2008年05月01日

帰還というか、ご無沙汰のような……。

えええええ……と、あまりに放置しすぎまして。とは言っても毎日、通っていたのですが、もうどの話をどの程度、どこまで書くかで混乱して、溜息混じりに戻るという。もうまるで悪い通信簿を持ち帰りあぐねている中学生のような感じでブログの内外を行ったり来たりしていました。

時にはもうブログなんて……と思い、遠くへ逃げようと思ったり、なんですが昨日、有楽町のソニープラザの前で腰が抜けるほどクタクタに酔った上に車道に身を投げ出して行き交うタクシーに踏んずけてもらおうとしている老サラリーマンを見ましたので。もう少し頑張ろうと思いました。

えっと憶えていることを憶えている順番に書くと。

まずダチのテッチャンが『すじぼり』で大藪春彦賞を獲りまして、そのパーティーが東京會舘、二次会が数寄屋橋方面でありました。テッチャンの受賞の挨拶では緊張のあまり地金が出たのか壇上でついつい身が斜になり、仁義を切っているような傾きに周囲はハラハラしていましたが、とりあえずは素晴らしいスピーチとなり、その後の二次会三次会四次会でも京極夏彦氏を始め、大沢会長、逢坂氏、志水氏、浅田氏、真保卿など綺羅星のように登場され大変なお祝いになっていました。

個人的には筒井康隆先生と並んで写真が撮れたことが嬉しかったっす。

それからダラダラと日を過ごし、メディアの関ちゃんらと新宿のションベン横町で飲んだり飲んだり飲んだりして。


ポプラ社のポプラビーチというHPで連載が始まりました。『ダイナー』と言いまして、殺し屋専用の会員制定食屋に身売りされてしまったオネーチャンの日々のモチベーションのアップダウンを綴ったものにしようと思っていまする。
いまは感想が書き込めないと聞きましたが、そこを無理矢理にでも書き込んで戴けると平山のモチベがピッと上がりまする。よろしくお願いいたします。m(__)m


それでこんなこともしていました。

東京伝説 冥れる街の怖い話 (竹書房文庫 HO 50)


あいもかわらず遅れ進行で編集のよりっぺには、またまた死病に取り付かれたような経験をさせてしまいました。(;Δ;)

で、その後、わたしの大好きな稲川淳二さんとの対談集の取材で二度ほどみっちりお話を伺いました。とにかく初回のパワーが凄くて、午後二時から始まった対談が終わったのが午後十一時、もちろん、食事もしながらですけれど、ほぼ喋りっぱなしなんです。次から次へと……。まあ、普通の人の五人前ぐらい濃い人生なのでしょうけれど、見事なものです。とにかく大好き。本当の彼は外に出しているイメージとは全く違う、賢い骨太の漢でありまして、そのギャップが良いのです。またご飯を食べたいっす〜。

で、それから色々と打ち合わせやら、罵声やら、哀願週間などがありまして、
このあいだテッチャンが再び上京したので飲みまして……。

『くちづけ』 (ふしぎ文学館)
では小池真理子先生の背帯文を書かせて戴きましたり……。

はたまた、ボンベロと山本先生と飲んで、またまた熱いSPAネタをG街あたりで仕込んだわけなのね。

で、楽しい楽しい春日先生とお食事会などもありまして。普段なら絶対に入れないような素晴らしいイタ飯屋でケタケタと不謹慎なトークを咲かせました。それにしても春日先生の何百枚という小説原稿を捨ててしまったり、何ヶ月も連絡せずに平気でいる某大手出版社の若手編集者というのはキチガイでしょう。はっきり言って。(; ゜0゜) \

そしてKENZAN連載中の『朧夜半次郎』の取材で中山道を高崎から軽井沢まで走り倒しまして、夕食に寄ったレストラン『OGOSSO』が実に素晴らしくて震えたりもしました。


