フライ・フィッシング

2015年04月17日

釣り用バッグ ネームタグ 自作

自作の釣り用バッグです 
無地ではかわいそうなので 平織テープに転写プリントでネームタグ 自作しました。

IMG_1029

IMG_1026

IMG_1028

IMG_1027




hiro919repair at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月02日

さあ!今シーズンも

久しぶりのアップでーす。
いよいよ 渓流解禁! 用意していると、なんと
ウェーディングシューズの底が、剥がれています。
急遽 手に入れました。
 
モンベル ウエーディングシューズ

2015-03-02-13-08-01

2015-03-02-13-07-37

水中の岩肌に対して驚異的なグリップ力を発揮するアクア グリッパーを採用。アウトソールがすり減った場合は張り替えることも可能です。
【リールアジャストシステム】少ない力でも確実にフィットさせられるリールアジャストシステムを搭載。水中で靴ひもがほどけるといったトラブルもなく、着脱も大変容易です。
(モンベル オンラインショップより抜粋)

hiro919repair at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月14日

寒い〜

今朝は今年一番の冷え込み
みなさんお元気ですか〜 わたしもしっかり〜風邪ひいてまんねん
昨日は木枯らしが吹いてましたね〜。でも木々の色は最高
IMG_0839



IMG_0842

hiro919repair at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月10日

『渓流魚に魅せられた釣人展』 開催されます!

フィッシュクラフト工房 福永和明さんが
『渓流魚に魅せられた釣人展』
渓流魚に魅せられた、フライフィッシャーマンが愛すべき釣人に贈る作品展を開催されます。

フィッシュクラフト工房

『釣人達の想い出の渓魚のウッドクラフトや釣りにまつわるエッセー&イラストなど約30点を展示します。皆さんぜひ見に来てくださいね!』とのことです。



・東京町田 モンベル グランベリーモール店
・10月18日(土)〜11月9日(日)

無題

無題2

このイワナは迫力ありますね〜。

hiro919repair at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月19日

そろそろ シーズン オフ

秋ですねー。渓流はひと足先に模様替え

2014-09-17-10-17-08

アカトンボ

2014-09-18-08-38-56
川原に立つ オブジェ
2014-09-18-08-28-31

アマゴ動画

2014-09-18-10-00-34


また来るよ〜

hiro919repair at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月25日

オイカワ Zacco platypus また君か〜

IMG_0607

アマゴに会いたくて・・・・。
O川 再訪 でも連日の猛暑のため さすがに川も沈黙

元気なのは。。オイカワ (Zacco platypus;オイカワ属の学名「Zakko」は「雑魚」に由来したものらしいです)
と "うーちゃん"ことウグイだけ。
IMG_0606

なかなかの引きをしてくれたので、記念撮影
でもなんか、レンズが曇ってたみたい

そりゃ 私の腕が・・・・なんで、釣れないのは分かってますが、彼らがフライをくわえるってことは、
アマゴだって・・・と自分を励ますわけです。

思わず空を見上げると 雲まで魚に見えてきます。

とその後、、いい感じのアマゴちゃん 動画でどうぞ!


hiro919repair at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月19日

自作 ティペット・ホルダー?

近畿地方も梅雨入りしましたが、
これといってまとまった雨は降っていません。
川底も苔でヌルヌル。  
魚たちも水温の低いプールや岩陰でしのいでいるようで、
わたしが投げるヘッポコフライには見向きもしません。

と言うことで釣りバッグの中の整理でも
IMG_0509

ティペットもフライ・フィッシング専用ブランド以外に
最近では鮎釣りや磯のラインにも手をだしています。
しかし、
各メーカーごと統一性が無いのでバッグの中でゴチャゴチャです。

----そういえばどこかでティペットホルダーってあったよな〜。
IMG_0510
使っていないサインペンの軸を加工して・・・ゴムひもを通して。。。。
IMG_0508
しかし・・やっぱりまとまりないですね〜。

ま いっか〜 無くすよりましね〜。

hiro919repair at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月14日

KINEYA CAVOUS 修理完了!

お気に入りのリール カヴォス・リールです。。。
先週。道具の手入れなど・・・と。
アレッ!
いつのまにか〜ネジがひとつなくなってます。
しかも・・・・空回りします。

川で転んでちょっとゆがんでしまってます。
回すとスプールがシャリシャリいいます。

IMG_0466


京都のキネヤさんに電話しました。
京北で工房と「ユーフォリア」とゆう喫茶スペースをされています。

ネジだけ送ってもらおうかとも思っていたのですが、
私の言葉が拙いので。。イマイチ状態が伝わってなさそう・・・
で「送ってください」とのこと。
IMG_0488


も〜直してくださいました。
ばんざ〜い!

Oさんありがとうございました。KINEYAうだうだ


fishcraft

hiro919repair at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月07日

福永和明さん フィッシュ・クラフト作品展

フィッシュ・クラフト 福永 和明さんが 作品展をされています。

釣り人が撮った画像を元に、美しい渓流魚の姿を木彫にして、着彩し、原寸大のオブジェを作成されています。
ご自身もフライ・フィッシャーさんです。

fishcraft

フィッシュ クラフト工房    http://fishcraft.exblog.jp/i14/


私もいつか作成依頼できるような
ちょっと誇れるサイズのオサカナに巡り合いたいものです。


hiro919repair at 17:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年05月30日

初めての渓 アメゴとの出会い

IMG_0454

急に暑くなってきましたね!みなさんお元気ですか〜?
先日、私は初めての渓にチャレンジしましたよ!
いつもはお仲間と一緒に京都から滋賀や福井方面に向かいますが、今回は南方向、三重県の川を検索してみました。
まあ。。。奈良県吉野川水系も もちろん!いいのですが、地元のお方も含め、大阪から近い事もあって、
釣り人が非常に多いのですよ〜。釣り歴の割りに なにせ腕が・・・なもんで、「ボ」が多くて・・・・。
どこかにいい川は〜?

と、あちこちネット検索していると三重県「大内山川」を発見。
以下「大内山川漁協」さんのサイトからの抜粋です。
大内山川は三重県中南部を西東に横切る宮川最大の支流です。旧大内山村と旧宮川村の境界を源として、大紀町を南西から北東に流れ本流宮川に合流する、延長約40kmの一級河川です。

 宮川本流と同様、源流部はV字渓谷か連なる犬戻り峡などがありますが、概ね帯状に広がる河岸段丘です。国道42号線や、JR紀勢本線と並走と交差を繰り返しながら流れ、流域にはキャンプ場や渓谷美を楽しめる大滝狭などが有ります。

 護岸には東屋やトイレなどが設置されている箇所もあり、川遊びをするには理想的な環境です。毎年県内外を問わず大勢が、アユやアメゴを求め大内山川に訪れます。


地図で確認したところ、支流も多く、併走する林道も上流まで続いている支流もあり、なかなかよヨサゲです。
と言うことでちょっとお邪魔してきました。
漁協さんのサイトではココも本流の鮎釣りのほうが、本場のようですね。支流ではアマゴの放流をされているようです。やはり、餌釣りのお方が多いみたいですので、私は深場は譲り、瀬や開きを狙ってみました。

午前中の仕事が済んで仮眠を取って、晩ごはんを頂いて20:00に出発。大阪南部を経由して、奈良 桜井市よりR166伊勢街道→R42と地味〜に地道を走って翌日2:00ころ、紀勢本線「梅ヶ谷駅」近くのトイレ付きの公園に到着 ここでもう一度仮眠して、6:00ころから釣りの用意しました。またここから5分ほど奥に行くといや〜 なかなかいい!いかにもの流れがありますやん!!水も澄んでいます。
焦る気持ちを抑えなんせ初めての渓流ですので、危険なことはやってはいけません。足場のいい場所を探して川原に降り立ちます。さあ!釣ったるでぇ〜と はやる気持ちとは裏腹に、あれまぁ 釣れるのは木の枝や岩の苔ばかり。

最高の流れ込みでも無反応 あれあれ〜ココにもお魚はいないのかぁ〜?と気持ちも落ち気味のそのとき!
ほんと小さな流れから遂に初めての渓流での出会い。そんなには大きくはありませんが、体高もあり、元気なアマゴです。でもなんか。。。朱点がやけに派手だね〜。。放流アマゴの年越し個体ですかね〜
IMG_0443
いやいや贅沢は言ってはイケマセン。
よろしければ動画も・・・・
youtube


あともうひとつ小さめのんが出てくれましたよ。
IMG_0445

youtube

と、とりあえずお魚に出会えたシアワセ噛み締めて帰ってきました。冒頭の画像は堰堤のプールに日差しが差してエメラルド色に輝いていました。ここにはきっと尺あまごがいるんやろな〜。






hiro919repair at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月08日

10年目の渓流 永遠のパラダイス

木々の新緑が目にやさしい、5月7日 いつものお仲間と一緒に福井県の渓流にイワナに会いに行ってきました。
ゴールデン・ウイーク明けのこの時期には・・・♪お楽しみの釣行です。
思えばここにはもう、10年間も通っているのですね〜。
いつも運転と水先案内役のUsan 本当に有難うございました。
最近なかなか釣りにご一緒できないKsanもお疲れさまでした。

この日は最高のお天気、空は雲ひとつありません。気温も10度ほどでした。
ただ、このところ少し気温が低いようです。


IMG_0374

ここにはいくつもの堰堤があります。しかし、そのほとんどが土砂でいっぱいで流れが浅くなっています。
堰堤下のプールには無数のイワナが泳いでいるのでしょう。でも水面下の餌が豊富なのか、この時期には浮かせるタイプのフライには反応が薄いです。午前中。やはり水棲昆虫の飛翔はあまり見られません。

IMG_0375


それでもなんとか!
いつものプールには屈託の無いイワナたちが、わたしのフライも咥えてくれました。

IMG_0390

ヒレもきれいなイワナです。

林道の轍に溜まった水溜りにはカエルの卵
まるで、はるさめヌードルみたいです〜。


IMG_0391

水辺にはきれいなお花も咲いています

IMG_0382

ランチ後はめいめいに好きな場所に入って楽しみました。
わたしは午前中とは違う少し細い流れに行きました。
枝や葉っぱをたくさん釣って、ちょっと釣りのリズムがが狂ってきたのか、
流れの中で足元のバランスを失い、両手を着いてしまいました。直ぐに立ち上がったのですが・・・・ウエーダーの中に冷たい水がぁ〜 つ・冷たい〜。
IMG_0400

そんなこんなで突き当たりの堰堤まできてしまいました。

しかも!いい感じのライズがあります。
冷たい下半身をガマンしながら、気持ちを落ち着けます。
ランダムに水棲昆虫がハッチしてます。結構ハデなライズで水面ギリギリの昆虫を捕食しているようです。

しかし・・・無機質なわたしのドライフライはあんまりおいしくなさそうで。。。。

IMG_0401

でも なんとか!!!きれいなイワナが〜
ありがとうございました。
このすばらしい渓流が この自然がこのままずっとあることを祈っています。


hiro919repair at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月04日

今年もなんとか~? 解禁

昨日は京都 佐々里C&R に行って来ました。今年も3/15に解禁を迎え、きょうが今シーズン最初の渓流です。朝7時に待ち合わせ、気の合うお仲間と向かいました。
IMG_0295

天気も良く、気温も上がり、京都市内のあちこちの桜は咲き誇っていました。 京都に住む釣りのお仲間が車であちこちいいところを通ってくれました。
IMG_0289
ココは大石神社 大石内蔵助に由来しているそうです。願掛けの神様です。 
IMG_0292

IMG_0294
境内のしだれ桜が綺麗でした。
また、上賀茂神社のそばにある 焼き餅屋さん「神馬堂」焼きたてをいただきました。素朴でやさしい甘みのつぶ餡でした。餅もとても柔らかくおいしかったぁ〜

IMG_0296
店ではお兄さんが順番に鉄板に置く場所を替えながら焼いておられました。
IMG_0297
鞍馬寺前を経由して、峠を越えると美山、佐々里です。 市内では気温は上昇しましたが、ここではまだ桜も咲いていません。先週まで道の端には雪が残っていたようです。どうやら、川にも雪解けの水が入っているらしく、水棲昆虫の気配も薄いです。ライズもありません。また、昨年夏の台風による大水で大量の土砂が流され、川底が浅くなってしまっています。さあ?どうでしょうか〜。
佐々里Fly&Lure特別区 IMG_0298
ランチまでの間、早瀬で出たのですが、慌てて、フライをくわえたのか、残念ながら、2回もバラシ・・・・。
IMG_0301
後半は少し上流へ移動。二つの流れが出会う理想的な流れの中から! う〜ん  赤ちゃんアマゴが飛び出しました。でもこれもばらしてはならん!とばかりにネットも間に合わずに岸にランディング。記念撮影をして ちょっと安心。 もう一度同じ流れを流してみました。 IMG_0304
ウレシ〜!こんどは小学生サイズですが、とても綺麗なアマゴちゃん。 こんどはネットですくう余裕も。。。。 
  やっと!マイ解禁なり。
同行のUsan運転ありがとうございました!Ksanもお疲れ様でした!

hiro919repair at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月23日

パラダイスへGO!

いや〜 パラダイス。いつものお仲間と行って来ました。

お天気はピーカン 気温も夏並み
あとは 釣れまくって ハッピー!
なんて。
しかし、毎度毎度 同じようには行かないものです。

今回はN先生もご一緒で4人のパーティ。
メンバー二手に別れて、Uさんと私は先ず、堰堤下のプールへ。

小さな虫が飛んでいますが、ライズなし。
その間に
私は少し下流に行ってみました。枝に覆われた落ち込みに上からフライを流してみると、
すぅ〜っとゆっくり フライをくわえました。
なかなか良い引きでしたよ。

約25センチのイワナ(クリックで大きな画像)

RIMG0109
これはUさんが撮ってくれた画像です。
DSCF0424

でもプールでの反応があまりに悪いので、私たち二人は上流にいきました。
しばらくするとなんだか水が濁ってきます。
なんだか上部で工事の気配 う〜ん。

お昼からわたしとKさんで堰堤の下流部にいってみました。
ココは急峻な谷になっていて今まで入ったことがなかったのです。

「いかにも さかなが出そう」な落ち込みとプールの連続ですが、
やっぱり上流の濁りが流れ込んで無反応でした。残念!
地元のフライマンのもお会いしましたが、このところずっとこの調子だとか。

でも、みなさんはべつの支流といつものライズポイントでそこそこの数のさかなの顔を拝めたようです。
良かったですね。

最後の堰堤上にはたまった土石のプールにたくさんのイワナが落ちてきた虫に次々と飛びついていました。


目の前で捕食するのを見られることも良い経験になりました。
結局、本物の虫なら迷わず飛びついてくるのですから、
「フライをどれだけ自然に見せるか」が大切なんですね。

魚がいてこその釣り
状況や技術によって釣りの結果がかわる。

そんな当たり前のこと改めて感じました。

Uさん いつも運転 有難うございました。
みなさんもお疲れさまでした。



hiro919repair at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月09日

ハンドメイド フィッシング・バッグ 1号!2号! そして合体!

先日から作ってきたフィッシング・バッグですが。。。
先日、実釣での試用も済ませました。やはり改良の余地がたくさんありました。
中身の重さが前と後ろで微妙に違うと、、なんだかシーソーみたいに上下するのです。
本体をウエスト・バッグみたいにベルトをつければいいのかも知れません。
でも1号 2号のそれぞれの自由がほしかったので・・・。
いらなくなったウエーダーに付属していたナイロン・ベルトを使えるように、ループ(ベルト通し)を作って縫いつけてみました。


RIMG0054
ハンドメイド フィッシング・バッグ 1号

RIMG0057
ハンドメイド フィッシング・バッグ 2号


RIMG0101

合体!

RIMG0104


RIMG0107

hiro919repair at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月18日

祝!マイ・解禁

いつものお仲間と京都は佐々里にある、C&Rエリアに行ってきました。sasari1
午前中は高校跡あたりから釣るも無反応
ランチをゆっくりいただいて、上流へ・・・
かな〜り無反応が続きました。(いや〜”う”さんはヒットします)
虫もさかなもライズなし。おかしい〜な〜。
お天気はまずまず。気温も上昇したのに〜。
でも2時間ほど過ぎたエリアではたくさんのカゲロウが乱舞しています。
ひょっとして・・・ここは出るかも!


BlogPaintsasari2
さび色の残ったきれいな魚体です。
sasari3

キョウトヒメフタオカゲロウ亜成虫オス
キョウトヒメフタオカゲロウでしょうか・・・



sasari4
すぐそばでもうひとつ追加して。
おかげさまでやっとこさ解禁です。

そうそう・・自作のバッグも使ってみました。
やはり、いろいろと改良すべきところありますね〜。

同行のUさん Kさんも大変おつかれさまでした!

hiro919repair at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月04日

ハンドメイド フィッシング・バッグ 2号


桜 満開ですね〜
春ですね〜
でも わたしの解禁はまだです。

せめて 製作にいそしんでいます。


RIMG0058



RIMG0057

前のと少しデザインも変えて・・・。


hiro919repair at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月21日

ハンドメイド フィッシング・バッグ 1号

祝!渓流解禁
みなさん良い釣りしてますか?
わたしは日ごろの行いのせいか。。。まだ行けてません。

それでも今シーズンの釣りに胸をときめかせながら、
自作のチェスト・バッグを創作してみました。

まだまだ試作の段階ですが、ちょっとは 「らしく」 出来上がったと思います。

------って言うかぁ〜

「ウエスト・ポーチ買った方が早くて安かったりして」
しかもコーデュラ生地やジッパーなどパーツも揃えていくと材料費もなかなかお高いものになってしまいました。

それから、実際に縫うのも細かい場所は難しかったり・・・と。

でも!もっと技術と経験を積むことによってもうすこしマシになって行くとは
思うんです。
なにより自作ものは愛着ですよね〜〜〜〜。


RIMG0053


RIMG0054



hiro919repair at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月19日

打波  猛暑  無念 

RIMG0120

気の合う仲間と福井県 打波の流れへといってきました。
本州は昨日より梅雨明け宣言がだされ、いきなり「猛暑日」へと!

いや〜〜〜〜〜暑かったです。
こんな日に釣りに行こうって「アホ」ですわ。
(私が誘ったのです。アホはわたしだけですよん)

それでもusanはしっかりとキャッチ!さすがです。

私といえば肩に力ばかり入ってイワナにフライを見切られてしまいました。

RIMG0112   

短い区間に堰堤があってなかなか釣りあがるの困難です。でも!
5メートルも堰堤の滝をイワナはジャンプしていましたよ。
RIMG0108


アンバーシャドウも寂しそう〜
RIMG0127

<おまけ>
次の日には奈良 近鉄 大和八木駅近くにある、「だんご庄」に行ってきました。
オーダーついでに「今食べるから 一本ちょうだい」と言うと、冷たい麦茶も出してくださいました。あ〜旨かった。
RIMG0128

http://dango.kir.jp/
top_img01

hiro919repair at 20:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年06月16日

あの流れ・・・

気の合う仲間と福井県のあの渓流へ・・。
梅雨に入って1週間目 この日は夏のような晴れ間でした。

水量はかなり少なかったですが、このプールにはドラマがあります。
倒木が橋になり、遠投を拒みます。
流れ込みにはキット!大物がひそんでいるはず。。。


RIMG0075
早々にusanにヒット!
RIMG0073

そして!やっと 私にも会心の一尾が〜。

RIMG0065

上流の堰堤上ではライズを発見!
このポイントでは例年、立て続けに釣れてくれます。

いや〜イワナ君は裏切りませんね〜。サイズのわりには良く引きます。

RIMG0088

RIMG0085

ネットが魚篭状態に!
いつものことながらusan 運転も大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

ps.
しかし〜 気がつくと手の甲にブヨが止まって出血〜。
いま異常にカユいんですぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

hiro919repair at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月10日

やっと!解禁・・・でもイワナ君?

奈良県 天川水系 洞川(どろがわ)温泉の下流域


RIMG0030

RIMG0031

8時に用意が出来て 川に降りたらすぐに雷の音。。。
ぽつぽつ雨も降ってきた〜。

数日茨城県に甚大な被害をもたらした異常気象の余波か。

だんだん近くなる雷の音 しかも!ピカっと光る。
ロッドに落雷したらお陀仏だあ〜。つりはあきらめて
先に食事にした。

2時間ほどすると低気圧は行きすぎたようで 
あたりは少し明るくなって来た。

気を取り直してもう一度!!
増水してささ濁り

赤い橋の下の流れで
ドラグが掛かって流すのが下手な私のフライに飛びかかる魚の影!

そう・・失敗してもまたチャレンジしてくれた。
 何度となく同じ流れを流していると「もう!待ちきれん」とばかりに
食いついた。

同時に下流に泳ぐ! なかなかパワフル。
でも体の色がなんか濃いよ〜

「まさかイワナかあ?」
奈良の川では今までイワナを見たことなかったです。


RIMG0018

うれしい!
手のひら超えサイズ

RIMG0021

RIMG0022

とにかく解禁ですかね〜。






hiro919repair at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月29日

祝!解禁・・・ですが。春はまだ遠い?

いや〜 寒かった。。。
解禁してはや今月も終わりですが

春はどこ?って気候です。
usan1

nsan1
usan、 n先生ともに魚見られたとのこと おめでとうございます!
わたしは支流にて尾びれを見たにとどまりました。
yuge1
京都市内ではまだ梅の花の満開も迎えません
京都梅
一方、雪深い 弓削地区の「KINEYA」さんとこの桜の花
kineyasakura1

kineyasakura2

hiro919repair at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月29日

やっぱり!最高!今シーズン渓流最後

DSCF0022


RIMG0007

やっぱり!最高!パラダイスだ T川〜

ダムの崩落工事を横目に見ながら、いつもの流れに到着。
ボサが茂って林道も川も見分け付かなくなっていました。
RIMG0031


RIMG0034

あの!連続ヒットのポイントは健在でした。
シルクラインお初でしたが、なんか軽くてラインが出て行かないんです・・・。
usanのご指摘
「KINEYA#3グラス・ロッドには#4ラインが合いそう」

