運転手はPCが苦手?|車の維持管理で困っている方へ

車の維持管理で困っている方へ

タイヤ、スタッドレスタイヤ、バッテリー、保険、車検見積もり、査定、買取、元プロがあなたに最適な方法をアドバイスします!

期末です。いらないものを処分しましょうよ。箱に詰めるだけで取りに来てくれて振り込まれます。
もちろん、買取価格の値段確認があって、返送してもらってもお金はかかりません!(本は除く)

↓ ↓ CLICK ↓ ↓


運転手はPCが苦手?

運転手はPCが苦手?

 運転手とパソコンとはどうも繋がらない、運転手はパソコンが苦手なイメージが強い、と、誰かが言っていました。少し前ならそうだったのかもしれませんが、時代は着々と進化しています。

 携帯電話の普及で、運転手もデジタル機器を自然と手にするようになりました。元々運転手は孤独な職業ですから、仲間とのコミュニケーションがとても大切です。以前は無線がその一役を買っていましたが、今は携帯電話で簡単にコミュニケーションが取れるようになりました。

 ただし、安全上の理由から言えば、運転中の通話は控えるようにしなければなりませんね。

 また、車庫や会社、取引先や納品先との連絡にも電話は不可欠なツールとなっています。これなしでは仕事ができないという運転手さんも多いことでしょう。

 通話やメール位までなら何とかなりますが、PCの操作となれば話は別です。まだ馴染めない方も多いのではないかと推測します。

 でも、デジタコの普及で、運転手も必然的にパソコンを触らねばならなくなっています。

 配車のデータが入っていなければ入れなければなりませんし、(これは車庫の人がやる場合が多いですけどね)会社に帰ってくればデータを吐き出して、そのデーターと一緒に点呼を受けるシステムになっている会社が殆どでしょう。

 点呼時にスピードのチェックや休憩時間のチェック、運行状況や車両状況の報告がなされて、一運航が完了します。

 業界外の方が読めば「きちんとしたシステムになっているな」と感じるとは思いますが、運転手は話し好きも多く、運転手と運行管理者、車庫の担当者は慣れ合いになりがちなので、この辺りは気を付けて取り組む必要があるでしょう。ある意味、運送業の永遠の課題と言えるかもしれません。

 そんな理由から、会社で強制的にパソコンを触ることになった運転手も多いと思います。「おい、これ面白いな」「インターネットに繋がっているのか?」「ちょっとあれ、あれよ、○○画像見せろや…」なんてことになっているのが現実かもしれません (@_@;)




 ガリバーやラビットのように、トラックにも買取システムがあります。

 相談無料、全国対応、税金切り替え時期の今、聞いてみて下さい。

 これから先、混雑します。 お早めに。









 
Edit
慣れ合いの人生とオサラバする秘密の方法
潜在意識に届くサブリミナルCD
Copyright © 車の維持管理で困っている方へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます