倉敷の ヒロハウス

さわやかな辛口コラムニスト、 酒好き、女好き、そして常識の中でもがく男

笑えない会話

matuari今に時流に合わせる・・このテーマでテレビ番組まで見なければいけないならちょっと自信が無くなった。食事時にわざわざテレビを付けて見る番組に「マツコ&有吉」とかいう番組尾が有ったが、娘が反応してケタケタ笑っている事に全く反応できない。と言うか、食事後の洗いもので茶碗や油汚れのタッパなどをこすり上げながら見ている時に、何だかムカムカしてきて「何か分からんがイライラする。」感情に包まれた。笑いのポイントが世代でズレているのは分かる。トークの流れがつまらんのだ。目先の話題を別のものに例えたり、自分の感情表現などもそれなりに表しているんだけど、わざとらしく被せる笑い声とか、「面白いだろう」と今どき風にお茶らけるンではあるが、ひねりや奥深さが感じられずウェットに飛んだ冗談が言えていない。ただ笑えないんだ。
それはまるでおばちゃま達が表面的な話題をザラ〜っと垂れ流して永遠続ける会話にも似ている。もちろんマニアックな深みは無いね。目次題目のつなぎ合わせみたいだ。ひょっとすると、笑顔で答える日頃の立ち振る舞いに「営業用」の疲れを感じているからなのだろうか。それとも年齢から来る感動が薄れてしまう傾向から、すべてに面白さを感じなくなっているんだろうか。まぁこの番組が60歳を超えたおっさん用に作っている訳じゃなかろうが、日常のニュースの取り方とか、自分主体の偏りがあるのかも知れないねぇ。
先日久々に会った昔の模型仲間と雑談したのだが、EV化の流れやたとえ話で先の変化をしゃべりまくったがあっという間の30分だったがなぁ。結局今自分が関心を持っている内容や、それに近しい事柄などで落としたり空かしたりと会話遊びが出来ないからじゃないのかな。まぁ番組にしてもお笑いにしても、音楽やニュースにしても、より違った角度で会話をしたいと思っているのにそこに行きつかないもどかしさが有るからかもしれない。よーするに自分にとってどーでもいい事なんだろ。それでも素直に解放されたい、そういう笑いを欲しているんだけど・・。

banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

鼻に付く中国戦略

王毅実際にドンパチは“起こせない”のは分かります。なにしろさすがの中国産も経済は見通しが分からなくなってきているし、世界の風当たりが良くない。それでも日本へのプレッシャーはあの国の常識として続けてきますね。
尖閣での排他的経済水域にもいつの間にか我が物顔で入ってきて、「我が国領土」色を出しています。それで海警局の船も武器を使用してもいいように海警法を改正して2月1日から施行しています。日本の海上保安法では海外の公船に武器は使用できないようになっていますから、正当防衛でも応戦が出来ません。おそらくそれも知っていて、有中国利に事を進めようとしていますね。ようするに出来る事なら先に日本に攻撃させて、自分らの領土を守るためやむなく攻撃したとか言って、少なくともしばらく議論の余地を残しながら、また少しづつ言い分を詰めてくる戦略でしょうね。日本の自衛官とかじゃなくとも漁民たちにも被害を無く食い止める手段ってどーするつもりなのか、下手な会食の追求よりも野党の議論の矛先を変えて欲しいもんです。
経済の方ではすり寄り気味にいい顔をしてるのが余計にきな臭さが匂います。
ウイグル自治区のジェノサイドに対しても内政干渉とうそぶいてますから、香港も含め何をやるか分かりませんな。

banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

影の名投手安田猛死す

安田猛元ヤクルトスワローズの安田猛投手が亡くなられたそうだ。73歳は若過ぎだ。豪速球も無し、魔球を持っていた訳じゃなし。それでも当時の無敵王貞治の刺客として、独特の左腕サイドスローで向かっていた。私も左投げで、でかくて顔も怖そうな猛者ばかりを相手にしていたので、安田投手は愛着が有った。小柄だし「プロには行かない方がいい。」と皆に言われる中で、「王選手と勝負してみたい。」とプロ入りしたはず。当時の左腕は江夏のようなパワーピッチャーがいて、安田安田は真逆。おちょくるようなスローボールを投げていて、それが格好良く見えた。抜群のコントロールと卓越した投球術で新人王、最優秀防御率でいきなり7勝。“ペンギン投法”と言われとても格好がいい投げ方じゃなかった。しかし81イニング連続で無四球のプロ野球記録を作ったはず。それが途切れたのも敬遠の4球、悔しかっただろうなぁ。でもそこにメチャメチャ負けず嫌いで冷静な“勝負師”の姿が見えた。いしいひさいちが描いた人気漫画「がんばれタブチくん」のキャラクターでも準主役級の登場。実態は顔に滲んでいる人柄。通算成績は358試合に登板して93勝80敗17セーブ、防御率3・26だった。一度本人に会ってみたかったなぁ。晩年の癌はやっぱり怖い。ご冥福をお祈りいたします。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

発見と片付けの相関性

何だろうな。いつも置いてあるところに無かったら、必死に探すんだけど見つからない時が良くある。
P1230749今朝も消毒作用に界面活性作用が有る強アルカリ水のスプレーが見当たらないと必死に探していた。
「また誰かが持って行ったな?」などと、「元へ戻せっちゅうんよ。」と愚痴りながら、代わりのペットボトルで用を足していた。スプレーで吹きかけると丁度良く、洗剤で洗う前にコップなどに吹くと界面活性効果で油膜が綺麗にとれるので、キュッキュッと洗い上がりが気持ちいい。おまけに次亜塩素酸に近い殺菌作用も有る。その正体はただの“水”。自社で作るからその利点を生かすのだ。
P1230747ところがよく見ると、水道の前に緑色したノズルが見えた。ハッと気が付く。そういえば昨日ヨーグルトを作るため発酵器を消毒した記憶が有る。どうやら片付けなかったのは私のようで、発見の歓びどころか落ち込む。
とにかくすぐ横に有っても、いつもと置き場が変わっていると見つけられない事がある。「そこに有るもの」と頭に刷り込まれているのだろう。だから片付けは気遣うようにしている。そりゃ次の行動を考えながら動くから作業の初動は圧倒的に早いんだ。
片付けが苦手というか、後回しにする癖の有るかみさんはP1230748全く逆だ。冷蔵庫の中でも「そこに有るでしょ。」と言われることが有るが、私には見つからない。本来ならここに有るべきという先入観で見るから、そこに無いと即興で「無い!」と答えるようだ。「え〜っ??」と代わりに見て「ほら有るじゃない。どこ見てるん?」何とか言い返したいが、すぐ横の物が本当に分からない。器が予想と違っていたり、包みが代わっていたり、ほんのちょっとパッケージに差が有ったりと理由は有るが、大袈裟に言い返すような問題でもない。悔しいけど、頭が固くなっている裏返しと思えば、言い返すより自己反省がよぎる。
 男脳、女脳の差が有るならそれも良かろう。だが性格と年齢による変質ならもっと柔軟に見なければいけないと戒める。それにしても毎度片付けを「後で」と先伸ばししてそのまま置かれたり、ほんのちょっとだけ従来の位置に近づいたもののそのままという時もよく有るのに、偉そうに言われるとしゃくに障る。どういう気持ちか知らないが「面倒くさい」という隠れた性格が見えるのだが、そう性格の脳ならば、微細な変化など許容範囲で「本来の位置」という融通性を持った見方なのかもしれない。だけど私が見えなかった物を簡単に見つけてしまうのはちょっとむかつく。どちらがいいかは置いておくとして、それが重なるとサッサと進めたい私はなんとも言えないもやもや感が溜まるけど、マッタリとした時間の中で事が進むかみさんのペースだ。
今朝のように原因が自分に有る場合も出ると文句に整合性を持たないがんじがらめになってしまう。全てがそれで片付くならそれもいいだろうが、かみさんとて急ぐ時に「ハサミ知らない?」とか「ボールペン知らん?」とか自分でほっぽり出して探す時が有る。そして次の確実に有る物(つまり買ったり在庫から取り出す事)を使うのだ。だから行く先々にボールペンが有ったりする。類似の事が生活にあふれている。性格の不一致は増殖させると離婚原因にもなり得るが、むしろ柔軟に楽しむように見れば、頭も柔らかくなるんではないかと無理やり思い込む。ただ増えてくるため息は、排気ガスなんだろうか。


banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

理論武装の発揮どころ

ラムザイヤー教授は、慰安婦=売春婦であると言う結論を出している。開戦後に軍慰安所で働いていた慰安婦と事業主との間の契約を、年季奉公契約として把握している。慰安婦が強制的に連れてこられた一般女性であるかどうかが問題で、そこにはきっちりとした「契約」がなされていたので、「騙された」ならその契約自体に嘘が無ければいけない。慰安婦はある種の就職だから、まずその定義にそぐわない物は契約前にはじかれる。嘘が常套の韓国では「そんなの騙されたに決まっている。」という理論が成り立ちそうだが、世の中そんなに甘くない。自分から申し出た事、家族(保護者)が納得した事が最低の条件であったからには“高額な報酬”を納得していた訳で、そういう契約書がはっきりと有るわけだ。「騙された」とはその契約通りになっていないことだ。現在の常識でも当たり前のこと。事業主は売春婦や慰安婦が就職する前、つまり性サービスを始める前に、前借金という名目で大金を提供し、女性たちは就職後、数年にかけてそれを返済した。女性たちは客から受け取る金額、つまり売上高を一定の割合で事業主と分割し、取り分の一部を前借金の返済に充てた。その内容も個人別ではなく、ほぼ同様の契約であったことや、その後の契約解除法もはっきりと明記されていて、実行された記録も有る。それが無条件の強制連行ならばその証拠が必要だ。この問題に反論できる証明は数十年経った現在も一つの資料さえ出ていない。例えば本人証言にしてもコロコロ変わったり、その人の現実との差異に整合性を持つことが一つも無い。
アメリカはそういった「問題」に「答え」を出すために問題が提起されてから30億円も投じて調べ上げている。だからこそ、客観性をもって「だったら証拠を出してみろ!」と言えるわけだ。そして韓国にも「いつまでもそんなあやふやな事で文句ばかり言うんじゃない。」と戒めが出来るわけだ。まだ、「自分たちを顧みず・・。」の言葉は言ってないが(笑)。
韓国内では代表的な慰安婦として存在感の有る李容洙(イ・ヨンス)氏の証言すら根拠にならない。彼女がカミングアウトした1993年ごろは「赤い靴とワンピースを見て付いていった」と言っていたが、2000年ごろからは「日本の軍人に連れていかれた」と証言を変えた。これまでいわゆる慰安婦運動家や研究者たちが掲げた強制連行の証言がすべて同様である。(韓国が決めた)慰安婦の定義から外れると国から貰えなくなる金も有るからだろう。業者と慰安婦の間の「契約」を批判できなくなったそれらの人々や韓国のメディアは、ラムザイヤー教授というメッセンジャーを非難するしかなかった。慰安婦の自分たちの主張をするなら、前借金を返済しても契約が実行されなかった証拠、あるいは前借金を渡さなかったという証拠を示せばいいだけのことだ。朝鮮人慰安婦たちは自由の身となり朝鮮に戻ったという主張や、売上高を分割してもらい高額の所得を得たという主張も、それが間違っている証拠を提示すればいい。それと反対の証拠はたくさん有るんですがねぇ(笑)。
それが出来ないから、現在の倫理観で世論をあおり、発言者を腐していく事しかないのだ。
 今や反日に対する絶好の時期に違いない。結論では他国(もちろん日本も)が何を言おうと韓国は変わらないが、韓国内で変化するしかない時に、「反日種族主義」に対抗する声が強くなっている。まだ韓国では反日に対する「生議論」が強い所が残っていて、それは元ヤンバンや軍国主義、反日によって金を回していた勢力が強権的に煽っているのだが、客観性を持った史実に目覚める人たちが増えてきている。どちらが正しい道かは“世界”の目で見られて韓国が成り立っている事実を感じるしかない。
韓国の“正義連”は立場を利用して嘘でも蓄財に走る連中で、今のうちに出来ることを何でもやろうとしているのを、ちょっと政治に詳しい人は読んでいます。でも日本で言うならやくざが政治家になったようなもんで、誰も文句が言えない雰囲気が有ると言う。一般の韓国民は日本が好きであるのもデータ的に分かっているし、不買運動に疑問を感じているだろうけど、長年積み上げてきた基本理念と、それによって国家の中でお金の流れが出来る現実がまだ有るので、厳しい文化的な暮らしの中でわざわざ反対して生活を脅かすことが果たしてあの国で正しいのかどうかは、それぞれの立場での肌感でしかない。
 決め手を欠いていた時にラムザイヤー教授で世界の話題にしたのはさすが韓国ですが、冷静な論文に反日主義の生徒や教授が学内新聞で空しい反論をするしかなかった。日本のメディアもオリンピックの会長話題の陰に霞んでいるし、ハーバード大でも単なる話題だ。対外的にはしっかりとした事実が見えてきて、慰安婦問題では日本たたきに失敗したということだろう。
今後の日韓の事を考えれば、竹島独島問題も有るがどちらにせよルールに応じて話し合いを申し出ていたのは日本で、無理やりむしり取って実効支配しているのは韓国だ。領土の帰属は別にして、400人近くの漁民を拿捕したり殺して「自分の物」にしたことを謝る姿勢が何故できない。納得がいかないにしても現時点で決まったことをちゃんとした論議の下で、妥協点を見つけ出せばいい事。感情的に象徴物だとしても、それが出来ない相手に「まず謝れ」と言われても「逆だ。」と突っぱねていい。今までのいきさつ上、それでは「何故交渉時にこんなことを言った」その数々の裏付けを示せるか。「結果」との整合性で是か非か。相手の感覚が違うので「遺憾」などの言葉はおばちゃんや娘が「駄目じゃん。」程度だから無意味で、具体的な結論要求を突き付けていかねばならない。感情を一切挟まぬ細かな交渉をやっていけばいい。隣国は苦手極まりないが(笑)。

banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

金融危機の鈍感力

munbaka 落ち込み韓国を書くとなるとなんだか燃えますね。こりゃ失礼、性格が歪みそうだわ(笑)。なにしろ姑息にすり抜けるのが分かっているし、そういう面では日本以上に上手いですから、少々腐そうが「屁」みたいなもんです。いや〜その点は尊敬もんですよ。まぁ実情に沿っているかどうか分かりませんけど、ほんのう・わ・さですが色々とにぎやかですなぁ(笑)。10日韓国の統計庁が発表したことによると1月の完全失業者数は157万人を超えたんだそうな。日本も194万人ですから偉そうなことは言えないんですけど、人口は1/3以下ですからねぇ。それも公共福祉勤労事業で無理やり引っ張ってたのが限界になって、全世代で満遍なく失業というなかなかの数字。儒教の国では60歳以上は結構就業率が良かったんですが、韓国が国際通貨危機だった時の128万人の記録も軽く超えちゃいましたなぁ。コロナ第3波のせいにしても、数々の失策も見えているし、北朝鮮にもヘコヘコするし、韓国民もデモをやっているけど、マスコミの扱いは変。裁判沙汰も溢れてるけど司法自体が怪しい人事だし、とうとう政府要人からから逮捕者まで出しちまった。国内の批評も高まっていると言ってもまだ大統領でいられるんだから、韓国民って独自過ぎの民主主義ですな。政権を取ったら仲間で固め、政敵勢力を露骨に排除する。嘘でも体裁を揃えて身内に甘く蓄財する。だからその座を追われたら悲惨な末路が待っている。それでもそれ以上に甘い蜜を欲するんで、野党に付け込まれ民衆に支持されて次の政権を取る。そしてまた敵を排除していく。その繰り返し。自ら問題を起こして大騒ぎし、大問題にして解決したように見せていく。実生活でもファンタジーが染みてるんだ。そりゃフィクションと実態が溶け込んだドラマが旨いはずだな(笑)。そうしているうちに非経済活動者数1758万人で、ただ休んでいる?人や就職をあきらめた人を含めて350万人はただフラフラ遊んでいるだけという事態だそうだ。反日なんてやっている場合ですか?普通ならちょっとでも稼ぐために考えるもんでしょうに、いっちょ前の先進国づらして労働組合は強気に出て「金をもっとくれぃ!」とストばかりやるんですから、ルノーだって撤退しますがな。元々「生産効率を持っと上げて」という約束事が有って進出したら、人件費ばかりが積み上がって文句は言う、仕事内容はパッとしないルノーの中でもコスト的には17番目(19カ所中)に効率の悪い工場に成り下がっていったりしてその原因を自分たちに有ると思わないんだから、「動く奴はバカ」という昔のヤンバンの体質が残っているんじゃないかと勘繰りますね。
そのくせに楽して儲けようとする傾向は強くて、株や各種ファンドでもリスクの高い私募ファンドに投資して、払い戻し中断とかになっているのが1380億円とか。これは分かっている金額で実態は掴めていないし、監督も出来ていないという。家計負債はどうやらGDP比で世界1位になっているし、頼りにする中国だってここ10年で負債が5倍に積み上がっているから面倒を見てくれるかどうか。輸出入に必要な通貨スワップもEUに持ちかけているけど、冷たい反応と言う。そりゃ今メリットもくそも無いウォンが欲しい国なんて無いわな。最後には日本が助けないとやばいのも分かっていて、「日本は助ける義務が有る。」とか訳わからん居丈高で言ってくるんでしょうね。ヤレヤレ・・。

banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

森たたきですり替えて

 またもや始まった同じ流れの乗っかり発散。公益財団法人の会長職だった森喜朗元首相の発言が女性蔑視に当たるという発言問題。まー今は周りが騒ぎ出したら、乗っかるねぇ。確認したいのは「女性の議員?会員?さんたちが参加した会議は時間がかかる。」という趣旨だったと思う。
世間の流れに乗ってと言うか馬乗りに意見を立ち上げるとそれだけで話題性が有るから、マスコミはそっちを取り上げやすい。果たして女性蔑視に値するか、根幹の考えと表現の上では似て非なる場合も有る。人権だのジェンダーだのは今は色付けしやすいからなぁ。実際に時間を要しているのはいつも女性議員さんが本題と違ったところで食いついてくるのが有ったかもしれない。熱心だが革新をついた議論をして欲しいというなら、蔑視と言うんじゃなく個人の能力を取りまとめて森辞任「女性」という言葉にしてしまった「ミス」じゃないかな。森さんは確かにそういうミスも有るし、話題に事欠かないところも有る。実は私も以前注文を頂く会社社長が女性だったところで苦しんだことが有る。単純に材料を落とせば安くなる。作り方を手を抜けば安くなると言う発想で、「そうでもないよ。」といくら説明してもダメだった。たとえばベニヤは薄い物は材料が少ない。けれども3mm以下の厚みのベニヤ製作は技術手間が増えるし、扱いも特殊性が出てくる。木と木を合わせるのも「簡単でいい」と、雑貨はしっかり作らなくてもいいと言う理由を前面に出してくる。プロの加工屋に失礼だし、運搬やら仕上がりの精度などを考えず、それでいて後でクレームになるのも分かっている。「だから安くして。」の一点張り。個人の性格だろうけど小さい物を切る時は危ないとかペーパー掛けは手こずるなどの下手間やリスクやロスが増える“程度”を理解し辛い所が有った。販売と作りて両方分かる私でさえ、あの手この手で説明しても大変だった。ちゃんと分かる女性もいたけど、そういう人もいるということ。
ただ森さんの築いた人脈やら立場を利用するのは対外的に訴えやすいし、都合が良かったんじゃないかな?ミスのフォローは下手だけど(笑)。話題として利用価値が有った(笑)。「時間がかかるから女性議員は入れない。」と言うのは蔑視になるけど、謝って撤回するぐらいで事がスムーズに運ぶなら、わざわざ大騒ぎしなくてもいい問題と思う。愛すべき爺さんがタイミング的には最悪だったっちゅーこと。要はこのポジションに代役の若手がいるのか、はたしてそれで良くなるかが問題。ホレホレちょっと問題なってきてるデ。会長選びで一つイベントが成立だ。コロナ以外でネタが少ないからなぁ。
現時点でオリンピックはスムーズに開催しにくい雰囲気になっている。そこでどうなったのが一番いいのか、あとで評価も出来るのか。国際的なイベントなので、内輪のもめごとだけじゃなく、今後ほかのイベントでも禍根を残す重要な時で、しかもコロナ禍の特殊な事情だ。「将来ある若手には渡しづらい。」というのも心遣いかもしれないが、それはまた別で若手ゆえの発想も出るかもしれない。そこで女性特有のアイデアが出て、それを否定したら“完全な蔑視”かもしれない。そういった根幹の所がしっかりと議論されて“事が進む”なら老弱男女の別は関係ない事でレベルは低いですな。国民とか民衆とかの意見と言われだしたら、感情情緒法のどこかの国と大差ない動きにくい仕組みになってきそうですよ。そういえばいちゃもんの格好のネタなのに静かなのがおかしいね(笑)。弱みに付け込むリンチ刑じゃあるまいし。そりゃ今組織委員会の会長職をやれっていっても、世界中のアスリートとスポンサーを相手にしながら皆が納得する発言をしろと言うのが無理に決まってる。とっても軽くて害の無い発言ばかりをするなんて、誰がなっても似たようなもんでしょ。大山鳴動し鼠一匹となりはしないか?アスリートの落としどころなら橋本五輪大臣の兼務かぁ・・そのへん(元選手)かな。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

