車の維持管理で困っている方へ

車の維持管理で困っている方へ

タイヤ、スタッドレスタイヤ、バッテリー、保険、車検見積もり、査定、買取、元プロがあなたに最適な方法をアドバイスします!

車で温泉に行こう!

運転手はPCが苦手?

運転手はPCが苦手?

 運転手とパソコンとはどうも繋がらない、運転手はパソコンが苦手なイメージが強い、と、誰かが言っていました。少し前ならそうだったのかもしれませんが、時代は着々と進化しています。

 携帯電話の普及で、運転手もデジタル機器を自然と手にするようになりました。元々運転手は孤独な職業ですから、仲間とのコミュニケーションがとても大切です。以前は無線がその一役を買っていましたが、今は携帯電話で簡単にコミュニケーションが取れるようになりました。

 ただし、安全上の理由から言えば、運転中の通話は控えるようにしなければなりませんね。

 また、車庫や会社、取引先や納品先との連絡にも電話は不可欠なツールとなっています。これなしでは仕事ができないという運転手さんも多いことでしょう。

 通話やメール位までなら何とかなりますが、PCの操作となれば話は別です。まだ馴染めない方も多いのではないかと推測します。

 でも、デジタコの普及で、運転手も必然的にパソコンを触らねばならなくなっています。

 配車のデータが入っていなければ入れなければなりませんし、(これは車庫の人がやる場合が多いですけどね)会社に帰ってくればデータを吐き出して、そのデーターと一緒に点呼を受けるシステムになっている会社が殆どでしょう。

 点呼時にスピードのチェックや休憩時間のチェック、運行状況や車両状況の報告がなされて、一運航が完了します。

 業界外の方が読めば「きちんとしたシステムになっているな」と感じるとは思いますが、運転手は話し好きも多く、運転手と運行管理者、車庫の担当者は慣れ合いになりがちなので、この辺りは気を付けて取り組む必要があるでしょう。ある意味、運送業の永遠の課題と言えるかもしれません。

 そんな理由から、会社で強制的にパソコンを触ることになった運転手も多いと思います。「おい、これ面白いな」「インターネットに繋がっているのか?」「ちょっとあれ、あれよ、○○画像見せろや…」なんてことになっているのが現実かもしれません (@_@;)




 ガリバーやラビットのように、トラックにも買取システムがあります。

 相談無料、全国対応、税金切り替え時期の今、聞いてみて下さい。

 これから先、混雑します。 お早めに。









 
Edit

デジタコのトラブル

デジタコのトラブル


 デジタコは機械ですから完璧ではなく、時々壊れます。

 何が壊れるかというと、いろいろあるのですが、一番タチの悪かった症状をご紹介します。

 ローリーは元売りや運送会社にもよりますが、危険物の輸送ゆえ、高速に乗れる場合が多いかもしれません。

 速度検知のセンサーとか、配線とか、素人ではなかなか理解しかねる微妙な所に不具合が生じ、一般道と高速道の切り替えができなくなることが何度かありました。

 こうなるとどうなるか?

 高速道路を走っていると、年がら年じゅう「速度オーバーです」という、女性の声が聞こえる状態になります。

 運転手によってはヒューズを抜いたり、電源を強制的に落としたり、音が出る所にティッシュをぐるぐる巻きにしたり、いろいろと勝手に対処するわけですね ^^;

 カードが入れられない場合は車庫の画面には出てこなくなりますし、元売りの配車センターの画面にも出て来ませんから、それなりの不具合ということになります。

 私のいた会社は元々は普通の雑貨を運ぶ運送会社で整備部門もあったのですが、ローリー付属のものはハイテク関連を含めて専門的な物が多く、あまりいい顔をされませんでした。

