どこでもグルメ日記

平尾水産の食材を使った美味しいメニューや、各地のレストランの紹介まで、食に関する様々な情報を発信していきます。

サラダに平水、庄屋さんが一番5

salad

東京もいよいよ梅雨に入るそうですが、今日は、さわやかな初夏のような温かな日差しで気持ちが良いです。熱中症にも気をつけなければならないそうです。この爽やかな日には、サラダが美味しいです。
生野菜の上にタコをのせて庄屋さんの昆布 ポン酢 唐辛子入り、カルパッチョソース をかけて頂くと最高です。カルパッチョ(Carpaccio)は、生の牛ヒレ肉の薄切りに、チーズもしくはソースなどの調味料をかけた料理の総称だそうで、魚のカルパッチョは日本発祥だそうです。
新商品の庄屋さんの昆布 ポン酢 唐辛子入り、カルパッチョソース は、九州大分県の臼杵、武田産の香りの高いカボスで作ったポン酢に庄屋さんの昆布を加え、酸味、辛み、旨味の三拍子そろったポン酢で、ポン酢としては珍しく唐辛子をたっぷり加えているので、激辛好きの人には最高です。上質のカボスを使っているそうで香りが大変豊かで、どのような料理に加えても味を引き締め食欲を増進させてくれそうですね。このサラダの上に、半熟卵をのせて、その上にピリ辛のトビウオの卵の豪華な平水の磯っ子キャビアをのせると、とても美味しくなりサラダが断然引き立ちます。そしてレタス、赤、黄色のパプリカ、新紫玉ねぎ、キュウリをスライスして混ぜ合わせトマトと平水の磯っ子キャビアをのせた半熟卵とタコをのせピリ辛の庄屋さんの昆布 ポン酢 カルパッチョソースをかけて 出来上りです。ぜひお試しあれ。平水の磯っ子キャビアと庄屋さんの昆布 ポン酢 カルパッチョソースのご購入はこちらから

体にいい簡単ダイエット水菜ツナサラダ5

ひじき&わさび

先週は夏のような暑さでしたね。やっと過ごしやすくなって来たら東京は、梅雨に入るようです。庭の紫陽花も咲き始めとても奇麗です。ダイエットの私は、サラダを毎日色々アレンジしています。今日は、水菜にツナとコーンの缶ずめを混ぜその上に庄屋さんのひじきわさびっ鱈をかけて頂きました。とても美味しかったです。ぜひ、お試しあれ。
新しい刺激のかまぼこ珍味 「わさびっ鱈」は、鱈のすり身にわさびをぴりっと効かせた鱈のすり身に山葵の風味を加えたかまぼこ珍味です。緑色の部分はわさびの色合いを表現するためにわかめをすこし練り込んでいます。そのまま食べるのでわさびの刺激がたまらず美味しくてビールのおつまみに最高です!庄屋さんのひじきは、最高に美味しいしっとりで柔らかなひじきに食感豊かなコリコリしたうめの実、風味豊かな白ゴマを加えました。 福岡の新しい名産品として、テレビ等でも大人気のうめとひじきのコラボレーションふりかけです。今回は庄屋さんブランドとして登場です。 ご飯類には勿論、お蕎麦やうどん、素麺などのふりかけに最適です。福岡の新しい名産品の庄屋さんのひじきと平水のわさびっ鱈のご購入はこちらから
ひじき&わさび

Gourmet Lunch at Chez Olivier3

ChezOlivier

ロスからの友で、現在東京で生活している友人と色々美味しそうなレストラン探索をしてみようと先日新しいレストランに行ってきました。名前は、Chez Olivierで、市ヶ谷にあるフレンチ レストランです。「シェ オリビエ」は、直訳すれば「オリビエの家」。 オーナーでありシェフであるオリビエ・オドスが、ボルドー生まれのフランスらしいフランス料理をリラックスした雰囲気の中で楽しんで頂きたいと、2009年にオープンし、オーガニックの野菜を使い本物の味を大切に「自家製」にこだわり季節を感じ、主役の食材の味を存分に味わえるレストランでした。 オリビエは料理人であると同時に、自らをレストラン経営者と意識していて、ワインのセレクトやサービスにも自ら関わり、すべてのお客様に楽しい時間を過ごしていただくことを目指して日々レストランで私達を迎えてくれました。素材を隠さず美味しさを引き出すこと そのためにオリビエは “キュイッソン”(火入れ)とソースに力を入れ、特にソースはフランス料理にとって重要な要素、オリビエが作るソースは素材の価値を高めています。素材に対するリスペクトを忘れず、シンプルで美しく、ストレートに美味しいと思っていただける料理を目指しているそうです。「自家製」へのこだわり、パンは天然酵母生地をつないで毎日焼き上げ、バターは北海道産のフレッシュな牛乳から作っていて、もちろん、鶏や仔牛の出汁も、デザートのサブレやソルベもすべて自家製です。 ぜひまた行ってみたいレストランでした。
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-1-10 1F
4-1-10 Kudan Minami, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0074
半蔵門駅5番出口 : 徒歩約12分