RIMG0019


RIMG0037


でも・・・帰りにはゲートに施錠されてしまっていて焦りましたね!
usanも大変お疲れ様でした。

RIMG0030


hiro919repair at 20:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年09月22日

シルク・フライ・ライン

いよいよ今月末で自然渓流は禁漁になってしまいますね〜。
しかし〜大型で速度の遅い台風のおかげでぜんぜん釣りになってません。

そんなこんなではありませんが。。。
この度、フライ・ラインをシルク・ラインに替えてみます。


RIMG0016
もちろん!
ヤフー・オークションの安いのんですよ〜
うん万円もありませんから・・・。


RIMG0017

付属のオイルを週に一度
手ですり込んで約一月

KINEYAの CAVOSにはよく似合いますね〜。

RIMG0018

今シーズンはいわなやあまごに会えるチャンスあるのだろうか?


hiro919repair at 17:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年07月31日

郡上八幡 気良川

お天気が心配だったのですが。。とにかく向かいました。
郡上八幡 吉田川の支流 気良川です。

気圧が不安定であちらこちらで大雨になってしまいました。残念〜。

昼から天気が少しだけ回復したので里の川の様子をうかがいました。
やはり増水していますが、あまり濁りはなかったです。





kerakawa1

kerakawa2

自然の石で堰堤をつくってありますね。
両サイドには魚が遡上できるようにしてありました。

kerakawa3

お天気の良いときにまた期待しましょう。

hiro919repair at 19:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年06月02日

台風一過・・・

台風2号はたくさんの雨を降らせて日本大陸を横断していきました。
林道にはガレと折れた木の枝葉。

きょうはやはり水量も多くてながれも早いです。
釣りには厳しそうです。


ごうごうと流れる川を渉るのは少し冷や汗ものです。

フライがナチュラルにながれる暇もなく・・・
あわてて飛び出すあまごの銀色のお腹が一瞬だけみえました。
う〜ん 残念!

あちらこちらの沢には滝が出現。

DSCF0188


こんなにも美しい渓流なのに廃車の不当廃棄が.....

DSCF0197


hiro919repair at 17:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年05月26日

石徹白へGO!

DSCF0161

DSCF0163

気のあった仲間と岐阜県、石徹白川のキャッチ&リリース区間へいってきましたよ。
http://www.itoshiro.jp/candr.html

いい天気にも恵まれ、さわやかな風と日差しを感じながらの
釣りになりました。

さすが、激戦区だけあって、あちこちに先行のフライマンが・・・
魚の存在は濃密で私のゴミフライにも見にはきますが、なかなか食いつきません。
同行のUsanの助言どおり、ティペットを細くすると・・・

DSCF0169

細長いイワナ嬢です。

DSCF0175
ニリンソウでしょうか・・・可憐な白い花が川沿いに咲いていました。

hiro919repair at 12:50|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2011年05月05日

気になる水の中・・・

いつも気になっています。
この流れの下 あまごはどこに潜んでいるのだろう?



落ち込みから開きの肩あたりで泳いでいるあまごを見つけました。


流下する餌を捕食しています。近づいてもあまり逃げません。

hiro919repair at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月27日

キャッチ&リリース

今回はusanと二人のみでした。
朝ゆっくりと待ち合わせて京都市内から杉木立の峠を3つほど
超えたらフライフィッシングの聖地。


sasariyamame

のどかな山間の里川ですが魚影は濃いです。
あちらこちらでライズしてます。
でも甘くみたら「ボ」を食らいます。

ちょっと焦り気味でヒット!
お〜ヤマメ嬢です。

今日の天気予報は
「昼前から雨、時に強く、雷や突風を伴うでしょう」
でも現地に到着したときはまだ快晴!

sasarri02


予報は的中〜
午後からはザーザー降りでした。
でもやっぱり気の合う仲間はいいもんですね。
usan運転もありがとうございました。
お疲れ様でした!
--------------------------------------------------------------------------
お!〜畑の中に・・・
farmcar01

farmcar02

farmcar03

--------------------------------------------------------------------------
帰り道、KINEYAさんの工房に立ち寄りました。お気に入りのリール"CAVOS"のねじがいつのまにか無くなってました。今日はお休みにも関わらず、気持ちよく修理していただきました。
kineyahouse01ai
キネヤさんの工房と「ユーフォリア」とゆうカフェ&レストです。とてもお洒落な建物です。
cabos

hiro919repair at 23:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年04月15日

春。。。あまご

ykawa01

今シーズンはじめてのY川支流
お天気はピーカン
気温も上がってきたし、虫たちのハッチも見られました。

amago20110413-1


サイズは20センチ程度でしたが、
なかなかいい感じのあまごに会えました。


hiro919repair at 20:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年04月01日

 あまご解禁





amago20110331のコピー


雪に閉ざされた世界にも
やがて 暖かな日が差して。。。

小さな生き物たちにまた
出会える喜び
amago20110331-2

hiro919repair at 20:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年08月28日

RUN AND FISHING!!

気のあった仲間と遠征です。
高速を三つ乗り継いで インターチェンジ降り立った直ぐに川に降り立つことのできる場所。
いや〜〜〜〜暑かったです。

しかし!信州まで来ると山が本当に高い!ですね。その山 谷から流れてきたきれいな川には
本来たくさんの生物 もちろん!イワナもいるはず。
でも本当に街中を流れる川で釣りができるなんて〜

上流にはC&R(釣った魚はやさしく逃がして)区間もあるそうですが。。
なんせ初めての土地では情報不足でしたね。結果はノー・フィッシュでした。

今度はいい結果がありますように。。。


ootagiri1

ootagiri2

ootagiri3


ootagir4


usan 運転もお疲れ様でした!

hiro919repair at 20:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年08月19日

通行止め

nakaokutouboku

なんと!!生木が根元から折れて道を塞いでいます。
きっと大きな岩が転がって落ちてきたのでしょう〜。サム〜。

ちょっとやそっとではどかせません〜。
今回は結構下流に降り立つことに。。。

nakaokutouboku2
いつも通り過ぎる林道を歩いて入渓できる場所をさがしましたが。。。
けっこう谷が深くて参りました。



nakaokusora

初めての流れはまた上流とは違った印象で巨大な岩がゴロゴロところがる景色。
一度降り立って河原を遡ると脱渓ポイントが不明でとても不安です。

河原近くの木の枝にコンビニ袋がぶら下がっていたりするのですが。。
やはりそのあたりの唯一の脱渓の目印のようです。

しかし!結構な登山を強いられました。
でも林道に辿りついて「ほ」っとしました。
nakaokutaki2

林道の途中にはきれいな滝もあり、涼しげでしたよ。
「釣りの結果は聞かないで」です。

hiro919repair at 16:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年08月14日

殺生〜な キャッチ&リリース

私にすれば珍しく同じ渓に通っています。
夜半から早朝は台風接近で雨模様 でも台風のスピードなかなか速くて
8時ころには空は明るくなってきました。

思い切って早めのランチを済ませて13時ころから川におりてみましたが。。。。
中途半端な時間なんでしょうか?ちょっと空振り気味。。。

今日は早めに上がろうか。。と思いながらも名残惜しいので
入渓した河原でキャス練とゆうことにして・・・
リズムとフォールを気にしながら、、、一応フライも目で追いながら。。。と。

どうでしょう!「ヒット!」散々歩き回って荒らした流れからカワイイ アマゴ。
殺気がないキャスティングがよかったのでしょうか?

ネットやロッドがやけに大きく写ってしまうような画像を撮って・・・

さて「リリースしよう」とフライをはずそうとつまんだ瞬間「!」

針の刺さった角度が悪かったのか?エラから血を出してしまいました。
しばらく蘇生を試みましたが・・・・
少し泳いだ・・と思ったら
とうとう流れの中に沈んでしまいました。


日ごろ「食べるためではない」とか「自然の中で楽しむだけ」といいながら
「キャッチ&リリース」をモットーにしては来ましたが・・・
「釣れた喜び」はあっと言う間に気まずいものに・・・

嗚呼!要らぬ殺生をしてしまいました。罪深い煩悩に悩む釣り人です。

釣る技術ももちろんですが!
釣った後の所作もクールでスマートにならなければいけませんねぇ。。。

反省とゆうことでアマゴの画像はナシです。

hiro919repair at 20:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年07月29日

ハンド・メイド タックル・ベスト

フライ・フィッシング入門時はやはり、お決まりのファッション
ポケットのいっぱい付いたフライ・ベスト。

お次はちょっと英国紳士をめざして帆布のショルダーバッグ。


そして最近ちょっと気になるのが リュックのようなバッグのような・・
「タックル・ベスト」と呼ばれたりしています。


フィルソンとゆうブランドのなんか欲しい〜でも平気で¥20000もします。


要するに小さなポーチをサスペンダーに縫いつけた・・・ようなデザイン。

・・!!だったら自分でも作れそうか〜? と思い立ってあちこちネット検索

ポーチバッグのつくり方の載ってるページを見たりして。

しかし今回はバッグを作ることは置いといて。。。。




uestback
昔買ったまま仕舞いこんであったウエストポーチ・・
黒いボディに赤のパーツと窓のようなデザインに惹かれたんです。
suspendor

そういえば!
ワーク・ジーンズ用のサスペンダーがあったのを思い出しました。


tuklevesi1

ウエスト・ポーチと合体!ちょうど「赤」がポイントでしょう〜。

あとは実釣にて使い勝手を確かめよう〜〜〜。

hiro919repair at 17:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年07月25日

渓に想う・度々

ドピーカン!のある日
またまた行ってきました。
空には雲ひとつ無く。。真っ青な空だけ。
木々の緑がくっきりと見えていました。

日陰のたるみを狙ってみます。
思い通りに元気なアマゴが飛び出しました!
久しぶりにロッドがしなるイイ〜サイズです。
太陽に照らされて朱点もきらめいています。

ただ。。。うまいことポーズをとってはくれません〜。


nakaokuaozora

nakaokuamago5

nakaokutaiya
・・とここにも不法廃棄か転落事故なのか??
車の部品が朽ちて苔まで生えてきてます。
もう自然のオブジェのようなたたずまいです。




hiro919repair at 18:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年06月25日

梅雨の晴れ間に・・・

きのうは朝からザーっと雨。。。
「きっと川は増水濁流か〜」と思ったよりもまし。
しかも!お天気はドピーカンに。

nakaokutenki

nakaokutenki2


nakaokutenki3

いかにも。。。の流れからこっそりとフライに食いついた、
「釣った」よりも「釣れた」って感じ。
でも 久しぶりの流線型ボディ。
nakaokuamago4

しかし なかなか後が続かない。
橋のたもとに軽トラック。
午後からの脱渓地点で釣ったアマゴの処理をしている餌師さんに会った。





yuuyake

帰りには幻想的な夕焼け・・・

hiro919repair at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月21日

渓に想う 再び

今日はあの辺りからもう一度・・・取りそこなったライズを・・ともくろんで早めに着いたつもりでしたが・・・・
河原に降り立ったところで、悠々と竿を振る餌師さん。
ちょうど釣れたところでお声をかけて下流に移動する羽目に〜。
彼の魚籠にはすでに5匹ほどのアマゴ。。

ちょっと調子はずれたけど私にもなんとちいさなアマゴが〜。
どっちかといえば「釣れた」って感じ。
nakaokuamago3

しかしデジカメを構えてもなかなかポーズを決めてくれない。
それから後が続かない。。。。
やはり先行者のせいか? いや腕の差か?

