2008年08月

2008年08月31日

雑談

こんにちわ。今日はリフレッシュ(もうしつこい!)してきてこのブログ含め後2件書くつもりでおりますのでお付き合いください。とある友人の話です。

私が大学に入ったときに、その友人は2浪生として入学してきました。東北出身です。代ゼミの仙台校で浪人生を過ごし、寮に2年いました。その人は東北大学に入りたくて現役前期後期、1浪前期後期、2浪前期受けてだめで、後期でうちの大学に入ってきた人でした。狙っていたのは地球物理。子供の頃UFOを見たことがきっかけで宇宙人に対して興味を持ちその可能性を求めて研究者になりたいということでした。

4年目の夏、進路選択の際にそいつはもちろん東北大を選択。情熱は4年たっても忘れてませんでした。

東北大の院試の特徴は遠くから来る方も多いので2日間くらいで筆記、面接すべてをこなします。(私の受けた東工大では筆記と面接の間に3日くらい空きがありました。採点後に筆記を通ったものだけが面接にいけるシステム)
その人は試験はだめ、面接もだめで専門科目についての口頭論述もうまくいきませんでした。もともと純粋な物理学科と地球物理では専門が異なるのでオーロラの現象やら惑星の運行について全然勉強したことがないのに受けること自体無謀だったのですが。
面接官も終始険しい顔をしていたようです。(大学院ではオファーを受けた研究室の教授が面接官となるが総合的なジャッジメントをするために全教授も同席します)
その教授は最後に何か言っておきたいことある?ときかれたので、

私は、東北大を5回落ちて駄目でした。4年たちましたが今回6回目の受験になります。私はそれでも東北大で勉強したいんです!

「君!それが一番大切なんだよ!」
と東北の人たちを感激させたようで試験が通ったようです。
私自身も学部入試で東工大を失敗したわけですが、院試に奇跡が起こり(これも機会があったら私の大学4年目というタイトルで書こうと思ってますが)、うちの大学唯一の合格者となって院から入学することができました。人生何が起こるかわかりませんね。どんな形でも諦めてはいけないという事です。

*あらかじめいっておきますが、院は自分の研究とのマッチングが重要なので大学入試と違って偏差値がいくつだからここを狙うということはありません。あしからず。


hiro_0921jp at 23:39コメント(2)トラックバック(0) |  

リフレッシュ!! +代ゼミ2学期の攻略法を考える

受験生の皆様、こんばんわ

私用ながら千葉大セミナーをぶっちしまして、土曜は夏休み勉強の最後の追い込み、今日は完全オフをさせて頂きましたひろです。

お陰さまで、体力、気力共に完全回復致しました。(多分ケアルダぐらい)

先ほどのブログにも書かせていただいたように、午前中は身の回りの整理、午後は高尾山の山登りをして自然と戯れ、山頂で蕎麦(有名ですぞ)を食べ、読書してうとうと眠り、その後吉祥寺のマッサージのお店で全身マッサージをしてもらってリフレッシュ致しました。
お店の人にも体がぼろぼろですねと、まさに夏の勉強の評価とも受け取れるメッセージを頂いてきました。実際は、社会人はパソコンを使うのが当たり前なんですよね、特に私はエンジニアだからしかたないですよーみたいな軽い会話でした。

皆様すみません。。。

本当は、自分学生でー板書しまくって書きまくってるからなんですよねー。

と言えませんでした。説明が面倒なので。その45分間は代ゼミ生であることを隠し通しました 笑

その後はセンター試験の問題集を全教科大人買いをして後期のいつ頃に組み込むか家で検討します。すぐにははじめられないけれど。取り合えずまずは白から購入しました。

すっかり気分もリフレッシュしてまた勉強がしたくてしたくてたまらないのですが、突進してしまう前にスケジューリングをしっかりたてようと思います。今日中に


そこで医系の皆様にしつもーん。

センターまで何セット去年やりましたか?今年はどのくらいを目標にしてますか?おしえてくだせー。大学は問わず、いろんな意見をききたいので。

素人おっさんの私の考えてるプランでは、30セット目標で、白7、黒8、過去問10(本試5+追試5)、今年のマーク模試5回で考えてます。後期が終る12月の2週目から始めると、それまでに5回のマーク模試が終っているとして、残り25回を1日1セットやるとぎりちょんセンターであまり心臓によろしくないですよね。図にするとしたのような感じですな

生徒手帳12Pより抜粋(すんません、代ゼミメインで)
12月6日(2学期終講)→1月9日(3学期開講)→1月17日(センター試験)

つまり完全自習室に籠もれるのは約30日間ということになりますね。ましてやこの間マークばっかり解くとセンター後には記述力が落ちて精神崩壊しそうだから2学期の復習も入れていかねばあきませんな。

