2013年10月

2013年10月24日

病棟実習24週目ー行列のできる脳神経外科病棟の実習

茨城に引き続き脳神経外科をまわっています。今年から聴神経腫瘍で有名な先生が移ってきたためオペ10ヶ月待ちもザラです。先生のインフォードコンセントやオペの見学ができて興奮しています。茨城では沢山脳血管疾患の患者さんを見てきましたが新宿では腫瘍の患者さんがとても多いです。また、内科認定医師を取った先生で血管内治療を専門にやられている先生もいてキャリアなどのお話ができてとても幸せでした。脳神経腫瘍は良性腫瘍が多く、症状があまり出ていない人に対して予防的に摘出することもあり非常にプレッシャーのかかる仕事だと思います。頭蓋底のオペが多いため、脳幹の側へ腫瘍摘出のためにアプローチしている姿は神の領域に触れてるような感覚になりました。脳神経外科って本当にすごい仕事だと思います。本日クルズスで顕微鏡下で血管吻合の練習しましたが細かくて辛かったです笑。明日で1ヶ月続いた神経シリーズも終わりです。来週から最後の内科である内分泌代謝リウマチ膠原病内科をまわります。

hiro_0921jp at 19:00コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年10月19日

再受験生が目指す外科医とは?(未完)

コメントで素晴らしい質問をもらったので書かせて頂きます。
再受験生だと高齢だから外科に進むのは無理だとよく聞かれますが果たしてそうなのか疑問を持っています。
病棟実習でメジャーの外科をまわったのでその見学をもとに考察を書かせて頂きます。
未完といったのはあくまでも学生として見ただけなので信ぴょう性があるかどうか疑問だからです。完成版は研修医の外科ローテをまわったときに書かせて頂きたいと思います。

さて、一般に外科といっても心臓血管外科、脳神経外科、呼吸器外科、消化器外科、整形外科、耳鼻咽頭口腔外科、泌尿器科、外傷外科、眼科、婦人科、産科、皮膚科、形成外科と幅広く存在します。
手術時間が長くてマンパワーが必要な科から比較的短時間で終わるオペまであるので一般的に外科といっても一言では言えません。そしてオペのタイミングも重要です。緊急性の高い心臓血管外科、脳神経外科、外傷外科はいつオペになるかわかりません。それとは別に腫瘍を扱う外科(呼吸器、消化器)はわりと時間通りにオペが始まります。また、独り立ちする年数も科によって違います。
年齢の問題はその2点を軸に考えるといいと思います。
残念ながら私はまだマイナーをまわっていないので全部はわかりません。しかし、ある程度オペを見学すれば予想はつきます。
それは執刀するチームの編成を観察するとわかります。オペはだいたい3人で1チームで行います。
そのチームの年齢構成、およびそれぞれの役割をみれば、おおよそどの年齢でどんなことができるかわかります。一般論では語れないので私の大学を例に考えてみます。

私の大学では心臓血管外科や脳神経外科は再受験生向きではないと思います。
オペをする先生がまずチームの一番上であるからです。だいたい25~30年目の先生が執刀医です。
呼吸器外科や消化器外科では一番上の先生は指導にまわるため2番手に位置していて執刀はそのチームの2番目の先生、つまり15年目の先生が執刀しています。
婦人科や整形外科、乳腺外科はもう少し若い先生が執刀しています。10年目くらいの先生がやっています。
手術時間が比較的短く件数も稼げるので経験値がたまりやすいと麻酔科医の先生が言ってました。

市中病院だともう少し若い年齢でやっているところもあり件数もあるので経験値は稼げると思います。
産科のカイザーであれば3年目の先生がばしばしやっているところも多く聞き来ます。
後はその人のキャリア次第と思っています。
どの外科がいいかは自分の適性と決めれば見つかると思いますよ。
内科をまわっていると外科でしかどうにもならない疾患は多く見つかります。
どの外科であってもやっぱり外科は素晴らしいと思います。
入学して実習を沢山重ねて自分のロールモデルを探してください。自分の大学と他の病院は全然違うと思うので、こればっかりは足を運んで見つけるしかないと思います。
マイナーをまわるのでまわり終わったらその辺も書いてみたいと思います。





hiro_0921jp at 08:16コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年10月18日

東京医科大学学園祭―内科模擬健診

やっと公式にアナンスすることができました。
今年も東京医科大学の学園祭で内科模擬健診が行われます!
健診を通して是非とも臨床実習前の4年生が学んでいる医学教育にふれてみてください。
図1


hiro_0921jp at 22:52コメント(2)トラックバック(0) |  

卒業試験

卒業試験シーズンです。今日は久しぶりに卓球をやりに部活にいったら張り紙がありました。
医療系全般に言えますが、医学部の他の学部と違うところは卒業するために総合試験をパスないといけないことですね。
普通の学部は必要単位とって卒業研究かゼミをクリアすれば卒業です。
しかし我々医学生は国家試験に受からないと全く社会で生き残れないため、国家試験に受かる見込みのある人しか大学は卒業させてくれません。合格率が下がるとブランドイメージが下がるということもありますが。
毎年何気なく張り紙を見てきましたが、次は私達5年生の番です。
まだ1年ありますが、今後の予定とか今までの時の流れを感じると本当にあっという間だと思います。
勉強して医師免許を取れるくらいの実力は卒業までに身につけることが最低限。
しかし私は再受験生。徒労かもしれませんが、それ以上の勉強をしてなんとか世間に迷惑をかけないくらいの能力はつけたいところです。
果たしてそのくらい勉強できたのか?
毎日悩んでいます。
10月は結構楽な科を回った上にネット講義で内科を全部終わらせる!という目標をたててしまったため実習がおろそかになりました。
後悔とネット講義がかなり消化できた達成感の狭間で心が揺れています。
週末は反省して来週の脳外科実習につなげ
季節の変わり目は自分を振り返るチャンスですかね。

hiro_0921jp at 20:45コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年10月15日

病棟実習23週目ー高齢診療科


病棟実習23週目ー
高齢診療科をまわっています。ここは75歳以上の高齢者のための総合診療科です。血液疾患や神経疾患などを中心に扱っています。ここでは担当になった患者さんの疾患の勉強以外に、ADLや認知機能を学ぶため、DR.SUPERMAN、GDS,MMSEなどの問診をして勉強しています。台風でなくなるかもしれませんが、明日はカンファのプレゼンを割り当てられたので今日は夕方に患者さんの病歴、MMSE、GDS,身体診察、画像所見の勉強などを一気にやって大変でした(私よりも親身になって応対してくれた患者さんの協力が素晴らしいかったです)大変でもこういったチャンスは飛躍的に勉強ができるので嬉しい悲鳴です。高齢者の診療は寺沢先生の当直御法度にも書かれている通り難しいものと心得ているので、台風によっては残り2日に減るかもしれない高齢診療科の実習を楽しみたいと思います。


hiro_0921jp at 19:24コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年10月13日

最近の勉強

5年生になり病棟実習がメインなので3〜4年生の時と比べて心に余裕が出てきました。
全国どの医学生もそうですが膨大な臨床の勉強を1年半で終わらせるため2週間に1度というペースでテストがあったためそれはそれは大変でした・・・笑

5年生になると各科でテストみたいなものはあるのですがとても楽なので3〜4年生の比ではありません。
なので6年なつまでの1年半の病棟実習は他の人と差が出るところでもあり要注意です。
5年生になって国家試験にとらわれず各科目で専門的な本を1冊は読むようにしています(循環器内科でも紹介した通り)
また各種勉強会に出て研修医で役に立つ勉強(入院患者発熱のワークアップ、睡眠障害のワークアップ、治療学まで踏み込んだ救急初期治療学など)をしています。
しかし、やっぱり色々な先生に聞いていると学生のうちに研修医が学ぶようなことをやることはとても素晴らしいのですが、逆にそれは先生になってからも学べることでもあるので、学生のうちに疾患概念を頭に叩き込むことが大切だと聞きました。
つまり国家試験のような一つ一つの疾患の疫学、病態、診断と治療のアルゴリズムを学んでおくことです。
3〜4年で一度は学んでいますが、病棟実習に行くと理解があやふやだったりすることはしょっちゅうあります。
そしてすぐ忘れる・・・加齢なのかもしれませんが勉強しては覚えてすぐ忘れての繰り返しです。
3〜4年で一度机上で勉強して、5年生でベッドサイドで学んで、6年生でまた机上で勉強する。
この過程を通してあの膨大な量を頭にいれているのだと思います。
しかし5年生の今、ベッドサイドやクルズスと呼ばれるミニ講義を通して得られる知識の量は少ないので私の大学ではTECOMと呼ばれる国家試験予備校のネット講義を聞いています。
5年生から国家試験対策の講義を聞くなんて・・・とはじめは嫌悪感を抱いていましたが、卒業までに130コマ見なければいけないので隙間時間を見て勉強しています。
自分の好きな勉強をできるのも5年生、そしてみんながやっていることもやらないといけないのが医学生
このはざまでがんばっています!医師国家試験は9割通る試験なのでみんなと同じことをやらないといけませんからね





