2018年10月28日

外勤

学年もあがると少し余裕が出て外勤のアルバイトをしはじめます。大学病院で研修をしている人はサラリーが低い反面、週に1回研究日を割り当てられ外勤で稼ぐというのが一般的です。
市中病院はサラリーが大学病院よりも高めに設定されているので研究日がないところが大半で土日の休みを使ってアルバイトしたりしています。
私も今年から余裕が出たので大学院の学費や英会話教室の学費はアルバイトから捻出するようにしています。
また学年があがるとなかなか救急外来みたいなところでオールラウンドに患者を診ることがないため勉強もできて一石二鳥です。ただし自分の病院と違って指導医がいないどころか何かあってもかばってもらうことはないためハイリスクではあります。保険に入ることはもちろん、かなり守りの医療に入ることも多く、自分の病院の診療と違ってやや頻回な採血や画像診断、念入りなIC、コードの確認、そして帰宅させるさいも必ずどこかの外来には繋げるようにしています。
それなりに80代以上の高齢者の数が多いのも理由ですが。
大抵そういった病院は看護師さんがかなり優秀で血液培養も全部とってくれるますが。





hiro_0921jp at 09:57コメント(0) |  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
livedoor プロフィール

ヒロ

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: