もちろん、重要なのは中味です。カバーを掛ければなんんとかなるでしょう。







住宅新報版は、フルカラーから一部フルカラーになり、本編は読みやすくなりました。