hiro_0921jp at 19:19コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年10月12日

秋の勉強会シーズン

先週は京都まで災害医療のコースを受けてきました!
今週は聖路加で後期レジデントがレクチャーしてくれます!
沢山の勉強会が開催されているので選ぶ方も大変です。。笑


◎レジイレ x JAMES  研修医 brush up seminar


コンセプト: 今日から使える! 今日から変えるThinking & peformance!

■日程: 10月12日(土)13時15分〜13日(日) 15時  ☆遅刻・早退自由☆

■場所:聖路加国際病院 2Fトイスラーホール

http://www.luke.or.jp/access/index.htm

>>>>>申し込みフォームはこちら


■対象: 初期〜後期研修医  もちろん学生もOK
■参加費: 研修医: 3000円   学生2000円  1日の場合は半額
■懇親会:12日夜 

■レジイレHP: http://familymedicineworkshop.jimdo.com/


■12日プログラム■

◎13:15 開会式

◎13時30分〜14時30分 : 小児科救急初期対応 

・講師: Yu Funakoshi : 東京都立小児総合医療センター 小児科後期研修医

 ・小児救急初期対応についてクイズ形式で楽しく学ぶ1時間!


◎14時45分〜16時15分 : ”実践”問診塾! 
・講師: Hiroyuki Nagano :  天理よろづ病院相談所病院 内科後期研修
  ・あなたの「問診力」をUPさせる1時間半。 2人一組になって、
   お互いフィードバックしながら、普段気づかない問診の癖をチェック!

◎17時〜18時半 : ヤ(病)ンデル先生の熱病症例検討会 
・講師: Kohei Morinaga :   諏訪中央病院 内科後期研修医
  あなたの鑑別・診断をドンドン聞いていきます! 皆でワイワイ症例検討会!


◎19時〜21時 ☆懇親会☆ ミニレクチャー&症例検討会満載の懇親会!

  ご飯を食べながらワイワイ勉強会!



■13日プログラム■

◎9時〜10時: 妊婦CPR! 〜あなたの前で妊婦が倒れたら〜
 ・講師 Yusaku Kumagai : 石巻赤十字病院 産婦人科後期研修医 
  妊婦が心肺停止になった時、どうしますか?
  妊婦の胸骨圧迫、心肺蘇生の仕方を実践を交えてお教えします! 
◎10時30分〜11時30分 : 5年後には親になる人達へ〜これからの産婦人科:胎児治療〜

 ・講師: Nobuhiko Hayashi :千葉大医学部 産婦人科後期研究医

  これから親になる私達。これからの周産期医療の展望を、数カ国の海外留学から得た知識も交えてお伝えします。

◎11時30分〜13時:「教育みたいなもの、科学みたいなものを見破るには?
 〜今日からできる! 構造構成主義思考」 
・講師: Matsumoto Takahiro :東京慈恵医大 麻酔科、笑顔のおうちクリニック松戸

 「構造構成主義」って何だろう? 初心者でも簡単にわかるように説明します!

◎13時30分〜15時: 院内勉強会を創造する〜続く勉強会・面白勉強会: Ted x Medical

 ・講師: Kentaro Tamiya : 学びのデザイナー

  経歴 初期研修@大学病院  後期研修@徳洲会病院 救急総合診療部  
  現在5年目医師+予備校講師=「学びのデザイナー」という面白ドクターのスベシャルレクチャー!!

