あみねこBlog

毎日、編み物。編み物中毒な日記。

「リッチモアベストアイズコレクションVol.123 2015夏号」から、岡本啓子さんデザイン「BR-12312 クンストレースのカーディガン」です。


後ろ身頃のクンストレースパターンを編み終わりました!本の作品名の通り、ステンドグラスのようで綺麗~。

一昨日、パターンに間違いがあってお問い合わせのメールを送っていたのですが、返答まで数日かかるかと思っていたら、その日のうちにお返事を頂きました。迅速な対応に感謝です。
急いで編んでいるため、結局お返事を待たずに推測で先を進めていたのですが、その推測通りで間違いないとのことで良かったです。

【メール便可】2015年夏号 リッチモア ベストアイズコレクション vol.123

価格:1,015円
(2016/5/28 15:19時点)
感想(0件)



指定糸はリッチモア「綿麻絣」のところ、私は長期在庫していた毛糸ピエロさんの「フレスコリーノフィーネ」を使っています。リニューアル前の旧品です。

リニューアル後の「ニューフレスコリーノフィーネ」も以前使ったことがあるのですが、旧品より柔らかくなっていて更にお気に入りなのです。
・・・で、楽天のお買い物マラソンに合わせてこのお気に入りの糸がセール価格になっていて、糸のダイエット中なのにまたまんまと買ってしまったことを白状します(笑)。

\麻Fes!!/【339】NEW FRESCO LINO FINE(ニューフレスコリーノフィーネ)[細][麻(リネン)100% 中細 50g玉巻(約150m) 全12色] 毛糸ピエロ♪編み物/手編み/手芸 5/27(金)20:00→6/3(金)09:59

価格:486円
(2016/5/28 15:20時点)
感想(12件)



今度は右前身頃を編み始めました。前身頃といっても、背中の円形モチーフの隙間を埋めるように背中中央部分からスタートします。

image

クンストレースモチーフも、前身頃の模様も、指定針よりひとつ号数を下げて5号針で編んでいます。それでだいたい指定サイズとほぼ同じくらいの仕上がり。
水通しするともう少しレース模様が広がると思いますが、若干大きめになるくらいならそれでちょうど良いかなと。ブロッキングで伸ばしすぎないように気をつけなければ。

この前身頃の模様が意外と手間がかかるので、失速しないように頑張ります。
母の誕生日まであと10日。もちろん遅刻確定ですが(笑)、それでもできるだけ最小限にとどめたいと思います。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

昨夏号のベストアイズコレクションから編んでいる、岡本啓子さんデザイン「BR-12312 クンストレースのカーディガン」です。



003

5本短針→40cm輪針→60cm輪針と針を変え、順調に編み進みました。
短針を使っているうちはちょっと編みづらいのですけど、輪針に替えてしまえばずっと表側だけを見て編めるクンストレースはとても楽しいです。

【メール便可】2015年夏号 リッチモア ベストアイズコレクション vol.123

価格:1,015円
(2016/5/22 14:39時点)
感想(0件)



指定糸はリッチモア「綿麻絣」のところ、私は長期在庫していた毛糸ピエロさんの「フレスコリーノフィーネ」のネイビーを使っています。
私のは「ニューフレスコリーノフィーネ」にリニューアルされる前の旧品。

008

クンストレース部分を55段ほど編んだところで、2玉目に入りました。
夏糸は芯が嵩張る物が多いのですよね。こちらの芯はかなりしっかりしているので量ってみたところ、18gもありました。好きな糸ではありますが、やっぱりこういう嵩張る長期在庫が片付くのはちょっと嬉しかったり(笑)。

【339】NEW FRESCO LINO FINE(ニューフレスコリーノフィーネ)[細][麻(リネン)100% 中細 50g玉巻(約150m) 全12色] 毛糸ピエロ♪編み物/手編み/手芸

価格:720円
(2016/5/26 11:44時点)
感想(12件)



ここまで順調に進んでいたのですが、ちょっと問題発生。編み図にエラーを見つけてしまいました。
いつもなら「多分こうだよね」で進めるのですが、一応こちらはプレゼント用なので、リッチモアさんにメールでお問い合わせを送りました。
・・・が、やっぱりお返事を待たずに推測で編み進めることに。母の誕生日がもうすぐなのですよ。遅刻する気満々ですが、それでも出来るだけ急ぎたいし。
ということは、結局やっていることはいつもと同じなのでした(笑)。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

アトリエ・ニッツさんの日本語翻訳版テストニットをさせて頂いた、Stephen Westさんのショール「The Doodler」が完成しました!