理論武装の発揮どころ

 先日のラムザイヤー教授の論文に早速噛みつく記事が出てますなぁ。やっぱりなぁ、あの国ですからそう安々とうろたえる事態などあり得ませんね。まずラムザイヤー教授は親日派で「普通ではない」と腐します。同じハーバード大教授で韓国学研究所所長を務めたカーター・エッカート“韓国歴史学教授”がハーバード大の校内新聞へメールを送って抗議した様です。その内容は主に「日本の植民主義と軍国主義の脈絡を軽視した」ということで、「日帝強占期の政治・経済的脈絡は排除したまま『慰安婦』事件だけに焦点を当てて主張を行った。」という元来の韓国主張の内容が無い事に怒っているようです。しかし、元々の韓国歴史学の観点ではそうかもしれませんが、戦争に至った経緯と“日帝強占期”を日本の無法な“粗暴行為の時期”と決めつけている発想が既に冷静な分析から感情的な発言に偏っている気がします。教授自体が角度の違った意見も参考にして世界視野からの見分も必要と思いますがねぇ。校内誌と学術誌のレベル差を同じ土俵扱いも出来ませんが、それを今の常識に照らして「性差別」の非人道的な面を強調してますなぁ。とにかくハーバードにはハーバード大で対抗すると言う「勝てば正義」という対抗心で次々の手を考えてきますな。しかし、ハーバード大でも客観的な事実に基づいた発表がなされないほど刷り込んでいるんですね。良くある話ですけど。
まずはっきりさせておくべき事実ですが、慰安婦問題は戦時下の特殊な環境だったこと。平和な現在で状況を推し量る常識基準が違う。良くない事だが、日本に限らず各国で行われていたのも事実。日本に特化した論法もおかしいし、すぐ分かる数値的な見分がなされないのも変。性差別と言うが「男」は生の補償無く大部分が死ぬわけです。それとこういう問題が起きるのを想定していた日本軍は、当初から少女を気にかけプロの女性との契約制(報酬・期間、検査等)としていた記録は残っている。通例の期間は2年。さらにリスクが高い仕事となるので通常より高い報酬も約束されていた訳ですね。慰安所と言うのも病気だけじゃなく“特別に管理する所”として各所に設置されていたこと。韓国とは戦争をしていませんし、その当時は韓国が日本の一部だったので、慰安婦の条件は国内皆一緒だったわけです。それも契約数から想定して韓国人がせいぜい6000人に対して、日本人は2万人以上だった記録も韓国の李栄薫教授が調べています。それが韓国寄りの意見からすれば国力の差に圧倒的な無力の韓国が植民地化を許し忍耐した事になっているわけで、「自分たちが被害者」でなければいけませんから、日本=悪の絶対条件が必要になっているわけですね。しかし、10倍近いお金を貰えるとなると娘を売春宿へ売る親も出るし、取り次ぎの悪徳業者が横行するのも当然です。特に罰を作っても韓国人が
あの手この手を使って斡旋した事も分かっているんですが、この辺がしゃくに障るけど「日本軍に連れ去られた。」になってしまっているようですね。その辺に、自分からである事、病気でない証明、家族の了承などを金額他の条件共々契約書に盛り込んでいた事実は分かっていますが、「騙された」とか言われると、証明が難しいのも有ります。ただし、期間を経て契約を自由に解除されたことはたくさん証明が有るわけです。この辺は国際裁判でも判断しづらい所、戦争は「正義」と「悪」が交錯するもの。それでも非合法な東京裁判が有ったし、韓国は戦勝国じゃなく同一日本国。とにかく韓国を日本同等に進化させる事が双方に都合よかったのは事実ですが、それ(併合)に最後まで抵抗していたのが伊藤博文ですよね。韓国が併合を嫌うなら暗殺は完全な勘違いですが、ただの暗殺者の安重根をヒーローにするにしても全く筋違いなわけですな。徴用工にしても、旭日旗にしても後から付け足しで文句を作るのに日本=悪が必需です。戦争、植民地、収奪、性暴力など、今は誰が聞いてもいい訳がない。それを責任と賠償を絡めて、いい所は語らず出来るだけ絞り取るのが正義とするストーリーは何万と言う安ドラマが書けますね。名誉回復ならいろんな方法も有るだろうし、文句を言い続けるのは名誉が回復しますかね?嘘が分けれれば別だけど。
 まぁ自分らの目の前の「得」のためには嘘でも何でも有りですわ。後は
相手の「悪」を100回でも大きく叫び続けて浸透すれば勝ちというわけです。可哀そうなのは戦争の被害者を救済すべく正当に努力する人と、70年経とうが100年経とうがそれを利益に結び付ける「正義」を一緒にされ、上手く利用される人達ですわ。恐るべし「恨」の精神。

banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

ハイテクトイレのイメージ利用

ウォシュレットコロナで海外からの観光客が激減ですが、来日客に異口同音に言われていたのが「ハイテクトイレはすごい!」ですね。“洋式便器”もいつの間には「日本式」になったんですな。日本人は綺麗好きですからなぁ。TOTOがウォシュレットを発売したのが1985年もう36年も経ってるんですが、「お尻だって洗って欲しい。」というCMが出た時、革命的と思ったですもんね。とにかく水が流れる横に水分に弱い基盤を組み込んだ機器を作る勇気がすごかった。こすり拭くより水で洗う方が絶対的に綺麗になるのは当たり前ですからね。当社が前身のボロ小屋店舗で導入したのが34年前なんで、初期の物ですな。ウォシュレット2サイドのレバーを持ち上げたら曲がったステンレスのパイプがデロッと出てきて先端の穴から温水が噴き出る物だったと思います。水洗のレバーと間違える人もいて、顔や服に吹きかかったりしていましたね(笑)。
 ところがその洗浄式トイレは日本でも7割の普及率で、その上使っている人は約半数らしいです。さすがに高齢者は8〜9割が使っているようですが、若者は3〜4割なんですな。その理由が気持ち悪いとか、洗浄ノズルの衛生面が心配とか、使用するのが怖いとか、ほっほーなるほど。それでそれは女性の方が多いようです。女性の中にはイメージでとらえる人も多いようで、他人のお尻にぶっかけた噴出孔で自分のお尻にぶっかけるのが気持ち悪いとかなんでしょうな。怖いなんて何故?笑えるのは台湾でのインタビューで「この発明はすごい。」と絶賛している女の子の横で日本人の女の子が「私使っていない。だって怖いもん。」と言ってました。えーっ何?それ?ノズルの噴出口の進化もすごくて、当初と違ってハイテク化が激しいんですね。ビデ機能に始まって、オゾン脱臭、タンクレスになったかと思ったら、ワンダーウェーブ水流(少ない水でたっぷり感の洗い)、電気分解機能で次亜塩素酸水で洗浄、瞬間暖房便座、バルーンジェット(ポンプを使わない水玉吐水)など、匂い成分まで分解するようになっているんですから、エビデンスもしっかり有るしお風呂後のように綺麗になるpht01_02高機能。ノズルが心配などはまったくイメージだけの問題で、水流は45度で噴射するから元々ノズル部へは落ちない訳です。大体水道だって他人が使った後平気で使ってるじゃないですか。水道水は体には影響無いですが菌はうようよいるんですし、次亜塩素酸水はコロナで少し皆さんも知ったように50ppmで99%のウイルスも除菌できますからねぇ。トイレットペーパーでこすり上げたお尻なんてまだまだ大腸菌の巣屈ですぜ(笑)。手で触ってごらんなさい、ちょっと匂いは残ってる。まぁそこまで言わなくても水道水もppmの小さな次亜塩素酸水で殺菌されてるし、水は物を溶かす性質が有りますから、そういった理屈を後で知った海外の人たちは「すごい機能だ」とハイテクトイレを絶賛するんでしょ。実は日本人が一番知識不足になったてたりしてね。綺麗好きの日本人はイメージの判断が優勢で、ちゃんとした理解を飛ばしていることが良くあります。時間をかけてちゃんとした専門家が「実は・・」とか刷り込んでいって、それが徐々に浸透すれば変わっていく。同じように発明の本家本元が使いこなせていなくて海外で一気に広がるという事もいっぱい有るんじゃないですかねぇ。それでも繊細な国民で身も心も「綺麗」のイメージが好きなようです。今までに無かった物が浸透すると言うのは理屈だけでは広がらんもんですね。
 私も疑い深い方ですが納得したら対応できる柔らかさも有ります。綺麗好きと思っている行動でも実はそうでもない非合理な方法を取ってる事も日常でよく有るじゃないですか。まぁ大した事じゃありませんし必要に応じて変わるでしょ。トイレは毎日毎度ですし重宝してますから、使えない人が可哀そうに見えます。「爺になったからでしょ。」ガラガラと阿呆ほどトイレットペーパーを使いまくるかみさんが理屈になってない反撃してますわ。早く慣れればええのに、あぁ可哀そう。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

理論武装の発揮どころ

慰安婦像世界での評価が少し怪しくなってきた韓国の話題で決定的なニュースが出ました
米ハーバード大のラムザイヤー教授が理論的実証的に示した学術論文で、「慰安婦=性奴隷」説に異を唱えるもの。時給や契約書などかなりな理論的実証的に示した学術論文でこれを覆すには相当の証拠で証明しないと駄目でしょう。韓国の反論は「しかし、河野談話で公式に発表された内容と違う。」という事だけだったようです。ここで自然に流すのが日本の悪い癖、わざとでも世界にアピールしとけばいいんです。鐘や太鼓をたたくようにじゃ無くてクソ面白くない談話でもいいから重ねれば日本の真面目さが強調される。チクリとジョークでも入れれば一層際立つ(笑)。
元々は韓国に忖度して踏ん切りを付けたかった発表で“政府の方針”だそうですね。宮沢内閣以降の政府がそれを踏襲しているだけで、内容を変えたかったら総理大臣クラスが「政府の意思」として再発表すればいいだけのこと。1993年8月4日付けの内閣官房内閣外政審議室の発表では「軍や官憲による強制連行を証明する資料は無かった。」2007年の安倍晋三首相も「調査した資料の中では強制連行を示す書類は無かった。」と答えていますね。オーラルヒストリーアジア女性基金の中で当時の石原官房副長官も「そんな資料は無かった。」とはっきり答えている。隣人だし仲よくすれば・・と譲歩した外交手段だった可能性が高いのですが、元々が詐欺や嘘が世界一横行する国に対して真面目に取り組み日本がカモにされているだけの事。「これが駄目だったら次の手を考える。」というのがあの国の基本姿勢です。世界は他の些細な事の姿勢でも日本と韓国の差を感じているので、もっと分かり易い線引きをしておかないと駄目ですね。韓国内でも一部はまともな方が出てきているんですが、政府がアレですから反日で稼ぐ勢力の勢いはすざましい、歪んでも常識です。
RAMUZAIYA- ラムザイヤー教授が公式に発表する学術雑誌や助成団体は、査読という審査が有るらしいじゃないですか、いわゆる予備審査ですな。つまり単なる個人教授のたわごとじゃなく、それを認知した専門家の集合が有るという事で、専門知識を要する既存の知見と整合性を持つという事ですよ。
 これを機に日本としても「韓国の言い分に異議有り。」という姿勢を示しておけばいいと思う。韓国はそれによってすべての反日理論にある種の制約を受けることになり、韓国内での疑問者の応答にもそれなりの労力と理屈が必要になるという事。そういうのを備蓄しながら既成事実化していけばいいし、その都度「だからこれは言ってはダメ。」と言いながら他国へも同意を促す。それでも次を探して言ってきますから、その内ドツボにはまるでしょ。ボタンのかけ違いじゃなく、確信犯的な“嘘理屈”ですから、様々な面で日本へのいちゃもんが付けにくくなるんですよ。追い込みじゃなくてもそれでかなり外交が違ってくるはず。お互いの認め方でも変わったら可能性も広がると言うもんです。韓国の考え方はなかなか変わらないしそういう勢力も残るでしょうが、ひとえに外交とはそういう駆け引きの延長ですからねぇ。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

ミャンマーからの冷風

BB1diiWc軍事政権 ミャンマーでクーデターが起きたようだ。世界は民主化の後退と一斉にチェックが入った。軍部がアウン・サン・スー・チー国家顧問を拘束し、前政権の閣僚たちが実権を握る構図だ。アメリカは直ちに経済制裁の様子をうかがわせているが、輸出入の制約を受けるとなると日本企業が各種進出して今後の発展を期待していた所だから痛い。
 それより気になるのは近藤大介氏がレポートしていた内容だ。
今から9年前の事だ。つまり民主化の女神と思われていたスー・チー女史だけど、その後の行動などで疑問になる所が噴出している。当初は「政治の透明性」をうたっていたのにどうもはっきりしない。ミャンマーの国名も嫌っていたのに、あっさりと使い、
イスラム系少数民族のロヒンギャを虐待し、70万人もの難民が隣国のバングラディシュに逃げる事態が起こった。これは理屈付けが出来ない。当然世界は厳しい目を向けた。英オックスフォード市は名誉市民権を剥奪し、アムネスティは「心の大使賞」を取り消し、パリ議会はパリ名誉市民称号を取り消した。ノーベル平和賞の取り消し運動が起きているのも分かる。
konndou 近藤氏のレポートで一番気になるのは習近平との接近だ。やっていることが中国と変わらなくなっている。在日のミャンマー人が外から見て、家族との連絡でも「権力を握ったら軍事政権と変わらなくなった。」と言っているし、法律改正で永久権力を握ろうとする匂いも有ったとか。そうなると今度のクーデターは暴走の歯止めの効果も考えられるし、そのやり方として決していい民主化への流れとも言えない。恐るべきは中国の周到な抱え込みだ。
日本の内部だってかなりそういう賛同者が出ているのも以前のブログで書いた事実。なんだか“自由”の言葉が怪しくなってきたな。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

