2007年04月05日

■ 0405雑記


キース・リチャーズ、「父の遺灰」を吸引と

 オレは自他問わず死後の肉体にあまり興味がないんで、たとえ本当に吸っちゃってたとしても「まあそれはそれで」としか言えないんですが、それよりなによりキース・リチャーズの顔がどんどん「悪魔のいけにえ」のレザーフェイスん家の爺ちゃんに似てきてることの方が問題だと思うんだ。この写真とか、なんか質感おかしいよなこの人。


少しのスキつけ込まれ…元刑務官激白「塀の中の実態」(下)

 昨日の死刑についての話 が面白かったんですが、今日のもなかなか。


米海軍、無人ステルス戦闘機の開発計画を承認

無人航空機はパイロットの身体的条件にも制約を受けないため、通常の有人飛行機では困難なアクロバティックな飛行が可能。また、パイロットに休息を与える必要がないため燃料が続く限りいつまででも飛行を行うことなども可能となる。

 今度はマクロスプラスか!


まんがの森コミックリスト 5月分

神と悪魔が聖書内で殺した人間の数を比較

ジャンヌ・ダルク遺骨、実はエジプトのミイラ

著名クリエーターが洋ゲーを語る! 第3回目は上田文人氏

著名クリエーターが洋ゲーを語る! 第4回目は田中剛氏




 桜玉吉「御緩漫玉日記」3巻購入。

漫玉無頼

 当時、あの漫画はそういう受け止め方されてたのか!「高校生無頼控」 は実写の劇場版が3本作られ、漫画自体も半端ない版数を誇る小池一夫先生の代表作の一つなんですが、現代人のオレらからすると女をレイプしといて笑顔でジョーク言って帰る(しかもSEXしてるときの瞳がやけに虚ろな)主人公のムラマサくんは狂気としか映らず、なんでこの漫画がそこまで人気だったのかがずっと謎だったんですよ。

 我々エレクチオンナウとしては、セックスシーンの多さからエロ漫画的なものとして受け止められてたか、もしくはムラマサくんが女性を口説くシーンを使ったハウツー本的な扱いだったのではないか。と仮説を立ててたんですが、少なくとも当時の小学生の中ではエロ漫画扱いだったんだなあ。これで謎に一歩近づいた。

 あ、一応言っておきますが、今回の話を読んで興味本位でこの漫画を手に取るのはおすすめしません。どうしても読むなら、その前に他の小池漫画で功夫を積んでからにして下さい。なにしろ「小池一夫初心者は頭がおかしくなるので読まないでください」と言われる作品ですから。


hirai_uma at 19:19 この記事をクリップ!
雑記 

コメント一覧

1. Posted by ログ   2007年04月05日 20:22

やっぱエロ漫画扱いだったンだな。
でもそうするとエロ漫画が映画化3本もするっていう謎が深まる。

2. Posted by えびす   2007年04月05日 20:49

刑務官(下)のURL違ってますよ。
(正:http://www.zakzak.co.jp/top/2007_04/t2007040429.html)

元機動隊隊長の人間から聞いた話ですが、名古屋の某区にある某交番は全国平均と比較すると異常に多い数の犯罪者を逮捕するそうです。どうしてかと言うと、そこに詰めてるひとが元刑務官だから。交番の前を通るひとらをぼけーっと見てるときに、犯罪者が通るとすぐにそれと分かるんですってよ。

3. Posted by ヒライ   2007年04月07日 23:52

>ログ
「まいっちんぐマチコ先生」のVシネとかあったし
そういうことでどうにか説明つかんか。

>えびすさん
スゲェー!いっそ新人警察官はしばらく刑務所に研修に行かせるのを義務付けたらどうか。
半年ぐらい先輩の後ろで作業を見てると、なぜかはわからないけど
いつのまにか理解できるようになるという、ヒヨコの雄雌鑑定士の話を思い出しましたよ。