◎15時15分 閉会式 :解散

■ 講師陣Face book ■
・Yu Funakoshi https://www.facebook.com/yu.funakoshi

・Hiroyuki Nagano https://www.facebook.com/Hironagano

・Kohei Morinaga https://www.facebook.com/kohei.morinaga.9

・Yusaku Kumagai https://www.facebook.com/yusaku.kumagai
・Nobuhiko Hayashi https://www.facebook.com/Noko.Hayashi

・Matsumoto Takahiro https://www.facebook.com/matsumoto.takahiro

・Kentaro Tamiya https://www.facebook.com/kentaro.tamiya



■事務方■

・Kenichiro Konno : 聖路加国際病院 救急部・集中治療部 後期研究医
https://www.facebook.com/kenichiro.konno
・AYako Shibata : 淀川キリスト教病院 産婦人科 後期研究医
https://www.facebook.com/ayako.shibata.96


■■共催

・レジイレ :レジデント2011 2011年度卒業全国研修医ネットワーク

http://familymedicineworkshop.jimdo.com/

・JAMES (Japan Association for Medical Education and Science)
   医学教育活動を行う自主的団体 http://ameblo.jp/james-2012forum/

hiro_0921jp at 08:53コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年10月09日

病棟実習22週目-リハビリテーション科

今週はリハ科にまわっています。リハには興味がなかったので楽しめるか心配でしたがまわってみると不安が一掃されました。リハは奥が深い。PT,OT,STのシャドウイングとリハ外来を見学することができるのですが、患者さんと一緒に紐結びの練習したり、半側空間無視の患者さんが無視された空間で作業をする訓練をしたり、体幹失調の歩行訓練を一緒にしたり、パーキンソンの人に筋力トレーニングをしたりしました。低下した機能を回復または維持させるために身の回りのものを使ってうまくトレーニングさせるセラピストの工夫を感じました。また、整形外科、神経内科、脳外科などの患者さんと沢山接するためにどさくさに紛れて病歴を聞いたり、簡単に診察したりして臨床の勉強もしていました。これだけ小脳失調を見られるなんてなかなかない機会です。
以前、練馬光が丘病院の実習をさせてもらった時のことを思い出します。仕事ができる医師になるには入院させる時から退院後のことを考えよと、志水太郎先生から言われました。ドクターにとってセラピストやソーシャルワーカーの仕事を知ることが、患者さんの退院後の管理をスムーズにするできるかを学ぶことができました。
リハビリは本当に面白いです。

hiro_0921jp at 19:15コメント(0)トラックバック(0) |  

2013年10月03日

循環器をまわる際に読むべき本

そうだったのか! 臨床に役立つ循環薬理学
古川哲史
メディカルサイエンスインターナショナル
2013-02-28






循環器志望だったのでかなり気合をいれて読みました笑
心電図パーフェクトマニュアルは12誘導心電図があるのでお勧めです!全誘導で解説してくれる本はこれしか知りません。
香坂先生の本2冊は読み物です。特に循環器診療の極意は臨床の難しさを教えてくれます。この本は高度なのでレジデント向けの循環器レクチャーを聞いてから読むとすんなり入ると思います。心電図も大切ですがやっぱりヒストリーテイキングも大切だってことを嫌というほど教えてくれます。
循環薬理学は急性心不全、慢性心不全、急性心筋梗塞、血栓塞栓症などの治療を薬理学的な機序で教えてくれます。特に慢性心不全は大学の講義や国家試験関係の本だとわかりづらいのでこういった本を読んで慢性心不全の病態をしっかり学んだ方が理解できると思います。私は残念ながら講義だけではわからなかったです。病棟実習を通して、フォレスターやクリニカルシナリオは急性心不全、慢性心不全だと体液調整因子の不活化ということを理解できました。



hiro_0921jp at 10:15コメント(0)トラックバック(0) |  

病棟実習で読むべき本リスト





病棟実習中に読むべき本
研修医はじめの一歩―青い方は研修医基礎編。実習前の春休みに読んでおいた方がいいかもです。赤い方は外科、麻酔科編。特に2冊目がオススメで外科実習中に読んでください。オペ前後の患者管理などが学べます。こういうことは授業で学べないのに、病棟実習中には頻繁に出てくるので研修医ではなく5年生の時に読むべきだと思います。6年生になると国家試験勉強になるので多分読みません笑。
他にもう一冊臨床研修はじめの一歩もお勧めです。
3冊とも読みましたが(どれも1日で読み終わる内容)とてもいい内容です。


hiro_0921jp at 10:07コメント(0)トラックバック(0) |  
Archives
livedoor プロフィール
訪問者数