2014年12月

2014年12月31日

医学教育

6年間を振り返ると医学教育はいいところも悪いところもあります。
そもそも何故6年間必要なのか?という疑問が生じます。
入学してみて6年間を過ごすとなんとなく6年間必要だったのかなと思う反面、4年間でも別にいい気がします。
6年間のうち医学を講義で学ぶのは4年間です。内訳は教養が1年、基礎医学が1年半、臨床医学が1年半。残りは病棟実習が1年から1年半、最後の半年が国家試験対策です。
大学によってかなりばらつきがあり、臨床実習に力を入れる自治医科大学、筑波大学は4年生から実習が始まるようです。逆に国家試験の成績を気にする私学は6年生のまるまる1年間を国家試験対策にあてているところもあります。
つまり無駄をとってしまえば教養、国家試験対策が不要なので4年で卒業できます。アメリカでは学士入学なので教養をやる必要がなく4年で卒業できます。
最近では医学教育の世界標準化が叫ばれ実習を72週まで伸ばす流れになっています。世界標準でなければ今後アメリカの医師国家試験は受けられなくなります。
私の大学も6年生は国家試験対策にまるまる1年間使えましたが夏前までは実習期間になりました。医学教育側と国家試験対策側で教員の意見もわかれていて錯綜していて学生が被害を受けています笑。
病棟実習がアメリカ並に学生の位置を高めれば72週にする意味はあります。担当患者さんを決めて毎朝プレ回診して、チーム回診の時にプレゼンしてオッケーもらえば学生の治療方針が採用される参加型実習です。日本でも参加型実習は叫ばれていますが現場が対応できていなく従来の見学ベースド実習になり不毛な時間が増えるだけです。学生にどこまで医療行為をさせるか先生も悩んでいるのではないでしょうか?
いっそのこと4〜5年で卒業させ免許を与えてしまって医療行為を合法化させたほうがいいと思います。インターンとして無給でもいいから実習的な形でチーム医療に加わる方が。最近では市中病院の先生が指導熱心でやる気のある学生を実習に参加させチーム医療を行っているところもあります。
私が指導医になるころにはだいぶ改善されると想いますが変革の時期に被害を被る学生も多くなるのではないでしょうか?

hiro_0921jp at 07:17コメント(0)トラックバック(0) |  

2014年12月30日

国家試験3年分

106回から108回まで問題演習させて頂きました。大半がセレクトに収録されていた問題で一度解いたことがある問題ばかりでしたのでほとんど間違えなかったのですが復習の際には選択肢を個別に吟味し想起できなかった知識を講義ノートで見返して知識の書き殴りをしてました。
明日は年末ですが図書館で勉強します。今まで復習をほったらかしてたターゲットのときなおしをします。
計画表から1日ビハインドですががんばります。

hiro_0921jp at 21:38コメント(0)トラックバック(0) |  

私学のすすめ

日経メディカルに再受験の役に立つ記事が書かれています。日経メディカルは登録すれば誰でも読めます。

僕は受験の失敗が許されない高齢の再受験には私学を勧めます。
合格基準が不透明で勉強する範囲も膨大で、研究者やコメディカルを好む国公立医学部学士に対して、門戸が広く勉強することも限られている私学のほうが確実に医師になれます。
記事にも触れられていますが問題は一括で収める入学金と1年目の学費。こればかりは奨学金も使えず、働いて貯金したり親からお金を借りたりしなければいけません。
後は入学後に努力でなんとかなります。私も奨学金で計1300万くらい借りてます。また在学中に成績や活動が評価されて返済義務なしの奨学金100万も取得できました。また、四年間働いたので仕事を退職する前に1300万くらい貯金してました。
残念ながら学費が割と安い私の大学でも入学金などの残りを支払うことはできず残りは親からの借金です。
結婚してからも妻は働き続けていますが依存関係ではなく生活費は互いに出しています。保育園なとの子供の養育費は賄えないので妻に出してもらっていますが。
だから私学も積極的に考えてみてください!医師になってしまえばいくらでも元がとれます。お金のために医師になるわけでないのでお金の話はしたくないのですが医師はのるのに時間とお金などのコストがかかる職業なので。

中卒両親を持つ私立医大生K君の経済状況
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/matsubara/201412/540146.html

hiro_0921jp at 10:17コメント(0)トラックバック(0) |  

2014年12月29日

MEC模試自己採点

朝早くから図書館に来て1日で500題解きました。疲れました。自己採点してケアレスミスがあったけど抜けていた知識の確認もあり大変実りが多かったです。時間の都合上見直しは卒業試験後にして、試験までの残り6日間は自分の大学の過去問と106回の国家試験の問題を解く予定です。

自己採点はこちら
必修 176/200
一般 177/200
臨床 534/600

テコム3回より難易度は上がった試験ですがこの2週間で総復習をしたので抜けていた知識も補充され得点力をあげることができました。次の模擬試験は年明けのテコム4回になります。基礎は固めたので苦手な分野だけセレクトをときなおそうと思っています。