春の香りこんにゃく柚子味噌田楽5

田楽

季節の変わり目、寒かったり暑かったり天気も急変したり、東京は、午後2時から、黒雲白雨になり雷と大雨です。明日から暑くなるそうです。こんな時期は、風邪を引きやすいので気をつけなくてはなりません。それに、私は、夏までにナイスプロポーションを目指して太り過ぎにも気をつけなくては、なりません。そこで今日は、以前柚子の皮を刻んで、少しの塩を入れて作っておいた柚子塩に庭の山椒の新芽を刻んで味噌に砂糖と味醂を入れて美味しい柚子味噌を造りました。それをこんにゃくにつけて焼いてその上に庄屋さんの七彩昆布をかけて美味しい体に良い柚子味噌田楽で食べました。
庄屋さんの七彩昆布(なないろこんぶ)は、よりすぐった昆布にいか、鱈や干しえび、わかめ、更に、いりごま、梅ごま、あおさのりを香り付けに加え、色どり豊かな珍味として仕上げたふりかけ以上でもちろん温かいご飯やおにぎりに、また卵焼き、お好み焼きに混ぜてもまたお父さんのお酒のおつまみや酢の物の材料に最適です。ぜひ、お試しあれ。庄屋さんの七彩昆布のご購入はこちらから
庄屋さん七彩昆布

5月5日子供の日、潮干狩り, ホンビノス貝 鉄分補給5

ホンビノス

昨日は、5月5日のこどもの日でした。私は、地元のカヤッククラブで羽田空港の周りに行き、潮干狩りを楽しみました。 大型連休2日目の30日、横浜市金沢区の「海の公園」には家族連れなど約4万人が訪れ、潮干狩りを楽しんだそうです。 この日の横浜は、最高気温23・3度と初夏を思わせる陽気で浜辺では熊手を持った人たちが額に汗を浮かべながら、アサリなどをとり東京都府中市から家族で来た10歳の女の子は「初めての潮干狩り。もっと探して、食べるのが楽しみ」と笑顔だったそうです。私は、アサリはあまり採れませんでしたが、アメリカで有名な食用貝であるホンビノスが多く採れました。最近近くのスーパーでも見かけますよね。砂抜きは比較的簡単で、アサリやハマグリと同様、暗所で海水程度の塩水に一晩ほど漬けておけば、完全に砂抜きが完了します。ホンビノス貝をガーリックとオーリーブオイル、青梗菜と、生姜が効いたシンプル酒蒸しで、鉄分補給しました。 作り方も簡単、まず、フライパンに刻んだガーリックとオリーブオイルをゆっくり熱し、そこに塩抜きして奇麗にしたホンビノス貝を入れ蓋をして貝の口が開いたところに青梗菜と生姜みじん切りを乗せ、酒を回しかけ蓋をし、中火で十分貝を開かせ、そこに庄屋さんの焼き生姜をのせ青梗菜に味をしみ込ませば出来上がり。このレシピはホンビノス貝が美味しくいただけます。庄屋さんの焼き生姜は平尾水産が自信を持ってお勧める、庄屋さんシリーズの新商品です。パッケージが変わり、130gから150gへ増量 ちょっと変わった焼き生姜の醤油漬け、生姜を焼いて、醤油ベースのうまみタレにつけ込んだ最高のご飯の供です。もちろんそのままご飯と食べると最高ですし、お茶請けやおにぎり、お酒のつまみにも最高です。生姜ですから、今のシーズン体にも良く、夜締めのご飯に体があったまりゆっくり寝れます。とにかく試してみてください!庄屋さんの焼き生姜のご購入はこちらから
ホンビノス

