2018年08月

2018年08月30日

熱帯医学研修後半

研修も後半になってきました。
最初は指導医の英語が早すぎて聞き取れませんでしたが最近はなんとかくらいつき質問、ディスカッションできるようになりました。
日本の病院と違って診断がつかず入院してくることが多いので、毎日新しいケースに対して鑑別診断を言っていくプロセスが非常にためになっています。
日本でもレジデントと一緒にやっていこうと思います。
勉強になったことは常に結核を考えることです。肺だけでなく皮膚でも腹水でも脳膿瘍でも必ず最初の鑑別は結核です。
日本ではそこまで多くはありませんが舐めてると病棟で排菌していて足元救われるので今後は必ず気にするようにします。

写真は結核のクリニックです。
感染リスクをさげるため駐車場に野ざらしになってあります。
IMG_3565




hiro_0921jp at 16:20コメント(0) |  

2018年08月26日

カンボジア弾丸旅行

IMG_3494
IMG_3427
IMG_3392

週末は実習がお休みなのでカンボジアに行って来ました。
移動の都合で滞在はたった24時間でしたが、アンコールワットを見ることができました。
市内にも行きましたが熱帯地方ならではでナイトライフが充実しています。
またキリングフィールドにもいって来ました。

カンボジアも昔に比べればオートバイが減り乗用車の数も増えてきたみたいです。
ひとり旅だと客引きがしつこくて面倒ですがノーと言えば去ってくれます。
市内観光で大きな病院があったのでのぞいてみましたが建物の中ではおさまらないのか沢山の患者さんが屋外の簡易ベットで寝て点滴を吊るされていました。
タイでも部屋に入りきれない場合は廊下にベッドが置かれているのですが比べきれないくらい沢山の人が外にいました。
カンボジアの疫学はまだわからないので帰ったら調べてみようと思います。



hiro_0921jp at 16:16コメント(0) |  

2018年08月25日

異国での医療

IMG_3327

とあるタイの地方の基幹病院で感染症の勉強をさせてもらってます。
デング熱以外にもHIV、結核、メリオイドーシス、ペニシローシス、クリプトコッカスなど様々な疾患を勉強させてもらってます。
回転も速く知らないうちに患者が10人以上入院していることもざらではありません。
野戦病院で感染症科のアティンディングのチームと言えど、腎不全、腎不全、肺癌患者や副腎不全など多岐に渡ります。
ボスは総合内科でかつ感染症のスペシャリストでもあるので大変刺激になります。
研修医四年目でありながらまだまだローテーターとして感染症以外を学んでいて多少は焦ることもありましたがやはり感染症科で大切なことは非感染性疾患に対しても適切に鑑別ができることだと痛感しています。



hiro_0921jp at 13:36コメント(0) |  

2018年08月21日

熱帯地方

IMG_3272

IMG_3283

タイの国境、ゴールデントライアングルにきています。左の岸がミャンマーで右がラオス、撮影場所はタイです。
昔はケシの花の栽培が盛んでしたが国策でコーヒー栽培に置き換わりました。
2枚目の写真はミャンマー国境の写真です。国境越えは簡単なので2時間くらいミャンマーにいってきました。ミャンマーに来たのはJAPANHeartの見学以来です。
街並みも少しタイと違ってバイクが多かったです。みな医療や職、教育を求め国境を渡ります。


研修先の病院は国境にあり国境のゲートが空いている時間ならミャンマーからも患者が搬送されます。忙しい病院です。
保険の問題で処方箋はミャンマー国内でしか使えないらしいですが。
この辺はマラリアもほとんどいなくなったみたいです。
メインは多剤耐性の結核とHIVです。
デングの患者は予防に蚊帳をしかれてるので院内でもすぐわかります。
雨季ですがスコールにあたらず運が良いです。

時間もたっぷりあるので秋に受けるSTEP2CKもやりはじめてます。WiFiが不安定なのでオンライン問題集ができずとりあえずもってきた本の問題集が役に立っています。
内科認定医試験を受けたばかりで内科の知識はそこそこあるのでマイナー科目の集中になりそうです。まずは1日100題/日でメジャーを解き終えて帰国後に精神科や産婦人科、小児科を重点的にやって10月頃に試験を受ける予定です。






hiro_0921jp at 09:29コメント(0) |  

2018年08月20日

短期留学

現在短期留学でタイに来ています。
熱帯医学の勉強です。
とても暑いです!
頑張ります!


hiro_0921jp at 14:02コメント(0) |  

2018年08月12日

膠原病内科ローテ終了

非常に敷居の高い科だと思っていましたが4週間まわってとても楽しく勉強できました。
膠原病疾患だけでなく不明熱や炎症反応高値のアプローチ、関節炎、免疫抑制剤の使い方などテーマが多かったです。
大切なことはまずは感染の除外なので最初に必ず各種培養をとることかなと思います。
これからの診療につなげたいと思います。


hiro_0921jp at 14:27コメント(0) |  

2018年08月05日

不明熱に取り組む

感染症をやる上で一番難しいのがこれ。
自分の病院で一番得意な科は膠原病科で毎日ディスカッションしています。
今まで闇雲にアプローチしてましたが本当にためになります。
また結晶性関節炎に対してNSAIDSの効き目も体験できます。
CRPの低下が本当にすごい。
繰り返し言われることはまずは感染の除外です。



hiro_0921jp at 18:37コメント(0) |  

2018年08月01日

夏まつり

IMG_3140
あっという間に8月です。年が経つのは早い。今年も三分の一が終わってしまいました。
膠原病はすごく楽しいです。
感染症を考える上でまず学ぶべき疾患でしょう。
関節も触れるようになってきました。
今一度身体診察に振り返るべきでしょうか。
1ヶ月では本当に足りない。
もう少しいたいです。

さて話は変わり夏らしいことをしたいのですが夏はタイに2週間実習に行く関係で週末の休みがとれず当直の先生ばかり。
娘たちにすまない思いをさせています。
保育園の夏祭りイベントがあり助かりました。
明日からもがんばります




hiro_0921jp at 21:55コメント(0) |  
Archives
livedoor プロフィール

ヒロ

訪問者数