2013年08月

2013年08月30日

病棟実習16週目―分院循環器内科

大学の後期が始まりました。再び茨城の分院に来ています。選択実習で循環器内科をまわっています。
自分は今のところ、救急か循環器を志望しているのでとても楽しみにしていました。
本院の循環器と違って、フリーな時間が多いと前週にまわった人から聞いていたので、先生に頼みこんで循環器の全ての検査を見学させてもらいました。循環器志望と伝えていたので先生も嬉しかったのか、心カテやシンチ、トレッドミル、心エコーなどあらゆる検査を見ることができました。病棟で患者さんを沢山見たかったのですが、研修医がいない期間で、指導してくれる先生が忙しそうだったので、弁膜症の患者さんの聴診だけお願いして聞かせてもらいました。
一番勉強になるのは外来でした。前の患者さんの診察をしている間にカルテの記載や心電図や検査所見などを見て、自分なりに診断やフォローについて考え、診察の合間に先生にプレゼンしました。
循環器は一通りTECOMのセレクトをやったりイヤーノートを見たりしましたが臨床の現場で見ると教科書だけで得た知識ではどうにもならないこと感じました。しかし、それを自分なりに解釈するとやっと難しい循環器疾患について理解し、自分のものになったと感じることができました。
1か月の分院での実習でしたが、分院の実習はとても勉強になりました。本院の先生は忙しく、学生になかなか参加型の実習を提供することができない現実を、前期中に痛いほど味わいました。
分院の先生はみな優しく親切に教えてくれました。そして色々なことをやらせてくれました。患者さんも地方だと東京とまた違います。そういった違いを味わえるのも医師や医学生の醍醐味だと思います。
9月は腎臓内科、心臓血管外科、循環器内科をまわります。
7〜8月は市中病院に実習に行ったり、勉強会に出たりしました。
8月最後の週も市中病院に似た雰囲気のある分院で実習していたので、夏休みの続き的な感じで過ごすことができました。私にとって本当の実習スタートは来週です!笑
がんばります!ではでは


hiro_0921jp at 07:20コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年08月29日

聖路加での実習&鹿島GIM&夏休みのまとめ

夏休み最後は聖路加国際病院救急部での実習を3日間まわり、
鹿島で行われた水戸協同病院と旭中央病院合同のレクチャーに行ってきました。

今回の夏休みはレクチャーと病院見学で全国をまわって非常に充実しました。
そして100人近い医学生と仲良くなりました。今でもFACEBOOKでつながっています。
8月も残り一週間ですが、最後の週も茨城の実習が一週間残っているので少し夏休み気分が残っています笑
9月からは循環器内科です。志望している科もあり非常に楽しみです。
茨城の最後の周も循環器内科をとりました。医学を志した理由もあり急性期の病態がやっぱり好きです。
そろそろ夏休み気分もぬけて後期から真剣に三苫先生を勉強しないとですね


hiro_0921jp at 09:48コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年08月20日

家族旅行

沖縄の実習に繋げて家族で旅行してきました。三人での沖縄は初めて。この二ヶ月、
茨城の実習や長野、沖縄の実習やらでほとんど家にいなかったので久しぶりに父親らしいことをしました。働いてしまうと家族の時間も減ってしまうのでとてもいい機会でした。
しかし一番沖縄の実情に触れたのは観光ではなく病院実習でした。
関東しか知らなかった私にとって、早婚、離婚、また低所得、生活保護、基地の街など新聞でしか知らなかったことが実習を通して肌で知ることができました。
しかし、東京から実習に来ている私に対して特に警戒することもなく入院サマリーのために問診やフィジカルをとらせてくれる優しい気質が好きです。自分の大学病院の実習だと恐れながらとっていたので。
来年は時間がないので関東の病院を中心に見学しますがもう少し北海道とか京都とか九州の病院も見に行きたいと思います。
後期やスタッフまで考えると有名な病院は今みても損することはないので

hiro_0921jp at 14:50コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年08月18日

ああ夏休み

沖縄県立中部病院の実習が終わり家族と合流して夏休みを満喫しています。
久しぶりのスローライフです。沖縄から帰ったら東京の病院に三日間実習をして鹿島のGIMに参加して、茨城に1週間残りの病院実習をしてと8月の後半も忙しいので素晴らしい息抜きです笑。
でも子供ができてからだいぶスローライフになりました。机で勉強する時間も減ってしまいました。
病棟実習があるからなのですが、あきらかに教科書から学ぶ勉強がおさぼりです・・・。
今年中にTECOMのネット講義をおわらせ、研修医の読むべき本を読みまくってという計画があるのですが黄色信号点灯中です・・。
前半の実習が忙しかったので後半は楽なのでなんとかなるかなと
ないものねだりですが、家庭に費やせる時間が増えたのと実習で学ぶ知識が楽しくてしょうがないのと本当に今が幸せです。
しかし一応卒業のゴールが国家試験なのであまり実習に偏りすぎないようにdutyもやらないといけませんね。
火曜日まで沖縄ライフを満喫してきます

hiro_0921jp at 09:10コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年08月16日