ゴールデンウィークは旬の味 筍5

タケノコ

今が旬なのが筍、美味しいですよね。 このゴールデンウイーク美味しい物を食べてすごしたいですね。まず、筍は、下ごしらえをします。筍の堅い部分を適当に削り、皮の穂先部分を斜めに切り落とし、実を傷つけないように皮にタテに切り込みを入れて、熱の通りを良くします。大鍋に筍を入れて水をたっぷり張り、筍1本につき米ぬかひとつかみを加え、筍が浮かないように落とし蓋して、約1時間茹でます。竹串を刺してみてスッと通れば茹で上がりです。茹で汁に浸けたまま自然に冷ましてアクを抜きます。冷めたら切り込みから皮をむいて下ごしらえ完了です。筍は穂先4〜5cm分を縦6つ割りに、それより下の方は1cm厚さの半月切りかいちょう切りにします。筍の煮物に九州から取り寄せた食物繊維,カルシウム,ミネラル、いっぱいの平水の芽かぶ茶、今や芽かぶは健康食品です。この芽かぶ茶をお湯に10分ほどつけておき、筍と一緒に鍋にいれヒタヒタになる位の水と味醂と醤油、花かつおを入れて15分位煮ます。後からわかめを入れ火を止め、味を含ませて器に盛って木の芽を盛ります。芽かぶ茶は味にうまみがでて筍の味が一段と美味しくなり、また柔らかくなった芽かぶも美味しくいただけます。筍はたんぱく質・ビタミンB1・ビタミンB2・カリウムなどが豊富で、コレステロールの吸収を抑える食物繊維の一種のセルロースが多く含まれているので、便秘の解消になるそうです。平水の芽かぶ茶、栄養満点で、お湯をそそぐだけでも、美味しい芽かぶ茶が出来上がります。お試しあれ!平水の芽かぶ茶のご購入はこちらから
芽かぶ筍

BANANA BREAD CAKE on my birthday5

ほしいちご

バナナって安いからといって沢山買うといっぺんに痛んでくるんですよね。熟成して黒い斑点がでてきた時はバナナブレッドを作るに限ります。簡単で美味しいバナナパンです。今日は私の誕生日 ダイエット中の私には、生クリームやバターが多く使われている既製の美味しいケーキは以前のように買うことは現在出来ません。そこで、Banana Bread Cake を作ることにしました。作り方は、まず型の底にだけクッキングシート敷き、オーブンを180度に予熱ておきます。2本のバナナは皮をむき、フォークでつぶし、ホイッパーでしっかりクリーム状に練ます。小麦粉、ベーキングパウダーはあわせてふるっておき、練ったバナナに砂糖、塩、卵、ベニ油、牛乳をいれ、干しぶどうを水煮したして柔らかくしておいたものを加えて混ぜ、そこにふるった粉類を加えよく混ぜ、型に入れて、そしてオーブンで35分焼けばできあがり。冷めたらラップしてしっとりさせ、1日後くらいが1番おいしいです。その上にプレーンヨーグルトをのせて塗って、その上に九州平水のほしいちごをヨーグルトの上にのせてBanana Bread Cakeを作りました。 この九州平水のほしいちごは、食物繊維、 ペクチン、クエン酸、リンゴ酸が豊富に含まれていて、袋を開けると甘ずっぱい苺のにおいが漂い口に入れると苺の甘味がひろがりとても美味しいです。サバイバルフードとしてこのほしいちごはいつも常備しています。ほしいちごとヨーグルトが一番です。九州平水のほしいちごのご購入はこちらから
banana bread

春爛漫 花より団子 簡単ビビンバ5

haru2017

やっと暖かくなって東京も春一番、桜が満開です。庭の林堂やムスカリも咲き、春爛漫です。私は、この季節が一番好きです。私が生まれたのもこの時期ですし、桜の咲き乱れるのを見ると自然に涙が出てきます。でも、食べることも好きな私は、花より団子かも。韓国料理の混ぜ飯であるビビンバが好きです。簡単な作り方を紹介します。まずフライパンを熱し、ごま油を少しひいてすりおろしたニンニクを少し入れ、豚肉を炒め、醤油、砂糖で味付けします。インゲンはサッと茹でてごま油、すりニンニクであえます。 青菜ともやしをサッと茹でて、いりごま、ごま油であえます。卵は黄身が固まらないような柔らかさの茹で卵を作っておきます。 器にごはんを盛って、具材と中央に卵と庄屋さんの山ごぼうときくらげを乗せて完成です。庄屋さんの山ごぼうときくらげは、食感の楽しいコリコリした選りすぐりのキクラゲに、腸内環境を整えて、生活習慣病の予防に役立つ食物繊維たっぷりの健康に良い免疫力を高める山ごぼうを加え、庄屋さん独自の味付けで辛みをしっかりと効かせニンニクラー油で味を整えた美味しい佃煮で、それをのせると益々美味しくなります。ぜひお試しあれ。お勧めです。庄屋さんの山ごぼうときくらげのご購入はこちらから
bibinba/yamagobo