 デジタコが壊れた、といっても、当時はまだ路線部門にはデジタコが導入されておらず、修理はわからないと言われてしまったものです。

 今はリースで導入したようで、殆どの車両に装備されているようですけどね。



 ガリバーやラビットのように、トラックにも買取システムがあります。

 相談無料、全国対応、税金切り替え時期の今、聞いてみて下さい。

 これから先、混雑します。 お早めに。




Edit

高速道路での大型車の動き タンクローリー海苔のぼやき

高速道路での大型車の動き タンクローリー海苔のぼやき


 デジタコ装着の弊害?として、大型車の高速道路での追い越しが大変難しくなっています。

 大型車が追い越し車線で追い越しをかけているのに、なかなか隣との差が大きくならずに並走している場面を見たことがあると思います。

 事情がわからない普通車の方に煽られてしまう事もありますが、これもデジタコ装着ならではの現象なのです。

 例えば高速80キロで設定しても、各トラックで全く同じということはあり得ません。機械の誤差の範囲は必ずありますので、片方のトラックAは80.1キロ、もう片方のトラックBは80.15キロで走っているわけです。

 トラックBが走行車線を走っているとトラックAに追いつきます。追い越そうとして追い越し車線に出ますが、微妙なスピードの差しかないので、なかなか追い越す事ができません。

 トラックは運転手にもよりますが、オートクルーズで走っている人もいます。デジタコの普及によってスピードをギリギリのところでコントロールする術が必要になっているので、ここ、速度を安定させて一定のスピードを保つという部分を機械に頼る人も増えているような気がします。(危ないので使用禁止の会社もあります)

 当然追い越しには時間がかかります。後ろの乗用車さんもわかってくれればいいのですが、「遅い!」と思っている方も沢山いらっしゃると思います。

 運転手は速度を管理され、会社によってはスピードオーバーで給料も減らされるのです。何回も続いたり、最後に出す点数によっては、トラックを降ろされてしまう事もあるかもしれないのです。

 高速道路で大型車同士の追い越しは、場合によっては数十秒から数分かかってしまう時もあるのです。これはデジタコで管理されているからこその動きで、誰も悪くありません。

 後ろの普通車の方々、どうか煽らないで、安全な車間を取って待っていていただければと思います。そんなに急いでも、現場に着くのに数分と変わりません。(よく運送会社の教育で使われる話法ですが…)


 石油製品配送のタンクローリーは比較的デジタコ導入も早く、当初はなかなか分かってもらえませんでした。思い出したくはありませんが、それこそ何百回もツライ思いをしてきました。

 特に乗用車で走行車線を走っている方、職業ドライバーの運転するトラックの事情をご察知いただければと強く思います。デジタコ装着故、すぐに追い越しができない事、追い越しには時間がかかる事をご理解下さい。


 お急ぎのところ、大変申し訳ないです。



費用のかかる大型車の解体や事故車の処分に困っているなら、こんなシステムがあります。電話すると見積もりを教えてくれるようですので、税金の切り替え時期も迫った今、お困りの方は是非一度電話してみてはいかがでしょうか?

 全国対応ですので、地方にある事故車のトラックや不動のトラックを処理してもらうこともできるようですよ。


 買取も進んでいて、2つ会社があります。

 2つで相見積もりすると、とんでもない価格になる事もあるようです。









Edit

 デジタコとは タンクローリー海苔のぼやき

 デジタコとは タンクローリー海苔のぼやき


 デジタコとは、従来のタコメータのように記録紙を入れて速度を記録するものではなく、デジタルデータで管理するもの。言葉ではあまりよくわからないと思いますので、運転手側からのメリット、車庫、管理者側のメリットなどを具体的にお話していきたいと思います。

