デジタコデータと給料|ローリー海苔のぼやき|車の維持管理で困っている方へ

車の維持管理で困っている方へ

タイヤ、スタッドレスタイヤ、バッテリー、保険、車検見積もり、査定、買取、元プロがあなたに最適な方法をアドバイスします!

期末です。いらないものを処分しましょうよ。箱に詰めるだけで取りに来てくれて振り込まれます。
もちろん、買取価格の値段確認があって、返送してもらってもお金はかかりません!(本は除く)

↓ ↓ CLICK ↓ ↓


デジタコデータと給料|ローリー海苔のぼやき

デジタコデータと給料|ローリー海苔のぼやき


 デジタコデータはアナログのタコチャートと違って、いつ、何時何分にどの位のスピードが出ていたのかがハッキリとわかってしまいます。

 運転手側の視点で別の言い方をするなら、いつどこで何をしていていもばれてしまうということですね。

 昼休みにアイドリングをしていたか、なんていう事までも記録されてしまうのです。

 これにGPS機能までついてしまうと、全てが車庫の端末から監視されてしまうということになりますね。

 運転手も人によりけりですが、面白くない人もいるかもしれません。

 逆に車庫の側、経営サイドでは、運転手がどのような動きをしているのかが手に取るようにわかります。しょっちゅう止まっているとか、連続3時間も運転しているとか、休憩時や停止時にアイドリングストップをしているかしていないかとか、そんな事を把握するのにはもってこいのツールです。

 このデータを数値化して、独自に決まりを作って運用する事もできるでしょう。現にとある会社ではデジタコのデータを元に速度オーバーを把握し、ドライバーの給料に反映させている会社もあると聞きます。(例:速度違反一回でいくら減給しますよ、など)

 こうなると運転手も生活がかかっていますから、いい言葉で言うならやってやろう、悪い言葉で言うならこのやろう、ということになります。

 この会社のトラックは、高速道路上の現場では、80キロ規制であるにもかかわらず、77-8キロ位で走っている感じがしました。

 また、「いかに一定の速度で走るか」という技術が到着にも影響しますので、ドライバーによってはオートクルーズを使うようになるかもしれません。

 これも相性があって、絶対に使わない運転手もいれば、大好きなドライバーもいます。上手く使わないとかなり危ないので、会社によっては強制的に使えないようにしている所が多いようです。

 メインのスイッチだけを外したりしている場合、運転手によっては外されているスイッチを部品で取り寄せて、「マイスイッチ」として使っているツワモノもいましたけれど、これではいたちごっこですね。

 とにかくデジタコ導入の目的をはっきりとさせて、その目的に沿った使い方をするようにしたいものです。あまりやりすぎると、運転手も辞めてしまったり嫌になったりとあまりいい事がありませんので、その辺は注意したいものです。



 費用のかかる大型車の解体や事故車の処分に困っているなら、こんなシステムがあります。電話すると見積もりを教えてくれるようですので、税金の切り替え時期も迫った今、お困りの方は是非一度電話してみてはいかがでしょうか?

 全国対応ですので、地方にある事故車のトラックや不動のトラックを処理してもらうこともできるようですよ。


 買取も進んでいて、2つ会社があります。

 2つで相見積もりすると、とんでもない価格になる事もあるようです。







Edit
慣れ合いの人生とオサラバする秘密の方法
潜在意識に届くサブリミナルCD
Copyright © 車の維持管理で困っている方へ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます