2016年08月15日

空気圧 2.5

2.5高速道路で遠出する前に空気圧をチェックしました。
フロントがほんの気持ち程度減っていたくらいで前後タイヤ共ほとんど変動なしでした。






c前回の確認から4ヶ月経過して変動なしだったので、走行頻度が低ければ半年おきくらいのチェックで大丈夫そうです。

hiro40d at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月07日

充電 • 2016年8月7日

1バッテリーの充電をしました。
前回の充電から3ヶ月経過しての充電です。バッテリーが弱ってきたからなのか今回の充電時間は6時間くらいかかりました。新品から3ヶ月経過時の充電は4時間かからずに完了していたのに比べたら1.5倍余計にかかっています。4年4ヶ月経過していますがまだまだ十分使用出来ます。

2016年05月29日

◆車検 2016年5月29日93,627km

a車検が完了しました。車検後にクラッチのガクガクは消えました。長年にわたって発進時のクラッチのつなぎでガクガク振動が発生していただけに、何も交換せずに治った理由が分からず。更に、フロント足回りからのガタガタ音も消えていました。清掃点検でガタが補正されたのかは不明です。床下のオイルにじみの原因は、ドライブシャフトゴムブーツの亀裂によるものらしく、入庫時に交換を依頼していたはずが、入庫時のチェックでステアリングギアボックスのゴムブーツからのオイル漏れと診断された為に交換出来ずに終わりました。先日交換したエンジンオイル以外の油脂類は交換しました。サイドブレーキの遊びが小さく調整されていて、少し引いただけでサイドブレーキがかかる様になりました。発煙筒は予定通り使い回しのもので車検は通りました。ワイパーのゴムも3年経過したもののまま車検通過です。走行距離が少ないと消耗品の劣化も少なくなります。部品交換無しで乗り心地がリフレッシュしたコストパフォーマンスの高い車検となりました。

■次回車検:2018年5月29日
走行距離93,627km

■明細■
車検基本点検料:20,000円
自賠責保険27,840円
重量税:24,600円
印紙代:1,100円
代行料:9,500円
エンジン下回りスチーム及びボディー洗浄:4,320円
ブレーキパーツクリーナー:648円
ブレーキオイル:2,268円
ハブグリス・及びブレーキグリス:1,620円
ライセンスランプ・バルブ:507円
ステアリングギアボックスオイル:2,268円
エンジン冷却液(クーラント)取替:1,944円
ロングライフクーラント:2,268円
トランスミッションオイル交換:1,944円
トランスミッションオイル:7,128円
端数値引き額-843円
------------------------------------------------
車検費用合計:111,000円

hiro40d at 22:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!車検 

2016年05月21日

ステアリングギアボックス オイル漏れ 2015年5月21日 93,623km

imageドライブシャフトゴムブーツからのオイル漏れと思っていたオイル漏れの跡は実際はその上部にあるステアリングギアボックスからのオイル漏れである事が判明しました。




imageこの部分が実際漏れている部分で、このオイルが下に落ちてドライブシャフトゴムブーツをオイルで汚し、それが地面に落ちていた様です。




















IMG_0348ボッシュパワーステアリングラック以前2013年11月30日に行った東京モーターショーにてボッシュのブースに展示してあったステアリングギアボックスが構造の参考になります。






































imageこのゴムブーツは特に問題ない様です。

hiro40d at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

シュルシュル音発生源

imageシュルシュル音の発生源を特定し、直してもらいました。

この部分がブレーキローターに干渉していたようです。



imageこれがプレートを曲げて干渉しないようにしたものです。







image多分これで音は収まるでしょう。








imageもしかしたら違う場所から発生しているかもしれませんが、しばらく様子見します。






imageこのブレーキローターの錆びつきも原因の一つと思われましたが違うようです。












imageこれで直るのを期待してます。

hiro40d at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

匂い止まらず

image先週消臭した室内は38度という気温もあってか匂いが復活してました。でも以前と比べればかなり良くなりました。更に気温が上がる季節になったら再度スチーム消臭を試そうと思います。

hiro40d at 16:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2016年05月15日

車内スチーム消臭

_SL1000_[1]車内の匂いがひどくなってきたので、カーメイトの車用除菌消臭剤を試してみました。説明書通りにエアコンの設定を室内循環にし、風量を最強にします。車内に強風が吹き出す状態で中央席の足元にこの製品を置いて中の缶の蓋をプッシュしました。30秒程で白いスチームがフワフワ出はじめましたがそれも比較的すぐにおさまりました。バルサンみたいにもっとモクモク煙が出るのかと思ってたのでかなり拍子抜けしました。


imageネット上では匂いが消えると評価が高く、部屋の消臭に使っている人がいるほど高い評価の製品です。今日みたいに日差しが強い日であれば使用後すぐに匂いが復活するのかと思いましたが、使用後しばらくしてから室内の匂いをかいでみると、ほんの少し匂いが残っている程度で使用前と比べると嫌な臭いはほぼ消えていました。車内に入った瞬間の匂いの感じ方としては使用前後でかなり改善した気がしますが、使用する前に窓を開けて走行した後だったので、その換気の効果もあるかもしれません。後日確認が必要です。


image使用方法は車内に置いて、上の丸い切り抜きを開け、缶の上部の突起部を押し込むだけです。スチームが車内に充満するバルサンの様な方式ですが、バルサンの様にモクモク煙は出ないでスチームが遠慮がちに出る程度です。10分間スチームを車内に充満させ、その後3分間換気しました。換気直後は匂いが完璧に消え、その効果に驚かされましたが、しばらく経ってから車内の匂いをかいでみるとほんの少し匂いが残っています。使用前と比べると匂いはかなり薄くなりました。


image同時に車内の脱臭剤も2枚シート下に置いておきました。光触媒効果で太陽に当てると効果が復活するそうです。しばらく様子を見て匂いが復活してきたら、再度もう一缶スチーム消臭してみようかと思います。
まずは、臭い臭いと言っていた同乗者が車内に乗り込んだ瞬間の反応が楽しみです。

hiro40d at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月05日

トーマス ムルティプラ @ イギリス

F機関車トーマスに変身したムルティプラが載っていました。

右ハンドルなので多分イギリスかと思います。

赤ムルをベースに水色に塗装した様です。ホイールも水色です。インパクトありすぎです(笑)

充電 • 2016年5月5日

a前回の2月6日の充電から3カ月経過したのでバッテリーを充電しました。充電前の充電率は気温が高いせいか70%でした。この充電率もあてにならないのは分かっているのですが見ると安心してしまいます。最近携帯のバッテリーを2年半ぶり(笑)に交換しましたが交換直前は充電率94%から突然死(笑)する状態だったので充電率とは現段階でのバッテリーの容量に対してどれくらい充電出来たかを示しているのに過ぎないのは分かっています。携帯のバッテリーと車のバッテリーは違うとはいえ放電を繰り返すと充電出来るアンペア数が低下するのは同じでしょう。


今のバッテリーは2012年4月30日の交換から4年経過しました。距離が伸びないバッテリーには良くない車の乗り方が続いてますが、定期的に充電してバッテリーを長持ちさせるつもりです。

2016年04月24日

オイル・オイルフィルター交換 2016年4月24日 93,423km

Gオイルとオイルフィルターを交換をしました。
前回のオイル交換から5,764km経過してってのは普通だけど、2年2か月も経過してました。

こんなにスパンをおいたのは初めてで、走行距離が全く伸びなかったとはいえやりすぎな感もあるのですが、エンジンは快調に回るし何の問題もありませんでした。

化学合成油を使用しているのが唯一の救いでしょうか。


EオイルはいつものMOBIL1です。

ネットで3,980円でした。

スーパーオートバックスだと6,350円です。






Hフィルターは、以前購入してあったMANN-FILTERです。

アフリカ製のボッシュより安いのにドイツ製です。








D今回はエンジン内部洗浄シャンプーを使用してみました。

実際オイルは綺麗に入れ替わってます。












CPOPにあるこの違いが出るのかどうかは不明です。







a交換後のオイルはエンジン洗浄シャンプーを使用した効果もあってか綺麗に入れ替わりました。






Rこれが交換前で、長期にわたって交換していなかったとはいえ走行距離が伸びなかったせいか見た目上の汚れは普通に5,000km走行した時とさほど変わりはないような気はします。















bこちらは交換後です。

エンジンの回り方は、気温が高めだったこともあり、そんなに良くなった実感はありません。交換前も良く回っていたし、交換後もいつものように良く回るだけです。

今回は4リットル以上オイルを消費するとにらんでオイルを2缶購入したのに思いのほかオイルを使用せずにまるまる1缶少々余ってしまいました。次回もそのままオイル交換出来るくらいの分量なので、次回のオイル交換は早めにしようかと思います。













W今回オイル交換に行く際にワイパーのゴムも交換する予定でした。

ワイパーのゴムに関しては3年間も無交換です。それにも関わらず、ゴムはヒビのひとつも入っていなく、次回の車検も余裕で通せそうです。

ワイパーのゴムを3年以上交換しなかったのは車人生で初(笑)かも。オイルの2年無交換と共に記録を作ってしまいました。



R80番と81番の交換用ゴムを手に取りレジに行こうかと思った瞬間、おや?先週の大雨の原宿ではワイパー普通に拭けてたよな?ってのを思い出し、購入を思いとどまりました。

