2012年07月

2012年07月28日

夏休み満喫中

合宿が終わり本日のお休みは夫婦で競輪、サッカー観戦をハシゴしました。循環器、呼吸器、救急、婦人科と忙しかったこの二ヶ月は週末に全くというほど外出できずに勉強していたので本当に久しぶりでした。勉強に追われないとなんか罪悪感を感じますね笑。
クエバンCBTもvol 1は終わりました。基礎医学はじっくり時間をとって解説と今まで読んだ清書を見ながら勉強することが必要そうです。明日からマイナーに入ります。臨床は間が空いてないし楽なんじゃないかと思ってますがどうですかね。。。。



hiro_0921jp at 21:37コメント(0)トラックバック(0) |  

2012年07月27日

卓球部合宿終了

卓球部の合宿で新潟の湯沢町まで行ってきました。私の大学では恒例行事で夏休みになると各部活が東医体に向けて合宿に出かけます。
この歳になっての丸4日間の卓球生活は自分でも不思議な感覚ですが、普段の部活やロードバイクで鍛えているので若い人にもついていくことができました。夜の飲み会もあったり、頑張っている三年生幹部のためにドッキリでケーキでお祝いしたりして楽しい合宿を送ることができました。
さて明日の休みを挟んで日曜日からは児童ボランティアサークルの血友病キャンプにいってきます。
CBTのvol 1も薄っぺらく一周させる経過も今日終わりそうです。そして基礎医学の範囲は清書使いながら勉強が必要だとわかりました。留学中に臨床の連問以外をなめてみようと思います


hiro_0921jp at 21:42コメント(0)トラックバック(0) |  

2012年07月23日

夏休みの予定

さてロードバイクの旅をかわきりに私の4回目の夏休みが始まりました。
入学する前はあんなに長い夏休みをどう使いこなすか不安でしたが実際に医学部に入ってみると様々な機会があり長いようであっというまに終わります。
今までの使い方でいうと、関東の救急学生勉強会、病院実習、部活の合宿、家族の旅行、そして定期試験の勉強という使い方をしていました。
今年の夏は留学もあるので以下のようになります

7月21〜22 帰省
7月23日〜7月26日 卓球部合宿
7月29日〜7月31日 病院サマーキャンプ
7月31日〜8月3日 メディカルラリーのための学内救急勉強会
8月4日 メディカルラリー出場
8月5日〜8月23日 夏季留学
8月24日 学内身体診察ワークショップ
8月26日〜29日 家族旅行
8月30日、31日 ACLSコース
9月3日 後期スタート

ですね。東医体に出れないのが残念です・・・
そしてその合間にCBTの勉強を入れる予定です。
先輩からの情報収集により全体像を先に掴んだ方がいいのでいきなり生理とか発生の教科書を読まずにとりあえず問題を一周していく方式にしました。
夏中に目標は基礎、マイナー臨床医学を生は出来たらいいなと思います。
写真にのっているのが連問以外の3冊のクエバン。
今年の夏はどこにいくにもレビューブックとクエバンは必ず必携しようかなと思っています。
メジャーは国家試験の問題集使っているのでそんなに時間がかからないと祈りつつ・・・

それにしてもCBTは茶番と聞くがクエバンCBTの基礎をやっていると今更、発生学や生理学の解説を細かく読むのがやだ!
というのが私のCBT勉強二日目の感想・・
先輩方アドバイスお願いします!!!!

ではこれから合宿に行ってきます
391319_470809252939044_862409253_n




hiro_0921jp at 07:56コメント(0)トラックバック(0) |  

ロードバイクの旅

夏休み一日目は田舎に合宿で使う車を取りに帰るためにロードバイクで輪行しました。雨が降った関係で出発が遅くなり結局世田谷から途中の久喜までしかいけませんでしたが気持ちよかったです。
忙しくてハードだった前期も終わり、やっと夏休み。
CBTの勉強もありますがまずはリフレッシュしたいですね。後期も後期で忙しいので


hiro_0921jp at 07:45コメント(0)トラックバック(0) |  

2012年07月21日

前期終了


婦人科が終わり、公衆衛生を軽く流して前期試験がすべて終わりました!婦人科は始めは勉強する気があまり起こらなかったのですが、軽く勉強を一周してから、クエバンを一度解いて全体像をつかんだ上で、がっつり復習として、病気が見えると学校のプリントを読み直して、ついでに病態の理解を深めるためStepを読破しました。婦人科は学問としては内科診断学、外科、病理、抗がん剤、内分泌、画像診断学、OHSS、茎捻転などによる救急疾患など様々な視点から勉強できるので一度理解すれば臨床問題を解くのが楽しくなりました。病期分類を頚癌、体癌、卵巣癌と暗記するのは大変でしたが一度暗記してしまえば臨床問題から術式を選ぶ問題が楽しく解けるようになりました。

hiro_0921jp at 18:26コメント(0)トラックバック(0) |  

2012年07月18日

医学部臨床定期試験勉強法

授業、過去問並行→プリント、清書並行→クエスチョンバンク→プリント→過去問という流れで定期テストの勉強やってますがいい流れです。特に病期分類を覚えるの意味あるの?みたい不安をもって勉強してましたが国家試験の問題をみて納得。そしてたくさんの臨床問題に触れて病期の理解と暗記がしやすくなります。取り急ぎ

hiro_0921jp at 12:09コメント(0)トラックバック(0) |  

婦人科

授業、過去問並行→プリント、清書並行→クエスチョンバンク→プリント→過去問という流れで定期テストの勉強やってますがいい流れです。特に病期分類を覚えるの意味あるの?みたい不安をもって勉強してましたが国家試験の問題をみて納得。そしてたくさんの臨床問題に触れて病期の理解と暗記がしやすくなります。取り急ぎ

hiro_0921jp at 12:00コメント(0)トラックバック(0) |  

2012年07月16日

4年前期までの医学部生活を振り返って

こんにちは。
勉強に試験に部活にBLS講習に毎日がいっぱいいっぱいで更新が頻繁にできない日々が続いていてごめんなさい。
ブログ以外にもfacebookやmixiをやっていてそちらの更新はよくするので、いっそブログから移行しようと思いましたが、やっぱりSNSの世界で知っている人だけに私の医学部生活を伝えるよりも、再受験をふくめ色々な方に自分のことを知ってもらって何かの参考にしてもらうほうがいいかなとおもって細々と日記を続けています。

さて前期も最終週になりました。
1年生で教養課程を学び、2年生〜3年生前期で基礎医学が終わり、3年生後半〜4年生後半まで臨床医学の講義をひたすら聞いて2〜3週に1回のテストという感じで、4年生の前期が終わり、講義形式の授業も後半戦に向かっています。
今までで、臨床医学は精神科、整形外科、皮膚科、眼科、産科、免疫アレルギー、血液内科、神経、内分泌代謝、循環器、呼吸器、救急・乳房・臨床遺伝、婦人科が終わりました。
後期の臨床科目は消化器、腎・泌尿器、感染症・麻酔、小児科、老年、オスキーがあります。
臨床科目以外では、3年生から受けている公衆衛生は4年の後半まで続きます。同じく3年生から受講している医学英語が4年後期まで、新しく後期からは始まる法医学は4年後期からになります。科目の順番の差はあるけれど日本全国大半の大学で同じような感じなのではないでしょうか?

年度末にCBTとオスキーの試験があって臨床科目と併せてこれらの試験をパスすると5年生になることができます。

臨床医学の勉強法は毎日多量の配られるプリントを読み、参考書であるSTEP・病医が見えるを科目ごとに読破し、
過去問集を3年分解き、クエバンもしくは100問ノススメという問題集を解きます。このサイクルを3年生後半から1年間続けてきました。さすがに国家試験の問題集を沢山解いてきて少し疲れてきましたが夏休みはCBTの勉強以外になにもすることがないのでリフレッシュできます。CBTのクエバンもCBTの試験日までに3000問解かないといけませんが。

私立大学の大変さは国立大学と違って国家試験の合格率UPという至上課題が常にテスト問題に反映されています。
私の大学ではセクション試験になっていて一つの臓器を2〜3週間で終わらせて、終わるとすぐにテストがあります。大学で試験委員会的なものがあり、同じ問題は一切でません。100パーセント正答率の問題も削除されます。10%切ると削除という噂もありまsが。
選択肢も最近の国家試験の傾向を意識してONE BEST ANSWER形式になってすごく難しくなりました。
これは5択中、確実に違う選択肢が1つあるが、残りの2〜4個は正解とう問題があります。しかし、その中で一番その問題背景に適した回答を選ばせるような選択肢になっています。例えば、患者が運ばれてきた時に何をするか問題になったら、a血圧をとるb静脈路を確保するc酸素を投与するd意識レベルを確認するe画像検査を行う
などです。これはe以外全て正解なのですが、状況によって選ぶ選択肢は変わります。
この辺のレベルまで求められると、ポリクリをやってない私たち4年生が理解するにはプリント丸暗記だけでは無理で、清書を読んで理解して、クエバンまで解いて沢山の問題をこなさないとだめなような気がします。
卒業生は皆卒業=医師国家試験合格だと言われますがその意味が段々わかってきました。
その分留年すると私立なので高い学費を余分に払うことになるので、日々プレッシャーに追われています。
しかし、自分を鍛える意味で今の大学に入ったことは悪くはないと思います。
しかし半面、テスト勉強だけになると、試験勉強だけできるドクターになってしまうので将来が怖いのですが。

自分はそうならないように、勉強だけでは終わらいように、大学の勉強以外の活動もやりつつ、例えば1年生にBLSを教えて、ボランティアをやって、自分達でも身体診察などの勉強会を開催して、基礎研究もやって、USMLEの勉強もやって、英語の医学書も読んで、就職活動とは別に病院実習をしてという感じでバランスの取れた人間になろうと思います。どのくらい自分にプラスなのかはドクターになってみないとわからないですよね。
しかしこの生活をすると正直時間がいくらあっても足りませんけどね

hiro_0921jp at 17:10コメント(0)トラックバック(0) |  

2012年07月14日

救急のテスト勉強終了、婦人科へ

テストがまた一つ終わりました!そしていつも通り前年度を越えるレベルの高さ!
乳腺なんてほとんど資料がないしクエバンも20題くらいしか載ってないから正直難しくなると辛いです。
さて、掲載し忘れましたが、乳腺・救急・臨床遺伝学の勉強セット
写真

今回は参考書を買うことを断念しました・・・・
救急は標準救急医学を買おうと思いましたが今まで救急の勉強会をかなりやっていて資料(外傷初期診療ガイドライン)などを持っていること、救急自体が今まで習った呼吸器、循環器、神経などをベースにしているから各病態はそちらの清書を参考にした方がよいこと、救急に対するアプローチは大学の資料とクエバンを解いて対応できることなどです。標準救急医学は大学から借りたのですが、結局人工呼吸器の所と敗血症しか読みませんでした。
乳腺は病気が見えるの婦人科についていたのでそこを参照。でもあんまりページ数ありません。マイナー中のマイナーなんでしょう。臨床遺伝学は大学のプリントだけにしました。興味がそれ以上膨らまなかったので。。。


さて、今日から婦人科を始めました。公衆衛生は既に終わって、後はテスト前日の復習だけでよいので、婦人科が前期最後の勉強科目となります。
こちらもプリント+病気が見える+STEP(参考程度)にやっています。
婦人科は週1回の授業だったので授業中に、プリント読みながら、本を読んで、その場で過去問は解いているので結構楽です。3連休の2日間で終わらせる予定です。このやり方をやると授業中は大変なのですが、授業中は眠くならないし、家帰るとセクション試験の勉強の方で忙しい医学生にはいい勉強法だと思います。
夏休みまで残り6日間!がんばります!


hiro_0921jp at 10:07コメント(0)トラックバック(0) |  

2012年07月12日

救急

救急の試験前日です。こんばんは。
救急の臨床問題を解いていると、普段の救急コースの勉強と違ってつまらない。。。と感じてしまいます。
しかし、救急の現場で働いている先生から3次外傷の生の声を聞けるのはありがたかった。同じ臓器を扱うにしても外科医よりも外傷外科医のほうが致死的な腹部損傷の救命率が高いことは有名な話ですが、その裏側には初期対応を誤ったがために犠牲になったこと人もいることは事実です。救命は根本治療は行いませんが、初療ならではの蘇生という診断学的、治療学的面白さを感じられる分野でした。夏に時間があったら3次の見学をしたいですね。

hiro_0921jp at 21:15コメント(0)トラックバック(0) |  
Archives
livedoor プロフィール
訪問者数