というわけで超理想論(センターの基礎が全部ついてると仮定して)
2学期(白本、前期+後期模試トータル12セット)→冬休み18セット+2学期の復習

てな感じです。もちろん点数がサチッタ科目から徐々に減らして入試直前にまた増やすといったことをやりますが。


もう一個しつもーーーーん。
またまた素人の30手前がけっぷちのおじいちゃんに教えて下さい。後期からは他の予備校の模試も受けて相対的な学力も測らないといけないということはわかっているのですが、マークまで受けると休みがまったくありません。休みたいからではなくて、後期の復習も入れなければいれないのである程度学習のできる日を設定することは大切だと思ってます。なので、記述は必要でもマークまではいらないかなと思ってます。以下の根拠で

(1)センターの成績は毎年絶対的に何パーセントと相場が決まっている。過去問、各予備校の実線問題集から大よその実力が掴める。

(2)センター練習は自分の予備校で十分。

(3)センター後の各予備校のリサーチにつっこめばなお更精度が上がる。

もちろん休みが空きそうならばあいてると分かった段階で河合のマークくらいはいれようかなと思ってますが。でも沢山模試を受けて不良消化を増やすよりは目の前のことを確実にしたいですネ。駿台は全てなんかの行事とかぶってるしどうせムズイだろうから諦め。ちなみに(1)−(3)のパターンには落とし穴が一つあって、自分の志望大学の対策をしていたのにセンター後に自分の相対的なポジションが下がって泣くというケースも考えられますが、医系は他学部と違って皆様センター後の成績で全国放浪されると思いますので状況は同じカナと

以上素人の2学期攻略法を考える WITH 代ゼミでした。みなさまのお便りをお待ちしております。そこの経験者おしえてな!

ちゃんちゃん

hiro_0921jp at 23:00コメント(2)トラックバック(0) |  

夏休み

麦藁帽子は もう消えた
田んぼの蛙は もう消えた
それでも待ってる 夏休み

思わず拓郎の曲を貼付けてしまいましたが、はい、休みにうかれてるひろです。今日もお勉強されてるかた、すみません。。

昨日はオイスターバーに今日の午前中は掃除に、そしてこれからお出かけします。掃除では、後期分のテキスト約二十冊をいれる棚を確保し、いらないテキストや参考書は全部段ボールにしまい、夏休み種をまいた新しい参考書、講習テキストも全部管理できるようにしたので気分もすっきり。野口さんの超整理法にあやかってます。
夏休み作成した苦手ノートも三冊になったので整理しました。
気持ちを整理してやったことを確認して次に繋げる。大切なことですな。それではおでかけしますね


hiro_0921jp at 13:19コメント(0)トラックバック(0) |  

2008年08月30日

感動のフィナーレ

嗚呼、生きててよかった。

久しぶりの生ビールに生牡蠣

1ヶ月半の抑圧から解放された私は今何でも感動できる。誰にも精一杯優しくできる
牡蠣を育ててくれた宮城の漁師にも

今日、夜8時50分に夏休みの課題最後の英文法を終えて打ち上げをしてきました。なぜか最後は描出話法。佐々木先生の授業で気にはなっていたもののフォローアップしてなかったのでこれも何かの因果なのかなと。疲れもたまっていたので生ビールに焼酎ロックですっかりふらふらになってしまった。

明日晴れたら高尾山でも登ってきます。そしてマッサージを受け気持ちを入れ替え、1日からまた入学した時の気分に戻って後期の予習です。新しいテキストをもらう時は嬉しくてたまりませんね。東工大から終了証明書も送られてきたので東海大の編入試験の願書も出せます。


まだまだ、浪人生の皆様の足元にも及びませんが、この夏で自信をつけることができました。2学期も笑顔で授業に出ますので皆様よろしくお願いしますね。残り半年しかないけどみんな一緒にがんばりましょうね!










hiro_0921jp at 23:15コメント(2)トラックバック(0) |  

夏休み最後の日

長かった夏休みも今日で終りだー。やっとこの生活から脱出できるかと思うとちょっと嬉しい。明日は完オフで一日からはテキスト予習だもんね。授業が始まれば授業中心の生活になってしまうので夏ほど勉強時間は取れないし。やっと健康的な生活に戻れる。。

代ゼミマークが返ってきました。5教科は相変わらず偏差値65と変わらず。5月とまったく変わってません。。。しかーし理系教科は偏差値3あがって68。数1を解いてしまって途中から数1Aを解きなおしたハプニングもありましたが、英語が驚異的な伸び(前回+30点)を取ったので救われました。
マーク模試は本科生だと対策が全くできないので点がとれないことは仕方がないですが、この夏は国語、現代社会をがんばったので秋はこれらの科目の伸びに期待です。
理系科目は12月からでも間に合うので今のところ気にしてません。(念のためいっておくとセンター特有の幾何とか命題と集合などの基礎勉強は夏にやってはいます。マークはおじさんにとって瞬発力の要るスポーツなので大変苦手なのですが、本番までに30セットくらいいけばなんとかなると思ってます。そこで基礎力確立→瞬発力トレーニングのステージというわけです)

記述はそれとは対照的に本科生でも授業とリンクしていて対策しやすかったので前回よりは上がってます!今回の記述では英語と数学が主なテーマだったのでその科目が上がれば問題ないです。理科は理論さえきっちりしとけば後は詰めればなんとかなりますから。非常に楽しみです。

それでは最後の日を満喫してきますね。今日で整数問題と文法が終れば無事おちまい。ちゃんちゃん。



ハイレベル化学、ハイレベル物理、ハイレベル化学演習、国公立医学部化学はどこいった?!!

hiro_0921jp at 07:37コメント(4)トラックバック(0) |  

2008年08月29日

理系大学生

今日は久しぶりに11時前に家に着いたのでもう1件。

最近集中力も高まり、まるで大学生に戻った気分です。あの試験前の雰囲気、たまらないですよね〜〜。ということで大学時代の思い出が色々と蘇ってきたのでそのことでも語らせていただきます。

理系の大学生になると一年目は一般教養や語学がほとんどで、レポートを借りたりして小手先のテクでさくっと単位が取れるのですが、2年からは専門が入ってくるので正攻法で勉強しなければいけなく大変でした。特に教職をとっている人だと、その他にも教育学部の授業まであるのでもっと辛いです。

私の学科ではピークが3年の冬でした。冬季の試験は1月の3週目に最後の授業が終わり、次週からはテスト。どこの物理学科もそうですが、量子力学、統計力学、物理数学の鬼門の3科目プラスその他専門科目など。(ちなみに私は一年仮面していたので一度落とした授業のテストもいくつかありましたが。)

この鬼門の科目、泣きたくなるほど難しく、授業にまじめに出ていても取れるかどうか。しかし、ここは理系の大学の素晴らしいこと。特に国立だとそうなのですが、横と縦のつながりがしっかりしているので先輩から過去問は沢山貰える。クラス内でも結束が高いので各自チームに属して共同作業でテスト勉強を始める。各科目のエキスパートが必ず存在し、ゼミ室を使ったりして黒板で講義してくれたり山を当ててくれたり。
そうなんです!もう一人じゃないんです!みんな助け合いながらゴールを目指す。各自研究室に配属になり一緒に作業することがなくなっても消えることのない友情。その後大学院入試や卒業試験でも助けてくれて本当に頼りになる存在でした。

ちなみにその試験のためにみんな控え室に3日3晩泊り込んで対策をばっちりやり見事試験にはパスしました。その間、みんなばねが飛び出ているソファーニ寝たり、パイプ椅子を繋げてベットを作ったりテーブルの上に寝たり逞しくなっていくものです。研究室に配属になって卒業前半年研究室に住んだり、社会人になって徹夜の作業があっても平気になったのはこの頃の経験でしょう。。。どんなに辛いことや大変なことがあっても一人でなくてみんなで同じゴールを目指していれば辛さなんて吹き飛びますよね。



hiro_0921jp at 23:43コメント(2)トラックバック(0) |  

夏期休暇四十六日目

オリベスクでは秋を告げるように、後期のテキスト配布のために職員が場所作りをされていました。肌寒く感じるよりも私には強く季節が変わるのを体感しました。来月センターの願書が配布されるとあっという間に冬を感じてしまいそうだ。

さて今日の報告

数学十三時間

この忙しいさなかにまた問題集をぶちこむ自分の感覚に麻痺してきました。。。ハイレベル化学演、医学部化学特講をハイレ物、ハイ化とともに後期に流す。。死ぬな。。

十三時間で何やったかというと今週やってる未修の分野を赤チャートチェック。いちえーからさんしーまで三日でやったからしんどかった。特に図形と方程式、命題と集合、二次曲線、極座標はセレクトでもあまりやらなかったから。化学に引き続き抜けチェックでした。
ついでに佐々木先生の著者の整数の本。セレクトで出てないのもあったので重点的に解きまくる。しめて四十題。明日には終わります!もーこれ以上新しいことはやらん!笑い

hiro_0921jp at 22:27コメント(2)トラックバック(0) |  

千葉大セミナーは。。。

悩みましたが土日のセミナーはパスの方向で。
理由は夏休みの課題がまだ終わらないこともあるんだけど、正直ここで気持ちの切り替えのために休みをいれようかと。九月のスケジュール作っていたら、一日から学校始まるまでは後期のテキスト予習に費やし、週末はずっと津田沼でセミナーや模試。というわけでなんと次の休みが東海大の入試の次の日の二十二日までない。後期は入試のプレッシャーと闘いながら予習、復習に追われ週末は模試。自習室にも全くいけない授業オンリーの生活が続くので気力、体力を回復させねば!



hiro_0921jp at 09:06コメント(2)トラックバック(0) |  

2008年08月28日

夏期休暇四十五日目

電池がないので手短に
残りはおうちからパソパソで

本日の活動内容
数学−8時間
古文−5時間

古文の宿題がぎりぎり終わった。十題目から敬語がばんばん入って来たのでかなりできがわるかったなあ。今までのマークも室町以降だったからあんまり気にしてなかったけど。がんばらなくちゃ

いずれにせよぎりぎりで全宿題終了ー。きもちいいー。こりゃ晩酌ですな

数学はセンターの勉強が一段落。二日間だけど。幾何と論理の基礎を固めたので十二月からはいきなりトレーニングできるようになるかな。結局今夏にマークトレーニングができなかったから後期のマークもだめだろうな 笑。
色んなプレッシャーを受けていますが、例えばよりむつかしいこと、過去問、センタートレーニングと色々手を出したいが夏までは基礎しかできないと痛感したので我慢しました。どんどん仲間から離されてますが地道にコツコツやります。。。。



hiro_0921jp at 23:09コメント(0)トラックバック(0) |  

2008年08月27日

されど忘れる人間君−記憶でお悩みの方に

早く家に帰ってきたので勉強でも始めようかなと思ってるんですが前から書きたかったテーマがあるので失礼します。

皆様、受験勉強をやっていてやったことを忘れることって経験しますよね。あれほど脳裏に焼きついていた数学の解法、化学反応式、触媒、英単語。。。

28歳にして再受験を試みる私にとって人間の記憶力については非常に魅力あるテーマです。どのくらい憶えられどのくらい忘れるかということを前期の授業を通してベンチマークしました。問題数やら復習回数数値化して。

セレクト理系数学132題中やり直し要40題−3割バッターのつわものです
特講やスーパー医系は新庄の打率くらい

古文単語−使ってない単語は壊滅してます
化学−夏1ヶ月ぶりの化学の勉強でセミナー200題やってみたところ、無機有機を解いてみると2〜3割くらい抜け

どうがんばっても3割りくらいは抜けてます。これは私の能力や記憶力、年齢というファクターもあると思いますが、日々新しい知識を詰め込んでいくので、要らない(私は要るのだが)知識を脳みそが勝手に別な場所に退避させているように思えます。例で言うとメモリからハードディスクに移動しているとか。

10年前こんなことがありました。仮面浪人を始めようとした時、大学に入学して2ヶ月くらい経った6月の時に、難関大学を志すからやっぱハイレベルな問題やらないとなーということでいきなり有機の構造決定を解こうとしたのですが解けない?!3ヶ月前にあれほどすらすらかけていたC5H12O(U=0笑)なんか全然浮かばないやばい!ということがありました。無謀なことはやめて1から基礎問題やりましたが。その時まじめに大学の勉強はやっていたので、一般教養やドイツ語や物理数学、電磁気学などの新しい知識を詰め込んだ為に上記と同じ現象が起こったのだと思います。

ということで、人間を扱う医学を志すも私はこの流れに逆らうことを諦めました。
つまり忘れるな!と思うよりも忘れるのは必然。それよりも最適な復元方法を開発することだと。例えばこの網羅系問題集を1日かけてやれば化学の知識は全て思い出せるとか。思い出すのにたった1日!
とうのも、私なりに色々受験生のブログ(20くらい)を拝見させていただくとこの問題でお悩みな方が多かったので、これは年齢でなく共通の悩みなんだと思ったからです。

悪循環は焦って再度同じ事を何度も何度も繰り返してしまうこと。完全に身についていなかったり、忘却した場合はこの場合ではないけどね。理解したけど抜けたということを何度もやるということです。

といっても直前気に詰め込むのとは訳が違います。やはり一日一単語といった普段の心がけには変わりませんしね。(この間自習室で隣で勉強していた男の子が朝9時から漢字、英熟語、英単語だけで1日使っていたけど勉強法が素人の私にでも違和感を感じました。)

後は各人の見切る力にかかってると思います。これは忘却、これは退避、これやばい!など



hiro_0921jp at 20:28コメント(6)トラックバック(0) |  
Archives
livedoor プロフィール

ヒロ

訪問者数