2007年02月16日

バブルでGO!

8527b164.jpg映画「バブルでGO!タイムマシンはドラム式」早速見てきました。

ホイチョイ・プロの製作ってことで、見に行こうと決めてました。
僕がずっと読んでいるビックコミック・スピリッツで「気まぐれコンセプト」を連載しててお気に入りなので。

ストーリーは至って単純、経済破綻を恐れる財務省がキャバ嬢・広末を1990年に送り込んで、当時の経済政策を止めさせよう。というもの。

といってもストーリーはおまけみたいなもんで、問題はどれだけ当時の生活・雰囲気を再現できるか?っていうことに尽きるのでしょう。

1990年当時僕は14歳〜15歳・中3です。好景気なんて全然実感ありません。
でもボディコンなどの服装や流行の音楽なんかが、猛烈に懐かしさを刺激します。
飯島愛やらラモスなんかもチョイ役で出てきたりして、かなりいいとこついてきます。

阿部宏はハマリ役だし、広末涼子もママとは思えぬ可愛らしさだし、キャストは良いです。

非常に楽しく最後まで観ることができました。
あの頃に小学生とかだと半分くらいしか楽しめないとは思いますが、30代後半〜40代の方にはクリティカルヒット間違いなし!

最後に流れる主題歌、良いですね。加藤ミリヤですか。歌上手いですね。顔は・・まあいいとして。
エンドロールで「君の瞳に恋してる」の後に流れるのですが、どっちも良い曲なんだけどやっぱり今の方が多重な感じで。ああこれも時代のギャップだなと。

hiro0041 at 19:23│Comments(3)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サカイです!   2007年02月18日 10:27
 お邪魔します。小川君 お久しいぶりです。
頑張っておられますね。 私は例の「飲酒」でボロボロですが、何とか生きております、、。
 お酒がいっぱいの素敵なブログですね♪
勝手ですが、私のブログにもリンクさせてもらいます。 また、お邪魔しま〜す。
2. Posted by ひろひさ   2007年02月18日 10:51
おお、坂井さん
ご無沙汰してすみません。
ブログやってるんですね、見させてもらいます
リンク貼っておきます
3. Posted by たなこ   2007年02月18日 17:59
気になってます。面白そうだもの。
広末は変わらないのがすごいね。さすが高知人?
いつも、映画ねたは参考にさせてもらっていますよ!
あ、そうそう、実家よりお土産酒買っているので、
また持っていきます。
意外にも、高知の行きつけの酒屋で「天界」(二号瓶の生だけど)に出会いました。買っておけばよかったかなあ?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