2016年08月19日

ボランティア募集のお知らせ(読書会とは関係ありません)

タイトルにも書きましたが、ここから書く事は枚方 読書の会の活動とは一切関係ありません。
私が勝手にやっている事なので、別に「今度から読書会でボランティア活動をしよう!」とかそういう話では全く無いので、その点はご了承くださいm(_ _)m
ただ、1人でも多くの方に読んでもらいたいな、とは思います。

枚方 読書の会に参加してくださってる葵さんが、今ボランティアを募集しています。
葵さんから話を聞いて凄く大変そうだと思い、私も少しでも何か手伝えないかと思って、このブログに載せる事にしました。
以下、葵さんからの募集の内容です。

ボランティアを募集しています。
30歳男性です。重度の脳性麻痺があり、寝たきりです。胃ろうと気管切開をしています。通院やショートステイの際に、車椅子から車、車から車椅子への移動のお手伝いをしてくださる方を募集しています。
興味のある方は、「saku_sakurayuki@yahoo.co.jp」(@は半角に変更してください)までよろしくお願いします。


場所は寝屋川市内になります。
基本的に助けが必要なのは平日だそうなので、平日に自由の利く大学生さん辺りに手伝ってもらうのが理想的なのかな~、と思います。

自身がボランティアに協力できなくても、身近にボランティアに興味がありそうな人やボランティアサークルに所属してる友達なんかがいる方は、是非この事を教えてあげて欲しいです。
私からも、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m


written by おしん
written by 葵さん

hirayomi at 22:02|PermalinkComments(3) お知らせ 

2016年07月16日

第33回読書会開催情報

夏ですね!
もうじき夏休みですね!
という事で、次回の読書会は夏休み期間。
場所はいつも通り遊間さんなので、まだかき氷をやってくれてたら、今度は絶対マンゴーヨーグルトを食べたい所ですが…。

・日時

8月20日(土)
14時半~16時


・場所

遊間
京阪電鉄本線 枚方公園駅から、徒歩5分程。


・持ち物

他の人に紹介したい本、1人3冊まで
図書館の本でもOKです。


参加を希望される方は、おしん(another4mist@yahoo.co.jp)宛てにメールをください。
その際には、事前にルールをご一読ください。
メールを頂いた時点で、ルールに同意したものとしますので、よろしくお願いします。
なお、新規参加希望の方は、8月17日までにご連絡くださいm(_ _)m


written by おしん


hirayomi at 21:48|PermalinkComments(0) 読書会開催情報 

第32回読書会

しのさんから。
難民調査官

難民調査官 [単行本]

難民調査官/下村敦史

小説というより、読んでいると「もっと勉強しなさいよ」と言われてるような気分になるそうです。難民って海外の話かと思ってたら、日本にもいるんだな~、とか思ってる時点で、私もこの本を読んでもっと勉強すべきかもしれませんね;

マサロンさんから。
暗黒女子 (双葉文庫)
暗黒女子 (双葉文庫) [文庫]
優しい死神の飼い方 (光文社文庫)
優しい死神の飼い方 (光文社文庫) [文庫]
黒猫の小夜曲(セレナーデ)
黒猫の小夜曲(セレナーデ) [単行本(ソフトカバー)]
砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)
砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex) [文庫]

暗黒女子/秋吉理香子
優しい死神の飼い方/知念実希人
黒猫の小夜曲/知念実希人
砕け散るところを見せてあげる/竹宮ゆゆこ

「優しい死神~」の続編が「黒猫の~」らしいのですが、マサロンさんにとってはもはや、この本達が2016年1番良かった本、だそうです。まだ約半年残ってるというのに1番だと思える本とは…これは確実に押さえておきたい本ですね!


ゆにさんから。
アイネクライネナハトムジーク
アイネクライネナハトムジーク [単行本]

アイネクライネナハトムジーク/伊坂幸太郎

伊坂さんらしいワクワクするミステリーかと思いきや、結構普通な恋愛小説(短編集)だそうです。ミステリーと思って読むと若干肩透かしを食らうそうですが、最初から恋愛小説と思って読めばすんなりと楽しめるのでは?!


おしんから。
神様のコドモ
神様のコドモ [単行本]
私たちが星座を盗んだ理由 (講談社文庫)
私たちが星座を盗んだ理由 (講談社文庫) [文庫]

神様のコドモ/山田悠介
私たちが星座を盗んだ理由/北山猛邦

「神様のコドモ」は(多分)山田悠介さん初のショートショート。あまりにもくだらなすぎて逆に笑えるという…。とりあえず表紙の素敵イラストに期待すると、これも肩透かしを食らいます(^_^;)


written by おしん


hirayomi at 21:40|PermalinkComments(0) 紹介された本