2005年08月27日

ついに!

第2回平コン、まで2日をきりました。
準備は順調、テンションも上がってきて今から非常に楽しみです。

思えば、去年は緊張しすぎて何をしゃべっているんだか自分でもわからないくらいでした。今年もきっと緊張しているのではないかと思いますが(苦笑)
今年は去年よりももっともっと楽しもうと思います。

当日はぜひともお気軽に会場にお越しください。
社員一同、首を長くしてお待ちしております。

たかどの  

Posted by hiracon at 20:58Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月24日

まもなく!

いよいよ第2回のひらこんまで秒読み体勢となりました。
スタッフ一同、気合が入っているはずです。

思えば2回目の企画を立てたのが○月ごろで、動き出したのが×月……
長いようで時間は短いです。このところ、時間の流れがとくに早く感じられます。俗に言う、年とった証拠だそうです。

でも、年とってもTRPGはおもしろいですな。
平こん、たくさん来てくれるといいな。
楽しいゲームができたら、いいな。  
Posted by hiracon at 22:36Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月20日

うわった!

夏期講習のまっただ中だってのに、炎天下の中ゴルフやってへろへろなふぢやんです。
いやー、郵政解散があんまりおもしろいんで、業務日報にちょこっと書いてみようかなと思ったら、下で杉春常務が書いてるし(笑)。しかも、僕の考えは杉春常務とはちょっと違う意見だったりするんですよね。少しまじめに書いてみようかなと思って書き出したら、またいつもの悪い癖でえらく長い文章になって、自分でも読む気なくすもんで、書くのやめました(自爆)。本番まで10日を切ったこの時期に、郵政民営化をめぐって無限会社ひらこんが分裂するわけにいかんですもんね(滝汗)。てなわけで、僕の意見はまた別の機会にどこかで。  
Posted by hiracon at 18:53Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月19日

社長と言えば。

 このブログをやっている会社の社長です。ついに、衆院選に立候補してしまいました。目立つこととか、人を騒がせることとか、大好きなようです。どこまでまじめに考えてんだか、底が知れません。たぶん、社長の頭ン中は、きっと紙一重なんでしょう。でも、選挙速報とかめっさオモシロそうだなあ……どうやらvs亀井静香らしいですし。何かの間違いで自分の選挙区に落下傘してきたら、たぶん投票しませんな。
 それにしてもなー、郵政民営化の前にもっと重要課題たくさんあるだろうに!
 民主党もシャキっとしないです。国民新党なんて、もっとパッとしないし。
 今回ばかりは、投票に行く気が全くありません。誰のための政治だよ、と小一時間激しく問い詰めたし。国民に是非を問うと言っている本人が、全く国民からそっぽを向いているようです。あーあ。他所の国だったら、バカ政府にデモとか暴動とか起きますよ。ニッポンは平和だな〜〜〜。そんな小泉さんがダイスキさ。

杉春本日毒舌中。最近署名忘れが多いですが、名前の無いブログの書き主はワシです。  
Posted by hiracon at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月18日

社長の補足。

 ああ、逆三角形か……かつて、杉春も行ったことがありましたが、ここのところとんとご無沙汰です。それにしても、確かに経済効果はすごいです。あの数日間でものすごい金額が動きます。しゃちょーは、参加者が3万人と書きましたが、実際3日間ののべ入場者数(推定、人数のカウントしてませんからね)は20万人近くに達するそうです。おおっぴらにはされてませんが、1日当たりの入場者数で考えると、ビッグサイトを利用する中で最大のイベントです。会場の広さを考慮するなら、愛知万博よりも遥か人口密度は上。よく引き合いに出されるのが幕張のモーターショーですが、あれも会期約2週間で30万人ですから。
 で、一般参加者が使うお金のほかに、サークル参加者は、もちろん本を作る為にお金を使います。大手と呼ばれるサークルは、頒布する数も尋常じゃないです。100、200でなくて何千部ですからねー。一冊1000円だとして、千部で百万です。もっと多いところもあるでしょうし。とにかく、ケタはずれだなあ……これを、(基本的には)商業ベースでないイベントとしてやってるのだからスゴいです。
ヲタクパワー万歳?  
Posted by hiracon at 22:03Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月17日

お祭りわっしょい!

たかどのでございます。

というわけで下の人事部長の記事にも御座いますが、逆三角形の建物に行ってまいりました。
もちろん「第2回平コン、」のポスターとチラシをもって営業活動にいそしんで参りました。

にしても見渡す限り人人人・・・
いったいどれ位いるのか数えるのも嫌になるくらい人がいるわけですよ。
個人的には3日間でいったいどれ位の経済効果があるのか試算してみたい気分に駆られたわけです。(苦笑)

おたく産業は○兆円産業というのも判った気がします。
交通費や同人誌やらで結局あの会場を中心とした地域で少なく見積もっても一人1万円以上、おそらく実際はそれ以上使われているわけですよ。
実際交通費、食費がらみだけですでに3000円くらい使っていますし(苦笑)

