2021年11月22日

数字感覚営業 13.「在庫量を確認する。」

お客様が興味を持つ。
買い替えたい気持ちも感じる。
でも、具体的時期には至らない。

これでは商談に至らない。
決断の時期が見えないからだ。
何時フォローすべきかもわからない。

現在使用中の在庫を聞く。
使用期限やリース期限を聞く。
オーバーホール時期を聞く。

そうすれば、買う替えタイミングが分る。
何時フォローすべきかが分る。
それが商談だ。