驚きの中国高速列車

中国新幹線-1EVカーで時代をリードなんて怪しんでいた中国ですが、進歩は本当にすざましいようです。
世界で競争を繰り広げる新幹線ですが、中国の高速列車も見た目はなかなかのもんです。
金が集まって来る勢いというのは改めてすごい事なんだと思いますねぇ。中国新幹線-2中国新幹線-3
やたらデカくて国際空港か?と思うような駅舎。
日本の新幹線を真似たような内装の車両。日本のグランクラスをもしのぐかと思うビジネスクラス席。距離もすでに日本の10倍ぐらいは伸びているんだとか。
ただ運営はまた別。
チケット購入とか、手荷物検査とかは飛行機並みに厳しいけど、リラックスは出来そうだな。
食事とかのサービスもおそらく充実させているんだろうけど、飲食は内容にこだわろうとも味は真似できない。差が有るはず。
ただ値段はべらぼうに安い、距離との関係が分からないが、ビジネスCでも〜4000円ぐらいで乗れるんだな。基礎技術には日本と歴史が違うので、時間が経ったら性能差が出ると思う。
加工の機械だって、素材だって日本製じゃないとそれなりの製品が作れないと思う。だからって安心できる話じゃなく、中国もこんなに進化しているという事。細かな内容も同じレベルじゃなく、少しづつ進化し続けるんだ。
そうなると最後は人の心得。
職人肌のDNAが有ったのは確かだけど、日本人の器用さはどんどん劣化しているし、他国はどんどん追いついてきている。その証拠に日本のソフトが凌駕されているものがどんどん出てきた。話題アニメの内容だって、ただ人気を追うような事ではいずれ取って代わるべき作品が他国から続出してくるだろうねぇ。
とにかく、素晴らしい物を作っていくにはコツコツと積み重ねる努力が必需で、その情熱を持てる人種が日本人だったんだが、今後もそれなりに出てくるだろうか。DNAと環境と、社会の流れが「新たな獲得形質」に大いに影響すると期待しよう。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

認知対策先読み人生観

 私は脳梗塞を4年ちょっと前にやってしまい、それからおしゃべりがちょっと苦手になっちまった。アドリブで受けのいいトークをするのには自信が有ったんですが、もう政治家にも教育者にも詐欺師や漫談家にもなれませんな。もの忘れがひどいのもその影響か認知症かと思うけれど「それはただの老化でしょ。」と子供らに皮肉られますね。認知症、誰もが直面する老化の横に並んだ大問題。「最近は名前が出てこない。」など、同年代では挨拶代わりですよ。65歳以上だと3人に一人が認知症予備軍だと言いますからもう普通ですな(笑)。ただその程度は違うし、脳か身体かどちらが先に壊れるか、シラ〜っとバランスよくボケれるか。100歳時代が来るならば、身体reha10_3はロボット化も進むか分かりませんが、アルツハイマー型はやばいですぞ。発症したら脳が腐っていくようなもんで平均10年でこの世ともお別れ、生存が危うくなる。早めに気が付けば対処法も有りますが、25年前から進んでいる病気とも言いますし、見つけたらもう手遅れの場合が多いです。せめて抵抗するなら早く見つける。同じ言葉を繰り返したり、物を盗まれたと知人や家族を疑ったり、約束を忘れて間違いを指摘されても謝らないで作り話をするのはやばいですな。え?韓国の政府なんかはBINGO?(笑)。そりゃ確信犯で何か狙ってますからな。最近はキムチも殆どを中国産にしてるんで、アミロイドβが大分溜まってるかもしれんですですが(笑)。有害物質の食べ物も、ストレスも脳破壊が進みますからなぁ。
 まぁ不気味な事はさておいて防御法ですな。
アミロイドβを生み出すのは大きく分けて3つ、栄養不足、酸化、炎症です。これを止めるといいんですが、やっかいですぞ。まず栄養不足は食い物選び、なにしろ糖が痛い。ごはんだって糖質です。菓子嫌いの私も糖がちょっと高め、ご飯の食い過ぎですな。元来チョコやお菓子はいらんのです。しっかり噛んで唾液でアミラーゼに変える事で十分。それといきなり運動したり風呂へ入ったりして消化が悪いと栄養不足になります。酒のガバ飲みは脳細胞自体を破壊しますし、血流を良くして不良物質を運んでもよろしくありません。近年言われるのが“小麦が良くない”事。これは以前のブログでも書きましたが、普通でも腸漏れ(リーキーガット)を起こすそうです。パンや麺類は今や米食を抜いて主食でしょ。チョコやケーキなどもっての外で、菓子パン、白米、うどんに食パンなど血糖値の上がり易い物は控えるのが得策?無理でしょうな。明治や江崎グリコは認知症対策では敵という事ですか。麺類やスパゲッティまで駄目となると食う物が無いじゃないですか。そうなると、消化しやすいように腹7〜8部に留める事、良質タンパクと野菜をしっかり摂ってこつこつ運動するっちゅう事ですね。後は悪だくみでも考えて頭を使えって事ですか(笑)。葉物野菜に根菜類、蕎麦、玄米など腸の環境を整えて適度な食事。発酵食品は絶好の食品ですか。なんだかなぁ江戸時代の日本人食みたいだねぇ。今全国で520万人の認知症患者がいて、”隠れ認知症”患者も300万。おそらくですがその予備軍(私を含めて)は100万いると思うので、4〜5年先は1800万ぐらいとか言われてます。いい物悪い物などエビデンスも積み上がっていますから、認知症を防ぐ物質も分かってきています。イチョウ葉エキスとかフェルラ酸、フラボノイドとかB群ビタミンやDHAなど、サプリメントの効果も気になるでしょう。キノコ類の研究も進んでいます。
しかし、重要なのはかみさんたちに気持ちよく過ごしてもらう事かも知れません。食べるにしても料理長が主導権を握ってますな。はて?近年男料理が話題になっているのも深読みですか?何をするにしてもストレスは脳の酸化をドッと進めますからね。先進国はもれなく高齢化に進みますから食事と運動はもちろん、最大の敵はストレスですから、コロナ禍の過ごし方は生活の見直しにいいですぞ。笑いなどの効果も分析し行かないといけませんな。それでも発症したら、介護を任せてやっぱり笑って過ごしましょうか(笑)。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

スーパー乞食

hanngaku最近トンとお目にかかれなくなった半額シール。裏では消費者と経営側とのし烈なせめぎ合いが有ったんですねぇ。時間帯によって変化する割引額、狙い撃ち客で夕方ごった返すことも有りますな。しかし、先に籠へ入れておいてシール張りにタイミングを合わせ重ね張を要求する。これも値引き目当てに対抗するために2割以上のカットを止めるとか、数を減らせて売り切るとか、色々と戦いが有るようですが、働き手からするとむかつくでしょうなぁ。堂々と「張れよ、早く。」なんて当たり前のように言われたら「スーパーの乞食」と言いたくなるのも分かりますね。せめて「すいませんが、お願いできますか?」ぐらい言われれば「しゃーない、許したろうか。」と思いますが、それどころか張られた半額シールをはがして、購入する商品に張り付けてレジする。これは明らかに人を欺いて代金の半額を免れているので詐欺ですな。でもこれが店員のいるレジとセルフレジ(児島では知らないが)で通過するのとでは罪が違うんだとか。財産上不法の利益を得ようとして故意に騙す張替えはいっしょですが、レジが電子式だと機械は処理しただけで騙したわけではないんだとか。
デジタル化の新しい時代では新しい罪も登場するわけですが、こういうのはアナログで万引きの新手のようなもんでしょうね。以前買い物かごへ入れたシール付き商品のシールがはがれ、他のものにくっ付いていたことが有ります。故意では有りませんが、シールが有り得ない商品だったらしく、「ちょっと待ってください」と言われて「??」となったんですが、同じ籠へ値引きの無地商品が入っていたので事なき得ました。なんにしてもシールは早く売りたい商品に付けるもので、傷が付いたり味や見た目が変わったりを了承して買うもの。コンビニのセブンでは「捨てた方がまし」とやってなかった事ですね。それでも店からすると「捨てるのは・・。」と忍びないでしょう。でも命令調に言われるとムカッとしますな。値引きを目指すより、欲しい物を見て2割でも4割でも値引き有ればラッキーぐらいがいいでしょうね。増してや元々高くない商品だったら得とも言えない。以前、安いので3食分の弁当を買ったら、誰も見向きもせず全部自分で処理しましたが、パサパサになってました。まぁ(消化して)出る時も栄養も変わらんとは思いますが。スーパー乞食とは言い得て妙ですな。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

作品から読取る現実感

焼き場に立つ 長崎被爆地の写真で、米国の従軍カメラマン故ジョー・オダネルの著名な「焼き場に立つ少年」という写真が有る。
どこかで目にした人も多かろう。もちろん原爆投下は間違いだったと言うアピール写真の中の1枚だ。オダネル氏が写真を出したのは1989年。原爆正当化論が根強い米国ではタブー視される反核を決心し、批判に耐え、2007年、8月9日に85歳で亡くなるまで各地で写真展を開いた。「核戦争を繰り返さないことにつながるなら」と秘めていた写真で戦争反対を訴えた。「炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいる」「少年があまりきつくかみ締めているため、血は流れることもなくただ少年の下唇に赤くにじんでいました」という、静かに語るトーンが重さを増している。破壊した日本は真面目で必死に生きていた事実の描写だ。アートというには失礼なほど、技術にしても状況でもそれ自体が事実だからその時代の精一杯奥深い意味が込められている。反応は世界で出ているからそれぞれの感じ方に任そう。
 今流行りの「鬼滅の刃」。写真と違ったアニメ文化の作品。以前にブログでも書いたけど、何かしら“おどろおどろしい鬼”とか日本人が感じやすかった“闇”の匂いがしないんですな。正義の主人公にしても、すごい能力の持ち主はサラッと能力を保持してファッショナブル、裏で苦労した部分などを匂わせない。痛みの部分が欠落しているような不自然さと、わざとチャラかすギャグでより軽く見せている。そう・・多分リアリティは不要になっているんだな。それがいかにも現実感が無いアニメ世界を演出しているんでしょうね。それが今の風潮。受け入れやすく、心地よさが有る。
 だけど、ちょっと気になる事なんですが、たとえば広島原爆記念館に有った焼けただれた兵士の蝋人形。気持ち悪いから撤去してという声で無くなっている。“はだしのゲン”は学校の図書から消えているんだ。あまりに見るに堪えない(と今どきの感性)ものは隠してしまえと言う流れは、本来の伝えるべき姿を変えてしまわないだろうか。どこかしら夢を見たくて、重たい事実を隠そうという事?アシュラ平和で育った今の若者には歪んで伝わるというのだろうか。たとえば問題作を書いていたジョージ秋山の「アシュラ」は天保、天明の飢饉で人食いが有った、実際の追い詰められた世界で究極の選択をして生き延びた先祖がいて、それをどう思うかを問うている。同様の痛ましい事実に対して「生きる事」の意義と人間の性をぶち上げているんだ。暗黒の時代の痛ましさは漫画絵で想像するしかない。フィクションと言う意味では手塚治虫の「どろろ」より“人の業”が漂う。霊とか妖怪にごまかさず、「生」を生で感じろと言うメッセージが強い。だが、アニメ化という意味ではいいディテールだし、楽しめるのは手塚作品だ。いいタイミングだが、2012年にアニメ化された「アシュラ」が有る。sabaibaru原作の絵に匂うおどろおどろしいような緊迫感はかなり綺麗に描かれて、ジョージ秋山が訴えたい事はオブラードに包まれた生命感とはなっているけど、現代的なアレンジではぎりぎりの表現なのかな。むしろそういった裏意味を楽しむのにいい。
ちばてつやが“あしたのジョー”で「目の感情を読み取る」ようこだわって描いたのをリメイクで苦心したようなもんだな。
精神的に弱くなったと言われる現代で、脳裏に響く「命」は肉体ではないのかもしれない。バーチャル世界でも精神で感じていれば体現の一つになるかも知れないし、自殺を考えた人との違いを問いたい。その時代を「生き抜く」と言うのは体裁とかルールに縛られるものではない。その中で今の若者が感じることが時代なんだろうな。さいとうたかおの代表作でも有る「サバイバル」は非現実と片付けられないバーチャル感が有る。文明が崩壊した後で生き抜く力は何であるかを、過去の事実をフィクションで描いた「アシュラ」より身近に感じられる漫画かもしれない。アニメ化されないのは、現実に被さる影響で、平和な家庭から湧き出る精神的苦痛のクレームが想定されるからだろうか。バーチャルな苦痛こそ、不足する経験値をカバーする手段じゃないのかな。

諭吉が解明した国ゲノム

 態度の急変も恥と思わないのは、目先の戦略的な考えでドライに「得」なことを分析してそれにまい進する国だということ。福沢諭吉さんは偉いですな、いい教訓を「脱亜論」で残してくれました。もちろんこれはお隣K国の問題政府の事ですが、深層心理でそういう癖をお持ちになった国民性だという事でしょうね。私も30数年前に釣り具のパーツを作るためにかの国へ渡り、下町の工場とやり取りしていたことが有ります。個別に考えれば真面目と言う人がいますが、困った時にはどこの国でも周りと相談しながら決めるので“一般的常識ライン”が違うと少しづつK国常識に変化していくもんです。「まぁこれは仕方ないだろう。」という感じですね。段々自分の都合を入れ込んでいく際にずれが激しくなっていくんでしょうか、これは全く想像なんですが「だました分が儲け」と考えるとつじつまが合う事が良くあります。
 それが適応したわけでもないでしょうが、田辺三菱製薬が2016年に韓国の韓国コーロン生命科学と締結した医薬品「インボッサ」を、25億円でライセンス契約をしたのですが、当初の成分と違った材料で作られていたということで裁判となっていたようです。当然医薬品の承認取り消しですわ。そうなると、田辺三菱とすりゃぁ「なにさらしとんじゃい。25億円だけじゃ済まんぞ!」となりますがな。あれやこれやで言い逃れしてきて、裁判に裁判を繰り返した挙句フランスに本部を置く結局国際商業会議所(ICC)から、40億6400万円の支払い命令が下ったそうです。25億と6%利子、損害賠償1億3,376万円とこれに対する利息5%、裁判費用の約8億1,900万円の合計で、はたしてこの額をまともに払えるのか?という事になっています。それと言うのも、自己都合優先で目先を考えるので、「もし負けた時は」というのを考えていないんじゃないかという事です。契約から1年後に発覚して、2年間揉めまくり逃げられない第3者機関での決定にどういちゃもんを付けてくるのか。まぁまともに「すんませんでした。」と支払う事などあり得ないと考える方が普通なんですな。JOLEDという会社が有ります。この会社は、日本を代表するディスプレイ企業で、2015年1月 日本政府の主導で官民ファンドである産業革新機構(INCJ)とジャパンディスプレイ(JDI)、ソニー、パナソニックなどが統合して設立したOLED専門企業です。もちろん一流企業なので世界に登録される特許を4000余り保有していて、サムスン関連企業がその特許を侵害したという事で2018年から揉めているそうです。場所は米国テキサス州西部地区の連邦裁判所で、サムスン相手に「特許侵害裁判」を持ちかけたので、仕返しとばかりに「裁判返し」を逆仕掛けてきている訳です。ちょっと力を抜いたが最後、そこをついてくるのが得意の国ですから、まだ数年もめますな。“ごね得”の考えは子供の時からその発想をたたき込まれていて、何でもオチを付ける癖を持った大阪人のように、しみ込んでいると言えます。その考えで行くと徴用工や従軍慰安婦問題も対処法が見えてくるというもんでしょう。嘘とかごまかしとかという概念は無く、ドライに戦略的対処法として手段を模索するするわけですから、反日なんて言うのも「右か左かどっちが得?」というだけで、悪びれるなんて常識が有るわけ有りません。ただその独自な処世術も第3者の“自由主義世界基準”では通らないのが普通で、「どうやってごまかそう。」という戦いで寸詰まり手前まで来ているという事でしょうな。2015年の日韓慰安婦合意など、まともに守ろうなんて発想など“その時だけ”でしか無いので、気を緩めたら不条理な屁理屈が出てくるのが普通なんですな。改めて特殊な国ですよ。あの国の空気と水の中で暮らすと、そういう洗練された(笑)常識がウイルスのように蓄積されていくんでしょう。大声でわめいた方が勝ち、どついても謝った方が負けで、先に手をついても奪って言いくるめた方が勝ちです。さーてこれに効くワクチン有りますか?あの国の外で騒いでみると少なくとも価値観は(歴史観か?)違うでしょうね。あの国の文化に巣くったゲノムがいつ誰にどう変異して現れるか、大統領だって例外じゃありませんし、改めてその強力さに感心するばかりです。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

笑い由来の健康ギャップ

 今や芸能界入りの身近な登竜門となっているM-1とか言う「お笑いコンクール」(なんでしょ?)。私は一度も見ていないし、見る気もせんから分からないんだけど、本当に面白いんかね?
 笑いたいと思っていても笑えないネタが多くて、「こんなので喜べる今の連中の笑いポイントが分からコントレオナルドん。」と言っても、「それはあんたが歳をとったから、喜怒哀楽が欠落してくるんよ。」とたしなめられ、笑えないあんたが悪い、合わそうと努力することが大切と言われる。
 百歩譲ってそうだとしよう。
YouTubeで昔の映像も見えるから、今は亡きお笑い芸人の技を見てみると、やはり内容もひねりも有って面白い。そりゃ全部じゃないかもしれないけど、テンポとか皮肉などもキレが有る。題材の選択もツボどころに社会性を感じたりする。「もっと見てみたいな。」という要求が出てくる。yasukiyo
でも、そこらへんがもう今の時代に合っていないんだろうね。面白いのピントがずれてきているんだろう。そうなると、場を変えて仕事の発想もズレていて不思議はない。そりゃ受けないはずだわ。もし私らの感性がずれているのならね。ただねぇ、ちょっと納得がいかないのは、以前ですら国境を越えて留学した奴らが、現地での楽しさを味わえない、「あんなことでは笑えない。」とぼやいていたことも思い出すんだ。社会性の変化は世代とは別もんじゃないのか。
 笑いと言うのは現況での満ち足りた生活で感じる事と、悩ましく思っている問題やその関連にリンクして日常では叫べない事をズバッと笑いに変えてくれるとか、発散の仕方とらえ方で違うとすれば、多大に経験値によっても変わってくる事も有るでしょ。それは目先の商店やら政治の話やら、お金の稼ぎ方とか犯罪の種類もかかわって来るし、それぞれの立場で違う感じ方が有る。それでも見事にその違いも網羅してスカッと笑いに変えるとかね。
まぁ、屁理屈をこねて笑うもんでもないし、素直に面白い事に反応して腹の底から声を出して笑うとストレス解消にもなるし健康につながる。今は声も出せないコロナの時代、笑いの質は静かに自分だけでくすっと含み笑いが求められるのかもしれないですな。世代によって健康への導きが色々ありますわ。せめて見た目の顔ぐらいニコッとしましょうか。それが難しいンだけど(笑)。 
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

中止想定オリンピック

cpd2101180647001-p1 東京オリンピックの開催が世界でも疑問視されだした。当たり前だわなー、「ウイルスはまだ居るかも知れんけど、スポーツやって元気になろう。」なんて騒いだら、即刻退陣でしょ。「はっきりしないがワクチンも出来たし、選手も閉じ込めるから不要不急の外出は控えて、テレビで観戦してねー。」「大声で騒いだらいけんよー。」「お酒も控えてね¥。」・・なんてやってられるかい(笑)。選手村では通常の3倍くらいのコンドーム需要が有ったりして、「人類皆兄弟、クラスター大会。」なんて収集付きませんがな。世界的な大問題だから、第3次ソフト&ハードデジタル世界戦なんて、開催の是非は国連に委ねて責任転嫁しよう言う声まで出だした。コロナが広がってパンデミックが収まりつかなくなったら「わしらのせいじゃないで、国連が悪いんじゃ。」なんて、死人が世界的に増えて経済がボロボロになっても、「人口増加が調整出来て、年寄りや病気がちの一掃が進んだわ。」なんぞ言ったら、落としどころが有りません。歴史の教科書にだってどう書けばいいか、たとえ中国でも総すかん食らいますゾ。4大文明の発祥の地は、一気に発症滅亡の地になるかも知れない。心理的には9.11同時多発テロの時にカーニバルをやろうと言う方がましです。
仮に“オリンピックらしい”ものの代替え案が有るとしたらどういった感じになるか。リモートとデジタル活用で非接触のスポーツを考えながら、健康と経済を進めるのを勝負する大会とかね。そりゃE-sportの大会でやる意味まったく無いね。ウイルス開発の競争だってみんなが手を上げて「出来た出来た。」と欲の突っ張り合いで、「インチキの分析ばらし合い」大会だなぁ。どこに到達するか、わからんけど、どこかの国が「抗議!」とかで座り込みなんかやったって、感情情緒法に訴えようにもピッピとデジタル判定ですよ。そうしたら、今度は「機械やソフトのバグだ。」「エラーだ。」とかごね方も変わってくるんだろうね。オリンピックよりもどういった社会になるのかを予想して、落としどころを探るのが難しいね。どこの国がパンデミックを押さえる仕組みを作れるか、そういう競争の真っただ中なんでしょう。回復指数が仮に有るなら、とってもひどい状況から一気に改善させるためしばらく野放しにしておいて、それから回復作業に入ったら目立つとかね。主導権争いと勢力図塗り替えのオリンピックをやってるわけですな。そうなると、自由主義は一般人がどう動くのかをAIを使って分析しても、社会共産圏が勝ちそうではありますが。
 

banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

大雪立ち往生から見る問題

3d8b7aa5ae6a7a1b4a783d3ba8a6e84b1-600x374 寒さも本格的、晴れの国岡山でも雪が舞う時に12月に関越道で1000台が立ち往生し、52時間もの間多くの人が高速道路上の車内に閉じ込められた。そう言った天災時にトイレ、食事、ガソリンなどの対処に問題が有ることが改めて分かった。世界的に環境の問題にくっつけてEV化が進んでいるが、この寒空に電気が無ければ暖房に窮して即命に直結するわけです。昔ならその辺から薪をかき集めてくればいいんだけど、そうもいかない。EVカーが普及した場合、ガソリンで発電できるPHEVや水素で発電するFCVのように、自らで電力を作れないので緊急時はジリ貧になbef77d0b2987ac9c04b797fb1688e188-600x384ります。暖房用に電気を使えばそ航続距離の減退が激しくなる。幸い関越自動車道にEVカーは無かったらしい。電気自動車の暖房を稼働させようとすれば、1kWh程度の電力使うことになります。10時間で10kWh。現在最も大きな容量の電池を搭載している日産『リーフe+』は62kWhなので、フル充電状況なら60時間近く持つ。リーフ級のガソリン車だとアイドリングで1時間800ccくらい。10時間でも8リッターも使わないかもしれない。細かい時間差は別としても、1〜2日は持つし、補給はどの車もガソリンを補給すれば同じ性能が続くわけです。これが電池容量が少ない電気自動車だと、なかなか厳しくなってきます。実際の容量で実用できるのは約9割、急速充電した直後でも80%以下だと仮定すると70%しか使えない。ホンダ『ホンダe』や、間もなく発売されるマツダ『MX-30 EV』は電池容量35.5kWhしかない。そうすると使えるのは約25kwh。つまり立ち往生すると25時間しか持ちませんし、その後充電機の所へ移動する電力も必要となると1日は無理となります。対処法として電気毛布furusuto-buや敷き毛布と掛け毛布を使ったら30〜60Wです。家庭用の100Vですから1000Wと考えると10時間使っても3〜6kWh。24時間でも7.2〜14.4kwhで何とか持ちますが、待機電力などでどのくらい消費するのかは実際やってみないと分かりませんね。もちろんメリットとすれば、雪に埋もれても排気口をふさいで一酸化炭素中毒にはなりませんし、雪に埋もれた方が保温が聞くかもしれません。でも場所の知らせも出来ず助けられないとそのまま深い眠りになんて冗談じゃありません。これからは自然現象でも読みにくくなりますから、電気自動車での立ち往生した時の能力は必需の課題だと言えるでしょうね。我が家でもその理由から温風だけじゃなく「旧式の灯油ストーブ」を1台は取っておくことにしています。雪国の電化は家屋はもちろん、車の使い方も最先端の進化が進むんじゃないかな。こういった研究が直接需要に結びついていくのも間違いありません。なんにしても寒いのは苦手、当座は「晴れの国」の住人で助かりますな。

正月鷲羽集合ドライビングTOY

2021鷲羽1壮観だった。正月の2日は決して天気がいい訳じゃないが、国立公園の鷲羽山駐車場はマニアックな車の展示会となっていた。
人が密というわけじゃない。コロナじゃなく、クルマの問題だ。

2021鷲羽92021鷲羽72021鷲羽6一体ここの車にはどのくらいのお金がかかっているんだろう。消費財じゃないし投資?でもなかろう。純粋に趣味だ。

どれも個性的で、装備や塗装に独創的な施しが有る。一見危なそうな「イタ車(イラスト入り)」も多いが、乗っている奴は見てくれと違ってどちらかと言えばシャイな感じ。

何をしにやってきているのか、ただ駐車して自慢げに(と見えるが)たたずむだけだ。

気に入った人と静かにだべって、にこにこしている。上着を突き抜ける寒風と全く合わない光景が広がる。

カメラ片手に写真を撮りまくっているあんちゃん。カメラは持っているが「いったいどれをどう撮ればいいんだ?」と、ぼーぜんと立ちすくんでいる奴。その独特な雰囲気に、一般客や家族連れが興味津々で見て回る。

何なんだこれは。

神戸ナンバーのバイク連れ、聞いてみれば「ブルーラインにすごいバイクの集まりが有ったけど足を延ばしてみた。」と家族全員でやって来ていた。
「来て良かった。さて帰ろう。」などと言っていたが、寒そう。けれど家族でバイク旅もまた趣が有りそうだ。


見てくれはいいが、車高1cm程度で「どうやって走るんだ?」というような車や「タイヤが回るのか?」と言ったのも有る。
飾りが手作りとか、いくら時間をかけたのか分からない。どんな生活なんだろうと興味もわく。
これは見事な大人のおもちゃショーなんだな。
ゲームに飽き足らず、ただ走ればいいという道具じゃなく、自分だけの乗って走れるおもちゃを手に入れ、お互いの情報交換で遊んでいるんだ。

その領域は外見に飽き足らず、内部のシートやメーターだけでなく、エンジンルームのメッキや細部の塗装、こだわりカラーリングと特殊ライト。もちろんノーマルに旧車をピカピカに仕上げているのも有った。2021鷲羽10
もしサーチライトに照らされて、ビッグサイトの回転台座に乗っていたら、特別仕様車の展示会だ。

これが毎週行われているわけじゃないけど、無料のショーが行われている。
おかしいのは色々と見て欲しいのに、聞いて欲しいのに格好つけて止めて居るだけだ。一言言葉をかけてみたら、うれしそうに答えてくれる。2021鷲羽2

しかしまぁ・・趣味にコスパや合理性など意味はないが・・・こういうストレス発散の方法も有るんだな。
何処へ行くことも出来ない正月に、なんだかお得なイベントに出くわした気がした。


banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

2021の初日

20212021初日は風の強い波乱の日の出。だが、見事に雲が切れた美しい瀬戸内の夜明けだ。

何だか面白くなりそうな予感。

手を合わせるより、グッと力を込めたい。

banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

BB1c5WMkオリンピックがままならぬ、各種イベント殺しのコロナパンデミックの時に、横浜山下ふ頭にとんでもない物が完成した。実物大の動くガンダムだ。ガンダム生誕40周年というが、放映を開始した1979年より我々は少し古い世代なので思い入れは強くない。それでも「本気でつくるんかい?」という夢の詰まった技術者の熱い意気込みが感じられる。お台場にかなり目立つガンダムのオブジェが有るのは知っているし、海外にもそれを賞賛するマニア向けのコメントが並んでいる。それだけ世界の男心をくすぶるインパクトの有る物GUNDAMなんだな。全高18m、25トン。ビルなら6階建てに相当する。何にもならないただ「動くだけのガンダム」作りのため、日本の様々な分野のトップ技術が投入され、2014年の企画から練りに練って昨年度から制作を開始されたものだ。テクニカルディレクターの石井啓範氏は20年務めた会社をこれのために辞め、夢にかけた愛すべき変わり者で、ロボット・機械システム設計の専門家である。デザイン担当の川原氏はお台場のガンダムなど1/1を何体も手掛けてきた人だ。動かすために軽量化、強度、イメージなど細部の練り直しを繰り返している。ソフト担当の吉崎氏も小さなロボットをリアルに動かす第一人者だ。全体会議に集まGUNDAM.staffる専門家は50人を超え、それぞれが部門ごとに最高の技術を突っ込む。協力会社も一流で、指一本一本が独立して動くガンダムの手の部分は、アミューズメント施設の恐竜型ロボットなどを手がけてきたココロが担当。動力のサーボモーターは位置をマイクロレベルで制御できる技術。巨体を動かすには精密さに加えパワーも必要な「減速機」が必需。世界シェア60%を誇るナブテスコが参加し、担当の中村氏は通常は1/200程度に落としてパワーアップするが、今回は1/1000だという。物凄い精密さが要求され、他国では真似できない技術を「すごかろうが。」と自慢げに笑う。ガンダムの動作における安全評価やそれを実現するための機器選定、電気配線は、同領域のプロフェッショナルがそろう三笠製作所が担当、腕を動かすだけの配線の数で600本。1本でも間違えばまともに動かないその意味のある線を、素人には「どうやってつなぐんだ?」とあきれ返る能力なのだ。これは何でもないどころか、日本の技術力の高さを世界に見せしめる集合の展示会なのだ。関わった技術者の数なんて想像もできない。「ガンダムを動かす」だけで何年もかかってチャレンジするのが日本人。後ろ盾はおそらくバンダイナムコ。もちろん国際港湾“YOKOHAMA”の協力も大きいはず。大人層向けの“ガンプラ”は爆発的な人気を持っていたが、今ではアジア圏だけでなく世界に広まっているらしい。聖地の日本でこういった戦略的な投資には、イメージキャラクターとしての絶対的な地位を築こうとする意図も見える。「コロナ禍でも夢を失わないで欲しい。」新型コロナウイルス感染拡大の影響で建設中断を余儀なくされたが、今月19日一般公開にこぎつけた。公開期間は2022年3月末まで。入場は事前予約制で、2020年12月来場分のチケットはすでに完売。おそらく世界中のマニアのうるさい声が鳴り響くに違いない「日本にしかできない」と。北米ウォルマートでも「ガンプラ」の販売が好調と聞く。夢を失うな・・はどうやらバンナイナムコHDが自ら叫ぶ声かもしれない。 50日で400万人を集めたと言うお台場ガンダムは立っていただけだ。はたして今度は・・・。
banner04

  ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

リュウグウの砂

cpc2012151554003-p1 はやぶさ2の偉業はコロナの暗い話題の中で光る明るい話だ。すごいねぇ‥そのプロセスは皆がもう関心を持って読んでいるだろうけど、持ち帰った資料から何が分かってくるんだろうね。小惑星リュウグウから採取の塵や砂、これらで宇宙の成り立ちや地球の起源が分かるとか言うじゃないですか。何をどう調べるのかは今後の話題で、まずははるか彼方から持ち帰ったこの砂の価値は世界的なマニアック価値。甲子園の砂とはちょっとグレードが違いますな。
 その内容はともかく、リモートで操作して体制を制御し、1度ならず2度の着地と表層じゃなく地下物質まで採取して、故障もなく地球へ届けた事実はすごい。偉そうに言うC国、K国ばかりでなく、NASAやロシアなど宇宙技術を競う国にもアピール度はとてつもない。地下から採取した試料容器は年明けに開封するんだって?何が出てくるか分からんけど、大々的に吹きまくって「日本は特別な事をやったんだ。」のアピールはしておかないとね。嘘でも吹きまくるどこかの国と違うデってね(笑)。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

66k級柔道代表決定戦

ketteiいや〜久々にグッときた。丸山城士郎VS阿部一二三。東京五輪柔道で唯一代表決着ついていない(というか両者出て欲しい)直接決定戦。延長の繰り返しで24分(本戦4分含む)の全力の戦い。天才的安倍に対して不屈の闘志で臨む丸山。マスコミの扱いに違いが有っても、「実力勝負」と己を磨き合うライバル関係。あまりの熱の入れ方にスポーツに無関心のかみさんと娘もちょっとだけテレビに見入った。「阿部の方がイケメン。」程度だけど、「いや話題にもならんかった奴が怪我を治してでもライバル視する武骨な丸山も格好ええぞ。奥さんも真剣に協力していて泣かせる。」と切り返す。おそらくどっちが代表でも金メダル候補。
ところが番組の前半の40分間は今までの戦いぶりとか二人の馴れ初めなど、肝心の試合はなんと途中切れ。なんじゃらほい。それでも娘はネットで結果を知り、かみさんはニュースで見ていた。私は用事でかなり遅れてネットで知る。「おい、阿部が勝ったらしいで。」「知っとるわ。」返されてもなんだかうれしい。夜のニュースで事の最後を見ると、双方とも涙を自然に出していた。うれし涙と悔し涙、それにかかわってくれた人達への感謝の涙。こんなライバルがいて磨き合えるのは、すばらしい。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

刺激的な日の出


王子が岳-1急に日の出を見たくなって、王子が岳に行ってみた。まだ薄暗く、駐車場には2台が止まっているだけで、そのうち1台は自動販売機の缶を入れ替えていた。その横を通り過ぎ真っ黒な海を前面に見ながら車を止め、静かにドアを開けた時「ドキッ」とした。5m先に黒くうごめく物体。王子が岳-2まごうかたなきイノシシだ。しかもかなりデカイ。夜明け前のシ〜ンと静まる中ブシュブシュと餌を探る音がする。こっちを向いた時に静かに車のドアを閉めようか、はたまたもう一度乗り込んで離れようかと悩んだ。どうもこっちへの関心が無さそうなので、そ〜っと横を通り抜けようとしたら、後からやってきた若者の車が少し離れたところに泊まり、バタンバタンと聞こえると、「あれ何?キャー」と甲高い声。王子が岳-3「オイ、俺は今真横におるんだぞ・・。」約2mの距離をすり足のように進んでいたのに興奮させるんじゃないよまったく。フガフガという鼻息が少し離れていったら4人の若者がささっと進んできた。中の一人が「前に来た時、デカいのが2匹にちっちゃいのが3匹いたんです。」さすがにビビったと言う。野良猫がうろついているのは知っていたが、かなりのグレードアップだな。薄暗い時にうろつくのは気を付けないといけない。
朝日を拝み、ニコニコ岩に若いアベックのシルエットを見ながら足元に目を落とすと、毎度おなじみドラ猫たちが朝の散歩をしていた。生い茂っていた雑草も刈られ、整備された歩道にまた猫の糞が塵バムのだろうか。王子が岳-4明るくなってきた国立公園の遊歩道を足早に引き返し、駐車場に戻ると・・まだイノシシが餌を探していた。自転車のバイカーが「始めて来たんですけど、ニコニコ岩は・・。」と聞いてきたので、「あいつの向こうを進んだ所です。」と言うと、あぜんとしていた。すると邪魔をしていると気づいたように、スッと姿を消してしまった。
最初のイメージ違って、なんだか人間慣れしたイノシシだった。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

優れた開発力の温存法

 韓国の果物野菜などはモノによっては9割が日本品種です。たとえば売れ筋のみを扱うデパートや大型スーパーの店頭に並ぶリンゴはすべて“富士”です。韓国産タマネギは、品種別生産量の1位から3位を日本品種が占め、韓国の伝統的な祭礼で欠かせない梨や桃も日本品種が最も多いんです。ブドウこそ米国品種のキャンベルが1位だけど、2位の巨峰と3位のシャインマスカットはc7d62_1523_47ecb875_88cfbad5日本品種で、「95%が国産だ」と韓国が豪語するイチゴも日本品種を交配したものをパクったのは平昌オリンピックで知れわたりました。その韓国、韓国人の70%が日本製品不買運動に参加すると報じられるなか、農業機械業界は“日本製部品に多くを依存するなど、日本なしでは農業が成り立たないのが実状ですがねぇ。日本製部品が少しでも含まれる製品は買わないと主張する不買運動家がDNAを調べれば、多くの野菜や果実が不買対象fubaiになりそうなもんですが、そこはいちゃもんの付け方で「日本がパクった。」とでも言われかねません。でも農業機械はそうもいきません。韓国産の機会も有りますが、信頼性は日本製に劣りますから偉そうに言っても購入できないと問題なわけです。
 日本の農業も新種開発しては取られ、改良しては取られ、海外へ流出することが多いんですね。それを防止しようと「種苗法改正」の議論が有りますが、開発者を守るために特許を取得して契約した農家だけに栽培を許可する・・と内容の概略が分かった時点で大ブーイングの嵐。最低限の利益しか上げられない業界なのに、自家栽培(自分で種取して次の栽培をする)を禁止されたらやっていけない農家が続出するという事でとん挫する模様。ましてや、「風で勝手に飛んできたものを栽培したら罰せられるのか。」と、素人しか考えられない文句を言う。プロがそんな栽培をしてたらそれだけで損です。契約制にすることはルール作りの基本で、たとえば「あんたはタダで作ってもええよ。」という契約も有りですよ。縛りが無いから、韓国や他の国に勝手に持っていかれても罰則が付けられない。勝手な言い分で泣き寝入りしなくちゃいけない。そのくらいのことを声を発することすらできない業界なのか。そんな業界が改革など出来るわけがない。本来ならJAなどの団体が農家を守るルールか何かを設定して、市場価格の調整などを行ってもいいけれど、利権や他の金融・保険などが忙しくてそれどころじゃないんでしょ。国際的な農業の基盤を守るFAOなども有りますが、漁業や畜産などを含め、食料全体を扱うので幅が広すぎてタダでも地域差がある問題に対処できない訳です。大事な食料を扱うのに弱い立場は世界共通のようですね。それにしてもよくまぁパクってばかりで世界シェアを取りましたな。お隣の国にカモにされてますが、「国内開発品種を勝手に持ち出したところには罰則を与える」ぐらいの法律を作ればいいんです。後追いでも、品種のゲノムを調べれば日本からの種だとエビデンス作りも可能ですし、少しやかましくもめていたら、次からのパクリもやりにくくなってくるはずです。そういう布石を打ってから、農業従事者に「いい物を作りましょー。」と言えば徐々に変わるでしょうに。
折角ミシュランガイドなどで、日本の食の評価が高くて価値が有ると分かってきた時ですからそれを生かす方法を考えたいもんですな。もちろん消費者は安くてうまい物が手にはいりゃいいんでしょうが・・。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

背筋冷え中国ニュース

これを書かずにおらりょうか。多少おかしくなったと思われてもいいけど、はたして私がおかしいか気が付かない皆がおかしいか。何となく関心を持っていたことが繋がってきた。
5aizu最近中国の横暴が目立ってきたいるが、米国や欧州も徐々に中国のきな臭さに共同戦線を張ろうとしているじゃないですか。それでも「ファイブアイズの目がつぶれるぞ!」とか「国際法なんか何するものぞ」という感じが気になっていました。おりしも約束破りの常習国が他国で告げ口戦術で日本を貶めて上に出ようとしているのに「国際法違反」の明確な罰則はどうなるのか考えてみると、“別に無い”という事実が分かってきたんです。国内では法律違反は逮捕されて収監され、罰金もかかったりしますが、国際的には国よりも大きな組織が無いので貿易などで制限されたり、各国から経済制裁を受けたりするわけですね。ならばそんな事“へ”とも思わない14億人の国がいるわけです。国連などの名目上で有りますが、人事や取り決めで怪しく骨抜きにされている事実も有ります。WHOしかりでコロナ騒動からさもありなん。それでごまかしながらもズルズルと制裁をくぐり抜け貿易が成り立っていれば、立派な(とも言えないが)独立国なんですな。それは北朝鮮でもそうですが、大国の横暴とも思える態度は実はちょっとした確信犯のやり方なのではないかという事です。その息がかかった勢力も世界の半分を超えているということ。真面目だけじゃいかん訳です。どうも日本はこういったところに鈍感に見えて仕方が有りません。人間の性「善」なりですか?
 それで、コロナで騒ぐ現世界の情勢で一段裏に隠れそうなことですが、米中戦争と言われるバチバチですね。世界のパワーバランスはさておいて、今回気になると言うのが中国の戦略的な侵略なんです。香港の力任せの押さえ方は誰が見ても横暴ですが、アフリカ他中国に金を借りて気が付いたら経済的な侵略をされてしまった国も多いようで、まるで国のサラ金ですな。一帯一路計画なんかが有りましたが、これで上手いこと話しに乗せられてシャブられる国が出ているそうですね。物理的に力関係、実はここなんです。一帯一路なんて「阿呆な事考えるのは自由だけどどうせコケるわ。」と思っていたんですが、これもカムフラージュなのかもしれないという事。以前私のブログでも書いた「千人計画」といde-taうのが有りましたが、これは既にほぼ達成したと言われるニュースが有りました。つまり世界中の優秀な頭脳を集めて最先端の技術を開発しようとする戦略ですな。世界中と言ってもあらゆる分野ですからねぇ。そういえば日本だって中国資本のブランドが至る所で見えだしました。家電でもハイセンスとか、藤巻氏など話題の経営者がCEOなんかになってどんどん売り上げを伸ばしているだけじゃなく、日本人の細かなセンスが生きた家電製品が続々と出てきたりしています。その他有力な特許や基礎研究など千人計画とはズバリ、頭脳買収計画だったんですが、今ではそれを超えた「万人計画」が進んでいるそうです。そしてそれを表す言葉が「一空一天」構想。つまり陸・海・空の上に宇宙もひっくるめて、目に見えないデジタル戦争が始まっているという事ですね。それに気が付いたのがアメリカ。オーストラリアのシンクタンクASPIのレポートで、既に世界中から6万人もの優秀な人材がリクルートされている発表されたんです。トップレベルの6万人ですぜ、半端な数じゃない。例えばシドニー工科大学。ここには中国から200億ドル(2兆800億円?)もの献金がされていて、中国の軍事組織(CETC)と共同開発センタsennninnーなるものを作っているんですぞ。なんか思い出すでしょ。日本の某学術会議が中国と共同で研究センターを作っている話。似てないですか?もちろん工科大で最新の電子・通信システムを研究してその情報を貰うんですから、共有する情報の幅は広いに越したことが有りません。あらゆるジャンルに金をまき散らすわけです。10億をオートマチックにプレゼントしていたどこかの国も有りますが、中国なんてそんな半端な金額じゃないかもしれないんです。例えば先のオーストラリアですが、ノーベル賞の候補になるような有名な研究者に毎月5万ドル日本円で520万円を研究費で渡し、しかも別に年間で15万ドルの生活費も渡していたことが分かったんですな。そして、アメリカが本気で怒ったわけはロスアラモス研究所、ここは核開発とかテロ対策など最高の軍事機密を研究する場所からの人材もしょっ引かれていることまで分かったんです。つまりアメリカの重要機密事項が筒抜けだったわけです。しかも140436ですよ、2016年に中国が宇宙に「量子通信衛星」の打ち上げを成功させている。これね、物質の最小単位の粒子で、衛生に利用したら他社には絶対にハッキング出来ない暗号の通信衛星が出来るので、地球内で少々ステルス爆撃機とかがうろちょろしても無意味になってしまうほどの意味が有るんですな。つまり宇宙から地球を支配する。それをもう始めているんですな。最大の危険国アメリカの中枢部からも引き抜いているという事は、ほぼ敵なしの状態に近づいている事でしょうか?
 そう考えると、国際法違反など圧倒的な数と金でたたけば、目に見える部分でも自分らの意のままに出来るし、南沙諸島がどうなどは時間が経てば自分らの物だし、目に見えない裏のデジタル戦争でも着々と勝利が見えてきているという事ですか。これからの戦争ってーのはこういう人間の頭脳とか生活基盤の金の仕組みとか、知らない間に支配されていくステルス戦争なのかもしれません。ひょっとしたらそれに加えてウイルスなどミクロ世界まで見つめているなんてことだったらぞっとします。
jinnkenn 「孔子学院」というのが有ります。FBIがスパイ容疑などで捜査対象に認定したことから、アメリカでは、2020年内に国内孔子学院について全施設を閉鎖することを要求しており、オーストラリアのシドニーでも2019年には13あった孔子学級を閉鎖。しかし、日本では2005年に立命館大学に開設されたのを皮切りに、愛知大学、札幌大学、兵庫医科大学などでも開設。早稲田大学に至っては、世界初の「研究型・孔子学院」を開設。孔子学院を追い出す欧米諸国とはむしろ真逆の動きを繰り返しています。何を刷り込む勉強会か知らないけど、オウムのようにならねばいいんだけどね。
 そういう時に金で転ばぬ偏屈な奴がボロボロ出てくると、中国の論理が理解不能で崩壊することも有りますから、野茂や大谷のように何かに純粋に思い入れる、その上とんでもないことをしでかすのは邪魔になるかも知れませんね。以前は岡山でも変な(おもろい)奴もいたんだがなぁ。こだわりは日本人の専売特許、中国人にも分からねぇだろ。若干希望が見えてきたかぁ(笑)。
実はこの原稿2回目で、最初に書いたのはもっとえげつない表現をしていたんですが、ずう〜っとMEMO書きしてさぁ本式に投稿しようと一旦保存したら一気に文字化けしてしまった。滅多にない1時間半もの時間をかけていたのにパー。「にゃろー、ファーウィじゃないけど中国の何かセンサーでも働いとるんじゃねーか?」とくじけそうになりましたが、今度はかなり端折って投稿しますね。おっとこれだけは書かなくちゃ、中国が様々な投資をしていると言いましたが、日本の某メジャーニュースペーパー(毎日だけど)にもかなりの金が流れている事も分かりました。これね、競合他社も有るし、黙ってみているわけが無いと思いませんか?ここのところ、先のブログでも「どのマスコミを信じればいいのか分からなくなってきた。」と書いた覚えが有りますが、韓国などの雑魚の事は逃げ場ではいいとしても、いざという時に中国への変な忖度は無いだろうかと疑っているのが、冒頭の私がおかしいのか・・・それとも、という発想が出てくるわけです。むしろ考え過ぎであって欲しいとも思うんですが・・。
banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

