2011年03月18日

一つ一つ。

計画停電も寄付も被災地の役に立つのならとてもうれしい。

でも本当は、「被災地のために」というだけではなく「失って気づく」のではなく

自分にとって真に必要なものは何なのかを常に見極めることのできる目を持ちたいと思います。

すでに足りているのだということに気づける心を持ちたいと思います。

自粛して落ち込んでいるだけではきっと何も変わらないから、

堂々と日々を過ごすことこそ自分に恥じない生き方だと信じたいと思います。


世界中が笑顔で満たされますように。

hirabayashicpa at 16:23│ つれづれ