2010年06月

2010年06月29日

前期終了まで後17日

あっという間に前期が終了を迎えようとしています。
前期の最後の日は恐怖の解剖の試問があります。
実際の御献体を使って解剖部位を答えさせる試験です。


さて、色々と雑用やイベントがあったのですがやっと集中して試問の準備ができそうです。
(といいながら来週から医学独逸語のテスト勉強もしないといけませんが)
泣きそうになるくらい辛い2週間になりそうです

とはいえ、残り16日間の使い方としては、

(1)今週目一杯がんばって未剖出のもを出す
(2)来週から試問リストを使って御献体でチェックしていく

(1)と(2)に並行しながら家でリスト内の単語のわからないものを解剖学講義や手引きを使って調べて知識を叩きこむ。余裕があれば英単語。

でしょうか?

さて以下に試問を乗り切るか自分が持っているツールを分析しました

1授業の板書
いわゆる解剖の作業工程が書かれたもので解剖の知識を高めるものではありません。
しかしリストを読む上でごくまれに欲しくなることがあります。
例えばリストに頭半棘筋と書かれていたとすると、自分が解剖のどの段階でその筋肉に触れたかを知る必要があります。
大胸筋みたいな大きな筋肉であれば試問の時もわかると思うのですが小さくてレイヤーが深い筋肉だと同定も難しいかと。
試問は解剖が終えた御献体を使ってやるものなので作業で触れた項目がキーになることもあります。

2解剖の手引き
予習で使っていましたが試問のテスト勉強にはあまり向きません。
しかし前期の解剖の予習を全て終えたので400ページ近い本には一通り目を通すことができました。大変だった!
未剖出部位が残っているか、または試問リストを見終わった後の最終チェックに絵だけを使う予定です。また臨床の問題はこの本で調べる予定です。

3解剖学講義
大好きな本!
試問リストの単語を調べる時も手引きよりもこちらを使います。
何せ解剖用語に対して一つ一つ説明がついているから!

4ネッターORアトラス
私はアトラスしか使っていないのですが、喉頭や骨盤などの複雑な立体構造はネッターのような模式図でないと厳しいですね。

5単語集
肉単、骨単、臓単、脳単・・・
臓単が意外に使いづらいです。組織学の勉強に使った方が役に立ちそう・
肉単は最高。特に最後に起始、停止(骨単がここで役に立つ)、支配神経が表になっているのは嬉しい。試験範囲的にこの本の筋肉はほぼ全て暗記しなければいけないですね。
しかしひどい模式図なので最終的には必ず献体で確認が・・・・
脳単は脳神経の枝が書かれているので意外に使えます

ちなみに頭半棘筋肉は頭頸部離断時に切った筋肉です
板状筋の下で後頭下三角の上です


hiro_0921jp at 23:28コメント(0)トラックバック(0) |  

2010年06月27日

初夏の遠足

今日は児童サークルの行事で児童観の子供達と初夏の遠足に行ってきました。
場所は上野動物園です。
午前中が東園で午後が西園でした。
また今回は班長という大役をもらいました。
私達クマ班はわんぱく小学校1年生5人グループに対してカウンセラー(部員)が4人しかいない構成です。
とても不安一杯のスタートでした。

結婚して0歳から10歳までの甥っ子5人を持って長期休みごとに彼らと遊ぶので子供の性質はよく熟知したけど今回の活動で子供はやっぱり怪物だと痛感。

子供の遊びにかける集中力はすごい。
そして常に元気で時間や体力の配分は一切なし、全て全力で体当たり。
しかし子供は集中力が切れるのも早い。
一度集中が切れるとコントロール不可能で空気分子のようにどこにでもおかまいなしに走り回る。
当初の目的なんておかまいなし。
そして次のアクションが全く読めない。

でもやっぱりかわいいし楽しかったです。

1日中、班をコントロールするため声をずっと出して声がガラガラになりましたがとても充実しました

嬉しいことは子供達は一日でも遊んだことをずっと覚えてくれて去年の遠足で一緒だった班の子供たちが自分の名前を覚えてくれたことですね。
また秋の遠足に行きたいです。

ここのところずっと大学の勉強や行事毎で忙しくて休日に遊んだ記憶は連休以来まったくなかったのでとてもいい気分転換になりました。
前期も残り20日を切りました。後は解剖の試問勉強一直線です。

hiro_0921jp at 23:28コメント(0)トラックバック(0) |  

2010年06月25日

自律神経

仮眠後に日本戦を見ながら勉強
脳神経と交感神経幹がぶつかる場所を勉強してます
眼、舌、頸動脈小体

まさに脳解剖と人体解剖の合流点
丸暗記していた脳神経に理論が追い付く瞬間で感動しました

日本戦も感動

今日の解剖もハイテンションかも

hiro_0921jp at 08:21コメント(0)トラックバック(0) |  

2010年06月24日

循環器の理論

基礎医学の生理学の授業で臨床の循環器の先生が講義をしに来た
今季号の医師向け雑誌日経メディカルのCADETTOにも名前が載っているほどの有名な先生

その先生は私の大学でも数本の指に入る難易度の授業をする循環器の先生で今回は心電図の授業だった
心臓周期を含めた生理学の基礎的な部分は基礎の先生から習ってわかったが、心電図の原理を理解するのは難しかった
しかし循環器は暗記一辺倒ではなくて理論を構築した上で血管の動きや心臓の動きを理解する学問だと思った
心電図の原理も理解したいし、心電図も読みたい、また循環器も理解したい
循環器内科は面白いかもしれない

話は変わります
定期的に決められた生活を送っている元サラリーマンの私がこの時間に起きて日記を書いているということは明日何かあるのかもしれない・・・
そうテストなんです。しかも英語
解剖の英語の暗記もだいぶ進みとりあえずリストの500の単語の語源を調べてほぼ終わりかけたのですがテスト勉強という雑用が入ってしまいました
明日は人生初めての半徹解剖です
しかも朝の3時から日本戦を見る予定です
生きてるかな・・・・

まーこんな生活も楽しかったりしますね


hiro_0921jp at 03:28コメント(0)トラックバック(0) |  

2010年06月22日

心室細動

明日から心電図の授業が始まるので予習をしています
大学の資料読んでもわからなかったのでマンガでわかるものを紀伊国屋で買いました
アキバ系チックな絵ですきではありませんが短期間にフレームワークをいれるのに役に立ちました 十二チャンネルと電気ベクトル、そして解剖で習った心尖の位置が重要なんですね
まだまだわからないことだらけですが心電図は面白そうです

hiro_0921jp at 23:00コメント(0)トラックバック(0) |  

2010年06月20日

解剖学一直線

生理学の試験が終わり週末はどっぷり解剖!と行きたかったのですが土曜の昼間に相談教員制度というものがありグループ単位で先生と食事をするため大学へ
今まであまり話したことがない先生でしたがすっかり打ち解け帰りの時には前の大学のこととか色々聞かれました
おかげでテスト前とか気軽に質問しに行けます

その後大学の図書館で木曜日の英語の試験勉強、心電図の勉強をして夕方から上野へ
埼玉大学時代の友人達と飲んでサッカー観戦していました

昔話にもりあがって飲みすぎたせいで日曜日の朝は少し二日酔いギミ
外に出たくなかったので今日は一日家で解剖の勉強をしていました
とりあえず試問のテストが1カ月先にあるため下準備
まずは予習を全範囲終わらせるところから
そして試問必須の脳神経12個の英語暗記
さすがに1年以上も医学英語の勉強やっているので5分でさくっと暗記

さて解剖学の手引きの教科書は400ページあるんですが40回の授業で全部終わらせてしまうんですね
改めて医学部の詰め込み教育のすごさを痛感しました
解剖をやっている時は4人分業制なので予習をしとかないと他の3人の作業が見えなくなります
自分ひとりだったらその場で教科書読んだり友人や先生に聞いたりすれば解決しますが試問は全範囲がでるのでそんなことやってられない
結構初めは大変だったのですが細かい手技をすっとばしても全体像さえざっくりつかめば4人全員やっていることがその日で全て頭に入るので大分予習も楽になりました
とりあえずもう少しで前期分の解剖の予習が終わります
計算だと来週くらいで終わって後は前期分の復習に費やせます
同時に試問リスト500個もチェックし始めています
英語で暗記したいので語源を調べたり医学英語ならではの単語暗記をしたり
少し欲張りですが500個全部英語も日本語も暗記するのが7月16日の試験までの目標にしています
少し大変ですが壁は少しくらい高いほうがいい
がんばってみます








hiro_0921jp at 20:00コメント(0)トラックバック(0) |  

2010年06月19日

奨学金

前年度は一種のみしか通らなかったのですが、今年二種を再チャレンジしたら無事通りました
一年生優先で不利なのにも関わらずです。二年生で何人か申し込んでその中に落ちた人もいました。サラリーマン家系でないみたいなのでやはり去年の成績が効きました。
これで二つ併せて月約二十二万円の借りれます。
とりあえず金銭の憂いは回避しました。


hiro_0921jp at 17:40コメント(0)トラックバック(0) |  

2010年06月18日

心電図入門

生理学は筋肉、神経、内分泌、感覚器、腎臓を終えただ今全期の最終分野の中枢、循環をやっています。
循環は主に刺激電動、圧による弁の開閉、そして心電図の仕組みを勉強してます。
最近話題がずっと解剖でしたが循環生理学がかなり面白いです
心臓は理論的な考え方が効いてくる素晴らしいシステムで感激しています
神経でもお馴染みのカルシウムチャネルに始まり、そのチャネルを記録する心電図、血圧と弁の力学的な考え方、そして自律神経を操作する受容体にたいする薬理的な勉強などいろいろな角度で楽しむことができます

今週までは基礎の先生が教えてましたが来週は怖いと評判の臨床の先生が来て心電図を教えるためその予習項目が沢山あるのでやばいっす!!

週末のタスク
脳解剖、人体解剖、心電図の予習、英語のテスト勉強、組織学復習、解剖の予習、解剖試問のテスト勉強、ドイツ語の復習
生理学は保留、
朝五時起きの勉強は続けていますがワールドカップも見ているので少し黄色信号

まずはできることから始めますか
夏まではアクセル踏みっぱなしです

hiro_0921jp at 21:12コメント(0)トラックバック(0) |  

2010年06月17日

ワールドカップと解剖学

毎日睡眠時間が足りない
朝も早くから解剖のフォローアップのための勉強
楽しい6月です

hiro_0921jp at 00:25コメント(0)トラックバック(0) |  

2010年06月16日

ラテン語

生理学のテストも終わったので解剖の詰め込み勉強を始めました
前期のテストは試問とペーパーです
ペーパーは教科書からの穴埋めでテストが休みあけなのでどうにでもなりますが試問は来月

解剖用語を英語で答えると点が増える仕組みです 満点取りにいきたいので英単語を暗記し始めました
既に過去問からの試問リストは貰っているのでまずはリスト内の単語五百を一ヶ月かけて暗記します
ちなみに日本語名は授業内で暗記できるから大丈夫です
解剖用語は英語が存在すれば嬉しいのですがラテン語しかないものもあり少し大変
単語暗記の基本は丸暗記ではなく分解して語源を必ず調べることですね



hiro_0921jp at 08:26コメント(0)トラックバック(0) |  
Archives
livedoor プロフィール
訪問者数