2004年04月13日

今日は夜勤です。なぜか体がのぼせているので、窓をあけ空気を入れ換えてみました。とても涼しいです。しかし、この涼しい空気を浴びることにより、何か分からないのですが、遠い追憶が思い出されるような、とても切ない感覚に襲われました。いったい何なのだろう?遠い追憶と言っても過去の出来事が思い出されるわけでもなし。そのせいで今仕事の能率が上がりません。そういった感覚って皆さんにもあるのでしょうか?そういえば「水まき」や「雨が降ったあと」もにおいがしますが、そのにおいもおなじ感覚にとらわれるような気がします。これってトリビアになりませんか?(私だけかなあ?)

(21:15)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yuko yamada   2004年04月14日 15:58
そんなことあるあるある!!!と思わず叫んでしまいました。なんなんでしょうね?あの感覚って・・・
その他に私は「悲しみスポット」と呼んでるのですが、なんかわからないけどちょっと悲しく瞬間とか。空気が体に入って化学変化でもおこしてるんでしょうか???

2. Posted by hirano30   2004年04月16日 08:54
いったい何なのでしょう。あの雨が降った後の感覚は・・・
しかし、港区に引っ越してきて、そういう機会ってすごく少なくなったなと思います。昔は箕面にいたのですが、山沿いで天候が変わりやすく、まさにこういう機会に遭遇する絶好ポイントだったのかもしれません。
3. Posted by ぽっかぽか   2004年04月17日 12:50
ぽっかぽかと申します。はじめまして!
トラックバックしていただき、ありがとうございます。
切ない空気、とてもわかります。匂いの記憶はふとした瞬間に蘇る記憶。
懐かしかったり切なかったり・・・・。自分の心が動かされる感覚ってありますよね。こういう感覚、大事にしたいですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
ドリコムクリップ
ドリコムRSS
QRコード
QRコード
訪問者数

blogpeople
teacup
blogとwww検索

無料サイト内検索
アクセラナビ検索
アクセラナビ
ブログ全体を検索
四方山内を検索
googleblogsearch(作成中)

  • ライブドアブログ