2017年01月19日

保健所見学

今週は地域実習ということで保健所に来ています。
久しぶりに学生に戻った感じで児童館や保育園、保健センター、健診などを見学しています。
早く終わるのでわ子供のお迎えなども手伝っています。
こんな日もあるのは嬉しいですね

hiro_0921jp at 21:08コメント(0)トラックバック(0)│ 

2017年01月15日

腎臓内科終了

久しぶりの投稿になります。
腎臓内科の発表があったり当直があったりしてバタバタしてました。
腎臓内科の4週間が終わりました。
病棟業務から離れてたっぷり腎臓だけの勉強ができました。急性腎障害、慢性腎障害、電解質、血液浄化など沢山の症例に触れることができてシニアで必須の知識を学ぶことができました。
感染症志望ですが進路を変えてもいいくらい充実しました。
もう少し研鑽して腎機能障害の抗生剤投与量などを研究してもいいかもしれません。
また高カリウム血症の緊急透析も何例か立ち会わせて頂きました。夜中でもすぐに駆けつけてくれるフットワーク軽い臨床工学技士には頭が上がりません。

さて明日から地域実習で1週間保健所に行ってきます。その次の週に研修医業績発表があり忙しさが続きますが頑張ります

hiro_0921jp at 20:11コメント(0)トラックバック(0)│ 

2017年01月01日

腎臓内科

只今最後の内科ローテとして腎臓内科を回っています。
コンサルチームに入ってみっちりと血液浄化、急性腎障害、慢性腎障害などを勉強しています。
電解質や腎障害は苦手意識が高かったので毎日が本当に勉強になります。
感染症志望ですがちょっと進路を変えたくなるくらい楽しいです。

hiro_0921jp at 16:55コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年12月18日

訪問看護、身体診察は患者との大切なコミュニケーション




1週間訪問看護ローテとして看護師さんと一緒に往診に行ってきました。
医学的にはあまり全身状態が動かない人たちばかりですが元気な姿を見せてくれました。
中には入院中に担当した患者さんもいて久しぶりの再会に握手するシーンもありました。
1日3件程度で町内を自転車で移動するのでそんなに忙しくはないのですが往診までに患者さんのカルテを全てチェックして長いヒストリーを把握するのは大変でした。
往診に行った時も問診だけでなく身体診察で全身状態をしっかりみたり子供の場合は耳鏡まで持参したり。
身体診察に時間をかけると患者さんにすごく評判が良いことがあります。
きっと今まで来たドクターは忙しくて胸の音くらいしか聞いてなかったのでしょう。TEDにエイブラハムの有名なdoctor's touhというものがあります。
医師以外に医学生や受験生にもみてもらいたいです。スクリプトのサイトも載せます。

https://www.ted.com/talks/abraham_verghese_a_doctor_s_touch/transcript?language=ja

hiro_0921jp at 11:51コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年12月10日

JATEC

image

学生の頃からタスクで参加していた外相初期診療の勉強会に参加してきました。
値段も高いことながら倍率も高く5度目の応募でやっと参加。
内容的には学生の頃から勉強していたので大枠はつかめていますがpan-trauma scanなどの新しい概念もありいい勉強になりました。
基本的には救急に関わる初期研修医が学ぶべき内容であり気道緊急の対応、ショックの診断、切迫するDの対応など必須項目が盛り沢山です。
さすがに救急専門医ではないので輪状甲状靭帯穿刺とか心囊穿刺とかほんまにやる機会あるの?てな感じですが一度はシミュレーションしてもいい内容です。
初期研修もあっという間で残り4ヶ月を切りましたがこういう勉強会に積極的に参加して指導できるようになればと思います。
例え内科に行くにしても

hiro_0921jp at 19:10コメント(0)トラックバック(0)│ 

集中治療室ローテーション終了

5週間のローテーションが終わりました。
超急性期病変から外科ケース、コードが定まらないまま入室したケースなど約30人程度の患者さんを受け持つことができました。
笑顔で一般床へ退室するケース、そうでないケース。転機は様々です。
私の病院はオープンICUなので大まかな方針は科の先生が決めそれを実行していくだけですが色々な目が入るので気を使う苦労もありますが自分の見えない視点なども教えてくれました。
集中治療室での医療は内科以上にエビデンスに基づく医療が難しいところです。
輸液にしても6時間後の敗血症患者にどのくらいいれていいのかすら決まってません。
胸水貯留して呼吸困難な患者さんに沢山穿刺しましたがどの群が効果的なのかわかりません。大半はアルブミンが少ない人たちなのでまたすぐたまります。
もやもや感の中で医療を行い沢山の文献を読んでその患者群を今の臨床になんとか当てはめて治療をするというのが集中治療室なのでしょうか?
全身管理と一言で言いますが本当に難しいです。
その難しさにぶつかって悩むことが医学の難しさでしょうか?
ガイドラインを単純に当てはめるだけでは専門家にはなれません。
私のジュニアで通る集中治療室はまあこんな程度のレベルでしたが来年はシニアとして責任者としてまた集中治療室がやってくるのでもう勉強しなきゃですね

hiro_0921jp at 08:09コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年11月21日

ご褒美

ICU14連勤のご褒美に連休を頂き家族で温泉に行きました。
やっぱり休みは大切ですね。
明日からも頑張りますimage


hiro_0921jp at 00:37コメント(2)トラックバック(0)│ 

2016年11月20日

気管挿管

集中治療室で悩むのが気管挿管。
様々な理由で入室される人はいますが昇圧剤可、NPPV可だが挿管は未定という人が多い。
NPPVは現場では思ったより適応が広く30分単位の呼吸機能改善と教科書ではうたわれてるが結構粘るケースも多い。つけるのはやっぱり侵襲性が高く体験してみたけど長期につけるのは辛い。せん妄も起こる。
かといって挿管すると外せるか微妙な人が多いし気管切開をする可能性が高い人にクオリティの高い予後を送ってもらえるか疑問に思うこともあります。
正解はなさそうです。
やっぱり集中治療室は経験すべきでこういった悩みを経験しないと例えclosedで運営されている集中治療室がある病院で主治医になり集中治療室に患者さんを預ける場合でも方針は自分で決めないといけないので患者、家族にどこまで挿管に対して説明できるか経験してみないとわかりません。
臨床的な辛さをだんだん肌で感じてきました。
果てして来年からシニアとして真っ当に働けるか不安なり

hiro_0921jp at 10:04コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年11月08日

集中治療室なう

集中治療室ローテになりました。低ナトリウム血症、敗血症性ショック、高カリウム血症など盛り沢山。楽しすぎます。


hiro_0921jp at 20:47コメント(0)トラックバック(0)│ 

2016年11月03日

地域実習最終週

image


地球実習が終わりました。
島でのプライマリケアを学ぶことができました。
内科としてローテしましたがどちらかというと救急や小児科などの全般的な知識を求められるプライマリケアの世界でした。
今まで都会の医療しかみてこなかったのでまるで初めて海外に行った気分で新しい価値観を持って帰ることができました。
本日東京に帰り明日から集中治療室で1ヶ月間頑張ります。
初期研修も残り5ヶ月。
頑張ります。

hiro_0921jp at 08:33コメント(0)トラックバック(0)│ 
livedoor プロフィール
訪問者数