冬メック平均点12月26日時点
一般 73.9%
臨床 78.5%
必修 85.3%
全体 78.3%


hiro_0921jp at 22:22コメント(0)トラックバック(0) |  

2014年12月28日

九ヶ月間の変化

107回の国家試験を9ヶ月ぶりに解きなおした結果です。字が汚くてすみません。6年生になってセレクト使ってなんども復習したのでほとんどの問題の答えを覚えていたのですが笑。
だから自己満足なのですが、5年生の段階で国家試験のボーダーは越えていたのでもう勉強しなくていいやと思ってましたがやはり6年生で改めて全範囲を勉強すると病態が整理され、知識が再構成され、問題がパターン化されるようになり5年生よりも学力は伸びた気がします。
研修医で耐えられる使える最低限の知識と知恵を身につけないといけませんから6年生の予備校モードな勉強も少しは役にたつのかもしれません。使いこなさなければいけない。これが実学たる医学の勉強なのかもしれません。
2014-12-28-18-29-16


hiro_0921jp at 18:30コメント(0)トラックバック(0) |  

国家試験過去問演習

妻と娘は年末年始を実家で過ごすため土日は家で勉強しています。午後から学校に行く予定。
ターゲットが終わり一通り復習ができたので108回を解いてみました。
出来は必修は満点、それ以外は90%くらいです。国家試験の勉強は過去問から学んでいるのでほぼ全て解いた問題なので出来て当たり前です。解けない問題は知らない知識系の問題が多かったです。でも本番は70%がラインだからそんな問題捨てても問題はないと思います。国家試験は約30%がプール、70%が新作とメディックメディアの本に書かれています。。新作でも本当に得体の知らない問題は10%くらいでしょうか?この辺の扱いは個人に委ねられるのが入試との違いでしょうか?みんなができるところを落とさない。国家試験の原則です。まして合格率は新卒で91%ですから。
108回を解き終えたところで、105回をAmazonで中古購入しました。気楽に買える世の中になりましたね。時間が余ったのでこれから107回解きます。今年の五年生の進級試験前に解いたからこれもサクッと終わりたいです。5年の段階で既に合格点は到達していますがこの1年間の成長を確かめたいです。


hiro_0921jp at 10:31コメント(0)トラックバック(0) |  

2014年12月26日

PALS勉強会

年末のAHA PALSコースを受ける後輩の5人と一緒にPALSの勉強会を開催しました。PALSは小児科を志す人以外にもオススメのコースで、初期対応の設定で集めた所見を元に自分でアセスメントできて動けることが目標です。臨床を学び終えていなくてもバイタルサイン、ショックと呼吸不全の勉強と生理学的徴候を理解すれば参加できます。やる気のある後輩が2年前のPALS WS in kanto みたいなワークショックを開催してくれることを期待しています。
2014-12-26-16-02-55


hiro_0921jp at 21:09コメント(0)トラックバック(0) |  

2014年12月25日

ターゲット終了

とりあえず2週間で全範囲をカバーしました。今後はターゲットの復習、108回国家試験の演習、卒業試験の過去問、mec模試を解いて国家試験までの前半戦は終わりそうです。後半戦は卒業試験後で国家試験まで約1ヶ月!
後半戦は模試の苦手範囲を中心に1日1冊のペースでセレクトの解けなかった範囲とテコム第4模試、107回、106回の国家試験の演習をやる予定です。間に合宿や各予備校の直前講義が入ります。

ターゲットの出来は以下へ!ボロボロでして気を引き締めなければ
循環器 83%
呼吸器 88%
腎臓 85%
消化器 80%
内分泌 81%
血液 74%
免疫 76%
感染症 83%
神経 78%
小児科 87%
産科 80%
婦人科 73%
精神科 83%
眼科 84%
耳鼻科 90%
泌尿器科 80%
皮膚科 94%
整形外科 95%

血液、免疫、婦人科、神経が特に悪いですね。

hiro_0921jp at 15:35コメント(0)トラックバック(0) |  

2014年12月23日

公衆衛生終了

公衆衛生終わりました!すぐ忘れるので来月の卒業試験が終わったらまたやるつもりです。臨床に終わりはありませんが、必修、公衆衛生はある程度やることも決められているのでこの4日間で2科目を再び勉強できたことは心のゆとりにつながります。
明日から3日間で消化器、内分泌、血液をやります。ノートとターゲット使います。これが終わるととりあえず全範囲をカバーできたことになります。セレクト使ってないので深さはないですが卒業試験前はこのレベルでやります。終わったらセレクトの間違えた問題に取り組みます。

hiro_0921jp at 22:51コメント(0)トラックバック(0) |  

公衆衛生復習

今日から2日間は公衆衛生の復習をする予定です。クエスチョンバンク公衆衛生とサブノート、mecのネット講座テキストの3本セット。やっぱり最後まで心配なのが80%以上とらないと即不合格の必修、そして医学生が最後に着手するため差がつきやすい公衆衛生学でしょうか?

hiro_0921jp at 00:07コメント(0)トラックバック(0) |  
Archives
livedoor プロフィール

ヒロ

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: