2021年01月04日

楽々営業45.「客観的に考える。」

営業マンは売るのが使命だ。
それも自分の会社の商品を売る。
そのための説得話法を練る。

お客様をその気にさせるトーク。
残り僅か、特別セールス締め切り間近・・・。
よくある手法だ。

うまくいく確率は高くはない。
自分本位だからだ。
お客さまの役立視点が薄い。

お客様視点と客観的視点。
この二つの切り口で考える。
本気で商談することが求められる。