2009年11月28日

激闘の一週間

今週は激闘の一週間だったので日記の更新もあまりできませんでした。
来週月曜日の生体の科学3の試験のために、ずっと勉強していました。
今週1週間でムーアの発生学を200ページくらい読みました。
今回の発生学は生物の先生と解剖学の先生が別々に担当していた為2部構成です

1部では配偶子形成から受精、胚形成1週目から3胚盤形成の3週目までを読み、胎盤、胎盤膜
2部では胎児循環、中腸ループ、そして膵臓、胃、肝臓の発生、呼吸器、泌尿生殖器、大動脈弓、心臓のそれぞれの発生を勉強しました。
月曜日から勉強を始めたので毎日3時間くらいしか睡眠時間がとれずかなり大変でした・・・・
無事木曜日に勉強が終わり、解剖の先生に私の記述の答案を添削してもらい、無事OKを頂いたのでその日は10時間くらい寝ることができました。

そして昨日は現役生の友人とゼミ形式で最後のチェックをやってました。
私は生物選択者ではないので、配偶子形成の時の核相などがあやふやだったことと、また生物の先生は発生学で分子生物学的なことも出題するけどその時の授業をさっぱりおぼえていなかったのでお互いに確認し合いました。

明日は部活のOB戦なので日中は勉強できません。かなりのビハインドですが、今日は一日かけて暗記時間に費やします。残念ながらデッサン教室もいけそうにもありません・・・・何せ暗記量が膨大なので
解剖学的なことも出題されるようなのですが、理解する項目を優先したのでまだほとんど手をつけてません

今回の勉強は90分x12コマの限られた授業を受けた後で、自分で興味を持って本を購入し、自主自学のもとで楽しく勉強することができました
なんだか久しぶりにアカデミックな雰囲気に浸れてとても幸せでした


さて最後にセクション試験について
普通の大学の試験は学期ごとに試験が行われます。
しかしこの生体の科学はセクション試験という形で、短期集中的に授業を行って、授業終了後にすぐに試験を行います。医学系ではあたりまえの授業風景です。

今回の科目はこのスタイルに慣れるための貴重な体験だったと思います。
大変ですがある意味効率はいいので結構好きなスタイルかも
後は体力の問題だけですね

hiro_0921jp at 08:07コメント(0)トラックバック(0) |  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
livedoor プロフィール

ヒロ

訪問者数