沖縄県立中部病院

今週は沖縄県立中部病院に見学にいってきました。沢山の有名人を輩出することで有名な病院です。また、研修医をインターンとレジデントにわけていて非常にユニークなシステムです。業務はハードで沖縄の北部、中部を支えるため野戦病院のような感じです。しかし、勉強は自分でやって、ベットサイドでガンガン試してみて回診に居合わせた上級医の先生にフィードバックを受ける研修医のスタイルは私の価値観にあっていて好きです。
勉強会が沢山行われていてみんなで研鑽する病院も素晴らしいです。
また沖縄県立中部病院のように、自分でドンドン勉強して成長する病院もあります。
どちらがいいか悪いかではなくて自分にあったほうを選ぶことが賢明です。
研修中は沢山の先生と話をしたり飲むことができて色々と学べました。
明日から家族旅行です。火曜日に東京に戻り、東京の病院を見学します。



hiro_0921jp at 19:04コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年08月10日

病院見学その1

先週一週間は長野のとある病院に行ってきました。
知り合いの先輩がいてお勧めだということが理由です。
往診といったプライマリケアやドクターヘリを持っていて3次救急もやっていることと総合診療科が有名だったので初期研修の2年間でジェネラルメディスンを学ぶ上では素晴らしい病院です。
また勉強会も熱心にやっていて毎朝レクチャーが行われています。
研修医の段階から総合外来といって外来ができることも魅力的です。
週1回の外来を1年目から経験すると2年目の研修医がとても上の先生に見えることが印象的でした笑。
1年目から戦力として救急外来や救急車対応を沢山やらせてくれる野戦病院は多くあります。
しかしこの病院では一人でやらせず上の先生に対してすぐにコンサルができることと、他科へのコンサルは上の先生から行われるのでとてもメンタル的にも負担が少なく、また自分のやり方が正しいやり方かどうかわかります。
そのようなことができる病院は少ないのではないでしょうか?
振り返りプレゼンといって外来診療が正しく行われたかその日のうちにフィードバックできます。
とても素晴らしい病院実習で、実習中は患者さんを持たせてくれて入院サマリーを書く機会を与えてくださったり、往診に行って長野の農村の診療を見学できたり、救急外来で沢山のマイナー疾患をみることができたり、毎日振り返りプレゼンで生ドクターGみたいなことができたり、沢山のレクチャーを受けたりして濃密な一週間を送ることができました。
また次の機会もお邪魔したいと思っています。
明日から沖縄に10日間行ってきます。病院見学と家族旅行です。
ではでは

hiro_0921jp at 21:20コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年08月05日

築地での5日間の国内臨床留学

5日間のワークショップが終わりました。まるで夢の中にいたような5日間でした。ウィスコンシンから来たグリーン先生とデシュパンデ先生や有岡先生をはじめとする聖路加のスタッフに支えられた5日間でした。アメリカ医学教育では医学生のうちからclinical reasoningを習得します。日本の医学生も身につけようということが主な目的です。臨床推論を学ぶというよりは、型となる、病歴聴取、身体診察、鑑別診断リストの作成などを学べました。座学が終わった後はひたすらオスキーを行います。言語はほとんどが英語です。模擬患者さんも海外の方で英語しか話しません。生まれて初めて英語で診察をさせて貰いました。このワークショップではアウトプット中心なので失敗しても沢山のチャンスがあります。フィードバックは録画された自分の診察のビデオを通して行うことができるので非常に学習効果の高いワークショップでした。また、患者さんから得られた情報をすぐにまとめて英語で先生にプレゼンテーションをします。プレゼンテーションも決められた型を教わり、すぐに実行できたのでとても良かったです。来年は海外臨床留学も考えているので非常に勉強になったワークショップでした。また自分で積極的に学外の勉強会に参加して勉強してきた診断学を体型的にかつアウトプットできたことが最大の収穫です。臨床の勉強は勿論、英語の勉強もしたいと思いました。

hiro_0921jp at 08:37コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年08月01日

CLINICAL REASONING WORKSHOP @聖路加国際病院

昨日から5日間アメリカの医学教育に触れてきます。素晴らしい講師とパッションを持った仲間に会えるので楽しみです。苦手な英語で臨床スキルを学びます。画像1


hiro_0921jp at 08:25コメント(0)トラックバック(0) |  
Archives
livedoor プロフィール
訪問者数