乗らないと交換スパンが長くなるのは良いとしても、思わずメンテナンスそのものを忘れてしまいます。

そういえばバッテリーの充電のタイミングも、もう前回から3か月経過しようとしてます。今度晴れたら充電しよう。

2016年04月17日

発煙筒 有効年月 2018年1月

J車検時に必要となる発煙筒の有効期限が過ぎていないか確認しておきました。










K有効期限は2018年1月なので、問題なく使用できます。





H2014年のムルティプラの車検で新調し、2015年のうちのスバルR2での車検でも使用し、次回のムルティプラの車検でも使用出来る事になります。更に次回のスバルR2の車検でも使用可能なので、4回の車検をこの1本で通過させる事が出来ます。車検時に交換されてしまうと1,000円くらい取られてしまうので、車検が近付いた車両に新しいものを乗せ換えて経済的に寿命まで使用する事にしています。

hiro40d at 23:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

ドライブシャフトゴムブーツ オイルにじみ 2016年4月17日

F年末あたりからミッション下の液体のにじみが見られるようになり、気のせいかと思ってもいましたが、今日確実なにじみの跡を確認しました。年末は雪道での濡れた路面での確認だったので、確信は持てなかったのですが、今回は確実です。ドライブシャフトゴムブーツは前回の交換が2010年02月25日だったので、6年と2か月もちこたえた事になります。ドライブシャフトゴムブーツは中にミッションオイルが循環するので亀裂が入って漏れるとミッションオイル自体も漏れる事になります。ミッション自体は今のところ問題ないので、規定量のオイルは入っている事でしょう。


Eドライブシャフトゴムブーツの左側ゴムブーツが漏れている部分です。

右側は大丈夫です。













Dゴムブーツが劣化して亀裂が入っている可能性もあります。












Bゴムブーツから落ちたオイルが下回りにたれて雫となっています。








C見たところ、3滴のしずくが確認できました。

その下にオイルのにじみの跡があるので、オイル漏れの該当部分の確定となりました。



















A走行距離は93,414kmです。

次の車検時に交換となる可能性が高いですが、もしかしたらベルトの増し締めで対処できるかもしれません。

冷静に考えると、イタリア車のゴム部品としては寿命だと思います。6年もったのであれば良い方かもしれません。

hiro40d at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

タイヤ空気圧確認 2.5

Gタイヤの空気圧を確認しました。

前回2月6日に空気圧を2.5にしているので、ほぼ変動なしの2.5でした。

タイヤが古くなっているので時々チェックすることにします。

hiro40d at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月26日

40匹のマルチーズを密輸 From スロバキア to ヴェネツィア

m密輸された40匹のマルチーズとブルドッグ、ミニチュアブルテリアがスロバキアからヴェネツィアへ来たフィアット・ムルティプラに詰め込まれた状態で発見されたそうです。


以前にもナポリからバーリヘワシントン条約にて免許と許可が必要なものを含む動物達を1702匹違法に運搬していたムルティプラが捕まった記事が載っていましたが、もしかして同じ犯人じゃないの(笑)

ムルティプラって犯罪に使われる事が多いですね。ミニバンなのに事故率も高いしイタリアでは悪い意味でニュースになる車な気がします。

イタリア以外の国では可愛がってもらってるようですけど。


n動物たちは弱っていて、違法市場に40,000ユーロ(500万円)で転売される予定だったようです。















pゲージいっぱいに詰め込まれたマルチーズがかわいそうですね。





qスロバキアからヴェネツィアへは945kmで9時間12分かかるそうです。渋滞なしで8時間42分のようだから、ヨーロッパの飛ばすムル乗りなら7時間くらいで走破できるのかな。

そんな長距離移動だったら犬達も弱るわな。。。

2016年03月25日

b桜が咲きました。まだ咲き始めで花が開いていない木も多いです。











a気温が低めなので、来週暖かくなってから一気に満開になりそうです。












dムルティプラには花粉が降り積もり、一部黄色くなっていました。
黄砂のような砂塵のような汚れも付いて、この時期は車が汚れやすいです。











cカーブでムルティプラのステアリングを切った際のシュルシュル音は相変わらずなっています。
だんだん音が大きくなってきた上に、ハンドルをほとんど切らなくてもシュルシュル音が出るようになりました。今まで通りそのまま様子見です。

hiro40d at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月06日

オイル警告灯 : ENG. OIL PRESS. LOW / TURN OFF ENG.

N運転中、交差点を気持ちよく曲がって車が傾いた所でオイル警告灯が出ました。

オイルを1リットルくらい足しておきました。

警告灯自体はカーブの最中に一度だけ点灯し、すぐに消灯しました。




G警告灯はこんな感じで表示され、この表示の後にTURN. OFF ENG. エンジンを停止して下さい。と表示されました。

こちらは取説の表示例です。


Eうちの取説では51ページにありました。












F取説ではディーラーへ入庫してくださいとなっています。


H実際のオイル量はこんな感じ。













J先端に多少付く程度のオイル量です。


















Kとりあえず、オイルを足します。













Lオイルの補充には100円ショップのジョウゴを使用しました。












Mジョウゴをこんな感じで差し込んでオイルを入れます。












Pオイルがかなり不足している状態だったので、たっぷりと入れておきました。

hiro40d at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Recent Comments
最新記事