2016年06月

2016年06月29日

走り抜けた4週間

image

循環器内科が終わりました。1人の患者さんと見つめあうことの大切さを学びました。
読みたかった本はたくさんあるけど忙しすぎて結局読めず、またカテにも入りたかったけどまともに入れたのは一例だけでした。
しかしここで得られた経験や気持ちは一生の宝になりそうです。
残りの研修生活で清書を読み論理に裏付けされた知識にするつもりです。
VF、挿管、IABPからの抜管に持っていけた患者さんに担当できたことも感動で涙が出そうでした。
臨床はまさにドラマそのものですね

hiro_0921jp at 20:46コメント(0)トラックバック(0) |  

2016年06月22日

VFサバイバー

更新が滞ってすみません。ccu4週目突入です。
勉強は進んでませんが循環器が楽しすぎてたまりません。
たまたま当直で第一発見者になってしまったVFサバイバー担当患者さんの集中治療管理を行っています。
尿量や画像やラボに一喜一憂しています。
集中治療は本当に楽しく学ぶべき範囲が広くて今までにない視点での医療を学ぶことができます。
本当に楽しいです。
この歳で循環器内科もありかもですね

hiro_0921jp at 01:10コメント(0)トラックバック(0) |  

2016年06月15日

楽しい楽しい集中治療室

はじめは大変かもしれないけど1人の患者さんの尿量や血圧にずっと向き合うのはとても嬉しい
こんな医療に携わる1ヶ月間はレジデントにあって欲しい

hiro_0921jp at 22:47コメント(0)トラックバック(0) |  

2016年06月11日

ユニット系の醍醐味

更新が遅くなってすみません。
ccuに缶詰になって2週間。
集中治療室を楽しんでます。
降圧剤や利尿剤を駆使して心不全の体液コントロールを行ってます。
循環器のフットワークの軽さと詰まった血管に血流が再還流される感動をみてしまったらどんなに眠くても感動します。
楽しいです

hiro_0921jp at 05:51コメント(0)トラックバック(0) |  

2016年06月03日

循環器内科

お久しぶりです。
噂には聞いてましたがccuにこもってからはほとんど出れてません涙。
1人の患者さんに費やす時間があまりにも多くて教科書通りにはいかないことが多くて集中治療室の世界は本当に大変です。
でも1人の患者さんに正面から向き合って尿量や体重に一喜一憂してそして正解のない治療を行っていくのはやりがいがあります。そしてかなりしんどいです。
これが臨床なのでしょうか?
こんな時間です。おやすみなさい

hiro_0921jp at 03:16コメント(0)トラックバック(0) |  
Archives
livedoor プロフィール
訪問者数