羽田空港の「つるとんたん」でお別れ会5

つるとんたん

東京は桜の開花宣言から8日経ったのですが、この寒さで、東京桜名所の目黒川は2分咲きです。今日の暖かさで、咲き始めると良いのですが、今週の週末はまた寒くなるそうで見所は、来週かな?
先日ロスの友達が、仕事で東京に来てなかなか会うチャンスがなく最後の日に羽田空港の「つるとんたん」で再会を喜び、しばしの楽しいひとときを過ごしました。私は初めて食べたのですが、とても美味しかったです。すごい人気で並ぶぐらいでした。友達の勧めで明太子クリームのおうどん1,380円と天ぷらをサイドとビールをオーダーしました。大きな器に明太子の旨味がクリームに拡がるおうどんで、全てのおうどんは太麺・細麺を選ぶことが出来、三ツ玉まで無料でいただけます。もちろん私は、細麺でおかわりなしです。でもとても美味しくてぜひまた行きたいです。羽田空港店 意外に新宿店、 銀座店、六本木店があるそうで、やはりお昼は並ばないと食べれないくらい人気だそうです。東京・大阪で人気のおうどん店「麺匠の心つくし つるとんたん」博多うどんで「とんとん」と打たれ「たんたん」と切りそろえられたおうどんをつるつると食べるということからつけられた名前だそうだと友達は言っていました。

アボカドとトマトのオリーブオイル鍋5

鍋ポン酢

もう三月に入っているのに、東京は、冬型でまだまだ朝晩寒いですね。そこで、昨日は、血液をさらさらにしてくれる健康なお鍋を作りました。先月の「世界一受けたい授業」で今こそ食べたい健康お鍋として血液サラサラになるアボカドとトマトを使った鍋をイタリアンの落合務シェフが教えてくれていたあの血液をサラサラにしてくれるお鍋です。オリーブオイルを鍋にたっぷり入れて粗みじん切りのにんにく、長ネギ、アンチョビを炒め、トマトジュースを入れてしっかり煮詰めて水を加えて塩で味を調え、マイタケ、えのき、ズッキーニ、サニーレタスを加えて鶏むね肉とエビのつくねも入れ、鶏がらスープの素と粉チーズで味を調え、最後にアボカドと湯むきしたトマト、また残っていたはんぺんも乗せて完成です。庄屋さんの昆布 ポン酢をかけながら頂きました。とても美味しかったです。新商品の庄屋さんの昆布 ポン酢 唐辛子入り、カルパッチョソース は、九州大分県の臼杵、武田産の香りの高いカボスで作ったポン酢に庄屋さんの昆布を加え、酸味、辛み、旨味の三拍子そろったポン酢です。ポン酢としては珍しく唐辛子をたっぷり加えているので、激辛好きの人には最高です。上質のカボスを使っているそうで香りが大変豊かで、どのような料理に加えても味を引き締め食欲を増進させてくれそうですね。鍋物にはもちろん、フグ等の白身魚の刺身にも最高です。また、餃子、シュウマイ、肉まん、唐揚げ、天ぷら、しゃぶしゃぶのタレとしてもおすすめです。さらには、カレーやうどん、蕎麦にも少量加えていただければその旨さに新しい風味が加わります。ぜひ、お試しあれ。 庄屋さんの昆布 ポン酢 のご購入はこちらから。素敵なセットもあるので、プレゼントにも最高です。
鍋ポン酢セット
Archives
ちょっと悩んだりした時に
庄屋さんの一言
以前このコーナーに有った、庄屋さんの一言がヒラスイホームページに移動しました。 ちょっとアドバイスのほしい時訪れてみてください、庄屋さんの一言がいただけます。
庄屋さんののり
庄屋さんののり
潮の香りとピリッと辛い刺激、こだわりの素材を材料に今迄に無かった全く新しい味の誕生です。ビタミン、ミネラルを豊富に含んだ海苔を新しい味わいのつくだ煮に仕上げ薬味ねぎをアクセントに加えました。おにぎり、ご飯のお供に旨さも辛さも半端じゃないおいしさです。
新しい仲間
庄屋さんのいりこ
昔から煮干しとも呼ばれて親しまれている小魚の干物を、甘辛く味付けして,そのまま食べられる様にした健康食品です。
平水1番の人気者
庄屋さんの昆布
高級昆布に赤唐辛子の辛味を加え風味豊かに仕上げました、一度食べたら食卓には無くてはならない一品になります。
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