2011年10月

2011年10月31日

オープンキャンパス

学園祭が終わりました。
三年生にして初参加!(一日だけど)
私は学内救急サークルに入っているので、その活動を通してオープンキャンパスに来た高校生や一般市民に対してBLSの講習会を行いました!

メインはAHA2010の新ガイドライン!
そしてレールダルから貰ったミニアン(学習セット)を無料で配りました!
一般の方に教えるのは中々難しかったのですがとても充実した学園祭になりました!



hiro_0921jp at 08:27コメント(0)トラックバック(0) |  

2011年10月28日

前夜祭

明日から学園祭です。今日は前夜祭で部活の一年生達が出し物をしてました。ダンスで高校生の制服を着てたので皆かわいらしかったです。

さて明日から一般市民に対して心肺蘇生の講習会をやります!
オープンキャンパスの高校生にもやります!
今回はlaerdalのminianneを使ってやります!写真は現物です。
新しいガイドラインに沿ってやります!
BSLに興味がある方は是非いらして下さい笑



hiro_0921jp at 20:40コメント(0)トラックバック(0) |  

2011年10月26日

学園祭

今週は学園祭があります。
例年参加せず家族旅行にいってましたが今週は学内の心肺蘇生のサークルでBSLの講習会をやる予定です。
これをきっかけに学内でPBLS,ALSをやっていきたいです。

今日はもう一つ。最近休みがちですが自主研究のイベントで医科学フォーラムに行ってきました。プリオンで有名な先生ですが、蛋白質の実験手法を学びました。最近臨床でセントラルドグマすらみてなかったので久しぶりの基礎医学は楽しかったです。

hiro_0921jp at 21:38コメント(0)トラックバック(0) |  

2011年10月23日

藤子・F・不二雄ミュージアム

土曜日にいってきました。
場所は聖マリアンナ医科大学がある向ケ丘遊園駅から徒歩15分。
超人気でチケットも完売でした。
中は基本的に博物館なので作者が描いた原案や遺品、そして子供向けに映像を流していました。
ジブリ美術館は観たり楽しんだりできますがこちらは観る中心。
ただ無料で漫画が読めたりするのはとてもよかった。
カフェは激混みで一時間以上も待つので暗記パンは断念。暗記ラスクとドラえもんにしました。
屋上ではどこでもドアや空き地の土管があってみんなで写真撮影したちました。
素敵なところです。オススメです。



hiro_0921jp at 13:44コメント(0)トラックバック(0) |  

2011年10月20日

整形外科学

精神科の試験が終わり整形外科に突入しています。

さて精神科はプリントをまとめ、過去問を5年分解き、100問ノススメを2周して、STEPも2周してと
前述のようにやりましたがMCQが難しすぎ(大学が今年から全て選べを多用してきた)
そして大学受験を思い出させるような凡ミスの嵐
結果6問ミス
授業を全然出ていなくてプリントだけ直前にやった人とそんなに大差ない結果です。
つまり惨敗です笑
いいんです。国家試験の勉強をしていると思えば・・と自分に言い聞かせる。

こんな結果になりましたが気を取り直して整形外科をやっています。
授業のスピードが速くて月曜日から7コマしかやっていないのに既にスライドは600枚を越えました。
といっても絞ってくれるのでそんなに慌てることはないのですがこの機会にじっくり画像を勉強したいと考えています。
(しかしハリソンも先週1週間お休みしていて今週から再開もさせてから中々時間がとれない・・・)

整形外科もSTEPを中心にプリント見ながら勉強しますが、レントゲンやMRIの画像を勉強したいので以下のセレクトを考えています。
勿論3週間で読み切れるものではないので辞書的な扱いになると思いますが皆様どうお考えでしょうか?
値段が張るものですが一生使う知識を習得するので高いものではないと考えています。



標準放射線医学 第7版 (Standard Textbook)
標準放射線医学 第7版 (Standard Textbook)
クチコミを見る
標準整形外科学 第11版 (STANDARD TEXTBOOK)
標準整形外科学 第11版 (STANDARD TEXTBOOK)
クチコミを見る









hiro_0921jp at 21:09コメント(0)トラックバック(0) |  

2011年10月18日

メディカルスクール

脳神経外科医のベン・カールソン医師の著書であるTake the Risk: Learning to identify, choose, and live with acceptable risk を読んでいます。

外科医から見たリスクという視点について彼の持論を伺える素晴らしい作品です。
その中にメディカル・スクール時代の大変だった記述があり、臨床が始まった私にも共感できたので紹介します。

But during that first semester at the University of Michigan School of Medicine, I found myself stuck in the lecture hall for six to eight hours every day, exposed to such a flood of facts and information that I understood why the first-year learning process has been likened to the challenge of having someone open a fire hydrant and expect you to swallow it all. To describe the amount of material we were required to learn as "overwhelming" would be a grave understatement.

