2009年11月18日

医学部合格参考書作戦2011年度版

私の医学部合格参考書作戦〈2009年版〉 (YELL books)私の医学部合格参考書作戦〈2009年版〉 (YELL books)
販売元:エール出版社
発売日:2008-01
クチコミを見る


私の医学部合格作戦 2011年度版
医学部合格する勉強法・ムダな勉強法 2011年度版
に引き続きやっと3作目の原稿が終わりました
写真は09年ものです

トータル3作で60ページくらいの原稿枚数です
荒川氏が毎年書いている「再受験生が教える医学部最短攻略法」が190ページくらいですから本を一冊書くのって本当に大変なんですね

これで受験体験記を書くこともなくなり私の受験の記憶は完全に今の医学部の勉強の中に埋没してしまうでしょう
人間新しいものを学ぶために古いものを捨てていく、または箪笥の奥にしまいこむと入ったもので自然の流れですね(前の日記にも同じようなことを書いたかもしれませんが)

書いてていつも思うのはもう受験なんて2度としたくないということです。つまり人生3度目の受験はありません。(医師になることは決まったので当たり前の話ですが)ちなみに何故3回なのかは内緒(笑)
医学部に入って気づくのは、あんな狭い高校生の分野を只管反復勉強する受験というものはものすごく特殊な空間ですね
医学部なら深さというよりはまず広さですよね
生物学、基礎医学、臨床医学と勉強していくわけです

物理学も同じようなもんでした。学部で学ぶ授業でも力学、電磁気学、熱力学、一般力学、物理数学、流体力学、プラズマ物理学、分子物理学、固体物理学、統計力学、量子力学と

しかし、毎日朝の9時から夜の9時まで授業に出て、土日も休まずずっと通い続けた代ゼミの激闘の10ヶ月間があるからこそ今の大学の私がいるのも事実ですかね。
本当に感謝しています。それを支えてくれた家族にも感謝です。

毎日5時前に学校が終わる今の生活は本当に楽です
テストは大変ですが

いやー自分よくがんばった
生体3もがんばらないと
ではでは


PS
何人かから私の大学に関する質問を頂いているのですが、すみませんが大学名を伏せて頂いても構わないでしょうか?
エール出版には私の大学名は載っていますがこのブログでは黙認ということで皆様にお願いしております。
また学費や奨学金制度に関しては、赤本や雑誌、インターネットなどで調べると簡単に見つかる情報もありますので、そういった質問はご自分で調べられる方が迅速に問題解決できると思います
何卒よろしくお願いします


hiro_0921jp at 20:49コメント(1)トラックバック(0) |  

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by ひろ   2009年12月13日 15:06
ちびりんさん、お久しぶりです。
ミクシーでもブログでも更新がなかったので心配していました
でも勉強は続けていたんですね。うれしい限りです。
ブログでも書いてあるように、医学部カリキュラムが見直されどんどん変わっていきます。前みたいに座学だけというわけにはいかないようです。
体力勝負みたいなところもあるので早めに入学してくださいね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
livedoor プロフィール

ヒロ

訪問者数