 運転手は当然速度を制限されますが、タコグラフと違って、例えば速度を80キロに設定していると、81キロになった時点で警告音がなります。

 タコ同様に富士通、矢崎総業(ヤザキ)、などのメーカーが有名です。

 警告音はかなり大きなもので、「速度オーバーです」というような女性の声で警告されます。

 一般道と高速道で切り替える事ができて、私の会社の場合は一般道60キロ、高速道80キロでした。

 一般道を高速モードで走ると65キロで走っても警告されません。これを「裏技だ」なんて言いながらやっている運転手もいますが、本来の姿ではありませんね。

 ローリーの場合は、デジタコ+GPSで管理されていました。車庫や東京の元売り配車センターの端末から、私達が今どこにいるのかがわかってしまいます。突然の配送変更などがある場合は、一番近くにいる車が利用されたりします。車庫の人は、あの車はどのあたりにいて、いつ頃帰ってくるかがわかります。

 これも完全完璧ではなくて、雨風雪などにさらされているわけで、時々壊れたりもしていました。一回修理を呼ぶと出張費用だけで数千円、工賃と部品代で万単位の費用がかかりますので、そこそこランニングコストもかかります。

 運転手は車庫に着いて点呼を受ける際、一運航のデータを専用のカードから端末に落とし込み印刷します。運転手の中にはパソコン嫌いの方も多いのですが、マニュアルを作ってあげれば結構それなりに操作できるようになります。

 厳しい会社ではこのデータで給料を減らしている所もあるほどです。速度オーバー一回で百円減額とか、厳しすぎますね。

 運転手には当然負担が増えます。積み込み準備、積み込み、一般道実車、一般道空車、待機、手待ち、荷卸準備、荷卸、点検、などなどを、それぞれのステージで入力します。慣れればできるようになりますが、運転手によっては荷卸準備を押さなかったり、積み込みを押し忘れたり、しょっちゅうあります。

 これらは最後に「不明作業」などと表示されますので、最後に吐き出した際にデータを修正します。この作業を運転手がやっている会社もあれば、車庫の人が修正している場合もあります。私のいた会社では、車庫の運行管理側でやってくれていましたが、他社では自分で修正している会社もありました。

 運転手自身が修正する場合、パソコンも台数が限られているので、運転手もパソコン待ち、なんてことになることがあるようです。


 数回にわたり、デジタコについて、様々なご説明をしていきたいと思います。


費用のかかる大型車の解体や事故車の処分に困っているなら、こんなシステムがあります。電話すると見積もりを教えてくれるようですので、税金の切り替え時期も迫った今、お困りの方は是非一度電話してみてはいかがでしょうか?

 全国対応ですので、地方にある事故車のトラックや不動のトラックを処理してもらうこともできるようですよ。


 買取も進んでいて、2つ会社があります。

 2つで相見積もりすると、とんでもない価格になる事もあるようです。








Edit

大型トラックの解体車を持って行く

大型トラックの解体車を持って行く


 解体車ってどのように運ばれるかご存じですか?

 普通自動車の場合は、何社かの解体業者が出入りしていて、連絡すると取りに来てくれます。たいていはJAFのような形の車で、自分で引っ張って行くタイプの車が多いですね。

 通になれる情報を1つお教えします。

 トラックにおいてガソリン車は殆どありませんが、この、解体屋さんのトラックは殆どがガソリン車です。どうしてだかわかりますか?

 そうです、解体する車には例えわずかであれ燃料が残っているので、これを再利用するというわけですね。


 普通車はわかったけど、大型車はどうするんだ? というお話です。

 大型車の解体屋さんも足をつけて2人で来れるほど暇じゃありませんので、普通車同様、引っ張りに来ます。

 ちょっと長くなりますが、業界にしばらくいれば慣れてしまう光景です。

 国道に出るとか、曲がるとか、ちょっと、というか、非常に大変ですが、解体屋さんも慣れたもので何とかなってしまうものです。


 一度だけ、事故をして解体する大型のタンクローリー車、20キロのトレーラーを大型車の解体屋さんまで運んだことがあります。運ぶと言っても運転手だった訳ですから何のことはない、業務の一環として普通に走らせて行きました。

 行くと中東系の外人さんがいて、トレーラーを左バックでここに入れろ、といわれて少し困りましたが、ローリーの20キロトレーラーなどはそれ程の長さもないので、何とか無事に入れる事が出来ました。

