0de65f7f.JPG福島県の檜枝岐村で開催されたヒルクライムレースへ行ってきました
今回参加したのは「坂とれ会」・・晴れ男3人州の野州・ふつうのパパ・yamaです

天気予報では大会当日の5月24日・25日両日とも雨予報でしたが、俺たちの出陣で雨は降らずに大会が終了出来ました…
良いこと悪いことドタバタレースレポート書いて見ます…
.では….始まり始まり

今年から始まった第1回尾瀬檜枝岐ヒルクライムは2日間のステージレース、第1ステージは全長6.5蘇弦盧450mのコースをタイム30秒間隔で順番にスタートするトライアル競技、1人で走るのでペース配分と自分との戦いが苦しい、そして翌日は全長12噌眦拑660mのヒルクライムレースと成る…前日の疲れを残さないで走れるかがキーポイントかも

会場へは10時半ごろ到着し受付とレースの準備を行なう

天気曇りで気温も暖かめですレース開始時間に合わせんスタート場所へ移動・・・簡単な開会式も始まりレースも開始された、若いグループから順に30秒間隔で1人づつのスタートと有って順番を待つのがチョット長いす

ようやく俺たちのグループも順番が回ってきた、野州さんが60秒前にスタートしたので、めざせ野州作戦で行くか、スタート係員より5.4.3.2.はいスタートと合図…ダンシングで加速…最初からオバーペース気味で、なんせコースが短いので最初かに行くしか無いと思う...勾配は緩いので20前飮でスタートしてから1船船ット走ったところでシンザカヤジャジの野州確認し目標が出来る1.5キロ過ぎた付近で追いつきパスして(すいません)

先を目指すがオバーペースが体に応える、がただ走るのみ...後半2舛麓座気味でしたが...出し尽くした感じで走れた...サイクルコンピュータ不調でタイム判らず・・・
第1ステージは終了し。。。

宿へ移動し表彰式は午後4時からなので・・・温泉で疲れた体を癒しましょ

表彰式は農村歌舞伎で有名な檜枝岐歌舞伎の舞台が会場
4時過ぎに会場へ行くと表彰式が始まっていて
私のクラスは終わっている、しかも優勝したのは私でした笑い・・・
スイマセン遅刻しました・・・
チャンピオンクラス優勝の村山さんに駄目だよ主役が居なくちゃと嬉しいお言葉・・・
最後に優勝者全員で記念撮影・・・最初で最後か?こんなの、

しかも、坂とれ会でタフで有名なパパさんクラス3位と奇跡に近い、
想定外の出来事、本人が一番びっくりしてました・・・
フルパーワーか切れずにゴールまで走りきってしまったようで・・・
やってくれました

そして宿へ帰って・・・三菜料理に舌鼓・・・パパさんのライバルである野州さん今日は空振りでパパさんに軍配が上がったようで・・・酒が2人の心情を色濃く分け合っているようで…

明日の第2ステージが楽しみになってきた、今日はココまで