会場の中に3万人くらいいたとするなら・・・
1万円×3万人=3億円

・・・かなり控えめに見た試算でこれです。
夏冬合わせて5日間。
・・・なんだか計算するのが嫌になってきました(苦笑)
うーん、日本ってすげぇなぁ(笑)

お知らせ>
「平コン、」当日の卓の詳細を一部アップいたしました。
興味のある方は是非、チェックしてくださいませ〜
http://www.h2.dion.ne.jp/~siva-t/hiracon/  
Posted by hiracon at 19:51Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月15日

終戦、還暦。

8月15日。終戦記念日。60年前の今日の日、玉音放送。無条件降伏。
第2次大戦の終結。

日本の国が焦土と化した終戦の日から、60年がたちました。
もちろん、私の生まれる遥か前ですし、私の父母も戦後の生まれです。

祖父は、従軍して南方に出征しました。ニューギニアまで行ったそうです。幼いころ、よく戦争の話を聞きました。聞かされました。それでも、子供に聞かせる話です。言葉を選んでいたことでしょう。

戦争は悲惨だったと、我々の世代が「知識」として知ったのはおそらく、本や新聞や、テレビや映画ででしょう。

戦争はイヤです。長い間、日本の国が平和であることに、とても感謝しています。

このブログで、戦争のあれこれについてあまり語るつもりはありませんが、たまには。ちょっと真剣になって考えてみるのも良いと思います。

私は、戦争について多く知っているわけじゃありません。明確な意見を持っているわけでもありません。でも、2度と戦争を起こさないように。
誰が悪い、どっちが悪い、敵だ、味方だ。いろんな考え方があります。

でも、傷つけあって殺しあうことは、決して良いことではありません。
それだけは言えます。

歴史に刻まれた、深い傷あと。60年という年月をもってしても、その痛みはまだ癒しきれていません。  
Posted by hiracon at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月11日

杉春GMのソードワールド

 社長が多忙(某逆三角形の見本市会場のイベントとか♪)のため、HPの更新が盆過ぎになりそうです。少々フライングなのですが、杉春卓のソードワールドについて、ちょいと書いておきますね。

ソードワールド完全版

シナリオタイトル「B」

プレイヤーさん人数 4〜6名
基本的に経験点初期+1500点くらい(駆け出し+αくらい)のプレロールドキャラクターを使用します。雰囲気を楽しみたいので、TRPGに慣れていない方も歓迎です。

お話の導入は、街道で旅人を襲うゴブリンが出たから、そいつを退治してほしい、というもの。しかして、そこからストーリーはどう転がるやら!?

今回のお話は割と重いめのもので、たぶん他のGMさんがあんまり扱ったことのないようなテーマをやります。シリアス、ギャグとかの区分はGMとしてはあんまり付けていません。プレイヤーさん、キャラクターの言動次第で、明るくも暗くもなると思います。

それにしても、タイトルの「B」とはいったい何を暗示するのでしょう?
プレイヤーさんなりの「B」が何だか見つかると良いですね。  
Posted by hiracon at 14:28Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月08日

某国のイージス

 珍しく映画を観になぞ行ったもので。
 原作がベストセラーだってのと、有名俳優の競演だってことくらいは知っていましたが、誘われるまま、ほぼ予備知識ナシで。
 うん、イイじゃないすか。
 大筋のストーリーは明瞭至極。首都壊滅の化学兵器を持ったテロリストと、国家に憎しみを持つ海自幹部が結託して、最新鋭イージス艦を占拠。艦に潜んだ主人公が孤軍奮闘、てな、もうそれはどっかで見たことありまくりな展開です。
 自衛隊の存在意義とか、あるいは純粋に軍事マニアなのか、ディープに見ればディープなりに、何もしらずに見れば、なんも知らないなりに楽しめたと思います。
 真田広之がめっさかっちょええです。たたき上げ、生粋の海の男って感じでした。必死なところも、ちょっととぼけたところも。まあ、他の役者陣もすごい面子がそろってんですよ。真田をはじめ、佐藤浩市、寺尾聰、中井貴一と。さすがに自衛艦の中がメインなので、すごーく華はないです。

 純粋にエンタテイメントとして見られますし、ハリウッドみたいなやたらハデさはないですが、邦画も、悪くないですよ。
 何より嬉しいのは、ちゃんと目と耳が分担できること。字幕だと、そっちばっかり目が行ってしまいがちで、すごーく目が疲れます。
 なんだか、久しぶりに劇場でいろいろ映画見たくなってきましたよ。
 鋼の錬金術師、妖怪大戦争あたりでも。  
Posted by hiracon at 23:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月05日

すぱむ

色々事情があって、我が家のPCを立ち上げると
ひらこんで使用しているアドレスを含めて、3つのアドレスのメッセージを落としてきます。
当然色々ないらないメールが来るわけですが・・・
最近のは結構こっていてストーリーがあったりするわけですよ。

間違えメールを送っちゃったフリとか芸が細かかったりします。

問題があるとすれば、違うメールアカウントに同じやつが送られていたりするとどうにも笑うしかないわけですが。
うーんどうしたらいいものやら(笑  
Posted by hiracon at 00:18Comments(0)TrackBack(0)