2017年09月25日

新・営業マンの困りごと 3.「計画的行動がとれない。」記事タイトル

目標数字を達成できない営業マンは無残だ。
予定通りに数字をあげられない営業マンも残念だ。

毎期、上司から目標数字を与えられる。
そのときに、達成ストーリーを考える営業マンはごく僅かだ。
どうすれば目標が達成できるかを計画できない。

既存・新規お客様ごとに行動計画を描くことをしない。
“精いっぱい頑張る”と言う気概は不可欠だ。
そのときに思い浮かんだお客様を攻めようとする。

そこからいくらの数字が出てくるのかも考えていない。
場当たり的な営業活動を続けることになる。
まさに「犬棒営業」だ。

目標額⇒提案件数⇒有効引き合い件数⇒訪問件数⇒アポイント数。
こんな逆算ができない営業マンは苦戦する。
しっかりしたプロセスをおして、予定通りの数字を目指したい。