GoTo余波でもたらすもの


宮沢准教授朝も晩もテレビのニュースはコロナ話題でひっきりなしだ。それも感染者数が最大になった話で不安をあおり、GoToの是非をうたう話ばかり。とどのつまりは「どうやって感染し、広がっているのか分からない。」という不安がキモだと思う。ならば動く人のルートや行動を監視して、全てじゃなくとも何らかの癖を見つけていく方法は無いのか。これが中国など共産圏と自由主義の国の違いで、強制力を発揮するのに限界がある。好きなように捕らえる個人の性格まで読めないし、行動の制限に限界があるという事。基本的に感染を押さえるのは無理と考えます。
考えてみれば感染のほとんどは夜の酒を伴う交流の場で広がっていると予想が出来るはず。それが家庭に持ち帰って家庭内感染や院内感染などで、潜在的なコロナ保ウイルス者が増えていき、移動をすることによって各地で伝播していくのが読めるわけです。80%ぐらいは当たっているでしょうね。つまり、電車や飛行機バスも含めてそこでの感染はある程度防御できるし、既にやっているマスク手洗い換気でかなり防御できるのも確かでしょう。
私は京都京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授の考え方が好きですね。
 
宮沢准教授は50種類以上のウイルスを研究していて「たぶん日本一」(本人談)という大家。ウイルスはすべて動物由来ということで、その宮沢准教授がまず強調したことは「ヒトコロナウイルスNL63は11世紀に発生しました。つまり我々は平安時代からウイズコロナであり、コロナウイルスは未知ではなく既知のウイルスなのです。」
 この先の言葉にグッと期待がかかる発想ですよ。マスクも古来より対策として良いのは分かっていますが、防止策としての“程度”を理解することがもう少し浸透するべきでしょうね。その根拠が「飛沫防止」なわけで、それよりも顔を触らない、手洗い頻度を上げるもしくは拭くだけでも感染確率が下がります。もう既にやっていますが(笑)。
 政府としても「金も回したいからGoToはやりたい」というのが肝。「割引が有る」ことで人を動かすのを喚起しているわけですね。割引無くても動く人がいて、おそらくそういう人が感染を広げている。
逆に感染して困るのをもっと発信したら、ちゃんとやっている人がもっと怯えて、益々過度な防御になりそうでしょ。そうなると割引が無くても動く奴、そういう危ねぇ奴(若い奴や理解しようとしない奴かぁ?)がどう動いてどう広げるかを注意すればいいんで、やっぱり腕輪を付けるとか特殊なPASSを与えて行動を監視すればいい。飲み屋など店の利用スマホとか持たなくても、それでピッとやらなけりゃ店へ入れない。GoToで動く人にも装着すれば後追いでも行動分析できる。行動を分析してイエローやレッドカードで隔離する。自粛のための予算や補助金と言うのは後でみんなが返さなくちゃいけない大切なお金です。阿保な奴のために無駄に使って欲しくない。そのうちインバウンドも増やさなきゃいけない。
宮沢教授は今増えているのは7日ほど過去の話と言い切っていて、これからはそんなに増えていかないと言い切っている。4〜50代以下の元気な奴はどんどん動いて金を使って、もし感染したら一時的にも免疫が出来る。無症状の感染者が増えれば
集団免疫も広がって感染力も低下する。そうなるとその人らはしばらく大丈夫だから放っておく。要するに重篤者とか死者が増えなければいい。インフルの方が感染度は高いし、死者も出ると言う。回復期間が10日ぐらいとして、東京で300人の感染者だと3000人。1400万人とすれば現在、新型コロナに感染している人は2万人に1人。その中で20%ぐらい感染させる能力の有る奴がいたら600人。この危ねぇ奴らをチェックしとけばそれほど増えんでしょ。それよりGoToを止めて自殺者が増えていく方が心配という。インフルエンザは1シーズンに1千万人以上が感染することが多い。新型コロナは100分の1以下です。ワクチンが出来るまで、あと半年ぐらいですか?それまで増えたり減ったりを繰り返していくけど、いかに殺さないかに絞って対応すればいいと言う。ただし、アメリカや欧州でバカみたいに増えていますが、マスクなどの予防処置が稚拙で分母を増やしたのと、ハグ文化のせいのようです。ならばコロナ後の仕事にいかに対応していくか、今まさにそれが問われているんでしょう。動かずに数字を作る。内外で勢力図も変わってくるでしょうが、出来ることははてさて・・Gotoで遊んでる場合じゃないかもね。イートで食いまくって体力をつける??
GoToスポーツの方が理に適ってるなぁ。

banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

鬱のイメージが似合う国

なんだかなぁ・・鬱陶しい事ばかりを書きたくないのに、怒らせたりいらだたせることは上手で注意をひかせる国が有るなぁ。
サッカーの国際試合でも異常なアイデンティティを唄う一方で、アメリカや他国へ次々と移住して、国を捨ててしまう、アイデンティティの無い虚構国家。まぁ金の匂いには敏感そうだけど。「泣く子は餅を一つ余計にもらえる」ということわざがあるように、移住しない人は生きる手段として騒ぎまくって恵んでもらうのを恥としない国。上(?中国)にはヘコヘコするくせしゃぶれると睨んだら「嘘」でもさわぎまくり、都合良いでっち上げで事実を脚色し「IMFからの支援は有り難かったが、日本からの支援は迷惑だった。」と言える国。いままでODAで今の換算で23兆円も支援したが、その結果、ゴネ得体質なってもプライドだけは高い国。外交も(移住でも)自分たちの解釈が優先し、その通りにならないと「相手が悪い。」と開き直るのも正義とする国。
名称未設定-1 約束事は都合で忘れるか、無い物に出来る確信的な小悪党。中国共産主義と民主主義国の間で、わざわざ面倒を立ち上げて問題定義してくれる、悩ましい隣国。そのくせ今までのように騒いで日本から支援を受けたいというのが見え見えの国。お金になりそうな事にはエンターテイメント性を発揮し、上手にしゃぶって見事に生き延びるのが韓国。そう思いたくないから、裏付けの有る理論で否定を欲しいもんだが・・。もう通用しないということを、しみ込ませるべき。
おそらく、この国に住んでいる人のDNAからはゲノム編集も難しいかも(笑)。

banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 

コロナ禍仕事と自殺感

 先日アルバイトの欠員探しでハローワークへ行ってみた。
コロナ騒ぎは各企業へボディーブローのように効いているのを肌で感じた。室内はガラガラ、2人ほどがうろついているだけだ。聞くと、「既に閉められたり、一時的に休まれているところが有る。」とかでコロナの影響が田舎にも染みてきている。例えば急に熱が出た職員がいたら、「風邪か?」と普通は思うが同時にコロナウイルスがチラつく。少なくとも1週間ぐらいの様子をみないと分からないし、そういう流れで風評が広がる可能性が有るから防止策として手が無い。都会の仕事と違って“リモート”で片が付く仕事は限られるし、当社の様な介護事業はベタベタのアナログ事業だ。人員配置も法律にも縛られながら利益の追求をしなくてはならず、ぎりぎりで誰かが休めば誰かに負担がかかってしまう。結局仕事量が増えて人員不足になってしまうわけだ。最低賃金の引き上げと言うのはファジーな部分が締め付けられ、がちがちの時間給だから休めばアルバイトなら即懐に響いてくる。“労働効率を高めろ”という施政下では仕方のない経営努力でも有るのだ。当社のように、介護事業をやりながら他の仕事もやっていないと、売り上げも追及も狭まってしまうと言う事だな。
平均年収それはそれとして、日本は今でも豊かな国と言えるだろうか。新コロナの影響以前から世の中で弱者と言われる人々の逃げ場が狭まっているのが気になっていた。年金生活者や生活保護者の急増、高齢者の独居比率の高まり。自殺者は先進国内でも最上位だ。相談の窓口なども有るが、政府の協力なども無く何の権利も持たないボランティアが身銭労力を切って活動しているのが実態である。確かにGDPで世界第3位を維持しているとはいえ、平均年収を見れば明らかだが既に稼ぎにくい国になっているのだ。最低賃金を上げろという政府の方針はいいが、それ以下の条件でも働きたいと言う人も出てきている。時間とか内容も限られるが、労働を法律で縛ると、経済の自然な流れに無理も生じてしまう。コロナ禍では夜の仕事も激減で、体力仕事も限定的だし、外国人との競合も出てきている。ある一定レベルから収入が断たれると逃げ場が見えなくなってしまう。
経済的困窮や不安を訴える人が増える一方、心の悩みの相談に応じる団体の多くが感染対策で活動を休止、縮小しているためだ。国は、対面での相談自粛とともに電話、SNSの積極活用を呼び掛けるが、人員や設備面の課題も多く、支援を求める声も上がる。あるいは未来が見えなくなって絶望する。
自殺者年齢別-7

経済対応とGoToの是非はともかく、それ以前に暮らしの圧迫を受ける人々がどこだろう。コロナ騒ぎで一番弱い所が攻撃を受けるが見えてきた。休む業者も多いと聞くし、職にあぶれた人たちは即生活に困窮する。政府が主体となって考える救急法は細かなところをぶった切った穴だらけである。各国から見て日本はとても安全とは言いながら、生きながらえる手段はかなり限られ、都会生活ではもちろん田舎での自給自足も見えずに自殺者が増えている。その負担は徐々に何とか生活をしている世代に被さってきている状態だ。
 例えば、街中での生活に困窮自殺者年齢別-4したが、田舎で限界集落のように捨てられる家が有るのに移住の道が有ればいい。実際は高齢社会で耕作放棄地など生活不可能な廃墟が増えているのが事実。移住が可能な世代も有るが、それでも弱者のコロニーと言うべき場所が作れないとも言えないはずだ。確かに高齢者が必要になる最新医療を受けるには都会がいいが、都会の中でいかに人間にやさしくない部分が有るのかは、実態の事を無視して考えてみればわかる。経済は破綻していると言われる北朝鮮とかロシアなどでもつつましやかに暮らしている人々がいるはず。どこか違うのか具体的には言えないが大自然は先進国の中でも恵まれているはずの我が国である。農村から都会へどんどん便利さが広がっていき、その利用者も人口につられて整備されてきた。それが労働年齢や人口そのものの減少下で流れは変わってきていると思われる。新コロナは都会や田舎も関係ないかもしれないが、今のところ都会型が被害を受けやすい。自殺者も都会での10代〜20代増えてきている。何でも日本に勝ちたい韓国が唯一負けて喜んでいる数字も自殺者だ。厚生労働相の指定を受け、自殺対策の調査研究を行う「いのち支える自殺対策推進センター」と言うのが有る。7月以降、特に女性で増えている自殺は、新型コロナウイルス感染拡大による悩みにプラスして有名人の自殺を後追い影響している可能性があると発表した。女性は無職と、同居人がいる場合で状況が違う。経済的困窮や家庭内暴力(DV)、育児の悩みなどの問題が深刻化したとみられる。どちらにせよ、“弱気部分を狙い撃ち”されている結果だと思う。とうとう相談施設自体が悲鳴を上げる状態になっている。
 田舎暮らしはとてもつらいとも言われるが、それは町暮らしが染みついての事。お金を稼いでという社会。この一方的な流れも変わり、田舎の自給自足は望みの方向が違ってそれが良さになることも有る。時間はかかるけど、ちゃんとした政治の下では各人に合った住み場を探す時代になったのかも。
 ここで改めて言わなくてはいけないが、自殺が「生活苦」から「楽」へ逃げ方法と考えてはいけない。自分から逃げずちょっとだけ考えて我慢法を考えれば、命まで取られない。どんな暮らしでも生活していれば、改めて未来は描いていけるはずだ。まだ日本が北朝鮮に劣る国まで衰退しているとは思えない。

banner04   ←プッと押していただければ嬉しい。 コメント無くても。

 
Profile

倉ヒロ(倉敷のヒロ)

banner04 ご訪問の記念にちょいとプッ、幸運を呼びます。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
またお会いしましょう


RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