010

Stephenさんらしい、とっても個性的な形のショールです。
引き返し編み、アイレット、3色の配色、最後にピコットの飾りもついて、いろいろ盛りだくさんでとっても楽しく編むことが出来ました。


使用糸はカラーA:Skein「BFL Sock」Whisper、カラーB:Skein「BFL Sock」Weekend Escape、カラーC:Madelinetosh「Tosh Merino Light」Ink。
Whisperはクリームホワイトベースにブルーグレーの靄がかかり、所々につぶつぶカラーも飛んでいます。Weekend Escapeはグリーン、Inkはネイビーの単色ですが、いずれも手染め糸らしいムラがあるのが、深みがあって良い雰囲気です。
個性的な形ではありますが落ち着いたカラーなので、使いやすい感じに仕上がりました。


肩にさらっとかけると、模様の出方が面白いですね。この写真だと、ショールメイン部分のアイレットが見えやすいかな。


完成サイズは、パターン指定と深さは同じ、幅は少し小さめになりました。
それでも使用糸量はパターンより多いのですよね。私の場合、スティーブンさんのパターンはいつも使用糸量が多めになるようです。


さらっとひと巻きしても素敵です。
この写真だとエッジのピコットがよく分かりますね。編み方がとても面白かったです。

017

落ち着きもありつつ個性的で、とてもお気に入りのショールになりました。
今回も素敵なパターンをテストニットさせて頂いて、アトリエ・ニッツさんには大感謝です。

<Notes>
パターン:Stephen West「The Doodler」
      ※アトリエ・ニッツさんの日本語翻訳版
使用糸:Skein「BFL Sock」Whisper 1カセ
     Skein「BFL Sock」Weekend Escape 0.7カセ
     Madelinetosh「Tosh Merino Light」Ink 0.82カセ
使用針:棒針5号
制作期間:29日
ravelryのprojectページ→
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

久し振りに「リッチモアベストアイズコレクション」から編み始め。
昨夏号から「BR-12312 クンストのステンドグラスがデザインポイントのカーディガン」、長いので省略して(笑)「クンストレースのカーディガン」。岡本啓子さんのデザインです。



011

こちらは母へのプレゼント。母の日はもちろんとっくに過ぎていますが、来月の誕生日プレゼントも兼ねさせてもらっています。
・・・誕生日にも間に合わない可能性が濃厚ですが、そこは贈る相手が母なので、いつものようにちょっと遅刻させてもらうつもり(笑)。

最初はショールをプレゼントするつもりだったのですが、母からカーディガンが良いとのリクエスト。それであまりサイズがきっちりしていなくても大丈夫そうな、羽織るタイプのデザインを選びました。
近くに住んでいないので、途中でサイズ合わせが出来ないのですよね。

【メール便可】2015年夏号 リッチモア ベストアイズコレクション vol.123

価格:1,015円
(2016/5/22 14:39時点)
感想(0件)



糸選びで迷って、妹に写真を送ってどれが良いかアンケート。母にはまだデザインは内緒なのです。
結果、私もこれが一番良いかな?と思っていたものと意見が一致。
先日気分転換にスワッチを編んでいた、毛糸ピエロさんの「フレスコリーノフィーネ」のネイビーです。

002

こちらはリニューアル前の旧品。「ニューフレスコリーノ」よりちょっとかたいのですが、お洗濯するうちにくったり良い風合いになるかと。

もう5年ほど長期在庫している糸で、これまでいろいろ試し編みしても、どれもいまひとつしっくり来なかったのです。
やっと良いパターンに出会って形にできるのが嬉しいです。

\インポートFes!!/【339】NEW FRESCO LINO FINE(ニューフレスコリーノフィーネ)[細][麻(リネン)100% 中細 50g玉巻(約150m) 全12色] 毛糸ピエロ♪編み物/手編み/手芸 5/18(水)10:00→5/24(火)09:59

価格:486円
(2016/5/22 14:30時点)
感想(12件)



クンストレースもかなり久し振り。作り目を思い出すところからスタートして、短針で編んでいる間はちょっと慎重になりましたが、輪針に替えてからはやっとさくさく進むように。
この感じだと、おそらくクンストレース部分は意外とさくっと編み終わるかも。
むしろその先の方が時間がかかちゃうかな?ちゃんと編み図を見てみたら、ぱっと見より意外と模様が複雑だったので(笑)。

最初から遅刻する気満々ですが(笑)、それでも出来るだけ急いで編もうと思います。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

アトリエ・ニッツさんの日本語翻訳版テストニット、Stephen Westさんのショール「The Doodler」。
いよいよ最後のセクション4です。




セクション3の続きに編むセクション4は、3つのオプションから選べます。
B色でI-Cord Bind-offのみのオプション1、B色でガーター編み+I-Cord Bind-offのオプション2、そしてB色でガーター編み+I-Cord Bind-off+C色でピコットの飾りをつけるオプション3。
せっかくのテストニットの機会なので、私はいちばん盛りだくさんのオプション3を選択。


あとでピコットに使う目を別糸によけて、I-Cord Bind-offを終わったところ。

image(2)

3歩進んで2歩下がるI-Cord Bind-offはちょっと手間はかかりますが、このユニークな展開が面白くてどんどん進めることが出来ました。


最後はお楽しみのピコット。とってもユニークな編み方でわくわくします。

image

編み方は、Stephenさんご本人の動画があります。英語ですがゆっくり話されているので聞きやすいです。
それに音声がなくても、動画と日本語パターンの説明があるので大丈夫。


ピコットが出来上がり!これを9箇所繰り返せば、ついに大作ショールの完成です。

image(1)

編む量はたくさんありましたが、最初から最後までとっても楽しいショールでした。
明日にはブロッキングして、明後日には完成報告出来そうですよ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

このページのトップヘ