リトープス

2015年10月20日

かわいすぎる(小倉東店)

こんにちは。小倉東店のタナーです。

今回ご紹介はこちらッ!

20151018_181558

リトープス アルビニカ

20151018_181640

コノフィツム 典侍

春から秋は日当たりがよく雨の当たらない、風通しの良い場所に置きましょう。
夏と冬は乾かしぎみに。
春と秋は十分に乾いて水やりしましょう。

可愛い子達いますので、ぜひ可愛がってくださいね。

それでは、小倉東にてお待ちしております。


hirata_kokura at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月14日

リトープス(小倉東店)

こんにちは。小倉東店のタナーです。
今日はフラワーバレンタインデーでしたが、お花のプレゼントはしましたか?まだの方は、明日お待ちしてますよ。

今回ご紹介はこちらっ!

OI000995


生きる宝石とも呼ばれる

リトープス

Lithops helmutii

以前にも紹介したことはありますが、今回のリトープス。。。もりもりしてます!

突然ですが、リトープスは脱皮します!植物なのか動物なのかわからなくなりますよね。

日当たりの良い場所で育てましょう。日当たりが不足すると徒長してしまいます。弱い株になり腐りやすくなってしまいます。

さらに、この子達は一度徒長するともとには戻りませんので気を付けましょう。

寒さに強いので冬越し可能です。しかし、雪や霜には弱いので、冬は室内に入れてあげましょう。

水やりはほとんどやらないでください。生育期の秋に月3回ほど。3月までは月1回。夏は30℃以下になったときのみ、少し与えましょう。

水のやり過ぎは、二重脱皮をして小さくなりますのでお気をつけて!

それでは小倉東店にてお待ちしております!

hirata_kokura at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月30日

リトープス(小倉東店)

こんにちは。小倉東店のタナーです。
明日は、ついにハロウィンです!明日は、いいことあるかもです。

今回ご紹介は、こちら!

OI000543


リトープス
Lithops helmutii

メセン科の植物。

花がかわいく、形もユニーク♪
でも、タナーが一番に伝えたいのが、“脱皮”をする植物と言うこと!!!

昆虫よろしく脱皮します。
その生々しさが魅力です(笑)

脱皮しながら大きくなります。
花が咲いた後に起こりやすい現象です。
ひょっとしたら、小倉東店で見れるかもです!?

若い方中心に非常に人気のある子です。
乾燥地帯が原産です。水のやり過ぎは厳禁!夏場の水やりは特にやらないように。

夏場、この子たちは休眠します。皺が寄ったりしますが、それでも水をやらないように。秋涼しくなって、月に一回程度水やりします。

真夏は半日陰や明るいところ。それ以外は、日当たりのよいところで育てましょう。

日陰など暗いところだと、間延びして形が崩れてしまいます。成長がゆっくりなので形が元に戻りません。気を付けましょう!

OI000544



それでは小倉東店にてお待ちしております!


hirata_kokura at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール

平田ナーセリー小倉...

記事検索
月別アーカイブ