2008年02月26日

〆切きりきりきりきり

角川携帯、先週水曜UPの予定がずるずる、もう編集から催促も来ません。
好きなようにしてくれということらしいっす……好きにします。

芥川パーティーで会ったトヨザキ社長からミルハウザーの『ナイフ投げ師』とジャネット・ウィンターソン『灯台守の話』とケリーリンク『スペシャリストの帽子』などが面白いよと勧められる。ありがたい情報です。早く買って読もうっと。

映画、〈本当に創りたい物〉は『いまは暴力は売れないし』『そういう現場は経験がないし』という実に一般的な論理にて却下。というわけで、こちらの考え方や対処を根本的に考え直す必要に迫られる。元来、変わった事が好きなので、なかなかツーでカーという人とは巡り会えないのが弱みといえば弱み。

夕方、小さな女の子がふたつぐらい上のお姉さんに連れられて歩いていた。
不意にオイラの前でチビが頭からズッコケたのだが、とっさにお姉さんのお下げをガシッと掴んで倒れるのをこらえる。お姉さん、痛みに堪えながら「けがしなくてよかったね、ちーちゃん」と涙ぐみながら無事をことほいでいた。
なぜか神はこのようにして最高のスケッチをオイラのような人間の前に放り出してくださる。ありがたやありがたや。

明日も生きたくなりますように……。





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hirayama6/51278985
この記事へのコメント
素敵
Posted by ま at 2008年02月26日 15:25
お下げのお姉ちゃん素敵ですね、
自分の汚さに泣ける位に素敵。
Posted by よしみ at 2008年02月27日 03:36
>>『いまは暴力は売れないし』

スゴく暴力的な映画『ノーカントリー』がアカデミー賞いっぱい取ったので「暴力は今が旬!」とか言って説得できないでしょうか。
Posted by アッポー at 2008年02月27日 09:30
ブログ更新ありがとうございます!お体の調子などを心配しておりました。今日か明日と毎日、度々アクセスしていました(笑)。ちなみにやっとこさ?先生の本をかなりの数、完読さして頂きました!これからも楽しみにしています。がんばってください…とゆう言葉は私は昔から嫌いなのですが(なぜなら、誰でも言われなくてもがんばっておられと思うから)あえて言わせて下さい…、体調には気をつけてがんばって下さい!と
Posted by ゆみか at 2008年03月02日 03:35
私が先生にファンレターを送りたいといったらご迷惑でしょうね
残念です。せめてここから応援して勝手に注目しております
今私は敵と闘う為、ありとあらゆる手を使うつもりでいます。鬼畜3匹とやりあうために私自身がそれ以上の鬼畜にならなければなりません
正直びびります
先生なら許せて神しか使わないという方法をとりますか?私は間違っていますか?
私は祖母と父に何度も殺されかけました
線路や沼や道路。4歳でしたが覚えています
12年前は母を病気にして殺されるところでした
私は発狂して自殺をさせられるところでした。
鬼畜以上の鬼畜になって復讐する手段を考えていること、私は人間らしく生きたかったです
Posted by 猫猫 at 2012年03月27日 15:45
お久しぶりです。連絡取りたいので、メールもらえますか?
Posted by WPBカメラマン谷口 at 2012年10月01日 21:05
平山様
初めまして木村と申します。

この世にはいろんな生しい、事が有ると思います。死後の専門アルバイトを23年やり本当に気がおかしくなる事も多々有りました。その中での不思議な事も多々有りました。そんな事をお話しできる機会があればと思いお便りさせていただいておるます。つい最近では雪山ツアーで亡くなった方の葬儀に立ち会いました。ぜひ今後の映像制作で自分の体験を生かさせて頂けましたら幸いです。本当にオフレコですが3年前には約50年前の死刑囚の散骨を池袋ぞうしがや墓地で行なったそのメンバー人です。その事は石井光太さんは取材に来ました。よろしければこんごの映像制作でリンクさせて頂けましたら幸いです。何卒よろしくお願いいたします。
敬具
Posted by 木村信浩 at 2016年01月27日 22:25