遠藤寛子のHand and Heart

岡山のフリーアナウンサー&手話通訳者 遠藤寛子のブログです♪

9/19のYONDE YONDE 私の本棚

RSKラジオのコーナー
【YONDE YONDE 私の本棚】
毎月第3(水)のこのコーナーでは
岡山の方々の詩作品をお届けしております。
12回目、最終回の今日は
下田チマリさんです。

下田さんは10歳の頃からNHK高松支局の
放送劇団に入られ、多くのラジオドラマに出演。
また朗読の指導もその時に受けられます。

詩を朗読するためには、詩そのものを
「理解」しなければならないということで
詩作を始められました。
詩集は『らせん的な海』『島・私記』
『歩く砂』を出されています。

岡山県文学選奨も受賞されています。

朗読していただいたのは「熟日(じゅくじつ)」
夏の空のもと
会ったことのない亡き兄の姿を
そこかしこに
感じているというものです。

下田さんご自身の体験から生まれた言葉。
どこまでも深く優しく響く下田さんの声に
いつまでも包まれていたいという
気持ちになりました。

下田さんも朗読会を行われています。
12月には毎年恒例で
表町にある「あたらし屋」で開催されるということですよ。


9/12のYONDE YONDE 私の本棚

今日のRSKラジオ
【YONDE YONDE 私の本棚】では
サンクチュアリ出版から発売、
文屋から発行の絵本
『ぼくのひまわりおじさん』
(チャンキー松本さん:物語と絵)
を朗読しました。

ひまわりおじさん こと 佐久間辰一さんは
福島県田村市の元 農業高校教師で
村の人たちと一緒に
村いっぱいにひまわりを咲かせている、
まるでひまわりの花のような笑顔いっぱいの
おじさんです。

そんな中で起きた「3.11」福島第一原発は
おじさんの暮らす地域の山のすぐ向こう側。

それでも底抜けに明るくたくましく
生きていきます。

人の心に光をともす「ひまわりおじさん」の
物語を
香川出身のチャンキー松本さんの言葉と
切り絵で、ふんわり優しい絵本に
仕上がりました。

佐久間辰一さんの笑顔にソックリな切り絵も
ぜひ見てみてください!


8/29のYONDE YONDE 私の本棚

RSKラジオのコーナー
【YONDE YONDE 私の本棚】
今年も8月までの間の
第2と4、5(水)は、
特別編を放送しています。

「大人が変われば、子どもも変わる」
岡山県青少年育成県民会議が発行している
明るい家庭づくり作文集『大地に育つ』から
朗読をお届けします。

最終回の8/29は
玉野市在住のお母さんの作品です。
タイトルは『反抗期終結宣言』

ある日突然娘から
「今日から反抗やめるわ。」と言われた
お母さん。
なんのことを言われたのか
わからず、不思議に思うところから
お話はスタートします。

それが人間の成長の過程とわかりつつも
娘の度重なる「反抗」に
手を焼いていたお母さん。
でも、なんとか子どものことも
わかりたいと
親学を学ぶなど努力を続けられます。

娘の気持ちを聞き
親の思いを伝えていくうちに
「今日から反抗やめるわ。」と
なったそうです。

理解したい、わかりたいと
思ってくれようと
寄り添ってくれる人が
いることは大きな安心につながりますよね。

この作文集『大地に育つ』は
1冊100円で
岡山県青少年育成県民会議事務局で
購入できます。
086-226-0560 です。


lab banaaa2


記事検索
プロフィール

えんちゃん

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