素晴らしかったのは先日逢った、谷ヤンことカメラマンの谷口雅彦氏。
あまりに心霊が写りすぎて仕事がクビになりそうなカメラマンという、一瞬、電波な触れ込みでランティエのナカツが連れてきたのですが、これがもう面白い。怪談の倉庫のような人であると同時に藤原史歩を始めとするストリップティーズの記録を修めている達人なのでした。

裸女の秘技絢爛絵巻―ストリップはいま… (河出文庫)


これなどは実に妖艶で捉えるのが難しい〈牝〉になった瞬間を捉えたモノクロ写真が満載でたまげました。とんでもない実力だと思います。

……と取り敢えず、心の棚卸しは、ひとまずこの辺で勘弁して戴きたく……。

また明日から頑張って短くても良いから続けるようにしたいなぁ〜と思っておりまする。ではでは!みなさん!お元気で!

現在の連載中。

・週間SPA『どうかと思うが、面白い』
もう火曜日〆切の原稿を翌週の日曜の夜中に送るのは止めようと思っていますよ〜。

・月刊POPTEEN『怖い人』
「こわいのはギリになってから原稿を書き始めるおまえだよ!」というミナミの声が……。

・月刊ランティエ『びきまん』
目の見えないおかあさんがやっている駄菓子屋の名前が「盲屋」なんて……。

・小説すばる『頭脳警察』隔月連載 
まだ東京タワー溶けないね〜。

・問題小説『SALVAGE』隔月連載 
どさくさにふりあげた拳をどうすりゃいいのよ!

・KENZAN『朧夜半次郎』季刊 
やっぱり時代小説にスリーパーホールドって書いてはいけませんよね。

・角川携帯小説『文庫読み放題』隔月連載……希望 
がんばります。

・幽『こめかみ草子』年二回
がんばります。

で、これから夏にかけて始まるもの……〈というか、始められたら見物だなというものたち〉。


・小説宝石『頭医者 首里』月刊
・本が好き『平山の不道徳教育講座〈仮題〉』月刊
・野生時代『バベルタウン』月刊

書き下ろし
『1/3物語(思いっきり仮題)』
『怖い本8』
『鳥肌口碑供
『超怖い話?』
『ボリビアの猿』

こんな感じ〜(゜ε゜;)
し、死ぬかも……。

あれ?
『狂気な作家……』はどうなってんだ????(; ゜0゜) \

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hirayama6/51341387
この記事へのコメント
地獄のような仕事量ですね。

先日、大倉山で春樹事務所とのケンちゃんとへべれけに酔っぱらい、その勢いで、夢さんを呼び出そうといいだしたのですが、電話番号がわからず、今度にしようという、他愛ないことがありました。

仕事が進まないので、寄り道です。
寄り道とか道草が多いこの頃です。

ではでは。

トレッサは面白くないです。映画館ができなかったので、潰れてもよいです。

また、ではでは。
Posted by 稲葉稔 at 2008年05月01日 11:11
安心しました。生きてて
Posted by tp at 2008年05月01日 13:55
平山さん、ますますお忙しそうですね。作家ライフって売れたら売れたで大変そうですが、これからも頑張って下さいね♪
>平山の不道徳教育講座って…(笑)やっぱり三島好きですか?
それとコンビニに置いてないんですよ、例の。25日に何件探してもなかった。即日売切れだったのかな〜。
Posted by 蒼桃 at 2008年05月02日 00:34
おつかれさまです☆日々いろいろと、
お忙しそうですが、無理ない程度に頑張って下さぁい(^-^)/
Posted by ゆみか at 2008年05月02日 02:34
めちゃくちゃファンです!今日東京伝説買いました!!楽しみすぎる!
平山さん頑張ってください(´∀`)
Posted by しらこ at 2008年05月02日 20:57
し…死なないで下さい!

