「すぎやまとものニットで冬支度」から「アラン模様のセーター」が完成しました!


002

シンプルなダイヤ柄が中央に、両サイドはリブになっていて、太目の糸で編んでいますがすっきりした感じのアランせーターになりました。

作品指定糸はハマナカ「ソノモノ<合太>」2本取りですが、私は在庫糸の中からアヴリルの「ワッフル」を使いました。
小さめに編めているかも?と心配していましたが、縮絨して仕上げてみたらほぼ指定サイズ通り。ちゃんとスワッチはゲージ通りだったんだ~と安心しました(笑)。

※本には『ハマナカ「ソノモノ<合太>」1本で編む』と記載されていますが、出版社サイトに『2本取り』と訂正が出ていました。→


着てみても、サイドのリブがフィットしてすっきりした感じかなと。身頃もお袖も、これで結構ゆとりがあります。
長めの袖丈も、可愛くかつ暖かくて良いです。襟は、好みでダブルからシングルに変更しています。

003

手持ちの糸量で足りるかどうか不安だったので、綴じはぎを省略して糸を節約するために輪編みしました。
結果は、60gくらい余ったので余裕だったのですが。糸の見積もりがまだまだ下手だなぁ。まあ、足りたので結果オーライ。

004

ゆとりがあるので、シャツと重ねてももちろんOKです。
まさに今着るのにちょうど良いので、さっそく今日からたくさん着ようと思います。

<Notes>
編み図:「すぎやまとものニットで冬支度」から「アラン模様のセーター」
使用糸:アヴリル「ワッフル」537g
使用針:棒針11号、8号
製作期間:21日
Ravelryのprojectページ→
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。