2008年04月22日

そのさん

4月22日現在 まもなく1年漬です。 ここまでくれば終わりが見えません。
P4220193

実の沈殿が進行しています。ちょっと遅めですね。全部沈んでいません。

いただきます。
P4220195

やっと梅の甘みが浸透してきました。アルコール味に勝ち始めるのにはこのぐらい時間がかかるみたいです。
糖分が偏らないように定期的に振ってきました。 意味あったのかなー?

P4220196

んまーい でもまだ深くなるはず ごちそうさまでした。

hirame_s at 07:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月21日

そのに

4ed2491d.JPGこれは10月はじめのものです。
この時点で3ヶ月ですのでもう飲めますね。
ちょっと飲みましたが、酸味が強くむせ返りました。

hirame_s at 14:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

そのいち

b6018358.JPGこれは今年7月ごろのものです。
氷砂糖と梅を交互に入れて層を作っています。
その上からホワイトリカーを流し込んで保存瓶を満たします。
詳しくはぐぐると出るみたいです。

hirame_s at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

梅酒観察日記

はじめまして島本です。梅酒を観察しています。
梅酒は最低2〜3ヶ月の期間熟成させれば頂くことは可能です。

が、それ以上置けば徐々に風味が変化していきます。
人によっては新しいものが好きという方もいますし、1年2年熟成されたものを好む方もいます。
自分自身梅酒ニワカなので、どの時期の梅酒がどういう風味なのかは分かりません。

放置して変わるのは風味だけではなく、見た目も変化します。
このブログではそうした変化を観察し、ちびちび風味も確認するという相当長いスパンで展開されます。
よろしくお願いします。

hirame_s at 13:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
月別アーカイブ
楽天市場