hirabayashicpa at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つれづれ | SophiaNet

2007年06月08日

ダイエットとお金の意外な共通点!?

以前、ダイエットに成功した友人(男性)から、その秘訣を聞いたことがありました。

「とにかく、しょっちゅう、体重計に乗るんだよ。」

何かをしたら、逐一体重計に乗るんだそう。
朝起きたら、ご飯を食べたら、お風呂に入る前に、入った後に、とにかくしょっちゅう体重計へ。
そうすると、1回ごとの体重の変化を意識するようになり、減っていくんだとか。

そのときは、「嘘だあ」と少し疑って聞いていたのですが、先日、違う友人(これまた男性)も同じ方法でダイエットに成功したと聞き、本当に有効な方法なのだと実感。
科学的根拠は知りませんけれどね。

ただ、確かに「意識する」「知る」というのは重要なのだと思います。
実は、お金を上手に使うための第一歩も「意識する」「知る」なのです。
実際、お金を支払うたびレシートをもらうようにし、1日に使ったお金をざっくりと手帳にメモするだけで、無駄遣いが減ったりするんですよ。

現状を知り、意識して行動することが、何かを管理するための第一歩。
ダイエット(体重)とお金には、共通点があるなあと感じました。

さまざまな知恵を与えてくれる友人達に感謝!

hirabayashicpa at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つれづれ 

2007年06月07日

父の教え

年金問題がますます大きなものになってきているようですね。
納付額は増える一方で、給付額は減る一方。
さらに今回発覚したデータ漏れ。
これからどうなるのか、しっかりと見ていきたいと感じています。

個人的には、自分のお金のことについて見つめて直すいい機会だと考えようと思っています。
サラリーマンの場合、年金や税金は源泉されるだけのもので、いくら納めているのか、どうやって計算されているのか、あまり気にしないことが多いのではないかと思います。
もちろん、気にしたからといって金額を変える事はほとんどできないのですが、それでも給与明細や源泉徴収票を見て、年金と保険と税金の額などは、社会人として知っておいたほうが良いのではないかなとは思います。

私の父はサラリーマンだったのですが、私が中学生、高校生のころ、よく給与明細を見せてくれました。そして、給料と社会保険と年金の大雑把な仕組みについて教えてくれました。
同時に健康保険証も見せてくれて、健康保険料を納めているから自己負担額が少なくて済むのだとも説明してくれました。

そのころは「ふーん」という程度にしか聞いておりませんでしたが、独立して事務所を構えてからは、年金や保険、税金の計算から納付まで自分で実施していますので、本当にその仕組みを実感できるようになりました。

まずは、給与明細から、お金の勉強をはじめてみるといいのかもしれませんね。


つつみ隠さずお金の話をしてくれた父に感謝。

hirabayashicpa at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つれづれ