新刊買いました。速攻読了。は〜♪
次、お待ちしています。
Posted by 美雪 at 2008年05月02日 23:11
久々のプログ耽郡出たんですねo(^-^)o明日買いに行かせていただきますp(^^)q
Posted by みや at 2008年05月05日 22:02
東京伝説面白すぎました。

怖いのになんでこんなに面白いのでしょうか。

ほかの方と比べて一番栄養があって生きが良くてピチピチして新鮮な感じがします。あと優しく思いやりが有る感じがします。なぜそんな感じがするのか不思議です^^;

前YOGA教室でのトークライブで初めて平山先生を知り、あまりの話のうまさ面白さに、悲惨な話なのに涙を流して笑ってしまいました。その後本を読んではまりました。

でも最近は輸入物の食品に毒が入っていたり、人を巻き込む自殺をされる方がいたり、自転車ごと高校生を突き飛ばして襲う人がいたり、新聞記事、現実世界が平山ワールド化してておっそろしいです。平山先生の書かれる世界はなるべく遠くにあってほしいものです。
Posted by さちこ at 2008年05月08日 16:46
久しぶりの日記、大変うれしく思います。情報がいっぱいあって、狂喜乱舞、という感じです。しかし、他の方も書かれていますが、お忙しすぎではないですか?どうかご自愛なさってください。
「ダイナー」を読ませていただいて、感想など書き込み、送信したところ、送信された瞬間に、なんだか画面が変な具合になりました。ちゃんと遅れたか、心配です。
Posted by ギルバルス at 2008年05月12日 01:59
ご多忙ですね
お体お大事になさってください。
Posted by かおりん at 2008年05月14日 10:46
自分達に都合の悪い相手がPv参加したら
今まで妨害うぜーとか言ってたのに、自分らが妨害に回るとかwwww
九尾乙としか言いようがない
Posted by たまにょん at 2008年05月14日 16:58
恐怖のブルドッグの巻、
どうかとも思いましたがやたら面白かったです。
今はどんなに大きくても40kg未満サイズの
英ブルドッグしか見かける事が出来ませんので、
大変貴重なご経験だったと思います。

来週も楽しみにしております。
Posted by らき at 2008年05月16日 15:47
久々のブログ更新嬉しいです!!平山先生が大好きです。
お忙しいようですが、平山中毒というぐらい平山先生の文章を読まないと落ち着きません!だから先生がお忙しくしてらっしゃるのが嬉しかったりします(笑)。
でも倒れない程度に頑張って下さいね。
Posted by ミヤ at 2008年05月18日 15:15
怖いお話。。。夜中目を覚めて想像すると金縛りになります。 
Posted by まにこ at 2008年06月03日 11:14
何度もすみません。
ポプラ社の『ダイナー』、いま読み始めたばかりですが、いや〜、おもしろい♪(o^o^o)
あんまりおもしろいので一気読みせずに大事にだいじに読んでいます。 ところでこの、ダイナーは書籍化するのかな?

このミス以来、続々と出版されてるんで、情報に追い付くのすら精一杯。このblogだけが頼りだったりします。 平山さん これからも楽しみにしていますね。お身体壊さないように♪
Posted by 蒼桃 at 2008年06月03日 12:53
平山先生。いつも助けてくれてありがとうござあます。その後どうしてますか。これからもお仲間や上の方と色々考えて下さい。静岡のゴミ供は欝陶しいので、私も将来色々考えなければなりません。残るは私だけとおっしゃっていたので、頑張って逆らいます。
これからも宜しくお願いしますと皆様にお伝え下さい。悪役出来なくて申し訳ありませんでした。これからも生かしていただく事を感謝します。
Posted by 吉田 at 2008年06月19日 22:32
おつかれさまです。
いつも楽しく拝読させて頂いております。東京伝説も相変わらず素晴らしかったです。ご多忙のご様子ですが、お体に気をつけて下さいね。
ところでお聞きしたい事があるのですが、「ガチャ目」とはどのような目なのでしょうか?気になって夜も眠れません。主人も是非ガチャ目になりたいそうなのですが、どのような目なのかがわからないとなりようがありません!
Posted by ピット at 2008年08月01日 00:03