 連結されたままのトレーラーをそのまま前輪だけちょこっと上げて引っ張って来る、けん引して来る場合もあるのでしょうから、それの左バックに比べればこんなのはハナクソですね。


 そして少し驚いたのですが、運んでくれてすみません、とのことで、後日封筒に入った謝礼?をいただきました。会社側としても処理が面倒らしく、私に直接いただきました。いくらだったかは忘れましたが、実は裏を返せば大型車を一台運んだり、牽引したりするのは、かなりの費用がかかるということですね。

 現場にいて毎日運転していると何とも思わないのですが、あれだけのものを移動する、例え解体や修理であっても、移動するのにはかなりのお金がかかるということです。


 このように費用のかかる大型車の解体や事故車の処分に困っているなら、こんなシステムがあります。電話すると見積もりを教えてくれるようですので、税金の切り替え時期も迫った今、お困りの方は是非一度電話してみてはいかがでしょうか?

 全国対応ですので、地方にある事故車のトラックや不動のトラックを処理してもらうこともできるようですよ。


 買取も進んでいて、2つ会社があります。

 2つで相見積もりすると、とんでもない価格になる事もあるようです。








Edit

大型車のチェーンプライヤーとクロス交換 元ローリー海苔のぼやき

大型車のチェーンプライヤーとクロス交換 元ローリー海苔のぼやき

 大型車や重機のチェーンは高額です。

 地域にもよりますが、チェーンは使っていると減ってきて、やがてクロスが切れます。

 クロスというのは、チェーンをハシゴに見立てた場合の、足をかける部分のことですね。

 減って来て切れる場合もありますし、巻きが甘い場合は、なわとびのように地面に叩きつけられて切れます。


 雪の地域の運転手は、必然的にチェーンを修理する技術を身に付けています。

 チェーンプライヤーという道具を使って、クロスを交換していきます。


 このプライヤーも年季が入ってくるとツメのアンバイが悪くなり、使いずらくなってきますね。

 会社の車庫に一本あるのですが、かなり古かったので、私は自分で買ってトラックに積んでいました。

 こんなのをポケットマネーで買って持っている運転手は、おそらく雪の地域でも3人位だと思います(^^)v

 
 この工具も特殊なのか、楽天やアマゾンで検索してもなかなか出て来ません。

 出てくるのはバイクや自転車の工具ばかりです。

 
 ありました! だけど全部売り切れですね (@_@;)
大型車用チェーンプライヤー 今年冬は 殆ど売り切れです! 検索結果はこちら!


 雪の多い年は、チェーンをよく使うためにクロスもよく切れるので、必然的にチェーンクロスの在庫も薄くなりがちですね。今年なんかは、もうないんじゃないでしょうか。


 運転手のみなさん、車庫のみなさん、経営者のみなさん、燃料高くて大変ですけど頑張って下さいね。

 この日本を支えているのは、紛れもなく皆さん達ですから。




大型車やローリーの解体、売買はなかなかできない事が多いのですが、お悩みの方がいらっしゃいましたら是非こちらをご利用になってみて下さい。

電話やメールで査定の依頼ができ、引き取りや手続きを全て無料で行ってくれます。

全国対応ですから、例えば事故をしてしまって地方にトラック、ローリーがある場合でも対応できるようです。

自社で全てを完結する努力を末にリリースされたシステム。

自動車税切り替えの今、故障したトラック、使わないトラック、トレーラー、ローリー、アルミバン、パネルバン、2トンでも4トンでも10トンでも11トンでも何でもかんでも値段を調べて教えてくれます。

