2005年12月09日

全話撮影終了!

うううむ……。

ようやくハルキwebシネマ第二弾。
「怖い本」シリーズ全話撮影終了。
撮順タイトル(すべて仮題)

・【幽霊のような男】山崎明宏/林ゆう子
・【とばっちり】太田彩乃/牧直美
・【ずっとひとりで待っていた】カトー
・【人を潰して引きずって】藤村ちか/高橋剛/田中登志哉 ※
・【ルームシェア】水谷妃紀/川島めぐみ
・【猿と廃院】すほうれいこ/藤本梨沙
※この作品のみ前後編。

クランクインが11月17日であるから延べにして三週間余で仕上げたことになる。
これぐらいは通常の監督なら楽々撮ってしまうペースなのか異常なペースなのかは知らないが、自分の腹の中に【現場】というものがズーンとクサビのように深々と手応えとして残ったのは事実である。
前回の【深夜ノ墜落】では撮影が終了すると疲労と一緒に体感していた現場の空気も消えてしまったような気がするが、今回は全くその気配がない……。
身体の芯のほうには、誰もいなくなった冷たく重く静かなセットがひとり、きゅーきゅーと息を潜めている感じがある。
それが厭じゃない。前回は解放されたいという気持ちが強かった。今回も三話まではその気持ちがあった。しかし、【人を潰して引きずって】以降はそれが一気に消えた。今はもっともっと自分の望むものを作り上げて見たいという【欲】だけがぐつぐつ煮えてきている……困った。

また大変になることをこの俺という莫迦は考えているのではないだろうか……うううう、もうちょっとは静かにして欲しい……。

というわけで六話目【猿と廃院】終了。
主演のすほうれいこは最後の最後で六話中、屈指の叫びを見せた。
えらいぞ、すほう!

それとカクセイに感謝。
異常なほどの低予算と時間のない中、本人はできうる限り最高の力を傾注してくれた。利益もでなかっただろうに……。
そのことを口にすると「今回は名刺代わりですから……」と笑った。
次回は借りを返すぜべいべー。

それと美術の千春ちゃんとチーフのコータローさん、せきちゃんと池にも感謝。
素晴らしいスタッフだった。メイクのフジエダとマミヤ、スタイリストの佐々木さんも無茶ばっかり言ったけれど、ありがとう。
イイジマさんと山崎さんもありがとう。
まだまだこれから編集と音入れでガツンとしたものにしますからね。

それと助監のフクマ、ミナカミ、タカハシにも感謝。
特にフクマは撮影後とはいえ事故で現場を離れざるを得なかったのは残念だったろう。あれだけ頑張っていたのだから……。今は体調を整えて一日でも早く元気になって欲しい。

そしてなによりも最大級の感謝をしたいのは技術の教授こと坂野さんと撮影の大川氏。特に大川氏は撮影前日という常識はずれな時点での登板要請にもかかわらず快諾して戴き、その【平成版ゴジラ】を救った辣腕をこちらにも大いに発揮して戴いた。
氏の登板なくして本シリーズの予定時間内での完成は無かったと断言できる。
撮影手順も段取りも何もかも無視した粗忽者の私をよく最後まで支えてくだすったと本当に感謝の感謝の土下座丸である。

と、ことほど左様に映画作りというのは個人ではいかんともしがたいものであり、そこが魔力の源泉なのでもあるなぁ。いつも机で自閉的作業に明け暮れていた私なんぞは、ここ三週間で三年分ぐらい人と拘わった気がする……。

映画は面白い。
実に賭けるだけの値打ちがある。
ですよね、会長。



さて、今月中に「超怖い話Η」のアップと「怖い本」の大方を仕上げなければならず、それを縫って映画の完成とその後に「ボリビアの猿」。

来年は小説猿になることであろう。



ちなみに現在、【幽】vol.4と異形コレクション【アート偏愛】が発売されているかもしれません。年末年始の無聊の慰みに如何でしょう?



アート偏愛






P.S

業務連絡

平山組、打ち上げを来週火曜13日午後五時頃より予定しています。参加希望諸氏のなかで連絡が来ていない方は是非、問い合わせの上、御参集を乞う!!
未成年の場合にはソフトドリンクでの参加のみを可とする。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hirayama6/50277571
この記事へのトラックバック
まぁ、まさにウチのBLOGのようなタイトルな訳だが。(笑 コチラ(平山夢明 ブロ...
ずっとひとりで待っていた?【川村ゆきえ.com】at 2005年12月11日 16:48
夢明さんが、「怖い本」の撮影をUPされたらしい。 当初漏れ伝わってきていたデッドより、やや押しての終了の模様。 ここから年内に「超」怖い話Ηの原稿を全UPしていただかねばならない。 一応覚悟はしていますが、なんとか年内に夢明さんの分の原稿欲しいです。 できればお...
[しごと]「超」怖い話Η臨戦態勢【さぼり記】at 2005年12月12日 00:32
この記事へのコメント
お!祝撮影終了。
オフライン室猿になったり
小説猿になったりまだまだ
オイラとお食事猿する暇は
なさそーですね、でも先日
偶然逢えて嬉しかったっす
では!
Posted by ima_gene_box at 2005年12月10日 05:47
本の表紙の顔、四谷シモン作?
Posted by 追記 at 2005年12月10日 05:48
平山さまには、まだお会いできそうにありません。
ただ、こうしてここで平山さまの言葉にふれられて
いつもなんだかホッとしています。語られる内容に
平山さまの暖かな内面を感じとれるような気がして
すこし低めの声も、ヒトに対するやさしさも・・・
大人ですよね、平山さまは。人生の経験値の差かも
しれませんけど。
Posted by 夢 at 2005年12月13日 13:33