2006年05月03日

潤二先生パクられた祭の顛末


 【双一】伊藤潤二 その6【ネムキ】より。

150: 6月号223ページ: 2006/05/02(火) 21:01:30 ID:QKcamcur0
お詫びと新人まんが大賞期待賞取り消しのお知らせ

 ホラーM5月号(4月6日発売)に掲載いたしました第19回新人まんが大賞期待賞作品
「恨み晴らさでおくものか」は、その表現が朝日ソノラマ発行・伊藤潤二氏の「なめ
くじ少女」に酷似していると判断でき、同氏の著作権を侵害するおそれが高いため、受賞
を取り消すことといたします。
 朝日ソノラマ及び伊藤潤二氏には、心よりお詫び申し上げます。また、読者の皆様およ
び関係者各位にも、合わせてお詫び申し上げます。

 当件の経過を以下に記します。
 選考段階においては、応募作「恨み晴らさでおくものか」は朝日ソノラマ発行・伊藤潤
二氏作品「なめくじ少女」の影響は受けているものの、表現の自由の範疇内であると編
集部が判断し、よって同作品を受賞にいたらせました。
 しかし、実際に紙面に掲載されたのち改めて読み返すことで、また多方面からの貴重な
ご意見を受けたことも合わせ、同作品の表現は、表現の自由の範囲を超えた著作権侵害で
あると一般的・常識的には思われる、と判断を改めるに至りました。

 今後はこのようなことのなきよう、著作権に深く留意し、紙面作りをしていく所存です。

                           ホラーM編集部

 てな感じらしいです。どちらかというと押し通して沈静化待ちってな展開じゃないかと思ってたんで、ちょっと意外でしたわ。一応、事件の発端はこことか参考のこと


トラックバックURL