3月になると自動車業界は混雑しますので、もし、そんなトラックがあるのでしたら、是非今すぐお問い合わせください。全ては無料です。






Edit

荒山2.5インチメスメス 元ローリー海苔のぼやき

荒山2.5インチメスメス 元ローリー海苔のぼやき


 タンクローリーにもいろいろな仕事があって、大きく分けるとスタンドにガソリンを届ける白油、工場に重油を届ける黒油にわかれます。しろ、とか くろ、とか呼ばれます。

 白油はスタンドに行きますが、黒油はいろいろな会社に行きます。配送先は白黒合わせて数千あり、会社にある顧客お届先台帳を参考に行きます。

 会社は昼休みもありますし、時間指定される事もあり、東京で一括して廃車をしている係の人も大変ですし、我々運転手も気を使います。今はISOなどの厳しい決まりもありますので、一滴も垂らすな、の掛け声の元、これ以上ない程に気を遣いながらの作業となります。

 大抵の所は普通にやれば普通に終わるのですが、重油、黒油の時は時々困る事があります。それは、ジョイント、ホースと相手先のタンクとの結合部分の金具にいくつかの種類があり、これがわからなかったり、古いものだったり、するのです。

 給油先がボックスの中にある場合、例えジョイントが合っていても、ポッチが干渉して締め付けができない場合もあります。このような場合は長いものや(ロング荒山)曲がっているもの(曲がり必要)などが必要になります。

 一応標準的なもので、属に言われる「荒山、アラ山、アラヤマ」というものがあり、これだといいのですが、これ以外にも思いつくだけで5つも6つも種類があるのです。全部のローリーに全てのジョイントが積み込まれていればいいのですが、そうではなく、「ジョイントも高いから」「無くされると困るから」などと車庫、会社、配車係から言われて、必要に応じて持ち出しをする体制になっている会社が多いようです。

 一度でも行った事があればいいのですが、行った事のない所が結構配車になります。配送指示書に書かれている情報だけで準備して出かけるわけですが、苦労は絶えません。

 会社からの情報、顧客台帳もない場合は、積み場で同業他社の運転手に聞きまくります。ジョイントに特徴があったり、嫌な思いをしたところはみんな覚えているので、大抵聞きまくると何とかなります。

 こんな簡単に振り返って書いていますが、実はかなり大変です。私の場合は「何でも来い」の境地になるまで、5年位かかりました。はじめの数ヵ月は重油専門で、その後白に乗ったり黒に乗ったりでしたが、重油は重油なりに大変なことがいろいろとありますし、独自の世界があるような感じがします。

 会社の雰囲気的に、どこもそうなのかはわかりませんが、重油は簡単、白油は大変、みたいな状況があります。各運送会社社内の人間関係を微妙に構成する誰も言わない要因です。これは説明しろと言われても言葉では表現できない結構微妙な問題なので、あんまりお話するのはやめましょう。この状況を理解するヒントを一つだけ差し上げるとしたら「事故をしたら重油に降ろされる」「あいつは○○だから黒だ」という言葉があるほどです。


 白も黒もそうですが、ジョイント、金具には何度も泣かされてきました。重油の配送先や事業所で灯油を使う所、地上タンクでポンプ圧送が必要な所は、「2.5インチ荒山」に統一してもらうとありがたいのですが、いろいろと会社もあるようなので、そうもいかないようですね。




大型車やローリーの解体、売買はなかなかできない事が多いのですが、お悩みの方がいらっしゃいましたら是非こちらをご利用になってみて下さい。

電話やメールで査定の依頼ができ、引き取りや手続きを全て無料で行ってくれます。

全国対応ですから、例えば事故をしてしまって地方にトラック、ローリーがある場合でも対応できるようです。

自社で全てを完結する努力を末にリリースされたシステム。

自動車税切り替えの今、故障したトラック、使わないトラック、トレーラー、ローリー、アルミバン、パネルバン、2トンでも4トンでも10トンでも11トンでも何でもかんでも値段を調べて教えてくれます。

3月になると自動車業界は混雑しますので、もし、そんなトラックがあるのでしたら、是非今すぐお問い合わせください。全ては無料です。









Edit
Copyright © 車の維持管理で困っている方へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます