2018年05月13日

第46回読書会 in hitotoki 5/12(土)

新規参加者を募集せずに行った読書会、それでも6人で開催する事ができました!
この様子なら、という事で、また次回もとりあえず、新規参加者募集無しで開催してみようと思う、そんな読書会となりました。

今回は枚方公園からちょっと歩きますが、hitotokiさんで行いました。
実は枚方ウォーカーに載っていたのを見て利用させてもらったのですが、参加者の皆さん一様に「この道はよく通るけど、こんな店があるとは知らなかった!」と…。
枚方の知られざる名店をお探しの方は是非利用してみては、と言いたくなるような、素敵なお店です♪

今回の読書会では、何となく皆が「面白そう!」と思えるような本が多かったような気がします。
何というか、「面白そう!」と皆が口々に言う温度が高いと言うか…そんな空気感があったような気がして、個人的にも非常に収穫の多い読書会となりました♪
また読む本が増えてしまって、とても次回の読書会までには読み切れなさそうですが(予約の関係もあると思うので;)、読みたい本が沢山あるという事は幸せな事だな~、と思います(*^_^*)

そしてそんな幸せな気持ちをアシストしてくれる、いつものスイーツは…
IMG_9073[1]













今回は木苺のレアチーズケーキとアップルジュースを。
画像はいつも通り粗いので全く分からないと思いますが、ケーキの上に乗っているのがブルーベリーで。
「え、木苺じゃなくない?」と思って食べてみたら、中にちゃんと赤い色が所々混じっていたので、それが木苺なのかな~、と納得しました(^_^;)(木苺をあまり食べた事が無いので、味が分からないという;)
いやでも、とにかくとても美味しいケーキでした!
しかもアップルジュース、氷が入っているのですが、全部溶けても全然ジュースの味が薄まってなくて!
なかなか優良なアップルジュースを使っておられる、と私の中で非常に評価の高いおやつタイムとなりました(^_^)
お店にはまた長々と居座ってしまいまして、ありがとうございましたm(_ _)m
広いテーブルも使わせてもらって、本を広げても全然狭くなくて、とても助かりました♪


written by おしん


hirayomi at 20:45|PermalinkComments(0) 読書会の感想 

2018年04月24日

第46回読書会開催情報

前回は沢山人が集まってくれましたが、果たして今回はどうか…。
ちなみに今回は駅からお店までの距離がちょっと遠い&歩道が狭い道なので、お気をつけてお越しくださいm(_ _)m


・日時


5月12日(土)
14時半~16時半


・場所

hitotoki
京阪電鉄本線 枚方公園駅から、徒歩15分程。


・持ち物

他の人に紹介したい本、1人3冊まで
図書館の本でもOKです。


とりあえず今回は、新規参加者は募集しておりません。(1回でもこの読書会に参加した事のある方は除く)
あしからずご了承くださいm(_ _)m


written by おしん


hirayomi at 12:54|PermalinkComments(2) 読書会開催情報 

2018年04月01日

第45回読書会

しのさんから。
しらない町
しらない町 [単行本]
菅ちゃん英語で道案内しよッ!
菅ちゃん英語で道案内しよッ! [単行本]

しらない町/鏑木蓮
菅ちゃん英語で道案内しよッ!/菅広文

「菅ちゃん~」は芸人の菅さんが適当な(?)英語で道案内をする、というテレビ番組の書籍化(と呼んでいいのか?)みたいです。毎日会社の近くで必ず海外からの旅行者とすれ違う私としては、勉強のためにも是非読んでおきたい所。


藤さんからの紹介。
ユーミンとフランスの秘密の関係 (FIGARO BOOKS)
ユーミンとフランスの秘密の関係 (FIGARO BOOKS) [単行本(ソフトカバー)]
何度も読みたい広告コピー
何度も読みたい広告コピー [単行本(ソフトカバー)]

ユーミンとフランスの秘密の関係/松任谷由実
何度も読みたい広告コピー

「何度も~」は駅や新聞や街中で見かける広告を紹介した本だそうです。そういえば最近の広告って、「おっ」と思うような文章が結構書いてあったりしますよね!この本とは関係ないですが、個人的には駅でよく見かけるiichikoの広告がちょっと好き。


葵さんから。
このあと どうしちゃおう
このあと どうしちゃおう [ハードカバー]
ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか
ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか [単行本(ソフトカバー)]

このあとどうしちゃおう/ヨシタケシンスケ
ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか。/てぃ先生

個人的には「ほぉ…、ここがちきゅうの~」は本屋さんに置いてあるのを見かけて、気になっていた本!葵さんに紹介してもらって、「絶対読む」という決意を新たにしました。


井手さんから。
彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)
彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫) [Kindle版]
やし酒飲み (岩波文庫)
やし酒飲み (岩波文庫) [文庫]

彼女がその名を知らない鳥たち/沼田まほかる
やし酒飲み/エイモス・チュツオーラ

「やし酒飲み」は著者がアフリカ人という、なかなか珍しい本!紹介を聞く限り、何だかちょっと怖い童話っぽい話のような印象を受けたので、珍しさも相まって大いに気になりますね!


くるみさんから。
知性の顚覆 日本人がバカになってしまう構造 (朝日新書)
知性の顚覆 日本人がバカになってしまう構造 (朝日新書) [新書]
日の名残り (ハヤカワepi文庫)
日の名残り (ハヤカワepi文庫) [文庫]

知性の顚覆 日本人がバカになってしまう構造/橋本治
日の名残り/カズオ・イシグロ

遂にあの話題になったカズオ・イシグロさんが出てきましたね!正直、話題になってもあまり興味を持ってなかったのですが、紹介してもらったからにはちょっとチャレンジしてみようと思います(^_^;)


オオカミさんから。
花 (百年文庫)
花 (百年文庫) [単行本]

花/森茉莉・片山廣子・城夏子

3人の作家さんが花をテーマに書いた本だそうです。今ネットで調べたら、3人とももう亡くなられてるんですね?!タイトルからしても春らしく、是非今の季節に読んでみたい本ですね(^_^)


ゆにさんから。
木暮荘物語 (祥伝社文庫)
木暮荘物語 (祥伝社文庫) [文庫]

木暮荘物語/三浦しをん

いかにも「木暮荘」という名前がぴったりな、ぼろアパートに住む人々のお話だそう。住人達がそれぞれに魅力的で、心が疲れた時に読むと良いかも、との事です!聞く限り大分面白そうなエピソードだったので、これは期待大ですね!


おしんから。
ラブ・リプレイ (『このミス』大賞シリーズ)
ラブ・リプレイ (『このミス』大賞シリーズ) [単行本]

ラブ・リプレイ/喜多喜久

アニメや漫画ではお馴染みの、タイムリープもの。どんなルートを辿っても死者が出る所に、乙女ゲームの「アムネシア」やアニメの「まどマギ」を思い出さずにはいられない。


written by おしん


hirayomi at 21:48|PermalinkComments(2) 紹介された本