かいつまんで話すと、大学は医学生に対して消火栓を開けて出てきた水を全て飲み干すのを期待するようなもの」です。

メディカルスクールは学士入学が前提で、彼らに対して四年間で基礎医学、臨床座学、臨床実習を教えなければいけないためとてもハードなもなになりますがそれが理解できるフレーズでもあります。
よく考えて見れば私の大学も教養と六年の予備校生活を抜けば同じ四年間というわけですからある意味メディカルスクールとまがいなことをやっています笑。レベルは違いますが。

臨床が始まり、一回目の精神科が終わりこの二週間でパワポ600枚を見て、ステップを二周させて、100問ノススメや過去問五年分やりました。
沢山あるように見えますが、基礎医学含めて二年半も医学部の詰め込み教育の中で慣れてしまっているのでギリギリになりましたがこなせました。
人間トレーニングをつめばできないことはないですよね。


hiro_0921jp at 07:54コメント(0)トラックバック(0) |  

2011年10月15日

ACLS勉強会@聖路加看護大学

久しぶりにACLSの勉強会にいってきました。きっかけは夏の順天堂大学での救急スペシャルの事後勉強会として。
今回は私を含め8人が参加しました。参加者は看護と医学部です。
夏に受けっぱなしで復習もしてなかったので講義もリハビリにはよかったです。
そして夏の自治医科大のICLSと違って、受け身でやらされるトレーニングではなく、講義を聞いてデモを見たら、いきなり実技をやらされました。
実技は全て自分達で考えて紙を見ながらプロトコルをやらなくてはいけないので能動的に実技を行えてとても勉強になりました。
医学部、看護とミックスチームで始めはチームも打ち解けあってませんでしたが実技を重ねる度に相手をフォローしあえて、最終的には素晴らしいチーム医療にすることができました。
今度はこれを大学に持ち帰って大学内でACLSの勉強会を立ち上げたいと思います。できるかな。。。。
今日は好きなことをさせてもらったのでこれから月曜日の精神科の勉強にむけてがんばります。

写真は勉強会と関係ないのですが、聖路加のチャペルで結婚式が挙げられていたので撮ってしまいました。
聖路加は素敵ですね


hiro_0921jp at 22:23コメント(0)トラックバック(0) |  

2011年10月14日

精神科終了

約二週間の精神科の授業が終わりました。症候学から入り、不安障害、うつ病、双極性障害、てんかん、統合失調症、思春期精神科、生理的障害などを学びました。そして最後に統合失調症の人が書いた芸術作品や患者の絵を見せてもらって改めて精神科の奥の深さを実感することができました。
さて二週間ハリソンよみながら並行して(二週間は精神科が終わらないから少しセーブして)精神科の一通りプリントまとめて、ステップやって国家試験の問題ときまくりました。
二週間というのはあっという間です。次に勉強するのはCBTとポリクリなんでだいぶ先になりますね。
まずは来週月曜日の試験にむけてがんばりたいと思います。

しかし臨床になったら意外に熱がはいらなく淡々とこなすようになってしまいました。
いろいろな面で欲張りすぎなんですかね。外部の内部の勉強会やUSMLEやハリソン読んで週末は夫婦仲良く遊びにいってしまってるので。
そんな欲張りな私は明日のALSの勉強会に行ってきます。
再来週学内でICLSを教えなければいけないので焦ってます。

hiro_0921jp at 20:07コメント(0)トラックバック(0) |  

2011年10月10日

臨床のテスト勉強

精神科の授業が1週間経ちました。来週の月曜日にテストがあります。あっというまです。
統合失調症やうつ病、不安症、症候論といったメインどころは既に終えているので連休の勉強は充実できました。
しかし分量はさほどないし、精神科は頭をあまり使わないので余裕がありました。
この休日はテスト一週間前なのに競馬を見に東京競馬場に行ったり、一日夫婦でサイクリングを楽しんだりしてしまいました。1日半はテスト勉強に使いましたが。

さて、最初の一発目の臨床の試験なので以下のことをテスト前にやろうと思います。

1 授業プリントは基礎医学の時と同様にまとめノートを作成する。しかし基礎医学と違って国家試験が目標なので先生が言った重要なポイントだけ覚え後は軽く流す。
2 STEPは授業と並行して全て読む。理解できなくても最後まで読む終える。
*この機会を逃すと2度と精神科の内科学書を読まないだろうからがんばって読むことにした。
標準シリーズも名著でいいと思ったのですが2週間で読み切るにはやっぱりSTEPだと思った。
興味があれば一歩上の本を買って読みたい所だけ読むことにする。しかしとりあえず一冊目は全部読み切れるものを選ぶ!
3 過去問は5回分解いてみる。さすがに臨床だけあって同じ問題はでない。しかし求めているポイントは変わらないと思った。授業が例え念仏みたいなレベルの先生でも問題は国家試験を意識しているからまともなのが臨床と基礎医学の違いだと思った。

4 余力があるので100問ノススメシリーズを買って片っ端から解いてみる。マイナーほど問題を解きまくるのもいいかも笑。


とりあえず今の所これだけ完璧にしておけば精神のポリクリまではなんとかなるだろう。
他にもハリソン読んだり、身体所見の勉強したりメディカルラリーの勉強もしないといけないから。


100問ノススメ精神科 (医師国試問題集)
販売元:医学教育出版社
(2006-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
STEP精神科 (STEP Series)
著者:高橋 茂樹
販売元:海馬書房
(2002-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る





hiro_0921jp at 21:22コメント(0)トラックバック(0) |  

精神科の勉強の合間に

サザンで有名なR134をサイクリングしてきました。由比ヶ浜から稲村ケ崎を通り、江ノ島で寄り道してサイクリングロードで茅ヶ崎へ。途中烏帽子岩も見れて綺麗でした。



hiro_0921jp at 15:29コメント(0)トラックバック(0) |  
Archives
livedoor プロフィール
訪問者数