ブログネタ
ひとりごと  に参加中!

畑の葉芋の葉 庭先の生ゴミを埋めていた畑で芽がふいた。

どう見ても芋の葉に見える。

雨上がりで掘りやすいので、雑草と一緒に掘ってみた。

  すると驚いた・・・。

 

なんとまぁ驚きの生命力。

 

剥いたジャガイモ

芋の皮

の皮から、しっかりとした茎が伸び、葉を茂らせていたのだ。

 放っておいたら、芋が出来るのか?

けれども、小さい芋だったり、味がまずかったりするんだろうな。

そんなことが成り立ったら、種苗屋さん商売あがったりだ。元種はきっちりと管理して、種を売らなければならないはず。

 日本の中では元種が出回る事はない。その辺の外国だって同じだ。似て非なる一代雑種がせいぜいだ。
 国際的なブローカーが、取り仕切っているのは周知の事実だし、大学筋で日夜品種改良でもされているでしょ。元種が欲しいなら、イスラエルに行くしかないかな?

 それでもまぁ・・何が出来るか楽しみに2〜3本放っといてみるか。
今の世の中何が起こるか分からない。突然変異だって有るかもしれない。
それにしても、生ゴミをず〜っと埋め込んでいたから、よく肥やしが効いているようだ。みみずもにょろにょろ出てくる。

 そんな土の中から、銀色の釘が1本出てきた。

さすがはステンレス。いつから埋まっていたか知らないステン釘が、まったく変わりなく輝いていた。

 これは放射能のように“半減期”はないが、うっかり触らなければ気にもならない。

細胞分裂の生命力と、変わらない強さ。どちらもたくましいもんだ。

 ただ、今求められるのは、叩かれても踏まれてもへこたれない、生命力かな。

banner04 ←うなずける方プチっと応援、よろしく。