refreezulator

この日はランチの後もう少し下流から入ってみた。
こんなところにも 不法投棄の大型冷蔵庫。



結局後半も魚を散らして終了。
今回もたくさんの課題をみつけました。





hiro919repair at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月10日

渓に想う

もしも人間がいなければ、自然はもっと美しかっただろう。
そんなことを想った。





momiji



川に落ちた車。いや!不法投棄されたのだ。
その金属が自然に帰ることはない。

そのボディのすきまからも枝や葉を伸ばす。。。



krushcar

hiro919repair at 20:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年05月14日

中学生アマゴ

先週に続いていってきましたよ。。。でも寒かった〜

いかにも!の流れから飛び出したのは中学生クラスのアマゴ。
でも体高があってサビの入った魚体は精悍です。
思わず「ヤマメか〜!」て思ったほどです。
でも良く見るとちゃんと朱点がありました。

nakaokuamago2
この渓にはところどころに滝をみることができます。
nakaokutaki
山に咲いたアジサイの仲間でしょうか?他にもツツジや藤の仲間もピンクや紫の花を咲かせていました。
nakaokuajisai



hiro919repair at 15:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年05月08日

マイ解禁

やっと!魚見れました。やっと〜

nakaokuamago1

nakaoku

nakaoku3

とはいえ・・・ちっちゃ〜い 小学生アマゴですが・・・・
ひれピンで〜す。

hiro919repair at 20:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月30日

EPIGAS 風防入れ ハンドメイド

どこでもお湯を沸かしたり、便利なガス・ストーブですが。。。
屋外では結構風が強いです。
ましてや。冬期になると気温が下がってなかなか沸きあがりません。
「欲しい〜な〜。。。風除け」と思っていたところ、「好日山荘」で見つけました!
「EPIGAS 風防」です。
売り場ではビニール袋に入って陳列してありますよね。。。
取り出して広げたりいろいろやってみて
「さあ・・仕舞おう」とおもったら、輪ゴムで閉じるだけ???ですよね〜。
なんか寂しい〜〜〜。
・・・とそこで「EPIGAS 風防入れ」を自作することにしましたよ。
古くなってもう捨てられる寸前だったレインパーカー・・・生地をリサイクルして
ちゃっちゃ〜と簡単に縫い合わせました。

epigas01



epigas02


epigas03

「EPIGAS 風防入れ」には特に「防水・透湿」必要はありませんが、
一応・・・「ゴアテックス・ファブリックです。

hiro919repair at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月18日

最後の最後に・・・ヤマメだあ!

気のあった釣り仲間といってきましたよ。。。
最近めっきり「ボ」続きのわたし。

最後の最後にヤマメに逢えました。
いやあ〜釣りやめないでヨカッタ

sasariyamame

手のひらサイズですが久々にロッドにつたわる躍動感!
なかなかいいポーズでデジカメに収まってくれず。。。
ネットの大きな網目からとん走〜

usan,ksanも大変お疲れ様でした!

佐々里C&R フライ・ルアー特別区
http://www.sasari.net/index.htm

hiro919repair at 18:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年06月19日

FlyFishing 3 弾丸あまご

琵琶湖の北部の渓に・・・
気の合う仲間とゆっくり行って来ました。
待ち合わせもゆっくりAM7:30

車の中ではプレミアム・サンドウィッチと野菜ジュース。
生ハムやベーコンや玉子焼きがライ麦食パンにはさんであり、
とてもリッチでコンビニ・サンドとは思えませんです。

そして、高速を一路湖北のインターへ!
インターを降りると1時間も走ると濃緑の深い山谷です。
一部は杉の植林もみえますが。。
山のほとんどは原生の広葉樹のようです。

林道には野生の獣や鳥たちが・・・
サルの親子や キジまでゆったりとゆったりと道を渡っていきます。

川の流れは梅雨なのにこの数週間の無雨でさすがに減水していましたが、
かえって川通しが良くなってたすかります。


本流で午前中は惜しくもさかなみれませんでした。
腹の虫がなくとおもったら、「もう!13時だ」

ランチは車にもどって私が湯がいてきた拙い蕎麦とおにぎりで一息。。。

さあ!満腹でふらつく足取りで今度は支流に入ってみます。

支流とはいえ。流れは重たいです。
大きな沈み石は滑りやすく、なんどもよろけながら

あちこちのポイントをさぐっていくのですが。。
なんとなくもう先行された雰囲気。反応が鈍い(ってかヘタ!)

でも二人譲り合い、距離と時間を置いて釣りあがるとすこしずつ反応が。。。

水棲昆虫のハッチもないのでここらで「アリさんフライ」をティペットにくくって
みます。ある程度水深のある、小さなプールのような流れから
まさに!飛び出しました。

高あまご

やっぱり「弾丸アマゴ」体高のあるのがここのアマゴの特徴らしいです。
てのひらサイズなのにビッグに見えるのはわたしだけでしょうか?
残念ながらこの日はこの一尾だけしかネットにはいらず。

しかし、川を奥にいくほどさかなの存在もはっきりと。
広いプールではなんと!体全体を空中に出し、
「横っ飛びライズ」をくりかえしてます。

しか〜しフライには反応なし・・・・・。

もっと先に進みたいのはありますが。。。
アットゆうまにお帰りの時間です。

次はココから奥を攻めましょうぞ!

usan行き帰り 車の運転も大変お疲れ様でした!



hiro919repair at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月21日

FlyFihing 2

急にお休みが決まって「そうだ!あの渓流にいってみよう」と思いました。
流れに沿った林道の入り口のお宅で釣り券を購入すると、閉ざされた鎖をはずしてくれます。この川は堰堤も無く、林道からの入渓もたやすいのです。


amasukawa090520.jpg

ohana090520.jpg
きれいなピンク色のお花・・・なんと言う花でしょうか?
ohana090520-1.jpg

ajisai090520.jpg
原生のアジサイもきれいです。
iwana090520.jpg

ここにはイワナとアマゴとヤマメがいるそうです。
今日は小さなイワナが元気にとびだしました。

hiro919repair at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月14日

FlyFishing

釣り仲間と福井県のとある渓流に行ってきました。

久しぶりにきれいなイワナの顔をみることができました。
T-river'sIwana.jpg
大きなダムの上流には陸封された渓魚たちのパラダイスがあります。
砂防堰堤にその流れをいくつにも分断されながらも、
豊かな水量と豊富な餌に恵まれて、のびのびと育っています。

上流部の大きな堰堤を越えたポイントでは盛んにライズを繰り返していました。


ライズより上にフライを届け、思いどおりの流れにフライが乗ったそのとき、飛沫をあげて「Fish On!」

サイズもなかなかおおきいぞ!久々にロッドが弧を描く快感とさかなの重さ
が腕に伝わってきます。・・・しかし、たるんだラインとフックアップが浅かったのでしょうか。痛恨の「バラシ」う〜〜〜〜

心を落ち着かせて改めてフライを運びました。
アマゴやヤマメならそうは行かないのでしょうが、
私の凡キャストにもう一度アタックしてくれました。

こんどは慎重にラインをさばき、テンションを保ってようやくネット・イン!
てのひらサイズですが、ひれピンのイワナくんはとても美しいです。
画像を撮ってリリースしました。

そのポイントを後にするとき、思わず「楽しませてくれてありがとう!」って
言葉がでてきました。


同行のusan Kさん、Nさんもお疲れ様でした!

hiro919repair at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月05日

幅広アマゴちゃん

またまたいってきました。
美しい日本の渓流・・・福井県、琵琶湖の北上に位置する川です。
おもったよりも水量が多くて、しかも川岸がほとんどないので、川の中を移動するのに難儀しました。
でもきれいな景色をほぼ貸切に。。。

魚はあちらこちらにいます!
ただ、腕が悪い〜。

でも!Usanは理想的な流れでクリーン・ヒット!
べっぴんアマゴをネットに・・・
さすがですなあ。。。

とうとうランチまで私の竿は曲がらず・・

habahiroamago
でも後半、少し流れの弱くかんじられた支流にて
ちいさな落ち込みで勢いよく反転してフライをもぎ取った
♪ちいさいけれど〜幅広アマゴちゃん


いやあ!「ボ」なくてよかった。

Usanも大変おつかれさまでした!



hiro919repair at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月13日

きれいな景色の川 ネイティブな魚との出会い

釣りのお仲間usanと北陸のとある渓流へと行ってきましたよ。
自然たっぷりのきれいな景色の川です。


amakawa.jpg

護岸もあまりなく、川沿いの林道からも容易に川に降り立つことができます。

きれいな景色に対して釣りの結果は「ちいさい・かわいい」
でしたが。。

とっても美しいネイティブな魚でした。

梅雨の合間で天気予報に反して雨もなく、
ゆっくりとランチもいただくことができました。

siroihana.jpg
ちいさい・かわいい

usanも大変おつかれさまでした!





hiro919repair at 20:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月23日

行って来ました!北陸渓流 イワナのパラダイスへ!

今シーズンに入って初めての遠征 福井県の渓流です。

いつものように早朝に京都で待ち合わせ、高速のインターを降りたらダム湖の上流を

目指します。

到着すぐは反応が鈍かったですが。。。

昼前から流れのあちらこちらからイワナの姿見ることできました。

しかもこの日は同行のusanに”泣き尺”イワナが釣れましたよ。

”泣き”とゆうのは30センチ(尺)にあと1センチ足りない・・・。

ってことらしいです。

いやあ!ほんと長い!ちょっと魚とゆうより、モンスターです。

それぞれ7〜8尾のイワナを上げることできとってもシアワセでした。

ホンマ パラダイスです





tkawa080521.jpg



iwana-08t.jpg



aburabire.jpg



hiro-tkawa.jpg

usan tsan
大変 お疲れ様でした!

hiro919repair at 20:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年04月03日

祝!渓流解禁・・・今年初アマゴ

渓流解禁!
いつものお仲間は雪の中 岐阜県で釣り&温泉で早々におさかなの顔を拝まれています。
  
皆さんからちょっと遅れること1か月、私も昨日 今年の渓流解禁を迎えました。


シーズン・オフにさしたる用意もせず、前日にタックルのチェックをした程度のなまけものフライ・マンです。

前日は日本全国 低気圧に覆われ北日本では猛吹雪の荒れたお天気でしたが。。
昨日はいいお天気に恵まれました。

京都から日本海へ抜ける周山街道沿いの小さな流れ 山小屋風の喫茶店のすぐ下、支流との出会い まさに理想的な流れから二回もアタックしてくれました。



amago20080402.jpg

きれいはパーマークの周りの朱点が見えないのですが・・

関西ですのでアマゴだと思います。

同行のお二人にも釣れて皆ニッコリ。





hiro919repair at 20:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年02月10日

趣味の世界・つながる広場・仲間

釣りのお仲間usanがブログを開設されましたよusan

仕事もそうですが、釣りもそしてお人の世話もソツなくこなすナイス・FFマンです。

わたしはこのお方のおかげで遠いところでイワやアマゴの顔をみせてもらっています。

いつもありがとうございます〜。

もちろん!私の趣味はフライ・フィッシングですよ〜。でも
つれたオサカナやきれいな景色はコチラのサイトで堪能してくださいませ。


hiro919repair at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)