2015年04月

2015年04月29日

ゴールデンウィーク

待ちに待ったお休みです。病棟長の取り計らいで29,2,3でお休みを頂きました。3日は当直があるので夕方までですが。フルでお休みをもらえることは滅多にないので寝坊できました。
まだまだ何もできず給料をもらえる存在とはいえません。今日は今までできなかったことを復習しようと思います。

hiro_0921jp at 10:03コメント(0)トラックバック(0) |  

2015年04月27日

サマリー作成

受け持った患者さんが退院すると退院サマリーを書くとこになります。それは患者さんの背景や既往歴、今回の入院になったきっかけや入院中の経過をまとめたものです。次回入院になった際に別の医師が担当してもすぐに患者さんの背景がわかるようにする書類です。
上級医が書くこともありますが基本的には研修医の大切な仕事です。そして急性期病院では患者さんの入れ替わりが激しいため沢山のサマリーを書かないといけません。これは時間外労働の原因の一つにもなってます。しかし書くたびにその人の経過を見て自分が治療したことを復習する場面でもあります。まさに患者さんから学ぶこと。学生ではできなかったことではないでしょうか?

hiro_0921jp at 10:04コメント(0)トラックバック(0) |  

2015年04月25日

病棟業務

image

電解質、体液バランス、栄養などを勉強しています。その上で熱発のワークアップや初期抗菌薬の選び方を学び。酸素飽和度低下やショックなどの急変対応を学ぶ。エクストラで便秘や睡眠障害の際の対処など。一般内科、血液内科をメインに担当させてもらっていますがまずは病棟の基本的な勉強から。そして基本だけで終わりそうな1ヶ月。。。

hiro_0921jp at 20:36コメント(0)トラックバック(0) |  

事務作業

病棟2週目がおわりました。今週は担当患者さんのSATが低下したりショックになったり大変でした。2人とも大事に至らなくてよかった。しかし急変時に動けなかったのはとても悔しいです。医師は理解してるだけではだめです。意識しなくても動けるようにならないと。
学生の頃色々な活動をしていましたが役に立ってるかは懐疑的です。
本当に悔しいです
でも患者さんのためにがんばります

hiro_0921jp at 15:56コメント(0)トラックバック(0) |  

2015年04月24日

暗記力とは

病棟実習2週目が終わろうとしています。バタバタしていて何も役に立っていません。それなのに今日は給料日です。
患者さんの情報を全て把握することはとても難しいと感じています。背景に何があるのか原疾患の治療以外にも把握し緊急自体に備えるというのは本当に大切です。でもまだまだ理解できてません。
本当の意味の暗記力というのは国家試験突破のための知識を暗記するのではなく患者さんを把握することなのでしょうか?ふとそんなことを感じました。


hiro_0921jp at 16:25コメント(0)トラックバック(0) |  

2015年04月21日

初めての患者さん

貴重な体験ですがとある患者さんを入院から退院までフォローすることができました。自分がやれたことはほとんど何もなく上の先生の指示通り動いただけですが毎日回診に行き沢山お話を聞けたことは嬉しかったです。こんなことばかりではなくこれから辛いことも沢山あると思いますが医師になって初めて担当させてもらった患者さんのことは忘れずにしたいです

hiro_0921jp at 23:45コメント(0)トラックバック(0) |  

2015年04月19日

1週間が終わり

長かった1週間が終わりました。今週は1週目ということと優しい看護師、医師に囲まれ甘えてしまいました。来週からはもう少し早めに業務に取りかかれるように頑張ります。うちの病院は麻酔科や放射線科などを除くほとんどの科で土日も回診があるためぶっ通しで働きます。土日は上の先生にプレゼンもなく患者さんをラウンドしてタスクが終われば早めに帰れます。しかしまだまだ不慣れな自分は土曜日は夕方までかかり今日も3時終わりでした。
患者さんの把握がイマイチだったのでエクセルで表にまとめて質問されたらすぐに応えられるようにしました。
まだまだ担当が6人なので勉強時間も頑張れば確保できます。でもまだまだノロいので頑張りますね


hiro_0921jp at 16:00コメント(0)トラックバック(0) |  

2015年04月18日

混合病棟

混合病棟ならではのマルチタスク
今週の学びは
糖尿病性ケトアシドーシスの治療、スライディングスケール、アルコール性ケトアシドーシス、セフェム系抗菌薬、抗緑膿菌薬、緩和ケア(麻薬はまだ)、敗血症性ショック、胸水穿刺、骨髄穿刺、血液培養、ルート、血液ガス、輸液、血液ガス、聴診、問診、プレゼン、発熱性好中球減少症、肺炎、椎体炎

まさに浅く広くの世界

hiro_0921jp at 21:05コメント(0)トラックバック(0) |  

2015年04月17日

学生と研修医の違い

学生と研修医のギャップの違いを感じた週です。仕事の流れがよくわかってないなら優先度がつけられない。担当になった患者さんのサマリーという大量の情報から必要な情報を抜き出せない。端末の使い方が不慣れ。ラインすら満足に取れない。処置に必要な物品がわからない。プレゼン下手すぎなど。上級医、看護師に大変迷惑をかけています。でもみんな優しく何でも教えてくれます。業務に追われる時間を少なくしてメディカルな部分を沢山学ぶ時間を作るの。これが今の私の目標です。

hiro_0921jp at 23:06コメント(0)トラックバック(0) |  

2015年04月14日

激動の2日間が終了

いやー大変です。毎日6時半から夜の12時まで。いきなり入院患者さん2人の担当になり新入院まで受け持つことに。初日はカルテすら満足にいじれないことと膨大な情報の量に3人の病歴を全て把握できませんでした。
2年間持つか不安です笑。
しかし日本で最高の研修医教育が受けられると信じているので凹みながらも頑張ります

hiro_0921jp at 23:24コメント(0)トラックバック(0) |  
Archives
livedoor プロフィール
訪問者数