あみねこBlog

毎日、編み物。編み物中毒な日記。

「すぎやまとものニットで冬支度」から「アラン模様のセーター」が完成しました!


002

シンプルなダイヤ柄が中央に、両サイドはリブになっていて、太目の糸で編んでいますがすっきりした感じのアランせーターになりました。

作品指定糸はハマナカ「ソノモノ<合太>」2本取りですが、私は在庫糸の中からアヴリルの「ワッフル」を使いました。
小さめに編めているかも?と心配していましたが、縮絨して仕上げてみたらほぼ指定サイズ通り。ちゃんとスワッチはゲージ通りだったんだ~と安心しました(笑)。

※本には『ハマナカ「ソノモノ<合太>」1本で編む』と記載されていますが、出版社サイトに『2本取り』と訂正が出ていました。→


着てみても、サイドのリブがフィットしてすっきりした感じかなと。身頃もお袖も、これで結構ゆとりがあります。
長めの袖丈も、可愛くかつ暖かくて良いです。襟は、好みでダブルからシングルに変更しています。

003

手持ちの糸量で足りるかどうか不安だったので、綴じはぎを省略して糸を節約するために輪編みしました。
結果は、60gくらい余ったので余裕だったのですが。糸の見積もりがまだまだ下手だなぁ。まあ、足りたので結果オーライ。

004

ゆとりがあるので、シャツと重ねてももちろんOKです。
まさに今着るのにちょうど良いので、さっそく今日からたくさん着ようと思います。

<Notes>
編み図:「すぎやまとものニットで冬支度」から「アラン模様のセーター」
使用糸:アヴリル「ワッフル」537g
使用針:棒針11号、8号
製作期間:21日
Ravelryのprojectページ→
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

「毛糸だま」の最新号を買いました。寒波で連日寒さが厳しいですが、もう春号ですね。


今回の特集はラトビア。ラトビアのミトンや、その模様からアレンジされた作品がどれも素敵。
表紙のショール、本当に可愛いなぁ。



毛糸だまWebでは、一部立ち読みも出来ます。→
材料セットのページでは、もう少し作品が見られますね。→

編みたいものがたくさんありすぎて、最近なかなか毛糸だまからは編めていないのですが、これはもう季節ごとのお楽しみなので迷わず買うことにしちゃってます。毎回読み物までじっくり楽しめるし。

毎年ひとつは編みたくなるかごバッグや、季節先取りの涼しげなかぎ針編み作品などなど、まずは眺めて楽しんでいます。
素敵な作品がたくさんですが、なかでも一番気に入ったのは、サイチカさんのカーディガン。

001

ラトビアのミトンの模様をアレンジされた作品です。可愛いけど、かなり編みごたえありそう。

今年はなかなか糸の入れ替えが出来なそうなので、限界まで(笑)ウールを編み続けるつもりなのですが、それでもやっぱり早く暖かくなって欲しいなぁ。もう寒いのは飽きました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

「すぎやまとものニットで冬支度」から「アラン模様のセーター」は、お袖2本を編み終えました。


002

お袖も綴じはぎを省略して輪編みにしました。

毛糸は、在庫糸の中からアヴリルの「ワッフル」。スワッチから想定したより少し小さめに編めているので、仕上げの縮絨はちょっと気をつけないといけません。

※本には『ハマナカ「ソノモノ<合太>」1本で編む』と記載されていますが、出版社サイトに『2本取り』と訂正が出ていました。→

先に編んでいた身頃と袖を合わせて、ヨークも出来る限り輪で編みます。綴じはぎを省略して糸を節約するためなのですが、ここまできた様子では糸はなんとか足りそうだと思うのですけど。


今は目数が多くて大変ですが、ここからだんだん減っていくので、その加速感を楽しみながらラストスパートをがんばります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

「すぎやまとものニットで冬支度」から「アラン模様のセーター」は、身頃がアームホール位置まで編めました。


002

糸量が不安なので、綴じはぎを省略して糸を節約するために、前後身頃をつなげて輪で編んでいます。
その糸量の不安が手加減に出てしまったのか、どうもスワッチより小さめのような。最後の縮絨とブロッキングで気をつけようと思います。

今はお袖を編み始めたところ。こちらも輪で編んでいます。


毛糸は、在庫糸の中からアヴリルの「ワッフル」。一部ロット違いなので、その分を両袖口付近に使おうと思い、糸の残量をデジタルスケールで量りながら編んでいます。

※本には『ハマナカ「ソノモノ<合太>」1本で編む』と記載されていますが、出版社サイトに『2本取り』と訂正が出ていました。→

ここまで編んでみて、どうやら糸は足りそうかな~?という雰囲気。このまま進めてみようと思います。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

先日図書館へ行った時、一緒に今シーズン発行の編み物本も借りることが出来ました。


「すぎやまとものニットで冬支度」。可愛いミトンやソックス、スヌードなど、小物が中心の本です。編んでみたいものがいろいろありました。

今回は偶然、図書館の蔵書整理期間に重なったので、いつもより長く借りることができるとのこと。・・・だったらその間に何か編み上げたいなぁと、編みたいものリストは大渋滞中なのに、また割り込みしたい誘惑が。

001

小物なら余裕で返却日までに編めそうなのに、無謀にも1点だけ掲載されているウエアをどうしても編みたくなっちゃいました。
「アラン模様のセーター」。シンプルなダイヤ柄に両サイドがゴム編みで、すっきりしていながら可愛いです。



毛糸は、在庫糸の中からアヴリルの「ワッフル」を選びました。手持ちの量で足りるかどうか非常に怪しいのですが、どうしても白で編みたくなったのです。
しかも一部ロット違いなので、使い方も工夫しないといけないかも。色の差は糸の状態では分からないのですが。

002

糸量に不安があるので、超節約スワッチ(笑)。
「ワッフル」は編むときは結構硬いかなと感じたのですが、水通しするとかなり雰囲気が変わりました。アラン用の糸らしくしっかりしていながら、糸がふっくら膨らんで柔らかくなりました。模様もはっきり出ます。
縮絨で目数はあまり変わりませんでしたが、縦は結構縮みました。

※本には『ハマナカ「ソノモノ<合太>」1本で編む』と記載されていますが、出版社サイトに『2本取り』と訂正が出ていました。→


糸量節約のため綴じはぎを省略しようと、前後身頃続けて輪編みにしました。
ダブルの襟はシングルにするつもり。これは糸の節約というより好みの問題なのですけど。

もしかして、糸が足りなくて強制終了になってしまうかもですが、もうしばらく編んで様子を見てみようと思います。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

このページのトップヘ